HOME海外ドラマのあしあと>グレイズ・アナトミー Grey's Anatomy
GREY'S ANATOMY
シアトルの一流病院を舞台に、インターンからスタートした主人公たちが
愛や仕事、様々な事件に直面しながら、迷いつつも成長していく医療ヒューマンドラマ。

時々ド忘れするんで・・・^^; ●出演者メモ●
エレン・ポンピオ(メレディス・グレイ) サンドラ・オー(クリスティーナ・ヤン) 
パトリック・デンプシー(デレク・シェパード) チャンドラ・ウィルソン(ベイリー)   
ジャスティン・チェンバース(アレックス・カレフ)  サラ・ラミレス(カリー・トーレス) 
ケビン・マクキッド(オーエン・ハント) キム・レイヴァー(テディ・アルトマン)  
エリック・ディーン(マーク・スローン)  カイラー・リー(レクシー・グレイ)  
ジェシカ・キャプショー(アリゾナ・ロビンス) 
ジェームズ・ピケンズJr.(リチャード・ウェーバー)
ジェシー・ウィリアムズ(ジャクソン・エイブリー) サラ・ドリュー(エイプリル・ケプナー)
ケリー・マクレアリー(マギー・ピアース) ジェイソン・ジョージ(ベン・ウォーレン)
マーティン・ヘンダーソン(ネイサン・リッグス) 
ジャコモ・ジャンニオッティ(アンドリュー・デルーカ) 
カテリーナ・スコーソン(アメリア・シェパード) 
カミーラ・ラディントン(ジョー・ウィルソン)

Note
放送:アメリカABC *リンクのあるシーズンはレビューあり
シーズン1 2005年   全9話 / シーズン2 2005-06年 全27話 / シーズン3 2006-07年 全25話
シーズン4 2007-08年 全17話 / シーズン5 2008-09年 全24話 / シーズン6 2009-10年 全24話
シーズン7 2010-11年 全22話 / シーズン8 2011-12年 全24話/ シーズン9 2012-13年 全24話
シーズン10 2013-14年 全24話/ シーズン11 2014-15年 全25話/ シーズン12 2015〜16 全24話
シーズン13 2016-  放送予定
シリーズ続行中



HOME海外ドラマのあしあとグレイズ・アナトミー>シーズン12
GREY'S ANATOMY
シーズン12
ハマり度☆Aぼちぼちやったな〜
The complete Twelvfth Season
[Import]「DVD」
注:リージョン1 日本語字幕なし
●2015-16年 アメリカABC  全24話
●製作総指揮:ジョンダ・ライムズ  マーク・ゴードン
●出演:エレン・ポンピオ  
チャンドラ・ウィルソン ジャスティン・チェンバース
サラ・ラミレス  ケビン・マクキッド サラ・ドリュー
ジェームズ・ピケンズJr. ジェシー・ウィリアムズ
●視聴:2016.9.15-12.15    WOWOW

●イントロダクション:
デレクを失った心を抱え、シアトルを離れて暮らしたメレディスは
今は古巣に戻り医師として母としての日常を取り戻しつつある。
新たに部長選出の機が到来し、
念願の部長職を得ようと張り切るベイリー。
後任のチーフにメレディスは指名されるのだった。
S12レビュー
1-3話  4-10  11-19  20-24
デレクのいないグレアナ
メレディスの喪失感も含め沈滞ムードのS12
後半、もうS13は見ないかもしれないな〜と思うような沈滞感。
群像劇は進行していたんだけど、
デレクが逝き、肝心のメレディスの喪失感がそもそも深く、
訴訟問題や離婚問題、おまけに違法医療行為問題やで閉塞感が強かった。
めでたい結婚話も出るには出ていたけど、物語を彩る方向にはいかず。

やっとラストあたりでメレディスが動き出しそうになってきました。
S13はもうちょっとドラマ的な展開で盛り上がってくれるかもしれませんね。
一応、S13も見てみるつもりです。


2016.12.15
S12 24(最終)話までAやっと次に進めるね

停職になったベンは現場を離れることの無いよう、麻酔科医として臨時採用を受けて働いてます。
やっと4が月。
エイプリルとジャクソンの赤ちゃんはすくすくと育ち臨月を迎えました。
子供を何よりも思っている二人は、いがみ合い取り合ったりせず、もう一度やり直すことに。
離婚した状態のままだけど、宗教的なことを含めて考え方が違う二人だからこそ、
子供を愛し育てるという共同作業にのみ集中できるという良さを取った感じ。

親権問題で訴訟となっってしまったカリーとアリゾナ。
証人が同僚たちという異例の裁判のなか、苦しい裁判をこなし、出た判決はアリゾナ勝利。
産んだ子を失うという結果を招いた事態にカリーは打ちのめされ、ブレイクさんとも溝が。
この数か月の間、一番大事な娘ソフィアが悲しいもう一人の母カリーを心配する姿を見て
アリゾナは上手くやる方法を探すべきだったと、娘との時間をカリーと共有できるよう決断しました。

運命の相手とも感じた連れ合いとの別れを経験したオーウェンとアメリアが結婚。
式の当日もこれでいいのかと逡巡するアメリアを信じて待ったオーウェン、正解でした。

一方で、意外な展開を見せたのはメレディスとネイサン・リッグス先生。
オーウェンの亡き妹の夫だった親友リッグス先生は、
この病院に来てからもオーウェンの頑なな心をただただ受け止め続けてきました。
ある意味強い心臓の持ち主でもあり、また、常に優秀な医師でもあり続けました。
そんなリッグス先生は、メレディスにもはっきりものを言います。

今回、親友の元夫と亡き夫の妹の結婚に複雑な思いを抱いて処理できずに毒を吐くメレディスに
直接厳しく正論でいさめたリッグス。
対等でまっすぐ。男らしいリッグスとそういう関係を持ってしまったメレディス。
どうやら二人は惹かれ合ったようです。
ただ、心臓外科医として正副の関係にあるピアース先生もリッグス先生のことが好きになっていたみたいで
異父姉妹の関係が心配です・・・。

あとアレックスとジョー。
一人前になったと自分を認められるようになっているアレックスはジョーと家庭を築きたいと思い
プロポーズしているんだけど、結婚はしたくないといい続けてきたジョー。
愛し合ってもいるし、子供も持ちたいと決めているのに結婚はしないというジョーが解らないアレックス。
だけど原因がありました。
ジョーは結婚歴があり、暴力をふるう夫から逃げ続けているということが。
きっちりとアレックスに話せばいいのにと思うんだけど、夫から逃げるために名前も偽名という・・・。
嘘をつき続けてきたという状況だけに、本当の家族を持ちたい、本当の、というアレックス、どう受け取るか。

2016.11.12
S12 19話までBいろいろ大変で

ブレイクさん、なんとか院内での立ち位置をゲットできました。
彼女自身はごく優秀で、この病院で学ぶことが彼女にも病院にも意味のある事。
申請した研究助成金受給者にも見事選ばれました。
カリーとの関係も順調なんだけど、研究のために1年間大陸の反対側へ行く必要があり、
カリーは娘も連れて行くことを決めました。
ただ、娘を愛しているアリゾナが訴訟を起こしそうです・・・。

訴訟といえば、離婚成立したもののジャクソンの赤ちゃんを身ごもっていたエイプリル。
それが解ってジャクソンのお母さんも乗り出すわで騒がしくなり、
親権を巡って訴訟に発展し始めました。
最初の赤ちゃんを失った後の二人の辛い時期がもとで成立していた離婚だけど、
ここでもう一度やり直せないか考える時が来たようです。うまくいくといいけど。

メレディスに再びやってきたかと思った新しい出会い。だけど、まだ無理でした。
相手の先生はとてもいい人だったけど、いつ再スタートを切れるかどうかはその人次第だもんね。

そして大問題が発生、ベイリーの夫ベンが緊急事態で妊婦を帝王切開。
結果母子ともに死亡。
まだ執刀の権限がないベンが、移送手段があったにも関わらず処置をしたかどうかが争点に。
ベンにしてみれば選択肢は無かったわけだけど、
医師が守るべきルールを破って行った処置に対する責任は取らざるを得ない。
ルールは医師も守るためのものでもあるわけで・・・。

部長職についているベイリーにとっては通常クビを宣告するほどの事態。
でも諮問委員会を設けることでワンクッション置いた。
結果6か月の謹慎。あの年齢でまだ学んでいる段階の6か月は致命的だと懇願するベン。
恨みたい気分にもなるのは分かるけど、ベンに反省の様子がないのが心配。
今後もこういう場合、ブレーキがきかない医療行為に走ることを防ぐためにも
処罰は必要なんだけど・・・。
ベイリーの気持ちにもなってあげてほしいわ〜。

2016.9.21
S12 10話までC楽しんでます

私にとってグレイズアナトミーのリズムはとっても乗りやすい速さ。
新たな登場人物の登場で
メレディスたちの心はかき乱されます。

特に、新たにレジデントとして移ってきたブレイクさん。
彼女はデレクが処置の手抜かりがもとで亡くなったあの病院で
主治医の一人として関わった人。
まだデレクを失った怒りのようなものを消しきれていないメレディスにとって
彼女の存在はとても大きくて苦しいもの。
この試練は、デレクの死を受け入れ乗り越えるためにありそう。

そんな中、意識障害がもとで患者が暴れる事態が発生し、
一人で処置に当たっていたメレディスが全治約6週間の大けがを負いました。
傷が癒えてからのカウンセリングで
メレディスはブレイクはじめ、仲間みんながそばにいてくれていることを再認識できました。

一方、心臓外科に優秀なサブリーダーをと独断でベイリーが雇ったネイソン・リッグス先生。
オーエンはリッグスを目の敵にしていて仕事にならない。
彼はオーエンと共に同期で医者の道を目指し従軍した親友だったんだけど、
オーエンの妹と恋人同士だったそうです。
でも妹さんが亡くなり、その責任がリッグス先生にあるとオーエンは怒ってます。
リッグス先生にとってこの病院にいるのはいいことなのかな?

2016.9.18
S12 3話までB医師としての自分を取り戻した

ベイリーが見事部長職を得、メレディスはベイリーの後任としてチーフの地位を得た。
責任に見合う報酬を得る自信を持ったメレディスを
誇らしい目で見つめるベイリー。

メレディスは幼いころを過ごしたお母さんの家で、
子供3人、そして父の違う妹ピアースと義理の妹アメリアと暮らしています。
みんな家族であり同僚。

今物語に絡む独身男性医師はアレックス、オーエン以外ひよっこたちのみ。
そのアレックスはジョーと結婚しそうな雰囲気で、
ピアースはそのひよっこたちのうち、元レスキュー隊員をしていて医師になった
アンドリューと付き合いだしそう。

オーエンとアメリアは少年少女のように相手の様子を伺いつつの恋模様。
そしてエイプリルとジャクソンはもう無理かも??
グレイズアナトミー TOPへ












HOME海外ドラマのあしあとグレイズ・アナトミー>シーズン11
GREY'S ANATOMY
シーズン11
ハマり度☆Cデレク・・・
コレクターズBOX part1

part2
●2014-15年 アメリカABC  全25話
●製作総指揮:ジョンダ・ライムズ  マーク・ゴードン
●出演:エレン・ポンピオ  パトリック・デンプシー 
チャンドラ・ウィルソン ジャスティン・チェンバース
サラ・ラミレス  ケビン・マクキッド サラ・ドリュー
ジェームズ・ピケンズJr. ジェシー・ウィリアムズ
●視聴:2015.10.20-2016.1.13   WOWOW

●イントロダクション:
去ったクリスティーナの後任にボストンからピアースがやってきた。
彼女はエリス・グレイの娘、つまりメレディスの妹。
当時ウェーバー先生と不倫関係にあったエリスさんが
人知れずボストンで女の子を産んでいたのだ。
それを知ったウェーバー先生は彼女をただ見守ることに徹している。
S11レビュー
1-2話  3-8  9-14  15-20  21-25
とうとう大きな別れが・・・
様々な大事件を経験してきたメレディスならきっと
パトリック・デンプシーの降板が決定していたので、
一体どういう流れでの別れがくるのか不安でしたが、やっぱり悲しすぎです。
後半3話ほどはずっと泣いてたような(/_;)

後悔が残ると言えば残るけれど、起こったことを受け入れて前進し、
成長し続けてきたグレイズ・アナトミーの人々のこれまでを思えば
きっと乗り越えて行ってくれると感じられます。
それでもさみしいけど。

ジョーやステファニーたち新しい仲間も安定した医師として成長してきて、
今やぴっかぴかのインターンを教育する、
まさに、メレディスたちを教育してくれたあのベイリーの立場になりました。
ラブラインに絡んでくる子もいるでしょうね。

次シーズンでは、ベイリーが部長になるのか気になるし、
やっぱり見ちゃうでしょうね。
視聴断念なんてもうしません(反省)。


2016.1.13
S11 25(最終)話までD別れがつらい

事故に遭ったけが人を助け、自らも事故に遭って重傷。
そして技術もモチベーションも低い病院に運悪く運ばれデレクは脳死となりました。
悔しすぎるメレディス。
けれどどうしようもない。
医師ゆえに延命措置を辞める選択肢が妥当であるとも分かる。そして別れ。

葬儀を終え、メレディスは子供たちを連れて行き先を誰にも告げず消えました。
無事であるとだけ書置きを残して。
メレディスはデレクとの子を妊娠していました。

母エリスがウェーバー先生と別れて喪失感に苛まれ、
メレディスを連れてボストンに行き、そこでピアースを産んだのと同じように
メレディスもデレクとの別れを受け入れるために家を出たのでした。
けれど、メレディスは生きるために、ここを乗り越えるために取った行動。

そして無事可愛い女の子が生まれました。
ゾラ、ベイリー、そしてエリス。3人の子を持ったシングルマザー。
デレクの思いでの詰まった家が辛いメレディスは、
アレックスに売ったあの母と暮らした家で生活をやり直そうとしています。

そしてアレックスとジョー。二人は結婚して新居を整えるようです。

赤ちゃんを失って立ち直るために、エイプリルはオーエンについて戦地での医療活動に従事。
外傷医として使命を実感しながら働く職場で、エイプリルは生き生きと戻ってきました。
ただ、エイプリルと1年もの間別れて、一人で同じ環境の元で生きていたジャクソンは
もう一度戦地へと赴きたいエイプリルと関係を続けることはできないと思っています。

一方でウェーバー先生とジャクソンの母キャサリンはやっと結婚です。
そうして季節は廻り、また病院に医師の卵たちが押し寄せました。
小鴨を引率するのは、今度はステファニーです。

2016.1.12
S11 20話までCこの辺りかなアクセス増えてたの

昨年、このページへのアクセスが急に増えていたことがあったのですが、
デレクの行方が気になって来られる方が多かったのですね。
ようやく私もここまで来ました。

デレクにかけた電話に若い女が出たことで焦ったメレディス。
でもデレクは浮気はしておらず、むしろその女性に迫られて
愛するメレディスを残してきたこと、そして一緒にいたいことを確信したようで、
本格的にワシントンを引き払って帰ってくることにきめました。

