現在視聴中ドラマ(TOP) |韓国ドラマのあしあと | 海外ドラマのあしあと | 日本ドラマのあしあと |映画の小部屋
HOME日本ドラマのあしあと>2008年
日本ドラマのあしあと 放送年から
2007年以前 2008年 2009年 2010年
2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
2016年 2017年


2008年
●冬クール(1-3月)
あしたの、喜多善男
1ポンドの福音
SP-
佐々木夫婦の
    仁義なき戦い
薔薇のない花屋
未来講師めぐる
●春クール(4-6月)
Around40
ごくせん
絶対彼氏。
CHANGE
パンドラ
ラストフレンズ
ROOKIES
●夏クール(7-9月)
コードブルー
Tomorrow
●秋クール(10-12月)
イノセント・ラブ
風のガーデン
ギラギラ
SCANDAL
プリズナー
流星の絆
*NHK大河 篤姫
●SPドラマ
シリウスの道
のだめカンタービレ
        in ヨーロッパ
プロポーズ大作戦SP
夢をかなえるゾウ
ルパンの消息
ワイルドライフ
〜国境なき獣医師団R.E.D.



2008年大河ドラマ
2008年大河
篤姫
宮崎あおい 瑛太他
脚本:田渕久美子
音楽:吉俣良
原作:宮尾登美子
NHK
大河
50話
大政奉還によって徳川幕府がなくなり、近代化へと進む日本の過渡期に生きた女性天障院篤姫の人生を描いた大河でした。
ここ数年、NHK大河ドラマから遠ざかっていたので、久方ぶりの完走。
女性陣の奮闘と、篤姫をとりまいた暖かく大きな男性達との信頼も描かれ、家庭を守る=徳川幕府が家庭だ、と信じてその役割を全うした彼女の人柄が気持ちよく描かれていました。  
ただかなりドラマチックなはずの話をまったりと描いたりするのはNHK色かも?(2008.12.15)

DVD第1集(1-27話)
DVD第2集(28-50話)


2008年秋クール(10-12月)
視聴後: 脚本家さんで期待して見始めたドラマはどれも楽しんで見ました!
しかも、演技力に定評のある俳優さんをメインにそろえてきていたドラマはさすがに安定していてドラマそのものの質に大きく影響していました。
視聴前:この秋は脚本家の方々で冴えるクールとなりそうで、「風のガーデン」が倉本聰、「SCANDAL」が井上由美子(白い巨塔・14歳の母)、
「流星の絆」が宮藤官九郎と言う具合です。ほびっと☆もそのあたりをターゲットに7本から視聴開始しようと思います。(2008.10.14)
イノセント・ラブ
堀北真希 北川悠仁
脚本:浅野妙子
フジ
月9
全10話
両親を殺害した犯人である兄の無実を信じて遺族であり加害者の妹として耐えた美しい心のカノンが出会った、同じく純粋な男性ジュンヤとの恋。多くの介護シーン・同性を思う友人・犯罪者の家族としての苦悩などなど、少々詰め込みすぎ。意外な展開を狙ったためか強引さも含め、テーマが消化できず。ハッピーエンドなのにしっくりこないのが残念。歌手の北川さん頑張ってた!
SCANDAL
鈴木京香 桃井かおり
脚本:井上由美子
TBS
日9
全10話
20・30・40・50代それぞれの既婚女性が、共通の友人の失踪事件によって出会い交友を深めながら自分の家庭の問題点に向き合う群像劇。
事件性のある謎を小出しにしつつ、それぞれの夫との関係も匂わす等サスペンス風も。何より4人のキャラクター性や会話の間、ちょっとした台詞に面白みを感じたドラマでした。日本版「デス妻」っぽい。鈴木・桃井のベテランが見事。
流星の絆
二宮和也 錦戸亮
脚本:宮藤官九郎
TBS
金10
全10話
東野圭吾氏のうまいストーリー設定はそのままで、キャラやラストの真犯人への罪の償わせ方がTVオリジナル。でもその方がしっくりきて良かった。
TVドラマという部分をクドカン流に遊びを利かせながら活かしてあってなかなか楽しめた。3兄弟を演じた二宮・錦戸・戸田&要さん、いい味出してて良かったわ〜!あ、あとサントラがgood!悲しさ・やるせなさの伝わる曲&「ORION」。
風のガーデン
中井貴一 緒方拳
脚本:倉本總
フジ
木10
全11話
末期癌。その日までをどう生きたいか、家族はどう受け止めたのか・・・。
優秀な麻酔科医として働くスピーディーな1話から、中盤以降富良野に舞台が移る。ガーデンの花々の可憐さやはかなさを絡め、ゆっくりと家族の絆を修復しつつ、家族で死を受け止めていく描写が秀逸。
「父であり末期医療のホームドクター」役は放送直前になくなられた緒方拳さん。慈愛に満ちていて、ラストは静かに涙が・・・。いいドラマだったわ。
プリズナー
玉山鉄二 鶴田真由
脚本:大石哲也
WOWOW
日10
全5話
架空の国セライビアという国で無実の罪で投獄されてしまった日本人の物語。
このレベルが日本ドラマの標準ならどれだけいいだろうか
タイでのロケも、思い切った英語での台詞も、必要な演出はどれも受け止められるもんです。人間対人間のドラマでもあり、サスペンスと一種冒険ものの様相も感じつつ引き込まれたいいドラマでした!
ギラギラ
佐々木蔵之介 三浦翔平
脚本:荒井修子
テレ朝
金9
全8話
わりと良くある感じのドラマに仕上がってましたね。
でも佐々木さんを含め、すごく熱の入った本気な演技をホスト役どの子もしていて、誰よりも個性的であろうとする気合が見えました
貫かれたテーマは「家族」。伝説のホストと呼ばれた公平のカリスマも、今は家族を守り抜こうとする彼の誠実な人柄のカリスマ性としてうまく重ねてました〜
途中まで見たドラマ(視聴話数):夢をかなえるゾウ(1-6)/ブラッディ・マンディ(1-5)
このページのTOPへ



