HOME韓国ドラマのあしあと2010年以前の作品リスト>アクシデントカップル
ハマり度☆D好きやわ〜!
アクシデントカップルDVD-BOX
●2009年 韓国KBS  全16話 (原題:ただ見守っていて)
●演出:キ・ミンス   ●脚本:キム・イチャン
●出演:ファン・ジョンミン(ク・ドンベク)  
キム・アジュン(ハン・ジス) チュ・サンウク(ガンモ)
ペク・ソンヒョン(サンチョル)  イ・チョンア(ミンジ)
●視聴:2009.12.6-12.29  DVD
●Story
ク・ドンベクは超のつくお人好しの郵便局員。
彼女のいない兄貴を心配して、妹が映画の授賞式のチケットをくれたけど誰も誘えず・・・。
そんな帰り道、記者にしつこく付きまとわれ事故に遭ってしまったスター、ハン・ジスに助けを求められたドンベクは、運転席にいた議員の息子ガンモの身代わりとなってあげた。
ガンモは政略上、財界の大物の娘と婚約しており、ジスとの関係が明るみになるわけにはいかなかったのだ。
しかし、ジスとガンモのスキャンダルを執拗に狙う記者からガンモの立場を守るためにも、信頼できるドンベクと、ここはひとつ交際している事にしようと言うことになったのだけど・・・!
レビュー
1-2  3-4  5-6  7-10  11-14  15-16完
純粋な愛にうるうるし続けた16話!
ドンベク役のファン・ジョンミンssiありきの最高ラブコメ!
私どうしたんや!
ってくらいにドンベクが何か話すたびに泣いてました〜〜

ほんとに、「何で?わたし?」ってくらい(笑)

それほどファン・ジョンミンssi演じるドンベクの純粋で暖かい言葉や表情が切なくて暖かくて。
まさに、ファン・ジョンミンssiのドンベクだからこその最高ハマリ度だったと思います。

私がファン・ジョンミンssiと言って思い出すのはチョン・ドヨンとの共演だった映画「ユア・マイ・サンシャイン」。
田舎の超冴えない独身男が、都会からやってきたエイズの娼婦を愛しぬくという、とことん切なくも美しい話でした。
あの頃より随分と痩せておられてびっくりしたんだけど、
あの「ぼくとつ」なまでの一途さの表現はさすがの映画俳優さん!

ストーリー構成に関しては、おとぎ話みたいな設定ながらも
主役を取り巻く家族達の真剣さとコミカルさが功を奏していてどこかリアルさをかもし出しつつ、トラブルをクリアすたびに幸せの階段を駆け上がる仕組みでした!

特に!私が大好きなのはジスの弟ペク・ソンヒョン君!
切ない御曹司の初恋を演じた「天国の階段」や奴隷として底辺を這いずり回った「海神」の少年時代など
重い役をこなしてきているだけに、その力量はラブコメでも容赦なく発揮されてて、
その涙に参りましたよ〜〜

そしてドンベクの妹ミンジ!
映画「オオカミの誘惑」でいい味だしていたイ・チョンアちゃんはやっぱりただの妹役じゃない存在感!
最後の最後まで二人の結婚をホントの結婚だと信じていた彼女の存在が、
ジスとドンベクを近づけたといっても過言じゃない!

いつもフラット気味のドンベクの同僚や上司達のゆるキャラぶりも憎めず、
大問題を起こしてくれるギョンエさんも、彼女につき合わされてるマネージャーの子も
妙なインパクトで好きですね〜〜

暗い役どころをする事になったガンモ役の二枚目チュ・サンウクssiだけが気の毒ですが〜
まぁ、二枚目セレブ役も越えていただいて、今後モテ主役の座を射止めてください(爆)

ジス役のキム・アジュンさんは女優ハン・ジスを過不足なくきっちりと演じておられましたね〜
抜群のピッタリセンスでのハン・ジス。 
周りのキャラクターほど濃くないおかげで、恋人に振り回される薄幸なスターであり、
真実の愛に心も体もゆだねる幸せに素直に向き合うジスを好演していました。

もうどの回をとっても素敵なドラマで、ほびっと☆のツボにハマリまくり、とうとう保存版となりました!!


2009.12.29
16(最終)話までDよかったわ〜ホント良かった☆

スヨンから婚約破棄を言い渡されたガンモ父は出馬断念を余儀なくされ、
ガンモはジスを取り戻せると思った矢先に、ジスからドンベクのことが好きなんだと言われ大ショック。

ジスとドンベクが偽装結婚だと知ってしまった郵便局員のギョンエさんは、
ジスに利用されてるだけだならドンベクと付き合えると思ったらしく猛アタック!
そのギョンエを不倫相手に仕立て上げてドンベクに汚名を着せ、
ジスとさっさと離婚させようとガンモは手を回してました。
新聞記者にギョンエがドンベクにキスさせているシーンを使って記事にさせたから離婚秒読みとなり悲しい二人。

離婚会見まで、慎ましやかに二人ラブラブにすごすジスとドンベクだけど、
とうとうギョンエの言動から、うらでガンモが操った形跡をみつけたからドンデン返し!