最後の会議で家を出たデレクが会議に出ておらず、電話もつながらない・・・・。
不安が募るばかり。

距離が縮まり、男女の関係になったオーウェンとアメリア。
愛する人を失った痛みが消えきらない二人の、おずおずとしたスタート。
うまく行ってほしいけどどうでしょう。

2016.1.11
S11 14話までC別れと希望

ジャクソンとエイプリルの赤ちゃん。
このまま無事生まれることも危うければ生き抜くことも難しい。
事実を受け入れがたく、むしろ奇跡を信じたいけれど、それも難しい。
エイプリルに覚悟を決める勇気をくれたのは
婚約者を失い自失茫然とICUをさまよっていた女性でした。
彼女を励ます言葉、それがすべて自分に返ってきた。

そしてもう一人、死を覚悟していたハーマン先生。
アリゾナからの強い勧めで、アメリアの脳腫瘍除去手術を受ける覚悟を決めました。
成功すれば歴史に名が残るほどの難しい手術を。

ただハーマン先生は自分が助からない可能性も捨てておらず、
視神経が圧迫されるまでの4か月間、もっとも難しく、
そしてもっともアリゾナの胎児外科手術の修得に有益な案件をやりつくしました。
残り一つという時になってその時が来ました。

アメリアのプレッシャーは相当なもの。
クリエイティブで優秀ではあるが、繊細でもある彼女。
術中、信頼を置く助手ステファニーと、
緊張を察知し声を賭けてくれたウェバー先生の助けを借りて成功させました。

ただ視力は失ったハーマン先生だけど、腫瘍による死に怯えることはない。
これは医学的には大成功、そしてハーマン先生にとっても
どう生きていくか悩める、それだけでも人生の喜びだと語りました。
アリゾナへ渡せるバトンはとりあえず渡した先生、今後も連絡を取り続けるようです。

2016.1.10
S11 8話までB変化し続ける関係

一度は視聴を中断しようと思ったものの、やっぱり見ることに。
見始めたら始めたで、起こる出来事に右往左往するしかない
メレディスたちの真剣な姿に目が釘付けになってしまう。

デレクが大統領依頼の脳マップ研究を、
家族と共に暮らすことを優先して断って以来、夫婦の間には溝が。
メレディスは大きなキャリアアップのチャンスをみすみす捨てたデレクが
絶対後悔しているはずだと思っていて、
それを自分たちのせいにしていると感じる。
デレクはそんなメレディスと衝突するたびに
研究を蹴ったことに少なからず未練を感じているような気がしてイライラする。

それでも、ピアースが父違いのメレディスの姉妹だと分かって
ウェーバー先生とピアースの関係修復も込みで取り組んだことで、
メレディスとの休戦がしばらくなされました。
おかげで良い関係が築けそうだったんだけど・・・。

大統領側から再度の依頼がデレクに来たことで
メレディスは強引にデレクの背中を押しました。
母譲りの、仕事優先という意識が強いメレディスの態度に憤慨しつつ
半ば売り言葉で依頼を受けたデレク。
離れて暮らす=関係が途切れる、というような未来がくるのでしょうか?

胎児医療の第一人者であるハーマン先生についてフェローを続けるアリゾナ。
カリーとの関係に完全にヒビが入って別居状態。
そのハーマン先生は脳腫瘍で余命6か月と診断され、
一刻も早く自分の積み上げ来たものをアリゾナに渡そうと必死。
終焉まですべての秩序を無視して生き抜こうとしているハーマン先生なんだけど、
脳外科医アメリア・シェバード先生が、この腫瘍取り除けるかもと言いだした。
いやぁ〜微妙な展開になりそう。

臨月が近づくジャクソンの妻エイプリル。
だけど、その胎児に、出生後生き抜くことは難しい症状が見つかりました。
手の施しようはない、という重い結果。
二人は遅かれ早かれ現実を受け止めるしかなさそう。
この事実に気づいたのはジャクソンの元カノステファニー、悩ましいところです・・。

2015.11.5
S11 2話までBここに戻ってきた感^^

馴染みのあるこの病院。
でも今回からクリスティーナはいないんだなぁ〜。

さて、今シーズンのオープニングの問題はピアース先生。
家族同然のようにあうんの呼吸で回るこの病院で、
優秀だったクリスティーナの後任としてやってきたピアース先生への期待値は低く、
おまけに姉妹であるメレディスから邪険に扱われて
いつも通りの仕事ができない彼女の悩みが描かれました。

物事の変かを受け入れることに周りも本人も戸惑っているところなんでしょう。
それでも、勇気を出してエリス・グレイの娘だとメレディスに打ち明けたピアース先生。

5歳くらいに生れていると考えてもそんな記憶がないメレディスは
ピアース先生になにか狙いがあるんじゃないかと勘繰ってしまう。
デリケートな問題だけに、
打ち明けるタイミングを完全に間違ったピアース先生。
それでも、真実を伝えることには成功した。

さて、父であると確信を持っているウェーバー先生がどう動くのかですね。
グレイズアナトミー TOPへ

















HOME海外ドラマのあしあとグレイズ・アナトミー>シーズン10
GREY'S ANATOMY
シーズン10
ハマり度☆Cクリスティーナが
コレクターズDVD-BOX 1

コレクターズDVD-BOX 2
●2013-14年 アメリカABC  全24話
●製作総指揮:ジョンダ・ライムズ  マーク・ゴードン
●出演:エレン・ポンピオ サンドラ・オー 
パトリック・デンプシー チャンドラ・ウィルソン
ジャスティン・チェンバース 
サラ・ラミレス  ケビン・マクキッド  
ジェームズ・ピケンズJr.    
サラ・ドリュー  ジェシー・ウィリアムズ
●視聴:2014.12.8-2015.1.14  WOWOW
●イントロダクション:
嵐の被害は甚大で、病院も機能を維持するのがやっとの中、
ウェーバー先生が感電し倒れているのが見つかった。
だがそこにはウェーバー先生を捜しに行ったブルックスも倒れていて・・・・
S10レビュー
1-6話  7-10  11-15  16-21  22-24
レギュラーメンバーまた一人お別れ
クリスティーナの飛躍を応援したいフィナーレだった
10年続いてきたシリーズ、
いかにレギュラーキャラクターと言えども、キャラクターたちも10年を物語の中生きてきたわけで、
賞を取れるほどの力量を備えたクリスティーナならばこの旅立ちは納得。

当初S10でサンドラ・オーが番組を去ると聞いていたため、
物語を見て、メレディスと険悪な感じになった時やオーエンとのこと、
そしてハーパーエイブリー賞が取れない病院だったという事がえがかれ、
それが理由で去るなら心が残ってしまうところでした。
素晴らしい環境へ、求められ、そして望んで旅立ったクリスティーナ。微笑ましい旅立ちでした。

今シーズン、メレディスとデレクにも新しい展開がきました。
デレクの脳科学における研究手法に国が興味を示し、とうとう断りきれないところまで来ました。
メレディスもワシントンへと共に引っ越すつもりだったけど、メレディスにもやっぱり考えと思いはある。
毎回デレク役のパトリック・デンプシーがグレアナを卒業するしないが取りざたされるシーズン更新情報、
まさかの展開も覚悟しておかないといけないのかも。

ジャクソンとエイプリルが結婚し、おめでた。
カリーとアリゾナも関係を修復できて二人目を代理出産で持っても良いかもという雰囲気。

高収入を求めて病院から肛門専門の個人病院に移ったアレックスも
研究とあらゆる症例が押し寄せるグレイ・スローン記念病院の魅力をあらためて感じているところへ、
理事だったクリスティーナが、自分の株をアレックスに託して去っていましたよ。戻るんじゃないかな?
じゃ、空いた理事に推薦するとウェーバー先生から言われて喜んでいたベイリー先生はどうなるんだろう??

そして今シーズンラストに投下された爆弾は、クリスティーナの代わりにやってきたピアース先生。
彼女がウェーバー先生とメレディスのお母さんの子だったとしたらどうなるんでしょうかね〜まだまだ続くねぇ〜


2015.1.14
S10 24(最終)話 C素敵な別れだ

クリスティーナの研究は注目を浴び、遠くスイスはチューリッヒの心臓外科センターから講演の依頼があり、
受賞をのがした後の余韻を断つ旅行にうってつけとメレディスに背中を押されてやってきました。
そこで再会したのはバーク。
7年前、結婚式の当日にキャンセルとなり、彼を失ったしばらくは辛い日々を送ったクリスティーナ。
でもバークもまたあれから自分の道をゆき、この資金潤沢な施設を任されていたそうです。
クリスティーナにここへ来ないかと打診するバーク。
なんと、バークは妻の都合でここを辞めるため、あとを任せられる研究意欲のある優秀な心臓外科医をさがしていたのでした。
断れるはずのない素晴らしい提案を受けることになりました。

グレイスローン記念病院を去る日、モールで発生した爆発事故の手伝いをしたクリスティーナ。
まだやり残したことがあるというけれど、任せて行くようメレディスにまた背中を押される。

クリスティーナがこの病院を去る理由、そこには前途洋洋の明るい未来に向かっていくことで本当に良かった。
寂しくなるけど・・。

さて、クリスティーナの代わりに雇われたピアース先生。
彼女は養子として育ったそうなんだけど、実のお母さんの名前がエリス・グレイだと知ってここにきたのだそう。
彼女の肌の色はアフリカ系。
つまりは、え〜ともしかすると、父親はウェーバー先生とか??

メレディスはデレクについてワシントンに引っ越すという計画を中止にしたいと言い出しました。
確かにメレディスの基盤も生活もここにある。
デレクを優先して自分を犠牲にすることにNoをいうつもりになったみたいです。

2015.1.11
S10  21話までCヤンの決断の機

デレクの研究は正式に国家事業の一環としてスタート。
カリーとの研究は続行できるよう強気のデレクの押しで許可が出ました。

ベイリー先生は治療方法が無くなってしまった少年に施せる方法を遺伝子調査から見つけました。
でも新しい方法は不活性化させたHIVウィルスから作った物だと聞いて
一旦はサインした母親が、治療を辞めたいと言ってきました。がっかりのベイリー先生。
でも治療したくてたまらない・・・、勝手にやっちゃったらどうしよう。

そしてクリスティーナが医学研究の権威であるハーパー・エイブリー賞の候補に選ばれました。
他の候補と比べてみてもずば抜けていたクリスティーナの受賞は確実
だったのに・・・・。
病院では3人姉弟が続けて心臓の重篤な疾患を発症し息つく暇もないクリスティーナ。
常に最善を尽くし、出来るすべてをやりつくしても一人が助からなかった。
一体自分は何をやっているのか、無意味なことをしているんじゃないかと悩むクリスティーナ。

でも、ウェーバー先生が財団の長であるジャクソンのお母さんに聞いてきました。
票はクリスティーナが1番多く取っていたけれど、
勤務する病院がエイブリ―財団の資本が入っていることから利害が生じ
クリスティーナの受賞は初めから望めなかったという。

夫オーエンとは子供を持つ持たないという夫婦として決定的な希望が違っている。
別れても別れなくてもどちらかの希望を取った地点で不幸な未来しか待っていないと分かっている。
でも愛していて別れられない
この病院で働き続ける以上利害が存在し、クリスティーナがいくら素晴らしい成果を残しても
それを評価してくれるハーパーエイブリー賞はもらえない。
病院を去り、別れられないオーエンと距離を置くきっかけになりそうです。

結婚したジャクソンとエイプリルは信仰などに意見の相違がみられ夫婦げんかに。
アレックスは奨学金の返済もままならない現状から逃げていたんだけど、
もうけている開業医オーナーからフェローが終了するタイミングでもあり声がかかった。
収入は大幅にアップし、勤務時間にも余裕ができる。移ることを決めました。
カリーとアリゾナはもう1人子供をもとうと決めました。

2015.1.1
S10 15話までCレジデントたちの存在感が増してる

心と体を律してここまでやってきたエイプリル、いよいよマシューと結婚式。
でも式の最中、ジャクソンが立ち上がっちゃった!
いやぁ〜土壇場で結婚をやめたケースはあったけど、花嫁奪っちゃったね。
ジャクソンを思っていたエイプリルもジャクソンを選んだ。二人は即日結婚しちゃいました。

院内では上司との恋愛が元で医師としての成長の機会を失ったと匿名の訴えがあり
理事会は不本意ながら恋愛禁止令を発令しました。
うまく行っているアレックスとジョーがそのとばっちりを受ける形になる一方、
ジャクソンに捨てられた形になったエドワーズと
アリゾナがカリーと元鞘になった今カリーからにらまれたマーフィーか
クリスティーナと寝ていたロスが訴えたのかと微妙な空気になるレジデントたち。

結局はカリーに睨まれて以来整形外科の教育を受けられなくなったマーフィーが訴えてました。
なんとか浮気の一件を乗り越えてきたカリーとアリゾナにまた亀裂かとも思ったけど
あの飛行機事故の後遺症が心に大きく影響していることを知っているカリーだから
ようやくアリゾナの気持ちにまた向き合うようになってきてます。

クリスティーナがロスと行った3D血管の術は成功を収め、受賞の話も舞い込むほど。
ただそのロスが、キャリアを積むことに必死になり睡眠時間を削って疲労を貯め込み、
アレックスのお父さんの心臓手術を無理にやってしまい、
悲しみの癒えないブルックスの死に絡んだ幻覚を見てしまいました。
きつい処分が想像されたロス。
でもウェーバー先生のフォローと何よりもロスの素質を見込んだクリスティーナの助言で
また医師としてやっていこうという彼の気概が戻りそうです。

デレクには、カリーと半年続けてきた研究に導入した画期的な手法に対して国から声がかかりました。
ただ脳科学の方に特化した研究を国が推進するため、カリーとの研究は出来なくなりました。
大統領直々に依頼を受け、助成金もおりるため、
手術を辞めて研究に力を入れ家庭を担当するというメレディスとの約束は反故に。
自分の門脈研究が行き詰っているメレディスにとっては泣き笑い。

でもエイプリルの結婚式の後、一緒に手術をしてから
メレディスとクリスティーナのギスギスした関係は落ち着いた。共同作業は関係を改善するんだね。

2014.12.26
S10 10話までBオリジナルメンバーが心配

何よりもクリスティーナとメレディスの関係は冷える一方。
新生児の心臓への手立てが断たれ、クリスティーナについていたレジデントのロスが見つけてきたのは
メレディスが研究のために病院に導入した3Dプリンターで血管を作る方法。
でも初めてのことなので巧くいかず、使用時間などを巡って完全にメレディスと対立してしまいました。
オーエンはエマと順調に関係を築いているし、
このままじゃ、クリスティーナは去って行ってしまう。
確かS10でサンドラ・オーは本作を去るんだよね?