2008年夏クール(7-9月)
どうしても見たいなぁと思える感じのドラマがあまりなくて、チェックだけの魔王も入れたら6本でのスタートとなりました。
そして、最終的に完走したのはどちらも医療ドラマの2本。
テーマはそれぞれ違っていて、その取り組み方にも印象深いものを感じましたね〜!(2008.9.14)
コードブルー
ドクターヘリ緊急救命
山下智久 柳葉敏郎
脚本:林広司

2009新春SP
→シーズン2
フジ
木10
ミスチルのテーマ曲がとても効果的に使われていて映像とのバランスもよく、スタイリッシュな、より実直な医療ドラマとして描かれていたと思いました。
まだ若いが臨床経験もあるフェロー達がヘリが出動する緊急度の高い医療に従事する姿を通して医療人としてどうあるべきかを模索していました。
経験豊富な先輩達が今後を託するに値する後続たち。
避けられない死と向き合う彼らの葛藤から、ひとつのテーマが最後語られました。最後になるにつれてなかなか良かった!

Tomorrow
竹野内豊 菅野美穂
脚本:篠 絵里子
TBS
日9
医療ミスのリスクに追い詰められる医者、過酷勤務の看護師達、病院経営そのものの困難化と、今日本が抱える医療現場の問題を盛りこんでいましたね。
でも10話で2度のイベント事故って、もうちょっとストーリー練れなかったかな?それにしても、ハマり度は3の境界線ってとこで、魅力あるキャストが活きるようなドラマだったらもっと良かったと思いました!2人は幸せになれるかな(笑)
途中までみたドラマ(視聴話数): 魔王(1)/ヤスコとケンジ(1-3)/33分探偵(1)/太陽と海の教室(1-6)
このページのTOPへ