カリーは相変わらずアリゾナと別居中。
でも、医療裁判で苦しい中勝訴し、父親から一度の過ちを赦して乗り越えた関係はより強くなる
と聞かされ、アリゾナとやり直してみようと別居を解消しました。
でもアリゾナは別居中、レジデントのマーフィーとそういう関係に。
カリーからのヨリを戻そうという提案にすんなり乗るアリゾナ。
でもマーフィーは意外と本気になってしまっていました。
カリーにばれてしまい、マーフィーはとても難しい立場に立ってしまったし、
それに一度の過ちどころか、別居中別の人と寝ていたと聞かされたカリーの気持ちを考えると
さすがにアリゾナはひどい。
多分根本的にそういう感覚で動いちゃうんだろうな、カリーはこの人と続けるの難しいかも。

マシューとの結婚式を準備しているエイプリルだけど、やっぱりジャクソンに未練は残ってる。
ベイリーは脅迫性障害の疑いが強くなってきました。
手術からも外されてしまいました。
インターンたちに医師としての仕事を教えるという事に生きがいを見出したウェーバー先生は
リハビリを進めていて順調に回復していたんだけど、
転倒してあばらを骨折、まだ退院は無理です。

2014.12.18
S10  6話までBいつものグレアナだ

もうシーズン10、10年は続いているんだからすごいシリーズになりましたね〜
今期もグレイズ・アナトミー!って感じでスタート。
嵐で病院の外来病棟が壊滅状態で、ウェーバー先生は命に関わるほどの重体、
メレディスは臓器損傷の手術を受けながらの出産直後だし
インターンの1人ブルックスが亡くなりました。
嵐の最中、アリゾナが浮気した事で修復不可能なほど傷ついたカリー。

もうトンデモないことだらけなんだけど、このドラマはこうやって続いてきたんだよ。
そしてそれぞれがありえない辛苦を受け入れ乗り越えていきます。

メレディスはこれでゾラ、ベイリー坊や(嵐の中手術して取り上げてくれたベイリー先生に敬意を表して名付けられた)の
二児の母となり、そして医者の仕事をこなしつつも、母にされたような顧みられない育児はしないと決めてます。
怪我をしたというゾラのもとに駆けつけて、滅多に出会えない画期的なオペに入るはずが
患者の容体の急変で予定より早まったためにクリスティーナに外され不満をぶつけたメレディスに、
子を持つことで医者としてのメレディスの足が止まり、
最先端医術に向かう情熱とエネルギーがそがれているとクリスティーナから指摘され、
親友の考え方が決定的に違ってしまったと感じた瞬間でした。

クリスティーナは子供が欲しいオーエンとの未来はないと分かりつつズルズルと付き合うのはやめようとしています。
互いに相手を見つけようという提案に表情が曇るオーエンだけど、
オーエンに近づく女性エマが登場。彼女は最寄りの別病院シアトル長老派の産婦人科医さんです。

一度の浮気を詫びるアリゾナだけど、もう受け入れられないカリー。
事故のあとここ1年、義足をつけるまでとつけた後と、どんなに当たられても献身的に面倒を見てきたカリーには
アリゾナにどんな理由があり心境だっかはもうどうでもいいこと。
本当に終わりそうだ。

ウェーバー先生は病状が良くないのに治療を諦めている節があって手を焼くベイリー。
あのバリバリ働いていた元部長も弱気になることはあるんです。

ジャクソンとインターンの子、アレックスとジョー、恋模様も一進一退進行してます。
グレイズアナトミー TOPへ
























HOME海外ドラマのあしあとグレイズ・アナトミー>シーズン9
GREY'S ANATOMY
シーズン9
ハマり度☆Bふんばったね
コンパクトBOX
●2012-13年 アメリカABC  全24話
●製作総指揮:ジョンダ・ライムズ  マーク・ゴードン
●出演:エレン・ポンピオ サンドラ・オー 
パトリック・デンプシー チャンドラ・ウィルソン
 ジャスティン・チェンバース  サラ・ラミレス  
ケビン・マクキッド  
ジェームズ・ピケンズJr.    サラ・ドリュー  
ジェシー・ウィリアムズ
●視聴:2013.12.2-2014.1.14  WOWOW
●イントロダクション:
メレディスたち医療班の乗った飛行機が墜落しレクシーは帰らぬ人に、
デレクは医者の命ともいえる左手を損傷、アリゾナは足へ重傷を負い
クリスティーナは心を閉ざした。
第1話はその約1か月強後、ひと時の回復ののち意識を失ったマークが
意識のある時に延命治療の終わりを指示した30日目がやってきた・・・。
S9レビュー
1-3話  4-9  10-15  16-24
大惨事のあとの病院倒産・・・
できる限りを尽くしたメレディスたちのささやかな平和が癒し
今シーズンは病院そのものを失いそうになるという危機に。
事故や訴訟のために判決が降りる事象には莫大な損害賠償が発生してしまうお国柄も関係してか
身売り買収は日常茶飯事のようです。

でもマニュアル厳守の合理化とイメージ戦略のみのフランチャイズ企業に病院が買われるなんて
やっぱり優秀で果敢な研究を推進する先生がひしめくところでは似つかわしくない。
教育機関であり、最先端の医療を追求するアグレッシブな病院でいられるように
工夫して経営してもらえるのがベスト。
今のところ、ジャクソン、メレディス、デレク、アリゾナ、クリスティーナ、
そして彼女たちより少額出資ではあるけれどウェーバー先生もオーナーです。
スローンの補償はカリー夫婦の娘に行く予定だけど、カリーはオーナーに入っているのかな?

院内感染の危機も乗り越えたし、今後はどうなるか。
まとめ、ひっぱり、時には柔らかく受け止め、みんなをつないでくれていたウェーバー先生が感電して倒れました。
助かって欲しいけど、どうなんだろ?
S10に持越しです。

もう次回はシーズンも10を迎えるんだね。長寿ドラマになってきました。


2014.1.14
S9 24話までB院内感染・・・

病院を買い取るにはそれでも資金が足りない・・・。
諦めていた矢先、エイブリ―のお母さんがウェーバー先生経由でエイブリ―財団からの資金を約束してくれました。
でも、それには息子ジャクソンを筆頭理事にするという条件付き。
背に腹は代えられないし、でもジャクソンは同じ医師仲間でもあるから意思疎通は図れそう。

病院は「グレイ スローン メモリアル病院」として再スタート。
何に資金を使うか、どういう病院にしていきたいかを実現し始めたメレディスたち。

そんな時、術後の患者が続けて感染によって死亡し、原因はブドウ球菌保持者のベイリー先生経由と判明した。
ただ、ペガサスが仕切っていた短い期間に導入された手術用のグローブに欠陥があったためで
ベイリー先生の責任じゃない。
でも大事な担当患者を死なせてしまったショックから立ち直るのはなかなかできない。ほんとにつらい。

妊娠が順調に続いていたメレディスは、巨大なハリケーンが発生し院内が騒がしい日に破水。
胎児の向きの加減で帝王切開となったものの、赤ちゃんは無事。
でもメレディスが、産前に転倒した折にできたと思われる内臓の怪我でピンチ。
人手のないこのタイミングでベイリー先生が復活を遂げてくれました。

オーエンはやはり子供を持ちたいと思っているとひしひしとわかってしまうクリスティーナ。
医者としてただひたすらにまい進することを願う彼女にとって、愛するオーエンの願いを聞いてあげられないのはつらい。
どこかで終止符を打たないとと思っています。 それが今なのかも。

幾多の峠を越え、やっと義足を受け入れたアリゾナとやっと夫婦関係の絆を深めたかに思えたカリー。
でもアリゾナは、臨時手術でやってきた女性医師と浮気・・・。
アリゾナの中では、いかなる状況でも足を切らないでほしいといった言葉を守ってくれなかったカリーに対するしこりが取れないまま。
命を救う事が最優先だったカリーの判断は決して間違いじゃないけど、
アリゾナはそこに不信感の種を植えてしまったようです。 うまく行かない。

あ、久しぶりにアレックスに愛がやってきましたよ。
子供のころの境遇がよく似たジョー。彼女と愛し合うようになれそうです。

嵐で院内が停電し、予備バッテリー稼働のために地下に降りたウェーバー先生が感電してしまいました。
誰か早く見つけてあげて〜。

2014.1.3
S9 15話までCその手があったか

勝訴した飛行機事故被害者たちデレク、メレディス、アリゾナ、クリスティーナほか
亡くなった面々の遺族に莫大な補償金が下りることが決定した。
それは保険会社から支払われるはずだったのに、
病院側に課せられていた条件が満たされていないことが分かって保険会社は支払を拒否。
結局病院が支払うこととなり、そのために経営は行き詰まり、身売りすることに。

名乗りを上げたのは、病院のチェーン店化を進めるペガサスなんとかという企業。
経営戦略上合理的で無駄のない方法をとってはいるもの、
挑戦的な研究はリスクが高いため認められず、新しい症例に取り組めるようなプログラムやそれを許す土壌はない。
優秀な医師を育てていけるだけの環境もスキルもなくなるとわかった。

ともに育て上げてきた病院をこのまま別の物にさせらないと知恵を絞ったカリーやデレクたち。
補償金を持ち寄って病院を買い取れないかファイナンシャルプランナーに相談してみたら
いくつかのポイントを抑えられればそれは可能、ならばと乗り出した。

ペガサスに買ってもらうことが病院を救うたった一つの方法だと信じて
みんなのために頑張っているオーエンにしてみたらとんだ裏切りだろうけど、
病院側の人間として動いている以上、デレクたちの動きを事前に知らせることはできない。
知っていたと分かればオーエンは契約違反という罪が課せられる可能性が高くなるから。
本当のことを言えないクリスティーナはつらいところ。

アメリカの経営に対するシビアでクールなところには驚かされる。
でもこうして質にこだわるところはどこの国でも同じなんだね。

2013.12.8
S9 9話までC変化に次ぐ変化

今シーズンは新たに加わったインターンたちの様子もしっかり描かれていて
物語に新鮮な息吹きが感じられて良いです〜

さて今当事者たちが抱えているのは事故に対する訴訟問題。
賠償を受け取る権利があるメレディスたちに対し、
緊急搬送のチャーター機を選定しサインしていた病院側の責任者はなんと部長のオーエン。

ミネソタに逃げた形で心臓外科医として勤務していたクリスティーナは
そこで指導を受けた偏屈ながら腕のいい老心臓外科医とぶつかりながらも最上の関係を築き
クリスティーナの持っていなかった心臓外科医としてさらに飛躍を助けてくれる「精神」ともいえるものを得ました。
でもそのもう一人の相棒とも言える老先生を術中になくすことで
クリスティーナはシアトルに戻ってくることになりました。

疎遠になった夫婦関係を修復したいと思っていたクリスティーナに離婚を切り出したオーエン。
訴訟上で夫婦であるということが影響して被害者たちがきちんと賠償を受け取れないことがあってはならない
ということを鑑みてのこともあったんだけど、二人の思いは一度離れかけたことで再確認できました。
あとは訴訟に対してどうするか、です。

最初の手術ではデレクの指は完全には元通りにならず、
今度は肉親から神経を移植させてもらうという方法で手術。
メレディスのお腹に赤ちゃんが。ゾラを養子にしたことが本当に良かったのかも。

エイブリ―先生とエイプリルはセックスフレンド。
宗教の教え上婚前交渉はダメだというエイプリルは行動と理性が矛盾していて今はとっちらかってます。
でもエイブリ―先生は結婚も考えていたんだよね〜。冷静になれエイプリル。

アレックスは、足を失い落ち込み続けていたアリゾナが復帰してきて一安心。
でもインターンの教育はまだ板についていないからちょっと大変。
そんな中、インターンのジョーと気まずい微妙な感じに。まだ未熟とはいえジョー何かいいと思うけどな^^

2013.12.4
S9 3話までB命の危機はこれまでもあったけど・・・

こうしてまたもや大事な人を失う惨事に直面するメレディスたち。
特に娘の父親であり親友だったマークを失う悲しさを受け入れるカリーと
分かり合える長年の親友デレクの二人にはつらい時間となりました。

レクシーとマークを失った惨劇だけど、事故の残した爪痕は生き残ったみんなには大きすぎる。
アリゾナは足の切断だけはしたくないと言っていたものの急変したことで結局は切断。
判断を下した妻であるカリーを責め、泣き暮らす毎日。
カリーの再生術で左手を取り戻したデレクだけど、復帰第一回目の手術で開始直後感覚がなくなるという事態に。
口をきけなくなったクリスティーナは、救助が来るまでの1週間の体験から逃れられなくなっており、
このクリスティーナ曰く呪われたここを去ることで復活を遂げた。

それでも事故にあった面々は飛行機には乗れない・・・。
自分の代わりに医療班に加わり事故にあったアリゾナのことを悔やむアレックスも・・・。

レジデントを卒業したメレディスたちは指導医としてさらに上の立場になり、
インターンとしてやってきた新しいキャラクターたちも登場しています。
グレイズアナトミー TOPへ

























HOME海外ドラマのあしあとグレイズ・アナトミー>シーズン8
GREY'S ANATOMY
シーズン8
ハマり度☆C飽きないわ〜
コンパクトBOX
●2011-12年 アメリカABC  全24話
●製作総指揮:ジョンダ・ライムズ  マーク・ゴードン
●出演:エレン・ポンピオ サンドラ・オー 
パトリック・デンプシー チャンドラ・ウィルソン
 ジャスティン・チェンバース  サラ・ラミレス  
ケビン・マクキッド  キム・レイヴァー
 エリック・ディーン  カイラー・リー  
ジェシカ・キャプショー ジェームズ・ピケンズJr.
●視聴:2012.11.22-12.20 WOWOW
●Story:
メレディスが臨床試験で不正を働いた事で研究は打ち切りになり再開は不可能に。
病院側から解雇を告げられ、デレクとは別居状態になったことで養子縁組の確認期間だったメレディスたちは不適格とされゾラは連れて行かれてしまった。
レジデント5年目の立場であるメレディスたちにとって、アシスタントではなく第一執刀医となるチャンスが巡ってきたばかり。
妊娠したクリスティーナは産まないことを決意しており、ハント先生との話し合いが急務だった。
S8レビュー
1-4話  5-8  9-12  13-16  17-20  21-24
家族の絆、仲間との絆、仕事でのステプアップ
ひとつずつ諦めずに築き上げたS8でした
仲間の力も借りつつメレディスはゾラの母親になる事ができ、デレクとの絆がさらに強まることに。
初めて心から愛する男性と出会え結婚したアルトマン先生だったのに、彼の病気が進行して早くも夫を亡くし、
悲しみと絶望感、喪失感の中でもがく中、クリスティーナやハント先生の忍耐強い見守りの中で立ち直りを見せました。

一方で、子供を持つ是非を巡って望みが相容れないクリスティーナとハント先生夫婦には深い溝が。
互いを愛し合っているが故に、このことで傷つけあうしかないというジレンマに陥ってしまっています。

今回のシーズンではレジデント5年目となったメレディスたちは認定医試験を受ける資格を得、
合格すれば晴れて一人前の医者となり、希望する専門分野のアテンディングのフェローとして大きく羽ばたく事に。
優秀な医者を求める病院からのオファーもあるけれど、彼らを育てたシアトルグレイスからも引き止める声が上がる。