2008年春クール(4-6月)
Around40
〜注文の多いオンナたち

天海祐希 藤木直人
脚本:橋部敦子
2011.9(再放送)視聴
TBS
金10
全11話
なんかその気持ち理解できちゃうかも、面白かった!精神科の女医を主人公に据え、将来のために自立したい主婦・「幸せそうに見える女」になりたいセレブ婚したキャリアウーマンなど、40歳前後の大人のオンナたちならではの本当の幸せ探しドラマでした。社会派って程シリアスでないけど世相をふんだんに取り入れていて、コメディってほど滑稽じゃないけどテンポ良く楽しい。良いドラマだったわ〜 
ROOKIES
佐藤隆太 市原隼人
2008.12(再放送)
脚本:いずみ吉紘
MBS
全11話
暴力事件をきっかけに野球への思いと夢をあきらめ不良と化していた高2の10人が、川藤という先生との出会いでまた夢に向かう。
気恥ずかしいくらいに熱くて直球。友情と信頼の描写はじっくりと描かれ、試合のシーンは一緒に一喜一憂できる優れもの!演技力に定評ある面々が高校生を演じていたわ!実年齢は気にせずに見れた〜子供がおおハマり☆母は安仁屋君に!
ラスト・フレンズ
上野樹里 瑛太 長澤まさみ
2008.12(再放送)
脚本:浅野妙子
関テレ
全11話
性同一性障害・DV・不倫というテーマから幸せとは何かを問うていたドラマ。登場するルカ達は、自分の意思ではどうしようもない宿命に翻弄され、それをどう受け止め消化するか、試行錯誤と後悔の連続の中、奇跡ともいえる貴重な友人同士支えあうことで何とか乗り切った。
主演陣の上手さが抜群に冴えてて多少強引なストーリーも、まぁOKさ。
パンドラ
三上博史 柳葉敏郎
脚本:井上由美子
WOWOW
日10
WOWOW初のオリジナル連続ドラマ。
質にとことんこだわったのが良くわかる、緊張感あふれる作品でした!見応えあったです!CM入らず1話1時間なのでじっくり見ました。
絶対彼氏。
速水もこみち 相武紗季
脚本:根津理香
フジ
火10
愛して燃え尽きたんだね、最終回でちょっと泣かされ4にUP(笑)
恋人ロボットの第一号として開発された「01」ナイト君。プログラムを超えて自我が芽生え梨衣子を思いやる愛を捧げ貫いてくれました。「愛してるよ」「大丈夫だよ」「応援しているよ」っていうような暖かい言葉に溢れたドラマだったな
ごくせん
仲間由紀恵 三浦春馬
脚本:江頭美智留
日テレ
土9
人気シリーズ3作目。大人を信じられずに思春期の複雑な時期、問題行動を起こしている生徒達を今回もヤンクミが体を張って本気モードで組んでました!大江戸一家の3代目っていう設定はあまり生かされてはいなかった。最終回もどうってことなかったけど、希望を見出した若者の笑顔っていうのはやっぱりいいね〜(笑
CHANGE
木村拓哉 深津絵里
脚本:福田靖
フジ
月9
木村拓哉さんが日本の政治TOPというのが斬新だった本作、彼の安定したキャラクターで多少のアバウトな展開があっても最後まで見られました。
脇の方々ががっちり固めていたのも良かったですね。
ラストの長台詞は良くがんばったなぁ〜ちょっと長かったけどぉ。
このページのTOPへ



2008年冬クール(1-3月)
冬クールは新春ということなのでしょうか、どの局も見ようかなと思わせる気合の入った作り方してきていると感じます〜
前クールから引き続き見ている「SP」を含めたら欲張って11本からのスタートです。
2008.3.26結局完走したのは6本!原作がないオリジナル作品もあって新年スタートの気合をみたような気がしました!
SP(エスピー)
岡田准一 堤真一他
脚本:金城一紀