けれど、晴れて合格し飛び立つことで何かをリセットしようとしていた彼らに起こったのは墜落事故。
メレディスは後頭部から血がでてるし、マークは胸の打撲がひどくて危険。
アリゾナは足の骨が折れて出てきてしまっている重症だし、デレクは利き手じゃないにしても大事な医者の腕が・・・。

彼らがちゃんと助かるところを見たいのにここで今シーズン終了。
久しぶりの気になるクリフハンガーです・・・(涙)


2012.12.20
S8 24話までC何でこんなことにーー(涙)

メレディスたちの認定医試験は誰の面接も口頭試験も最悪の結果を予感させる顛末のものばかり・・・。
けれど、彼らの自信と根性と情熱は全て伝わっており、見事合格! エイプリル以外は・・・。

認定医試験合格の暁には病院側から来てくれとラブコールがあった病院や、
または希望している病院などとの面接などを通して自分の求めるプログラムを持つ病院へと旅立っていくレジデント達。
ただエイプリルだけがどこにも行き先が決まっていなかった上に認定医試験すら不合格。
次の試験は来年までない上に、シアトルグレースでももう雇えないとハント部長から解雇通告。
もうどん底。
そんなエイプリルを切なげに見守るのは認定医試験の前夜エイプリルのロストバージンのお相手だったエイブリー。

でも、これから羽ばたこうというメレディスとクリスティーナ、
そしてデレク、マーク、アリゾナ、レクシーを乗せた医療チームの飛行機山中に墜落・・・。
レクシーは重症で助ける事が出来ず、愛を伝え合ったマークの手を握って逝ってしまいました。
みんなそれぞれにヒドイ怪我を負っているのに、位置確認が出来る通信器が壊れてしまったみたいで救助が来ないよ・・・。

一日救急の患者に追われ、自分のために陸軍の仕事を蹴ろうとしているアルトマン先生の退路を断ったりと
精神的にもいっぱいいっぱいだったハント部長がクリスティーナたちが目的地についていない事を知ったのは夜遅く。
極寒の山中で怪我をしたみんなは助かるのかどうか、わからないまま次シーズンへ。

2012.12.14
S8 20話までC正式な医者まで後一歩!

クリスティーナにとっての幸せは仕事。
仕事ができてバイタリティに溢れていて言いたい事をズバズバ言う、だからこそなのかモテてる。
婚約も一回、結婚もした。でも結婚に付き物と大半の人が思っている”子を持つこと”を望んでなかったから
今ハント先生と決定的に”一緒にいられない状態”にきてしまったわ。
クリスティーナの中絶がしこりになってしまうハント先生は一度だけ心のない浮気をしたという事実を正直に話しました。
だからこそもう戻れないクリスティーナ。

そんなクリスティーナたち5年目のレジデントたちは認定医試験合格後に行く病院を探してます。
自分の専門となるアテンディングの先生に推薦状を書いてもらい全米に散らばる志望病院へ面接に。
キャリアのために引っ越したり職場を移ることを受け入れているんですね。
でもそんなことになったら、このドラマどうなるの??

さて、奥さんのアデルを施設に入れたウェーバー元部長。
でも自分を夫だと認識できないアデルが新しい恋に頬を赤らめ、
アデルより症状の重い男性と恋人になっているのを見るのは辛いね・・。

2012.12.13
S8 16話までC不協和音の気配

ヘンリーの死を境にアルトマンがクリスティーナやハント先生に対する態度を一変させてから
クリスティーナとハント先生夫婦の間に一挙に不満が噴出し、クリニックにかかってみたけど無理。離婚の危機・・・。
今となっては美人看護士とハント先生が話しているのを見て浮気疑惑にとり付かれ始めてます。
仕事も手についてないし・・・。

部長(もう部長じゃないんだけどずっとこう呼んでるよね私^^;)の奥さんアデルの
認知症が進行していて専門施設に入ることになりそう。
愛する人を居心地の良い我が家で安らかに過ごさせてあげたいと思う部長の思いはあっても
面倒を見る家族は部長以外おらず、人を雇ってもアデルの病状を理解しつつ報酬以上の仕事をしてもらうのは実質無理。
認知症の母を見送っているメレディスの経験からのアドバイスを重く受け取っているみたいね。

さて、5年目のメレディスたちにとって、とても大事な医師認定試験が迫ってきてます。
実践でその実力はすでに発揮されているとは言っても、やっぱり大事だよね〜

そうだ、13話はちょっと趣向を変えたエピソードでした。
「もしもメレディスに素敵な両親がいたら。」というもの。
この世界ではメレディスの母は優秀な医者であり娘をこよなく愛する部長に君臨するエリス・グレイ。
そして優しく妻と娘を包み込むのはウェーバー部長!
それ以外にもありえない〜〜!って組み合わせの夫婦目白押しなんだけど、
やっぱり性格は変えられないから、なんだかメインストーリーとおんなじ方向に行きそうな気配を残してのエンド。
なかなか面白かったわ^^

2012.12.9
S8 12話までCクリスティーナの試練のとき

ゾラの養子縁組が絶望的かと思えたものの、努力実って晴れて親子に!
ゾラを諦められないメレディスとデレクの悩みもこれで一段落し絆は強まって本当に良かった〜

でも、厳しい持病を持っていたアルトマン先生の夫ヘンリーの容態が悪化、手術中になくなってしまい、
ヘンリーだとは知らされずに執刀医を任されたアルトマン先生のまな弟子クリスティーナのショックも深い。

悲しみから抜け出せないアルトマン先生にとことん付き合ったクリスティーナ。
先生の気持ちも徐々に前に向いたけれど、手術を指示し、死去を隠し続けた親友ハント先生への怒りは収まってないみたい。
でもこのことでハント先生の采配を無視してアルトマン先生と組んで重症の患者の心臓手術を行ったことから
ハント先生の鬱憤が爆発、あの中絶への不満を蒸し返してきました。夫婦としては厳しい展開だね・・・。

別の病院の眼科医の女性と付き合っているマーク。
彼女を気に入っているカリーとアリゾナは2人の仲を進めることを後押しするんだけどそこまで乗り気じゃないマーク。
まだマークの事をレクシーは思っているみたいだし、おそらくはマークも・・・、今後の動向がきになるところ。

さて、それぞれが専門分野を決定していく中、メレディスに一般外科を勧める部長やベイリー先生。
確かにメレディスはそこがピッタリかもね!

2012.12.6
S8 8話までC長いシーズンだからこその味

5年目のレジデントの重圧で守りに入りそうになるメレディスたちを
さりげなくフォローしている年長の先生たちの温かさが心強い。
一方でゾラの持病が再発するなど、メレディスたちの心を揺さぶる一件も勃発するなど、向き合う問題は切実。
メレディスの不正を密告した形になっているアレックスが陰でヘルプしてくれたりと
仲間同士の絆が結構厚くていいね。

まだマークの事を愛しているレクシーを見て、別れることを決意したエイブリー先生。
マークから整形外科医としての可能性を確信されているエイブリー先生は、自分のキャリア磨きにまい進することになりそう。
アレックスも小児外科医としての資質をアリゾナから買われているのに
アレックスが決め切れてないんだよね〜。でもそろそろ決断の時かも。

中絶をしたクリスティーナは心臓外科医のアテンダントであるアルトマン先生に目をかけてもらってる。
インターンのするような仕事ばかり命令され仏頂面だけど、執刀医としての最も大切な資質を気付かせてくれました。
師と呼べる人や、部下たちを思ってくれる今はアテンダントとなっている部長らの心のこもったフォローを受けて
それぞれが一人前の医師になろうとしてます。
さて、デレクとは仕事では組めないメレディスは何を専門にするんだろうか?

まずはゾラの親権がもらえるかどうか、養子縁組センターとの話し合いが一番の懸念事項です。

2012.11.23
S8 4話までC切り口が良い

手術とかの、ってことじゃなく人間模様を描く切り口が今も最高に面白い。

ソフィアにめろめろのカリーとアリゾナ、そして父のマーク。
一方でメレディスの臨床試験の不正操作問題でゾラの養子縁組はなくなり
ただでさえ危機だったメレディスとデレクの夫婦間は、愛しているのに許せないジレンマに陥って苦しいところ。

ただ、メレディスが不正操作したのは臨床試験の薬剤投与が部長の奥さんが受けられるようにしたいという
強い「情」が働いていたため、部長が自分が操作したことにしてメレディスの解雇を回避してくれました。
ハント先生に部長職を譲りアテンダントに戻った部長、むしろ晴れやかにすら見える。良い上司だよね・・・!

クリスティーナは仕事を取る事を第一にしているため、ハント先生のために産んだとしても
子供がいることで仕事に支障を来たし、また子供を疎む自分を嫌悪してしまうことが目に見えているから
きちんと話し合いクリスティーナの意向を理解してあげて欲しいとメレディスはハント先生に伝えました。
名医と呼ばれた外科医の母から自分自身が受けた仕打ちと同じことが起こる、痛いほどわかるんだ、とも。

計画的でない妊娠はサプライズだと喜べるかに懸かっている。2度目の妊娠だったクリスティーナの課題だね。
グレイズアナトミー TOPへ
















HOME海外ドラマのあしあとグレイズ・アナトミー>シーズン7
GREY'S ANATOMY
シーズン7
ハマリ度☆B面白い物語です
コンパクトBOX
●2010-11年 アメリカABC  全22話
●製作総指揮:ジョンダ・ライムズ  マーク・ゴードン
●出演:エレン・ポンピオ  サンドラ・オー 
パトリック・デンプシー チャンドラ・ウィルソン
ジャスティン・チェンバース  サラ・ラミレス  
ケビン・マクキッド  キム・レイヴァー
エリック・ディーン  カイラー・リー  
ジェシカ・キャプショー ジェームズ・ピケンズJr.
●視聴:2012.2.25-5.25  WOWOW
●Story:
妻の死をデレクの責任だと逆恨みした遺族が銃を乱射した事件から1ヶ月、精神的にも回復をみせ執刀許可が下りるものもいる中でメレディスは許可をもらえないまま。
妊娠した事をデレクに告げる前に事件で流産し、今もまだ秘密にしている事が原因か?
一方デレクは言動に一貫性はあるものの、暴走運転がやめられずに警察に厄介になる事を繰り返している。アドレナリン分泌過剰だというが・・・。
S7レビュー
1-4話  5-8  9-12  13-16  17-19  20-22
命の喪失に苦しみ、誕生に沸いたS7
医療現場に生きる面々の人生に焦点が当たっていたわ
銃乱射事件の傷が癒えないシアトルグレイスの先生たちの苦しみと克服を前半に、
カリーに子どもが授かって、赤ちゃんを巡る悩みと幸せを中心に展開した後半。

失われた命たちの重さに耐えた面々が、新しく生まれる命に真剣に喜怒哀楽する様は
グレイズ〜流の言葉でいくと宇宙が良くできているということかな。

メレディスがデレクと共に不妊治療に取り組み、
そして孤児の赤ちゃんを養子に迎えるという一大転機を迎えました。
あのメレディスが母親に!
でも遺伝的要素があるならいつかメレディスに訪れるかもしれない認知症を
なんとかして治療する術を確立したいデレクにとって
臨床試験自体がだめになる行為をしたメレディスが許せないという思いで苦しいところ。
愛しているからこそ、だよ・・。

カリーとアリゾナは結婚したし、アルトマン先生もやっとヘンリーへの愛に気付いてくれたし、
ベイリー先生もイーライと順調!
ただ、クリスティーナとハント先生の夫婦が心配。


2012.5.25
S7 22(最終)話までC不安なムードで次シーズンへ

カリーとアリゾナの結婚式は紆余曲折ありつつも挙行されめでたし。
マークもベビーのソフィアをかいがいしく世話していて感心。

いよいよチーフレジデントが決定するということで躍起になるアレックスたち。
部長に代わって選考を任されたオーエンにお怒りのクリスティーナ。
でも指導医のアルトマン先生の怒りを買っていてどの道難しそう・・・。
そんなクリスティーナ、妊娠。
将来を話し合いたいというオーエンの言葉も虚しく中絶の予約を入れたクリスティーナ。
失望したオーエンに家を追い出されてしまいました。

チーフレジデントを狙って、アフリカから治療困難な子どもたちを呼び寄せる事に成功したアレックス
でもメレディスが有力だと聞いて酔った勢いで、メレディスが臨床試験を不正操作したとオーエンに話しちゃって・・・。
その投薬がアデルへのものだったと知って部長は停職に納めてくれたけど、
臨床試験そのものが頓挫する可能性が高くなり、これに精力を傾けていたデレクの失望を買ったメレディス・・・。

しかもアフリカから来ていた孤児のゾラを養子にしようと婚姻届を出したばかり、どうなるのかなぁ〜
いつも問題に直面してのグレイズアナトミー。
チーフレジデントはエイプリルに決定しました。たしかに統括役とはいえ裏方の事務作業やら書類仕事は彼女に向いてるかもね。

2012.5.25
S7 19話までC印象に残るエピ続き

カリーのお腹の子を巡ってアリゾナとマークは今から親としての意気揚々さが却って衝突につながるほどの入れ込みよう。
遺伝上からして父親のマークはこの子の関係者だから強気なんだよね
母となることもカリーを愛していることも明白なアリゾナは一泊旅行にカリーを誘い道中プロポーズ!
だけどその瞬間トラックに激突して車外に放り出されたカリーと赤ちゃんは瀕死に・・・。

第18話はミュージックエピソードと銘打たれ、グレイズアナトミーで流れたサントラをキャストが歌いました。
意識のないカリーが幻覚としてみているという、ドラマの流れを妨げない工夫された演出で、
何よりも殆どを歌い上げたカリーことサラ・ラミレスの歌唱力に呆然!
あ、18話だけは字幕版でオリジナルキャストの声で見たんですよ。
そうサラ・ラミレスは2005年のミュージカル界での活躍に贈られるトニー賞で女優賞を取ってるんですよね〜
感情表現も歌唱力も共に抜群で特に最後の曲には本当にジーンときたわぁ〜^^

さて、大手術の末取り出された赤ちゃんもカリーも助かりました。
3ヶ月後、二人揃って退院となりました。お家に3人もアテンダントをする医者がいるから大丈夫だって!

さて、お見合いデートをするたびに合わないといってヘンリーに愚痴りにくるアルトマン先生。
アルトマン先生を愛しているヘンリーはラブコールを送っているんだけど彼女は分かってないわ、ヘンリーが運命の人だって。
でも病気を抱えているヘンリーは強く彼女に愛をぶつけるわけにはいかないし、もどかしいわぁ〜

部長の奥さんアデルの症状の進度が速く、メレディスは臨床試験でアデルが投与を受けられるよう薬剤をすり替えました。
機械で無作為に投与される患者とされない患者を抽出しているとはいえ管理番号で分かるんじゃないかな?
こんな操作がばれたら臨床試験そのものがだめになるだけじゃなく、
デレクの医師生命に関わるんじゃないかな?不安です・・・。

2012.5.22
S7 16話までB子どもをめぐるあれこれ

カリーはマークの子を妊娠!
いろいろあってアリゾナは愛するカリーのお腹の赤ちゃんも受け入れることになったんだけど、誰よりも喜び父親になることを楽しみにしているマークは第3の男親として正式に子育てに関わるつもり。
今もレクシーを愛しているマークだけど、自分の気持ちを置き去りに進むマークとは生きられないレクシー。
そんなレクシーを気遣ううちに良い感じになったジャクソン・エイブリー先生。進展するかは未知数?