映画「野望篇」
映画「革命篇」
フジ
土11
映画のようなムードと緊迫感ある映像とストーリーに結構ハマった
1話35分ほどの短尺で3話1エピはSPの職務を描くのにはとてもよかったんだけど、次回までが宙ぶらりんになるあの中途半端な感じは辛い。エピごとに一気見なんかが一番盛り上がる視聴方法でしたね〜ストイックな任務と過去のトラウマに焦点が絞られた脚本は職業ものとしてみてもカッコよくてよかったです〜。
最終話過去の真相が語られる割には盛り上がらず残念。
。って映画完結だった 
薔薇のない花屋
香取慎吾 竹内結子他
脚本:野島伸司
フジ
月9
血のつながらない親子。孤児院で信頼できる大人に出会えなかった2人の友情。難しいテーマをサスペンスタッチの導入部分と人情味ある後半でうまく見せてもらえた野島作品。明るい香取君が抑えた演技に挑戦し、竹内さんがきれいにフォローできていたように思いました。雫ちゃんの大きな存在感で4にUP↑
あしたの、喜多善男
小日向文世  松田龍平他
脚本:飯田譲治
原案:「自由死刑」
フジ
火10
この関テレ製作枠は「僕生シリーズ」のように地味目だけど人間ドラマをじっくり見せてくれるのがいいですよね。時々当たりで、今回は当りです
サスペンス色が濃い割には人情寄りで、小日向さんや生瀬さんなど軟硬演じ分けられる俳優さんのお陰でじっくりと見られました!良かった!
未来講師めぐる
深田恭子他
脚本:宮藤官九郎
テレ朝
金11
クドカン脚本というだけで見ることを決めたんだけど、今回も「良くこんなアイディア浮かぶなぁ〜」って感心しきり(笑)塾長のヅラねたをはじめ、小ネタいっぱいで楽しみました!キャスト陣がめいっぱい弾けてて楽しかったなぁ〜
1ポンドの福音
亀梨和也 黒木メイサ他
脚本:福田雄一
原作:「1ポンドの福音」
日テレ
土9
ホントは強いのに根性がなくて、でも真っ直ぐで純情なボクサー。
1人の純真な女性を愛する事で強くなり最後にはハッピーエンドと!いうような単純明快さ。亀梨君の俳優氷河期に光はさしたかもね!
佐々木夫妻の
仁義なき戦い

稲垣吾郎 小雪他
脚本:森下佳子
TBS
日9
小雪さんの”うまさ”に唸って毎話!
やり手なのに大雑把、テキトーなのに美しい!吾郎ちゃんのドラマを最後まで見たのは久々(笑)ラストの吾郎ちゃんの涙に釣られて泣いちゃったよぉ〜(爆)
結局社会を巻き込んだ夫婦喧嘩だったわけで・・・
途中までみたドラマ(見た話数)
ハチミツとクローバー(1-2)/エジソンの母(1-3)/貧乏男子(1-3)/鹿男あをによし(1-3)/ロス・タイム・ライフ(1-4)
このページのTOPへ


2008年 SPドラマ
夢をかなえるゾウSP
男の成功編

小栗旬 古田新太
脚本:根本シンジ
原作:水野敬也

視聴:2008.10.3
日テレ 同名の連続ドラマがスタートするに先立って導入部分がSPとして放送されるのかと思ってたらなんと、原作のストーリーはSPで完結しました!どおりでテンポいいはずだ!
象の姿をした自称インドの神様ガネーシャが現れ、成功を掴みたいと切望する野上君に、成功のための「教え」を授けていきます。
本当に神様だという設定の下でお話は進むので、変身できたり魔法みたいなこと出来たりなかなか映像になっていると面白かったですね。
で小栗君良かったわ〜古田さんとの共演で相乗効果がでたの?
ルパンの消息
上川隆也 遠藤憲一
脚本:田辺満
原作:横山秀夫

視聴:2008.9.23
WOWOW
ドラマW
緊迫感が心地良い〜!横山ワールドと言えば上川氏ですか!?未解決だった3億円事件の犯人を挙げられなかった時効の日から15年目、溝呂木はある事件の捜査を任される。時効まであと1日と少し。
ある女教師の自殺事件が実は他殺だったとのタレコミから始まった捜査が3億円事件の限りなくクロに近い容疑者をも巻き込んでいく。
参考人である当時高校生だった3人組のうち、2人の供述を交錯させながら進行するストーリーだけど、徐々に当時の様子が明らかになって行く様子と、真犯人にたどり着くまでが見事!何が見事って、どのキャストもすごく上手!
ハマリ役で手堅い方を良くここまで集めたなーって感じです。30overの方ばかり!
それにしても、最後まで緊張感維持されてて良かったわ。
シリウスの道
内野聖陽 真矢みき
脚本:吉本昌弘
原作:藤原伊織