メレディスは不妊治療中。でも排卵誘発剤の副作用で視力にトラブル。この治療は中止になりそう・・。
今メレディスはデレクと共に認知症の新たな治療法を臨床試験中。上手くいけば画期的みたい。

さて、部長の奥さんアデルが2度も転倒して怪我でERに。どうやら認知症の初期のようですが・・・?

2012.5.2
S7 12話までC中盤で乗ってきたー!

よかった!クリスティーナがようやく何かを乗り越えてくれた感じがする!
見守り助けたいというデレクの静かなフォローが生きたいい形。当事者同士だからこそできたことだわ。
しかも、その後に起こった大学内での銃乱射事件で運ばれた
26人ものけが人を全員助ける事ができたことも大きい。
この事件はシアトルグレースのみんなだからこそ深く取り組め、踏ん張り切れたと思う、大事なエピでした。

アリゾナが愛するカリーの元に帰ってきました。
数ヶ月に一度のペースでアフリカの現地へと確認で飛ぶことにするらしいんだけど、カリーは許してくれない。
一度だけ気持ちの揺らぎからマークと寝たカリーは妊娠してるって言ったけどホントかな?
当のマークはやっとレクシーと元サヤになってラブラブのさなかだよ?どうすんの?

あとベイリー先生はデキル看護士のイーライといい感じに^^
そして重症患者で保険限度額が越え治療できなくなったヘンリーを助けるためにアルトマン先生は書類上の妻となりました。
これでアルトマン先生の保険が彼に適用されて治療ができる。
偽装結婚だけどヘンリーはすごく良い人。「THE UNIT」のボブだよ〜^^相手探しに幻滅していた先生にとって運命の人かもね〜

2012.5.1
S7 8話までB癒えない傷が・・・

随分傷が癒えてきたようにみえる面々。
あの事件のあとのシアトルグレースのドキュメンタリー形式のエピもあったりして新鮮。
でも、クリスティーナだけはそう簡単には乗り越えられないようで、
とうとう医者を辞めると部長に言ってしまったみたい・・・。

無差別殺人犯の銃口の前で、親友の夫を救うと言う状況から逃げられなかったクリスティーナは、
院内で何をしていても不安に襲われ、こうなったのはメレディスのせいだとぶつけてきました。
苦しさのやり場がないクリスティーナ・・・。何も言えないメレディス・・・。

小児科医として名誉かつ医療の進歩に携われる機会を得たアリゾナは
行きたくないのに自分のためだけに数年間アフリカに同行しようとするカリー先生を思って別れました。
当分荒れそうなカリー、でも親友のマークとシングル友達で凌げそうだから何とかなる??

2012.3.11
S7 4話までB惨劇のあと徐々に・・・

心や体に後遺症を抱えた皆。
メレディスは流産した事をデレクに話さずにいる事で前に進めず、執刀医として手術に復帰できず、
クリスティーナも、撃たれたデレクを助けるための手術中に犯人に銃を突きつけられた記憶が甦り
手術室に入ると恐怖や何かで頭が真っ白になってしまい、医者としての仕事がままならない。

皆何かしら抱えているんだけど、院内の仲間たちは手を貸し心を寄り添わせながら回復に力をくれました。
一つ一つ小さな障害を乗り越えながら、ようやく取り戻せる光が見えて来たところ。

メレディスとデレクは改めて産婦人科にかかり、根気強く妊娠を待つことになったし、
クリスティーナも夫であるハント先生の見守りのなかで前に進めそうだよ。
グレイズアナトミー TOPへ











HOME海外ドラマのあしあとグレイズ・アナトミー>シーズン6
GREY'S ANATOMY
シーズン6
ハマり度☆C惨劇の後が心配
コンパクトBOX
●2009-10年 アメリカABC  全24話
●製作総指揮:ジョンダ・ライムズ  マーク・ゴードン
●出演:エレン・ポンピオ  サンドラ・オー  
パトリック・デンプシー キャサリン・ハイグル 
ジャスティン・チェンバース  チャンドラ・ウィルソン 
サラ・ラミレス ケヴィン・マクキッド
●視聴:2011.7.2-7.31   WOWOW
●Story
メレディスとデレクの結婚や心停止したイジーが息を吹き返した明るい話題の一方で、
女性を助けてバスに轢かれた身元不明の男性がジョージだと判明。
だが、手術も功を奏せず帰らぬ人となってしまった。
ジョージの死を受け入れることも難しい病院の同僚たち。
そんな院内の状態の中、病院の評価を表すランキングが著しく落ちた原因が部長にある
と考えた理事会は、次期部長にとデレクに打診してきた。部長に対処を促すデレクだが・・・
S6レビュー
1-4話  5-8  9-12  13-16  17-20  21-24
多くの新しい仲間が加わり人事にも変化が
大事件勃発のあと、どう前進するんだろうか・・・
はぁ〜・・・
毎シーズン最終話には衝撃的だったり辛い思いをさせられてきたけど、今回ほどどんよりした気分もないわ。

医療判断に納得できなかった遺族が逆恨みしての銃撃事件。
クールにドライに訴訟の段階で対応できなかった人間味溢れるデレクの対応が悔やまれる部分もあるけれど、
何よりも患者だけでなくその家族にまで配慮しないといけない彼らのハードワークさがこたえます。

撃たれたデレクやアレックスはなんとか命を取り留めたんだけど、
人命だけではない、病院の何かが殺されてしまったのではないか、とふと思えて不安になります。
おそらくは、禁酒を見事に続行中の部長が怪我をしたデレクの代わりにまた部長として働いてくれるのを望むばかり。

さて、このシーズンでは恋愛模様に大きな変化はなかったかわりに、
未来を見据えた2人の将来についての葛藤がいくつか見られました。
クリスティーナとハント先生には、ハント先生のイラク時代の同僚かつ親友の女性医師アルトマン先生の登場があり、またイジーが失踪してしまったことで、アレックスは短い結婚生活にケジメをつけることを決定。
アリゾナとカリーのカップルは、子どもを持つかどうかで、生き方に絡んだ議論が必要に。
レクシーとマーク・スローン先生は、突然現れたスローンの子どもだという娘と共に暮らすことについて意見が分かれてしまい宙ぶらりんに。

一方で、堅かったのがデレクとメレディス。
あのメレディスが母になってみようかと前向きに考えるようになったんだからすごい成長です。
部長にかわって部長職についたデレクの苦労も描かれていたから、次シーズンではそれらの宿題をこなしながら、銃撃事件のトラウマから回復しようと頑張るところからも始まるのでしょうね。


2011.7.31
S6 24(最終)話までC大惨劇が・・・

アルトマン先生のことをどう思っているのか分からないというハント先生。
煮え切らないハントにもクリスティーナは別れる!と言い切っちゃったんだけど、
親友であり戦友でもあるアルトマン先生のことを特別に思っているから、それが愛なのかと問われての正直な感想だったのよ。
愛しているのは大丈夫、クリスティーナのほうだわ。

将来子どもを持つ事を希望しているカリーと、持ちたくないアリゾナの溝は埋まらないまま・・・
そしてアレックスと付き合っているレクシーは、少しずつアレックスに情が移ってしまっているんだけど、まだマークにも未練が。
赤ちゃん問題のなくなったマークはレクシーに復縁を申し出るも答えがまだでず。

子作りしようと決めたメレディスに、まさかの妊娠。
だけど、その日病院には、患者の同意書に従って呼吸器を外したにも拘らずそれを恨みに思っている遺族が銃を持って院内に・・・。
このクラークさんという人はデレクを始め妻の臨終に立ち会った医師たちを皆殺しにするつもりだったみたいだけど
デレクを捜している途中に出会った人も銃撃してしまってました。

撃たれたデレクをやむなく執刀したのはクリスティーナ。
デレクは無事に命を取り留めたけどメレディスは流産してしまいました・・・(涙)

求める元部長に会えた犯人クラークさんは、最後の一弾を自殺に使いました。
病院はどうなるんだろう・・・惨劇のあと先生たちはどうやって立ち直るんだろう・・・・。

2011.7.29
S6 20話までCぐいぐい面白くなったわ

名医たちの、過去の失敗から学ぶ講演会が開かれ、
部長(元)やベイリー先生の駆け出しの頃が垣間見えて興味深かったわ。

過去といえば、ハント先生がここ最近またPTSDの症状に苦しんでいてその理由が描かれました。
尊厳死をテーマにしたエピで、ハント先生も大事な人を最後はやむない状況下で見送るしかなかった
そのときの自責や後悔の念に今も押しつぶされそうになっている様子が重ねられていました。
カウンセリングを再開するから、きっと回復を見せてくれそうないい予感。

一方ハント先生のことを吹っ切ろうとマークと付き合い(?)出したアルトマン先生。
マークは飛び出した娘が産気づいて戻ってきて、目の前で産んだベビーに大喜びするも、養子縁組が決まっていて・・・。
ベビーを手放す決意ができたのは、「あれはお前の子の赤ん坊だ。お前の子はどこへも行かない」
というデレクの言葉でした。そう、マークは今から娘を大事な子としてきちんと向き合おうと決意したのよ。
母親の元に戻る彼女に父らしい素敵な言葉を送って。
きっとその喪失感はアルトマン先生が埋める助けをしてくれるはず。

そして病院合併の折に医療ミスでクビになった子がデレクの采配で再雇用されて戻ってきたんだけど、
その子、デレクに片思い・・・。免疫のない純情な優等生タイプの子だからなぁ〜、まメレディスが何とかするか^^

2011.7.28
S6 16話までB再スタートの部長

やはり部長は部長としての限界を越えてしまってたわ、理事会の決定を受け入れ禁酒のリハビリ施設へ。
施設を退所して病院に戻ってきましたが、一度目の議決では部長職に戻れずアテンディングとしての勤務。
部長代理のデレクは部長職の大変さをひしひしと感じています。
医療の仕事に経営、事務、人事、訴訟がらみのことまでを網羅する部長職なんだもん慣れるまでは大変です。

ハント先生に愛を告げてしまったアルトマン先生。2人はかなり気まずい・・・。
だけど、クリスティーナを愛しているというハント先生の気持ちを理解してます。
でも親友には戻りたい思い、2人とも一致してます。

柔軟で自己中心的ではないアルトマン先生のおかげで、積極的で前例のない処置や手術だとしても
必要性を説けばきちんと向き合い受け入れてもらえるここ最近の仕事にやりがいが爆発的に上がったクリスティーナ

孫が生まれることで家族ができる喜びを知ったマーク、赤ちゃんを育てる気持ちにまでなっていたけど、
親になる気も、音信普通だった父と繋がり続ける気もなかった娘ちゃんは出て行ってしまいました・・・。
娘の登場で悪くなったレクシーとの関係は、イジーと別れたアレックスとイジーが寝てるとわかったことで修復困難です・・。

あ、ベイリー先生に麻酔医の先生と恋の予感!

2011.7.25
S6 12話までBちょっとした閉塞感が・・

生き馬の目を抜く競争がマーシーウェストからのメンバーから仕掛けられるなど苦しいメレディスたち。
特にイジーはついつい感情的になって犯してしまったミスのせいでクビに。
病気を抱え仕事が頼りだったイジーは夫アレックスにすら怒りをぶつけて失踪してしまったのでした。
落ち込んでたよアレックス・・・、そしてアレックスがたどり着いた結論は「別れ」。
自分だって愛されるべき、なのにイジーはアレックスの思いを汲もうとはせず気が変わったら元通りになろうとする・・・。

利己的な愛というのは、人によって人生における大事なものの優先順位にが時に影響してしまうから。
クリスティーナもそう。
彼女の心臓外科医としての才能を伸ばせるようにとハント先生が呼んでくれた軍医時代の盟友アルトマン先生。
彼女アルトマン先生から学べる一つ一つが生きる喜びを掻き立ててくれるのに、
ハント先生を愛する辛さからアルトマン先生は病院を去ろうとしてしまいました。
彼女を引き止めたくてハントを譲るなんて交換条件を出しちゃったクリスティーナ・・・。

そして今一番思い問題をかかえているのは部長・・・。
病院合併がらみのストレスが引き金になったのかは不明ながらアルコール依存症を隠し切れなくなってしまいました・・・。
手術にもう入れず、家に帰れず、判断もおぼつかない部長。

マークの元に妊娠している娘が現れ大手術しました。
シングルマザーになる娘と一緒に暮らそうと言い切っちゃったマークについて行けなくてレクシーは出て行っっちゃった。

2011.7.17
S6 8話までC病院に激変が

部長どうやら経営に行き詰まってきてしまったね・・・。マーシーウェスト病院との合併が完了。
病院内はマーシーウェストからの医者がたくさん合流してきて
既得権を守りたいクリスティーナたちシアトルグレースと、
居場所を作るために肩肘張ってしまうマーシーウェストの面々との熾烈な駆け引きも。
このカオスで医療ミスが発生し、その責任を部長に問うデレク。

メレディスは父親に肝臓を提供し、今は在宅療養中。
病院では評判を落としたくない部長が患者の要望や医療の向上よりも安全を優先し、
一方で家族が多額の寄付金を約束している患者の無理な手術をごり押しするなど、医療の本質から外れてしまった姿が。
デレクや小児科医のアリゾナの葛藤と落胆が凝縮された7・8話でした。

部長からリストラを勧告されたイジーが失踪し、肝心の投薬治療にも現れず落胆のアレックス。一体彼女はどこに?

2011.7.12
S6 4話までB悲しいスタート

あの大怪我、ジョージは助からず、メレディスたちの受け入れがたい毎日はそれでも続き、
その悲しみから抜けきれないタイミングで、なんと病院の経営難を打開するために
部長は苦渋の決断の末、マーシー・ウェスト病院との合併話をまとめ来た。

合併前にリストラが断行され、噂だけでも浮き足立った病院内はさらに混乱。
メレディスたちも残れるかどうか不安を抱えながらのお仕事。

そこにアルコール中毒から立ち直って90日、メレディスの父が危険な状態で来院、
肝臓移植でしか助かる見込みがない状態で。
適合しなかったレクシーの切なる頼みで、適合する事が分かったメレディスは長い迷いの後ドナーとなる事を決意しました。

イジーは奇跡のガンの状態維持を受けて仕事に復帰。
しかし感情面が前に出るイジーは、患者目線になりすぎ、奇跡を願うような判断と処置により患者を死なせてしまいました。
イジーの状態に気を配っているアレックス。何か考えがあるのかしら?
グレイズアナトミー TOPへ



















HOME海外ドラマのあしあとグレイズ・アナトミー>シーズン5
GREY'S ANATOMY
シーズン5
ハマり度☆C衝撃の最終話よ
コンパクトBOX
●2008-09年 アメリカABC  全24話
●製作総指揮:ジョンダ・ライムズ  マーク・ゴードン
●出演:エレン・ポンピオ  サンドラ・オー  T.R.ナイト 
キャサリン・ハイグル  ジャスティン・チェンバース  
パトリック・デンプシー チャンドラ・ウィルソン
●視聴:2011.3.13-4.20    WOWOW

●Story
デレクとの復縁を決意したメレディス。だけど幸せ怖い病はなかなか払拭できず・・・
大好きなジョージをルームメイトにしたレクシー。でもジョージはそれどころじゃない。
重症患者に付き添ってきた軍医のハントさんの戦場仕込みの斬新な腕とキャラについつい惹かれそうになるクリスティーナ。
病院の格付けが激しく下がった事で慌てる部長は研修の内容を大改革すると宣言。
S5レビュー
1-4話  5-8  9-12  13-16  17-24
過渡期も乗り越え新キャラ加入と大展開のS5
衝撃のラストに胸かきむしられるわ
前シーズンが閉塞感漂う過渡期だった事を思うと、
このS5は見事な大展開を見せてくれる、とてもドラマチックな流れでした。 ハマれたよ〜!

レジデントとしての役割を果たしながらもプライベートで一進一退を繰り返して来た面々も
今を生きるということに向き合わざるを得ない出来事の数々に遭遇。
あのデレクとメレディスがようやく結婚を決意したわ。 あ〜長かったよなぁ^^
亡きお母さんのことも乗り越え、カウンセリングの成果が出てきたってこともあるのか、
随分変わったわメレディス。

ハーン先生が去った一方で、外傷の元軍医ハント先生や小児外科医のレズビアン、アリゾナ先生が加わりまた華やかなムードが帰ってきました。

あ、あのマークがなぜかレクシーと結婚を考えているよ!
この2人もまさかのペアだよね〜、フェロモン男が自ら年貢を納めるとは思わなかったけど、どうやら??

という風にすごく明るい話題もあるんだけど、ただ、この激動の展開の中には
レギュラーメンバーの生死が絡んできていて目が離せません。
イジーのガンやジョージの大怪我などホッとは出来ないままのシーズン最終回。
こりゃS6も見ないわけには行かないわ〜^^;



2011.4.20
S5 24(最終)話でDジョージ!イジー!

イジーは手術に耐え、腫瘍は除去したものの、ダニーの幻覚が現れ隠れた腫瘍が見つかった。
記憶障害のリスクを押してデレクの手術を受け、無事目覚め記憶障害も改善された途端に心停止・・・、
DNR(蘇生拒否)に署名していたけど、手術前に結婚式を挙げたアレックスは許さない。
部長、クリスティーナら、イジーを逝かせまいと蘇生処置を必死でしています・・。

突然軍医として陸軍入隊を決めてきたジョージ。
ハント先生に影響を受けていることは否めないんだけど、それを聞いたベイリー先生はじめ同期みんなは大反対。
そんなとき、女性を救ってバスに轢かれた重体の身元不明の男性が運ばてきた。
まさかその男性がジョージだと判って浮き足立つ面々。
必死の再手術です。

デレクとメレディスは結婚の誓いを交わし、
クリスティーナはハント先生に愛していると伝える事ができました。相思相愛の2人のこれからが気になるところ。

2011.4.15
S5 20話までC力を合わせないと

イジーはステージ4のメラノーマ、つまりかなり進行してしまった皮膚がん。
ダニーは霊じゃなく脳に転移した腫瘍が見せる幻覚ではあったのだけど、医者なんだから気付いてという意味では確かにあったね。
周知の事実となり治療は開始されたけれど、辛い状況には変わりない・・・。

そんな時、なじみの仲間たちからの助けもかりてどん底からようやく這い上がってきたデレク。
メレディスとの結婚話もやっと本決まりとなった。

クリスティーナとハント先生は惹かれあい付き合い出したんだけど、ハント先生はPTSDの影響で、
辛い経験とリンクしてしまったのか睡眠中意識無いままクリスティーナの首を絞めてしまいました・・・。
このままではいけないと思ったハント先生は、メレディスもお世話になったカウンセリングの先生の所に通い始めました。

イジーが心配でプレッシャーに脆くなっているアレックス、ジョージの冷静な対応をほめてます。
ハント先生もジョージは外傷科向きだと言い切ってましたよ!

2011.4.12
S5 16話までCイジー・・・大変だ

イジーのために現れていたというダニー、彼が伝えたかったメッセージは命の危険に気付いて欲しかったから・・・。
すぐさまそれと知られぬように検査したイジーは、自分がかなり危険な状態になりつつある様子だと知りました。
今後が心配な展開になりました。

デレクはといえば、メレディスにプロポーズを決意していました。すごい一歩だ。
だけど、元妻アディソンのお兄さんの手術や、妊婦さんの脳手術を受け持っている間に延び延びに。
とうとうアディソンのおかげで赤ちゃんは助かったけど妊婦さんが助からず、どん底の落ち込みようのデレク。
出口はあるかな?

久しぶりの登場だったアディソンは「プライベート・プラクティス」とのクロスオーバー・エピソードでの出演でした。
やっぱり存在感あるわ〜

2011.4.4
S5 12話までC人生に転機が来てる!

イジーは今でも幽霊ダニーと話してます(汗)
なぜダニーがいるのか理由はまだ分からないままだけど、一方でアレックスがイジーとの将来を描き始めました。
家庭というものに執着しないアレックスが、イジーとの未来に希望を感じたみたい。良いことだ!

インターン達が早く学びたくて互いの体を実験台に縫合の処置練習を密かにしてたけどとうとう執刀まで・・・。
インターンの一人が危険な状態になり明るみに。その責任はなぜかクリスティーナが被らされ、メレディスとケンカ中。

そんなクリスティーナに惹かれ、やっとの思いでデートを申し込んだハント先生。
でも軍医の頃の経験がPTSDとなって先生に重くのしかかっていたんだよ。
それに気付いたねクリスティーナ。

デレクのお母さんが訪れてちょっとした緊張ムードのメレディス。
だけどお母さんは、白か黒で物事を捉えるデレクにはグレーのなかで迷うメレディスの視点がきっと良いはずだと2人の関係を認めてくれましたよ。

他の皆さんはといえば、ダニーの移植心臓の一件でSGHを受け入れられないとハーン先生は出て行ってしまいました。。
マークはレクシーと付き合うことにしたんじゃないかな?体だけの関係とは思ってないみたいだしね

2011.3.27
S5 8話までCイジーが大変なんだけど?

あのハント先生が任地先で挫折したらしく軍を退役してSGHのERにやってきました。
荒っぽいようだけど、他者を出し抜いて出世したり、患者をスキルアップの道具みたいには絶対扱わない人。
だから、男女関係など仕事以外のことで軽口を飛ばしているSGHの様子がなかなか受け入れられないね。
でもハント先生のことがどうしても気になるクリスティーナとは接点が。

そしてイジーが担当した心臓移植待ちの患者は、
ダニーのために移植順位を無理やり上げたためにあの時移植を逃したハーン先生の男性患者でした。
それ以来幻のダニーがずっとイジーの前に現れてます。イジーのために来てるというダニー。
なぜかイジーは彼に触れ、キスまでできるみたいなんだけど、どうなってる??
恋人のアレックスが心配してるわ。

週一だったら気になって仕方がない展開だよ〜はぁ〜溜めといてよかったわ(汗)

2011.3.15
S5 4話までC新たな展開で期待値UP

お母さんの死やお父さんとの確執など、メレディスは心に影を落とし続けていた事柄から
抜け出ようともがいているまま。
だけど愛し合っているデレクとの関係を千鳥足ながらも進めようと努力中。
一緒に住み始めたよ。

病院の格付けが大幅にダウンしたことで、指導病院としての抜本的な改革を宣言した部長。
そのひとつが、レジデントの専門化を規制する事。幅広い知識を身に着けるべき時だもんね〜
当然ながらクリスティーナは、こだわり続けていた心臓外科案件からは外されてます。

そして再テストをやっと受けることができたジョージは見事合格し遅れてのレジデント。
ジョージの事を好きになっているレクシーだけど、同期たちの絆には割り込めず辛いところね。

あとハーン先生とカリー、戸惑いながらも一歩ずつレズビアンの恋人としてのステップを踏んでみようと確認しあったところ。
それから第1話に軍医をしている練磨なハント先生が登場しました。
その手腕をみて部長がスカウトしていたから病院に来るかも。
クリスティーナと何か展開があるかもしれないの楽しみ。
グレイズアナトミー TOPへ













HOME海外ドラマのあしあとグレイズ・アナトミー>シーズン4
GREY'S ANATOMY
シーズン4
ハマり度☆B過渡期です
コンパクトBOX
●2007-08年 アメリカABC  全17話
●製作総指揮:ジョンダ・ライムズ  マーク・ゴードン
●出演:エレン・ポンピオ  サンドラ・オー  
T.R.ナイト  キャサリン・ハイグル 
ジャスティン・チェンバース  パトリック・デンプシー 
チャンドラ・ウィルソン
●視聴:2010.10.17-10.26    WOWOW
●Story
インターン生活が試験の合格と共に終了し、
今日からレジデントとしてインターンの指導が始まったメレディスたち。
クリスティーナについたインターンの中に、メレディスの異母妹レクシーがいた。
親しくなり始めていたレクシーの母を助けられず、父から恨みの言葉を聞き
まだ立ち直れないでいるメレディスに彼女を受け入れる余裕はない。
病院をやめてしまっていたバークが恋しいクリスティーナや、インターン2度目のジョージなど、環境の変化を受け入れることに必死の新シーズンがスタート。
S4レビュー
1-4話  5-8  9-12  13-15  16-17
変化の中でもがく彼ら
そこを抜け出すきっかけを掴もうと頑張ったS4
大きな変化を引き起こしたS3 のあとの今シーズンは、とても明るいとは言えなかったわ〜。

インターンを終えてレジデントとしてステージをひとつ上がった彼女達にとって、
インターンを指導する責任と、より高い技術を身につけるチャンスに満ちていた。
だけど、いたはずの人が去り、指導しながら目をかけてくれる直属の指導医がいなくなったメレディスたちの
迷いが引き起こす悩みも同時に進行していました。

この変化が、S4の閉塞感を生んでいたんだよね〜。

もうね、クリスティーナが元気ないとホントに面白くないんだもんーー!
バーク先生の存在感がいかにグレイズアナトミーで生きてたかよく分かるし、
それに、明るくて面白くて綺麗で、でも完璧じゃないアディソン先生もいなくなったでしょ〜!
ハーン先生じゃ華がないんだよ〜〜(泣)
新たに入ったメレディスの異父妹レクシーはよく頑張ってるけど、
いなくなった上記の名医達ほどとは行かないし・・・。

そして、今回はベイリー先生の私生活にも変化があったわ。
先生が辛い思いしていると悲しくなるんだよ〜〜!

でも最終話では、それぞれが変化のなかでどう考え方を切り替え、行動するか、その方向性をつかめた様子。
S4丸ごと使っての過渡期だったのでちょっと盛り上がりづらくてハマリ度B。
次シーズンに期待はできそうだけど、どこまでハマれるかな? 楽しみ〜〜



2010.2.26
S4 17(最終)話までBやっと前進できそうな予感を残して

メレディスは手術不可能といわれるある脳腫瘍の治療方法としての臨床試験を推進していて、
当然のことながらデレクの協力なくしては成り立たない。
画期的な方法で、理論的には効果が見込まれるものの、
今のところすでに11人の患者さんを助けられないでいた・・・。

カウンセリングを受けながら、お母さんが自殺未遂をしたことをやっと語ったメレディス。
そのときの記憶の中に、今のメレディスになら分かる母のメッセージを読み取る事ができた!
臨床試験の中止通達を受けた最後の患者さんで初の成功を収めたメレディスとデレク。
医学的には大きな前進、そして、母からの呪縛を解いたメレディスは
ようやく一人の女性として前進できるかも。
手遅れになる前でよかったかも。

クリスティーナはハーンが間に合わないという局面でその実力を改めて示し、
レジデントに教育を施さないハーンに釘を刺してくれた部長。
それから、実力はあるがインターンとしての毎日に甘んじるしかないジョージは
再試験を受けさせてもらえることに!
家庭崩壊の崖っぷちにいるベイリー先生は、全体像をイメージし、無料診療室をイジーに任せる決心を。
で、ジョージと別れた後仲良くなったカリーとハーン。 二人は、、、どうやらそういう仲になるかも。


2010.10.26
S4 15話までBメレディスが自分に向き合う?

デレクが離れていくにつれ未練が募るメレディス、だけど彼を失うことを恐れてまた距離を置いてしまう自分。
自殺願望があるという診断も含め、カウンセリングを受けることに。
先生はメレディスに手を焼いてはいるけど、それほどメレディスに刻み込まれたトラウマは深くて長い事放置されていたわけよ。

心臓外科医の名医であるハーン先生はもしかしてレズビアン??その疑惑が浮上中。
アレックスに会いに来るレベッカは想像妊娠だった・・・。
だけど大きな事故を越えただけにストレスを含めた障害の模様。
アレックスに、このことを直視したうえでレベッカに治療を受けさせることができるだろうか?

で、ハーンに疎まれ手術にもロクに入れないクリスティーナ、まだ諦めてはいなかったのに、
地方で働くバークが大きな賞を取った記事を見たのよ。
そこにはあの右手の大怪我から復帰するときに尽くしたクリスティーナの存在を感じさせるものは一切なく、
高みを目指せるだけの実力を持ちながら、彼女のモチベーションは深いどん底に沈み込んじゃった。
クリスティーナー!早く戻ってきてよ〜!

2010.10.25
S4 12話までBようやく医療現場って感じ

救急車が搬入口で横転し大事故に。ここからようやく「グレイズ〜」が医療現場ムードになったわ。
ベイリー先生の赤ちゃんが本棚の転倒事故で危険な状態になったりと油断ならない展開。
ベイリー先生に限って言えば、この一件が家族との時間が少ないひずみを露呈させ、
ご主人が家を出て行ってしまうことに・・・。
先生の安定感がご主人の家での存在感に頼ったものではない事を祈ります。大丈夫だけどね。

結婚を視野に入れて、家を建てようとするデレクと歩調が合わないグレイ。
デレクも、何かにつけて前に進もうとしてくれないグレイにたいして疲れもあるみたい、
ローズという看護助手と付き合いだしたよ〜

アレックスは、S3で特別な絆をつないだ患者だったレベッカと会い始めました。何か展開ありそう。

2010.10.22
S4 8話までBぱっとしないわ

ジョージとイジーのことがばれてきちゃって、カリーも限界・・・。
気まずい思いをしたものの、晴れて二人は恋人同士!
お預けだったセックスライフを満喫しようとしたものの・・・・!
残念〜〜!どうやら相性が悪いらしい??あの夜はある意味無意識下での幻想だったか!?
これはもう、親友同士に戻るしかなさそう〜〜。

レジデントチーフになったのにプライベートの件も含めて飽和状態のカリーを見かねたベイリー先生。
書類作業も含めた膨大な量の医療・スタッフスケジュール管理を助けていたら、部長が気付きました。
最初からベイリー先生に任せればよいものを・・・、でもこれで周知が認めるレジデントチーフです。

メレディスはといえば、デレクとの関係を前向きに考えているわけじゃないんだよね。
一種の依存かな? デレクはメレディスの力になりたいのに、そういうヘルプは断られちゃうわけ。
先の見えない関係にいつまでデレクが耐えられるかって所。

S4、今のところどうもぱっとしないわ〜
バーク先生が去って、ハーン先生が来たけどクリスティーナを避けてたりしてさ〜
クリスティーナの心臓外科医としてのスキルアップに対する高いモチベーションが
見られないのもこの閉塞感のゆえんかも。
このあと変化を見せてくれるかな?期待して見ます!