視聴:2008.9.15
WOWOW
ドラマW
25年会えずにいようとも互いを信じ許し合える絆を持った3人。
その大事な友人を助けるためにした殺人の記憶に囚われながら必死に働く辰村。
この辰村を演じる内野さんの超骨太営業広告マンのやり手ぶりのシブカッコ良さと彼の上司に当たる真矢みきさん演じる立花のとの関係にも唸らされたわ。
上司として職場ではしなやかで柔軟かつ判断力に富んだ役割を演じ、プライベートでは辰村を1人の男として心を寄せながら静かに見つめる。

辰村が巻き込まれた、幼馴染3人の再会のきっかけとなった出来事は彼らが昔の負の記憶を眠らせるための大事な過程だったようです。
とにかく、真矢みきさんがカッコ良くて、内野さんがより素敵に見えたドラマでした!でも、ちょっと長かったかな〜(笑)
2話くらいに分けても良いかも?
ワイルドライフ
国境なき獣医師団R.E.D.

市原隼人
脚本:

視聴:2008.8.3
NHK総合
全2話
R.E.D.と呼ばれる、国境なき獣医師団に属する岩城鉄生(いわしろてっしょう)君が、目の前の傷ついた動物を、しがらみを無視して助けようと奮闘する姿がほほえましいドラマでした。
1話がラオス。開発で住む場所を失ってしまった象を隣のタイにある特別保護区へといそうするお話。
2話が中国。パンダの第一級保護区で保護繁殖などの研究チームに合流するお話でした。
金髪で年齢人種関係なくため口な鉄生君のまっすぐさに引き込まれ、各話で触れ合う現地の獣医さん達との暖かい絆も垣間見える展開がとても良かったです!
今旬の市原隼人君の魅力満載でしたね!
熱くて、やんちゃでひたむきなキャラクターを魅力たっぷりに演じてました!良かったわ〜
  
プロポーズ大作戦SP
山下智久 長澤まさみ
脚本:金子茂樹

視聴:2008.3.27

本放送は2007年春
フジ あの大人気ドラマの完結編スペシャルでした!
毎回毎回ケンゾーの背中を押してあげたいくらいのもどかしさで、とうとうラスト礼が式場から抜け出してついてきてくれてからどうなっていたの!?って辺りを描いてくれました!
なんと1年後、親友ツルとエリはハワイで結婚式!
でも直前にエリが日本に帰っちゃって・・・
ケンゾーの強い思いで妖精さんがすれ違いはじめた頃のツルとエリを何とかできるよう過去をやり直させてくれました!
そして自分と礼の”結婚”という言葉を避けてきたこれまでの事も・・・
気持いいくらいのエンディング!ハワイの夕焼けの前でのプロポーズ!よくやった!!
のだめカンタービレ
in ヨーロッパ

上野樹里 玉木宏
脚本:

視聴:2008.1.6
フジ
全2夜
千秋先輩はヨーロッパデビューを飾り、のだめも初リサイタルで好評を得、千秋先輩も気持をはっきりさせて、今回のスペシャルはこれ以上ない
ハッピーエンドでしたね〜〜!
テンポもよく、密度も高く、そしてお約束の白目やドタバタ妄想などなど、ヨーロッパに行っても手加減なしののだめカンタービレ色が楽しかった!!
焼き直しばっかりのSPドラマも多いけど、
こんなスペシャルドラマならいつでも大歓迎です!!!
クラッシック音楽の楽しみ方もわかる気がしてとてもお得な気持にも!

まだ原作コミックを読んでいないので一度その世界を堪能してみようかな!
玉木宏君の千秋先輩はとてもよかったけどね(笑)
このページのTOPへ