2010.10.18
S4 4話までBどんよりと始まったなぁ〜

どんよりしてる上に、どんどん泥沼化してるよ〜!
一番の泥沼は、イジーと寝ちゃったジョージの浮気問題よ。
カリーとの結婚生活に終止符を打たないといけないとジョージは思っているんだけど、
イジーもカリーも同じ職場でしょ〜
カリーはジョージと別れるつもりはなさそうだから、この泥沼に足をとられてさらに沈んでる感じだよ。

メレディスの異父妹レクシーの存在も今回のS4で新たに出てきたストーリーの芽です。
ただのクリスティーナ付きのインターンだと割り切りたいのに、
素直なレクシーは積極的に関わろうとしてくるから悩ましいメレディス。
クリスティーナもやりにくそう・・・・。

それとなんだか印象に残る、高齢のインターンさん。
覚えが悪かったり老眼でカルテの数字を間違えたりと担当のレジデントは大変そう・・・、レギュラーになるの?
グレイズアナトミー TOPへ













HOME海外ドラマのあしあとグレイズ・アナトミー>シーズン3
GREY'S ANATOMY
シーズン3
ハマり度☆C私生活 問題過多
コンパクトBOX
●2006-07年 アメリカABC  全25話
●製作総指揮:ジョンダ・ライムズ  マーク・ゴードン
●出演:エレン・ポンピオ  サンドラ・オー  
T.R.ナイト  キャサリン・ハイグル 
ジャスティン・チェンバース  パトリック・デンプシー 
●視聴:2010.9.8-9.19   DVD
●Story
銃撃で負傷し外科医の命ともいえる利き手のリハビリが思うように進まないバーク先生。
婚約者ダニーの死に打ちのめされ一歩も動けないイジー。
そして本当に愛しているのはメレディスだとはっきり認識してしまったデレク。
だけどフィンと付き合いはじめていたメレディスはどちらを選ぶか決められない。
夫とはもう決定的に終わってしまったと落ち込むアディソンの今後の身の振り方も含め波乱のSGH
S3レビュー
1-4話  3-7  8-11  12-15  16-19  20-25
親の死や臨死体験を経てレジデントへ
数々の過ちと絡まった関係に暗雲立ち込めたままS4へ
見始めたらなかなか止まれないドラマとなってきました「グレイズ・アナトミー」
S3は気が滅入るような展開もありながら、あっという間に最終話まで。

仕事面では着実に進歩し、ジョージ以外は無事試験に合格して、次はレジデントになれそう!
ジョージはもう一度インターンをする気はなく、SGHをやめるといっていたけどどうなるかな?
妻のカリーは見事レジデントチーフにえらばれてましたね〜
残念!ベイリー先生・・・!
いきなり部長に抜擢されたりして?なんて素っ頓狂な想像をしていたんだけど、 
アテンダントを差し置いてそれはないわね(笑)
で、部長はそのまま続投かい?

メレディスは本当に家族運が薄いというかなんというか・・・。
S4からは、和解できたと思ったら更に疎遠になってしまった実父の再婚でできた長女が
インターンとしてSGHに来るよ・・・
デレクを巡ってややこしい事にはならないでよね〜(汗)

クリスティーナ・・・。
愛する人を失っても、外科医クリスティーナでいられる限り彼女はしっかと立ち直り自らの足で立つでしょう。

で、強烈なのに憎めないやり手の美人産婦人科医アディソン先生!
彼女なら、スピンオフドラマが決まるのも納得。好きやったわ〜
おまけに数話かけて少しずつ描かれた彼女の移動先となる病院(クリニック?)の面々もなかなか個性的!
「プライベート・プラクティス」で主人公となるアディソン先生の人生は波乱続きみたいね。

さて、手元にS4があるので、少ししたら見ます!
もうSGHワールドになじんだからいつでも戻れるしね!!!


2010.9.19
25(最終)話までC乱気流にのまれたままS4へ・・・

部長選にあたふたするアテンディングの一人デレクは、
メレディスの自分への愛情を時々見失う事に悩んでる。
自分の生還と同時期に母を亡くし、疎遠だった父の奥さんと家族ぐるみの付き合いが可能になった矢先に
その奥さんが病院に来て、急変した容態を助けられなかった。
それをメレディスのせいだと憎み責める実父にショックを隠せない。

研修医卒業できるかどうかの試験に一人だけ落ちたジョージ。
ジョージは心のどこかでイジーを求めているんだけど、
結婚してしまったカリーに対する責任感を貫く事しかできなくて
心ここにあらず、なのにカリーから子供が欲しいといわれる。

バークとの結婚式が両親の意向で盛大な式になると知って何とか意に沿おうと
いっぱいいっぱいのクリスティーナ。
だけど、自分を愛しているが故に自分を押し殺して自分についてゆこうとするクリスティーナを見ていられないバーク。
式は中止となり、バークは部屋を出て行っちゃったよ〜〜。
自然体のクリスティーナを愛するという事は、結婚という枠に彼女をはめないことだと思ったみたい・・・。

でアディソン先生は子供を持とうとLAで受胎関連の専門医として働いている親友を訪れて、
もう子供を産めないと知りました・・・。
部長に選ばれることもなかったから、もうSGHにいる意味がない・・・。 LAに行ってしまうかも・・・。
彼女の活躍とプライベートのごたごたは「プライベート・プラクティス」で垣間見えるみたいね。

2010.9.18
19話までC意外な展開も

メレディスが海に落ちたと女の子に言われ、必死で見つけたデレク。
だけど水中にいた時間も判らず、ほぼ絶望的。だけどメレディスは生死の境で臨死体験を・・・。
奇跡というのは医療現場では時に起こるというけれど、
メレディスもその一例となりました。お母さんが身代わりになったと取れるわ。
脳の損傷もなく元通り・・まさに奇跡。

で何が意外な展開かというと、ジョージとイジーよ。
ジョージは勢いでカリーと結婚したけど、酔った勢いでイジーと関係を持っちゃったのね。
そンなタイミングで、カリーは大富豪の娘だったことがわかり、
カリーの事を何も知らないのに結婚しちゃったと焦るジョージ。
なんか良くない予感がするわ。

それと、次期部長レースに有名な医者が参入。その人とクリスティーナが昔付き合っていたことがわかり、
バークとの結婚話そのものが立ち消えになりそうな展開よ。

2010.9.13
15話までCぐいぐい引き込まれるわ

ジョージのお父さん、希望通り手術を受け闘ったけれど意識は戻らず。
辛い別れを経験しましたねジョージ・・。
喪失感を埋めたのはカリー。 そしてとうとうジョージはカリーにプロポーズ!
勢いもあっただろうケド、ラスベガスへ旅に行きそのまま結婚して帰ってきたよ〜

そして再手術が成功し手の震えもなくなり名実共に復帰したバーク先生はクリスティーナにプロポーズ!
長い人生マラソン、勝ち負けにこだわらず完走する事が大事だと悟ったクリスティーナが先に折れた事に感動したみたい。

メレディスのお母さんがほんの一日ほど意識がはっきりとしました。結局けんかになる親子。
だけど希望むなしくまた認知症状にもどってしまいました。
デレクとうまくいってたんだけど、少し不安定なメレディス。

部長が部長職を退く意向を明らかにした事で、
アテンダントのデレク・バーク・アディソン・マークが時期部長に名乗りを上げる。
私生活がドタバタな4人よりも部長に向いているのは、まだレジデントながらベイリー先生よ。
部長も、ベイリーが部長になるにはまだ時期尚早、
君がなるまでの中継ぎが必要だろ?なんていったほど。
確かにね〜〜。
でベイリー先生の経営手腕も垣間見えたのが無保険の人向けの無料診療所。
実現できたのは上記4名のアテンダントの協力を得る約束を取り付けたことと、
イジーが受けついたダニーの遺産でした。
診療所はダニーの名を冠したメモリアルホスピタルです。

そんなSGHに緊急出動が。 巨大フェリーにタンカーが衝突。
トリアージと治療・搬送に向かったけど、惨事です・・・。
そしてメレディスが人知れず海に落ちちゃって・・・!

2010.9.12
11話までC見始めたら止まらないんだなぁ〜

バーク先生の手が震えてしまう事実がバレそうだと焦るクリスティーナは、秘密を守り通そうと必死に。
だけど、そのクリスティーナの頑張りが不自然になり、
事態の打開を狙って手術からバークはクリスティーナを外しました。
部長に真実を話し、神経を圧迫している部分を再手術で取り除いたバーク先生。
クリスティーナはいつもそばにいるけど、話さない2人。
プライドをかけた根性ゲームらしいです?

ジョージのお父さんが胃に転移した食道がんで、心臓弁膜置換術もしないといけない病状で入院しました。
開胸したら転移がひどく、普通ならそのまま閉胸するところを、本人の強い意志でがんを切除処置。
家族には言わなかったジョージのお父さんだけど、ジョージが知ったら・・・

イジーはまだ外科医としての仕事も経験も受けさせてもらえない状態のまま。
ダニーからの遺産870万ドルの小切手を手元に置いている事実が、
彼女がまだ冷静になれてない証だと・・・。
手術に入りたいイジーは、泣きながら銀行に預けましたよ。
有意義に遣いたいと思っているイジー。今難病の手術に保険が下りないと嘆く少女の担当をしています。
医療基金(?)なんかを設立するという方法もあるのかなぁ?

2010.9.11
7話までB前進できそうだけどモタモタ・・・

バーク先生の手が完全に元通りになっておらず、
以前のように完璧で速い手術ができない事を知ったクリスティーナは
先生のプライドと外科医の名声を維持しつつ自分のスキルアップもできる事から、常に手術の助手に。
研修医にはさせてもらえない縫合なんかもやらせてもらっちゃっていて、
怪しむ直属のボスであるレジデントのベイリー先生にはそろそろホントのこと言わないとね。

デレクはアディソンとの離婚を正式に手続きしました。
でも、本当はマークとアディソンが一夜限りじゃなく、デレクが出て行った後2ヶ月も一緒に住んでいたことがわかりショックなデレク。それでもメレディスはデレクを受け入れるわ。

イジーも外科医を目指してきた血が騒ぎ出したのかな?病院に戻ってきました。
感情的な性格のイジーは、患者の心の動きを良く見ていて、この性格はプラスに働けばすごく良い。
復帰おめでとう。

ジョージのカリーとの恋は終わっちゃったけどね・・。

2010.9.10
4話までB足元を見ながら一歩ずつ

ダニーの死から立ち直れないイジーは仕事への復帰も難しく、ただ立ち尽くすのみ・・・。
後悔と喪失感を埋めるすべなく人生の歩みを止めている、そんなときにダニーのお父さんが現れた。
家を出て音信不通だったダニーから、移植を受け生涯の伴侶を見つけたという
ハッピーな連絡を受けてSGHへきたらしい。
だけど、ダニーはこの世を去ってた・・。
お父さんと話す事でイジーが知らなかったダニーの一面を見、
彼が両親に入れたボイスメッセージを聞いたイジーは仲間の力を借りながら、また歩き出せるかも。

愛しているのはメレディスだと気付いたデレクはアディソンとの夫婦関係を清算し
メレディスと付き合おうとするがすでに付き合いだしたフィンの人柄も良く決められないメレディスは、ど
ちらを選ぶか見極めるまで二股すると宣言。
メレディスの少女ぶりには呆れるわ〜
だけど、フィンがいい奴なのを実感したデレクは、
自分はきっとメレディスをまた傷つけてしまうからと身を引いた。
デレクが自分に背を向ける事が辛いメレディスはデレクを選んじゃったよ・・・。
結局デレクなんだよね、メレディス・・・。

バーク先生の手は元通りには戻ってない状態。
だけど主治医のデレクはもうバーク先生は大丈夫だと安請け合いした。
しばらくならクリスティーナがヘルプするだろうケド、
プライドの高いバーク先生にはいつまでもこのままというわけには行かないよね。

グレイズアナトミー TOPへ













HOME海外ドラマのあしあとグレイズ・アナトミー>>シーズン2
GREY'S ANATOMY
シーズン2
ハマり度☆Dラスト感情的に
コンパクトBOX
●2005-06年 アメリカABC  全27話
●製作総指揮:ジョンダ・ライムズ  マーク・ゴードン
●出演:エレン・ポンピオ  サンドラ・オー  
T.R.ナイト  キャサリン・ハイグル 
ジャスティン・チェンバース  
パトリック・デンプシー ジェフリー・ディーン・モーガン
●視聴:2010.7.17-8.13   DVD

●Story
研修医生活に徐々に慣れようとしているメレディスたち。
付き合い始めたデレク先生の奥さんアディソンが病院に現れた!
彼女は優秀なドクター。特殊な手術のために呼ばれてきたのだ。
デレク先生が既婚者だったとショックの大きいメレディス。 
でも奥さんとはいえ、別居中。
不倫になるのかならないのか、複雑な心境。
バーク先生の子供を身ごもっちゃったクリスティーナは果たして先生に伝えられるか・・・
S2レビュー
1-3話  4-7  8-11  12-15  16-19  20-23  24-27
穏やかだった院内劇が
インターンの成長と共にドラマチックな展開へ
まさか「グレイズ〜」で泣かされて、Dのハマリ度をつけるとは夢にも思わなかったわ〜〜

それくらい、ラスト2話で、怒涛のように勢いある激動のストーリー展開に持ってかれた!
イジーの激しい愛情や、インターン同士の家族みたいな絆、
上司・部下でありながら、すでに人間同士のチームであるという存在感などに引き込まれちゃった。
移植待ちの心臓病患者ダニーを演じていたジェフリー・ディーン・モーガンさんのいい男さも手伝って、
あのイジーが愛してしまう気持ちをすんなり受け入れられたためかもね(笑)

でも、せっかく一緒に住み始めて唯我独尊タイプのバーク先生とクリスティーナが
うまくいき始めていたのにあの銃撃事件!
まさか、プライドが邪魔して2人の仲がだめになったらどうしよう〜〜とあせったわ。
だけど、ダニーの死を目の前で見て、クリスティーナの心は何かしらの答えが見つかったみたい。

メレディスにはつらいシーズン2でした。
だけど、辛い辛いデレクへの思いは、もしかしたら、デレクの決断一つで答えが出そうなところまできたよ!

「グレイズ〜」のスピンオフドラマに、アディソンが主役の「プライベート・プラクティス」があるね、
これは人生うまくいかないアディソンの物語だから、
デレクとの夫婦仲は遅かれ早かれ終止符が打たれそうな気配。

インターンが仕事を覚え、慣れてきたことも手伝ってか、プライベートが騒がしくなってきました。
シーズン6がまもなくWOWOWで放送されるんだけど、まずはS3。 
だけどいつ見られるかな〜?追いつけるかなぁ(笑)



2010.8.13
S2 27(最終)話でD仲間の絆とイジーの思いに・・・

デレクを忘れようと頑張るメレディスは獣医のフィンと新しく恋をはじめられそうな予感。
だけど、アディソンを取っておきながら、フィンといるメレディスに怒りすら感じるデレク・・・。
それを微かに感じ取ってるアディソン。
そんな2人はとうとう病院で開かれたプラムでいつもと違う雰囲気に後押しされたのか我を失うように再び・・・。

心臓が移植できるかもしれない機会がやってきたデニー。
喜んだのもつかの間、もう一人の待機患者にわずかの差で譲ることになりかけた。
それを知ったイジーは、医療器具のワイヤーを切り、
デニーの状態を一時悪化させる事で待機順位を上げようとした。
決して許されないことをしでかしたけれど、状態が悪化した以上順位は上がるわけで
心臓はデニーの元に。

しかし、SGHでは銃乱射事件のけが人が多数押し寄せており、
狙われた当事者が無事だったため犯人がトドメを刺しにきてしまい
それに巻き込まれたバーク!
デニーの移植手術は別の医者に任せることはできたが、
バークは外科医生命である指の神経が戻るかどうかの瀬戸際です・・・。

無茶を承知でやりきったイジーと、その無茶をたすけたメレディスたちインターン。
罰を覚悟したのもつかの間、デニーは血栓が脳に移動してしまい脳卒中でこの世を去ってしまいました(涙)
イジーの悲しみようといったら・・・。

部長とメレディスの母との破局は、部長が奥さんを取ったからではなく、
メレディス母に捨てたれ為だったみたいだし、
デレクとアディソン、デレクとメレディスの関係も、バークとクリスティーナの事も、
次シーズンへ持ち越しですね。

2010.8.8
S2 23話までCプライベートが難しいんだ

プライベートも外科医になったみたいに優秀にこなせればいいんだけど、そうは行かないんだね・・・(涙)

心臓移植待ちのダニーを愛してしまったイジー。
立場上のルールを越える事で起こる不都合も今は目に入らないね・・・
メレディスのことを避けてるジョージ。
確かにジョージを受け入れておいてあれはないんだけど、
整形の女医さんとうまくいき始めてちょっと落ち着いたかな??

そんなメレディスは、男性絡みでドツボにハマリ倒している自分を律するために禁欲生活中(爆)
でも、犬のドクの獣医フィンと仲良くなりつつあり。
禁欲続行中なのに、馬の出産に立ち会って汚れた体を洗うのにシャワーを借りたら、
ドクをつれたデレクとばったり・・・。
メレディスをみて嫉妬してるみたいなデレク、それでアディソンを求めても、
なんだかやけっぱちぽくてアディソン気の毒・・・。

そのアディソンは、宗教上避妊のできない7人の子持ちの奥さんの頼みで、
帝王切開中に妊娠できないよう処置してくれと頼まれる。
患者の強い願いを受け入れたものの、納得できない夫に訴えられそう・・・。
これはアディソンピンチ。
訴訟になればSGHからは出て行くことになりそうなんだけど、
そうなったらアディソンとデレクどうなるんだろう〜〜。

2010.8.2
S2 19話までC大事件だよ!

グレイズ・アナトミー始まって以来の大事件だよ!コード・ブラック!
私もはじめて聞いたわ。これは院内の人全てを避難させなければならないテロや爆発に対する警報みたい。

自作のバズーカをためし撃ちし不発だったのをチェックしていたら弾が飛び出して直撃したケース。
体を貫通してなくていつ爆発するか分からない最悪なパターン。
おまけに救急隊員が血管を素手で抑えて止血しており、手を抜いたらどうなるか、誰にも分からない。
爆弾処理班が到着してもまた一難という風にピンチの連続です。

救急隊員の子が手を抜いちゃって思わず手を入れたメレディス。
逃げ出さずに処理班の指示通り爆弾を取り出せた。
だけど、処理容器に運んでいる最中に処理班の人たちのところで爆発・・(涙)
メレディスやバーク先生、そして処理班の方々が、悲しいけれど使命を全うしたエピソードでした。

もう一つ大事件が・・・・。
その引き金はアディソンと浮気したというあの優秀な整形外科医マークがSGHにやってきた事。
デレクがSGHに移動してきてからしばらく2人は一緒に住んでいたらしく、
オレの元に来てくれといいにきたんだよ。

アディソンがマークを選んだらデレクとうまくいくかもと期待したメレディスは願い叶わず落ち込んでて
こんなタイミングで告白してきたジョージとベッドイン・・・。
まさかとは思ったけど、・・・。でも関係してみたらやっぱりジョージじゃダメだと分かったメレディス。
それを目の当たりに感じたジョージ・・・落ち込むで〜〜

どうやったら解決するのかな〜〜、やっぱりジョージ、
あの脱臼を直してくれた女医さんとうまくいくしかないね。

2010.7.31
S2 15話までBプライベートも大変だ

医師免許取得の再試験、結局は受かったけど、それまで辛かったカレフ。
直前にみんなにばれて居心地悪そうだったけど、ばれてしまえば心強いばかりだったね。

さて、年末の祝日も大忙しだったSGH、祝日ゆえにけが人も増えるみたい。
その代わり奇跡も期待したりして・・・。あんまりないけど・・・。
患者さんから家族について考えさせられたり、医者としての自分の短所を教わったり。

指導医のベイリー先生がとうとう切迫早産で休暇に入り、
代わりにやってきた”愛の思いやり”大好き先生と馬が合わないクリスティーナ。
一緒に住み始めたつもりのバーク先生は、
治療方法で指導医と対立したクリスティーナの肩をもってしまい反省。

メレディスはまだデレクを愛し続けてる。アディソンとのモトサヤを取ったデレクだけど、
もしや自分に嘘をつかせてて苦しいの?
イジーには16歳の時に産んだ女の子がいた!
将来も定まらず子育ては不可能と里子に出した経緯があったみたい。
実の親子の縁は深いものだけど、互いの将来に見通しが立たないなら仕方のない選択ですね。
理想論だけでは通らない、現実的な選択が時には必要なんだ。

2010.7.26
S2 11話までC医療現場だからこそのドラマ

感謝祭をはさんで、ストーリーは患者さんや病気と関わりながら人
間関係の答えを探す展開になってます。
でも、メレディスは浮上できず・・・。
まだデレクを愛してるため、寂しすぎたメレディスはバーで会った男性とワンナイト。
でも男性が患者として病院に来ちゃってデレクにバレ、穴があったら即入りたいメレディス。

そしてせっかくアレックスといい感じになったイジーだけど、
医師免許試験に落ちた精神的な苦痛からカレフはED状態。
アディソン先生に見込まれているイジーは颯爽と仕事をこなし意気揚々としてて眩しすぎるみたい。
でもイジーを一人前にしたいアディソン先生は、未熟児で助かる見込みのないベビーを任せて、
その絶望を乗り越える試練を・・。

クリスティーナは生活の仕方があまりに真逆のバーク先生から合鍵を!
バーク先生の一途さが最近可愛くて素敵やわ。クリスティーナももうちょっと近づく努力してみて欲しいな。

2010.7.23
S2 7話までB茨の道やんメレディス・・

結局妻のアディソンを選んだデレク!
でも、正直に過ちを認めた妻を受け入れざるを得ないのが彼なのかも。
あのアディソンは小悪魔キャラな上に凄腕産婦人科医やし。

じゃ、メレディスはどうなんねん!ってなるけど、今のところ勝ち目なし・・・
おまけにデレクと付き合っていたことも振られた事も院内ではすでに周知の事実。
野次馬とゴシップで針のむしろ。
アディソンは部長に呼ばれてここシアトルに越してくる事になったみたいだし、
メレディスに出口はみえないわ・・・とほほ

クリスティーナとバーク先生はやっぱり付き合うことになりました。
独身のバーク先生は、噂になって気まずくなるよりはと、
部長にこの交際を打ち明けた。印象UPしてるみたい。

イジーは、煮え切らないカレフに激怒。だけど、カレフは患者と話すうちに
自分がしり込みしていたことに気付いてめでたし。
ジョージーは意外や意外にも、緊急のオペを見事に一人でやりきり、株価急上昇!
悲喜こもごものSGH(シアトル・グレース・ホスピタル)です。

2010.7.19
S2 3話までB大変!

滑らかなスタートを切ったと思っていたS2、でもそこは人気シリーズ!
乗り越えないといけない出来事が押し寄せてきました。

シアトル・グレース・ホスピタルに現れたアディソン・シェパードさんはデレク先生のまだ離婚してない奥さん。
奥さんと自分の親友との明らかな浮気現場を目撃してしまい別居、デレク先生にしてみたら別れたも同然。
だけど、奥さんはといえば、謝罪してるんだよね〜、まだデレク先生を愛してるんだよ。むずかし〜

精神的にきついメレディスなのに、認知症のお母さんに別の病気がわかりこの病院に運ばれました。
かつての名医が騒ぎ暴れる姿をもう隠しておけなくなった上に肝臓ガンが。
やっぱりデレク先生の助けがいるかも・・・

で、クリスティーナは妊娠の事を話すまでもなく、
代理部長を任されてキャリアに生きようと決めたバーク先生に振られちゃった。
中絶の覚悟をしていたクリスティーナだったけど、子宮外妊娠で倒れ、
状態から卵巣・卵管摘出となってしまいました。
バーク先生!どうすんの!?
グレイズアナトミー TOPへ










HOME海外ドラマのあしあとグレイズ・アナトミー>シーズン1
GREY'S ANATOMY
シーズン1
ハマり度☆B疲れないドラマやわ
シーズン1 コンパクトBOX
●2005年 アメリカABC  全9話
●製作総指揮:ジョンダ・ライムズ  マーク・ゴードン
●出演:エレン・ポンピオ  
サンドラ・オー  T.R.ナイト  キャサリン・ハイグル 
ジャスティン・チェンバース  パトリック・デンプシー
●視聴:2010.6.25-7.5 DVD
●Story
メレディスは医学部を卒業し、外科医として7年間の研修医生活をスタートさせたばかり。
かつて名医として名を轟かせた母は、認知症を患い今は施設に。
母のいない実家から、一流病院シアトルグレースホスピタルへと通う毎日。

ライバルであり大事な仲間となってゆく研修医クリスティーナ、ジョージー、イジー達。
また、ここの医者だとは知らずに一夜の関係を持ったデレク先生との恋の予感。
そして、決断と迷いと失敗と喜びの入り混じる研修医としての毎日が怒涛のように
過ぎてゆく。
S1レビュー
1-3話  4-6  7-9
とっても穏やかな院内群像劇
精一杯な研修医達を暖かく見守れる感じ
すでに本国では2010年現在S6までが放送されているという人気シリーズ。
医療モノとしてはさまざまなスタイルのものがあるけど、このグレイズ・アナトミーはすごく穏やかな印象!

この「普通な感じ」がかえってリアリティーをかもし出しているのかもしれないなぁーと思いつつ、
また、等身大の群像劇だからこそ、シリーズも長く続いているのかもしれないと感じつつの視聴でした。

特に主役のメレディス。
彼女はスリムで美人で優秀なんだけど、そんなに個性的ではないのね。
メインメンバーのみんなも各自主義主張があるけど、キツイキャラ立ちのタイプでもない。

そんな彼女達が、一つ一つ目の前の試練を越え技術を習得しようと努力し葛藤する姿が好感度高くて、
ついつい応援しながらみてました。

最終話はメレディスにとっては晴天の霹靂ともいえるお方の登場で幕を閉じたんだけど、
デレク先生が卑怯な人じゃないはずだからと信じて、S2を楽しみにします。



2010.7.5
9(最終)話までB秘密を共有しあって絆深まる、、か

日々患者さんごとに十人十色の治療や処置をこなす研修医達。
プライベートも院内にあるようなもんだけど、ここにきてクリスティーナが妊娠!
すぐさま中絶の予約を入れていた彼女。
研修医としてスタートして間もない彼女にとって、子供をとるという選択肢は皆無。
でもバーク先生には相談した方がいいかもね・・・
相談したら中絶はダメだろうケド、キャリアをとりたい彼女だからなぁ・・・

メレディスとデレク先生の仲はもう秘密でもなくなって、2人の関係も良好に築かれつつあり。
だけど、ラストのラスト、デレクの奥様が病院にお出ましだよ!
独身じゃなかったのねデレク先生・・・。

2010.7.3
6話までBみんな独身なのね

外科医として貪欲に成長したいと思ってる彼女達は、手術に立ち会ってナンボらしく、
珍しい症例の患者さんだと尚更自己主張してます。
でも、アテンダントと呼ばれる正式な医者であるデレクと男女の関係にあるとばれたメレディスは、
いろんな意味で特別扱いされる可能性を秘めているためにむしろ立場はくるしくなっちゃった。

そして密かにそういう関係になっちゃってるのがクリスティーナとバーク先生。
好意はあるけど愛とか恋って言う感情にまで至ってるとはいいがたい2人・・・
ストレスの多い激務を発散(?)してる感じかしら。
彼らの生活の場所はほぼ院内だから、避けられないのかも、国民性もあるかしら。

2010.6.29
3話までBインターンとしてスタート

WOWOWではS5まで放送済の本作。
バイオレンスアクションやサスペンスよりも人間ドラマが好きな私は、
ここいらでS1を見てみようと思いました!
S1は9話と短めだしね!

医療ケースや人間模様を描く事が多いため、3話にしてまだ序章という感じだけど、
仲間のキャラクターや考え方が見えてきていい滑り出し。

主役メレディスは優秀な外科医を母に持っており、自信とコンプレックス両方を抱えているけど、
冷静な判断や思い切りが良い強気な部分が功を奏してか、まずまずの位置づけでスタートできた。

優しいけどちょっと優柔不断な男子ジョージー、
優秀だけど他人から押し寄せる喜怒哀楽が苦手なクリスティーナ、
人情派で頑固な面のあるイジーと4人で、ナチと呼ばれる先輩研修医について苦行の真っ最中。

デレク先生はメレディスを毎日口説いてますね〜強引じゃないところがむしろ素敵な大人。
次期部長候補として他の病院から引き抜かれてきただけの優秀な医者だが、
決して冷徹ではない魅力溢れる人。
彼との恋模様は今後十分にありえそうだわ〜。
グレイズアナトミー TOPへ