離婚会見は、偽装結婚だったことへの謝罪会見となり、続いてドンベクとの再結婚決意会見へと変わりました!
国民の皆さんを欺いた事を謝罪するが、掛け違えたボタンをかけなおして、幸せになろうと思う
その幸せのありかは、ドンベクの傍にしかないと言明。

姉の幸せを願い続けたサンチョルや兄の結婚を誰よりも大事にしたがっていた妹のミンジの絆もさらに深まって
最高のハッピーエンド。

2009.12.28
14話までDなんで私うるっと来ちゃうのかな〜

ガンモとジスの関係を疑われないよう婚約者スヨンに言い訳するため、わざわざジスを呼んだと知ったドンベク。
尻拭いをするのはいつも耐えているジスだけ。貴方は幸せになるべき人なんだと怒ったドンベク。
その真心からの言葉はジスにちゃんと伝わった。
とても不愉快だった事、こんな事に今後は付き合わないからとガンモにジスは言い切りました。

念押ししようとしているガンモ父は、ドンベクを呼び、
「スヨンとの結婚が決まったがそれでもガンモはジスを諦めないと言う。
5年くらいはジスと離婚せず既婚者のままでいてくれないか」
と妙な取引をしてきた。
これまたドンベク怒ったよ!
ガンモは選挙後に戻ってきてくれるはずと耐えているジスをここまできて裏切るなんて・・・・
ドンベク告白しました!
ジスのことが好きだと。ジス本人にもガンモにも!

ガンモの結婚の事をスヨンから聞かされたジスはたしかに落ち込んだけど、
ドンベクや義妹のミンジ、サンチョル達と
楽しく過ごしているうちに復活し、ジス自身がドンベクに傍にいてほしいと自覚しました!

そしてドンベクたちを追っていたペク記者が、あの婚約者スヨンに、
ジスがガンモに偽装結婚させられた事を話した!
記者の狙いはガンモの父キム議員の失脚にあったわけで、スヨンが婚約解消することでそれが果たせるわけ。
出馬断念となった今、ガンモがジスとやり直したいといって現れたよ〜

でも、ジスはドンベクはじめ、笑い合い受け入れあい励ましあう大事な家族を失う事はできないともうわかっているはず〜ドンベクのことが大好きになっているジス。
当然周りのみんなも理不尽なことをさせたガンモより、ジスをいつも笑顔にするドンベクを応援してます(喜)

2009.12.27
10話までDつられて微笑んじゃうんだよ!

結婚を済ませたジスとドンベク。
ガンモがジスの恋人だと知ったドンベクは寂しい思いをしてました。
だけど、ジスが隠さずに話してくれたのは良かったよ。
このことでお互いの人柄が見えてきて距離が縮まった二人。

ガンモが出張だと言っていた日に、婚約者のスヨンと家族ぐるみの旅行に出かけるところを見て
ひどく傷ついたジスが向かった先は残業中のドンベク!
味方になって励まし、気分転換すらさせてくれるドンベクの暖かさに包まれて、
ジスは「あの日事故の現場にいたのが他の誰でもないドンベクでよかった」
と心から思っていました。
一緒にいていつも笑みがこぼれるジスをみて、弟サンチョルは、たとえこれが偽の結婚でも
本物にしてしまおうと思って、大応援しています。

このサンチョルは大きくなったよね〜あのソンジュオッパの子役@天国の階段のペク・ソンヒョン君ですよ!!
少年を抜けて、子役ではなく一人の俳優として役をもらっているんですよねーカッコよくなったわ(喜)

さて、お互いをよく知り始めて、関係に一線を引いたのはドンベク。
このままだと、どんどんジスを愛してしまいそうで怖い気持ち分かる!
でもジスが傍にいたがってるというか、いてほしいと思ってるだよ!あの楽しそうな笑顔!
「あなたは必要不可欠な人」っていったんだよ?決定的だよね!?
美しさや女優というステイタスではなく、
ただの一人の女として大切に接してくれるドンベクのきらめきに気づいた!?


2009.12.22
6話までC出会いは必然なんだからー

まさかのギョンエさんからの酔っ払いキス事件にも負けず、結婚式へとことはトントン拍子に進んだのに、
式場となるホテル前で、ガンモが婚約者のお父さんである会長がオーナーをしている新聞社の代表をすると知りショックのあまりグァムへ逃亡してしまったジス・・・。
当然式場には現れず、花嫁失踪で大騒ぎです・・・(汗)

この契約結婚を本当に履行すべきかどうか相談するため、ジスはドンベクをグァムに呼んだんだけど
そこにガンモも現れて、ただの「キム先輩」だと自己紹介されたため、
真実を知らないドンベクがキム先輩に本当の夫婦でないとバレちゃ行けないと必死の様子が気の毒だわ。
結局はグァムで式を挙げたことにするため写真をとり、記事にての発表。
二人は晴れて結婚したという事で韓国に戻る事になりそうですが〜

でも、ただのキム先輩がスパでジスと抱き合ってるのを見ちゃった。
会話からジスの恋人ガンモだと知ってしまったドンベク、どうなるのかな〜。
でもジスの幸せが優先のドンベクはきっとすんなり現実を受け入れるんだろうなー(涙)

2009.12.12
4話までCドンベクの味方です!

ドンベクが笑い、ジスがふっと笑う、そんなシーンに癒されてます。

元はといえば、ジスがガンモのためだけに自分がスキャンダルをかぶる目的でドンベクを巻きこんでる。
でも、ドンベクはジスの事情には触れず、頼まれた事だけを精一杯しようとし、
目の前にいる人たちのことをいつも思って行動する。
ドンベクの、ちょっと不器用だけど、純粋な思いに引っ張られます。

ガンモの父は市長選を目前に控え、財界の大物チャンさんの娘とガンモの結婚が流れるわけには絶対いかない。
だから、ジスがドンベクと結婚!という空記事を飛ばさせ、入籍までさせるつもり

大事になりながらも、そして、離婚届けに印まで押させられながらのこれからの結婚に向けて、
ジスの弟がオーストラリアから戻ってきてもめたり、ドンベクの両親のお墓に参ったりと、なんだか盛りだくさん。

ただその関わりの中で、ドンベクは当然のことながら、ジスを愛し始めていることを止められません!
無理もないけど!
ジスも、ガンモの事で暗いトンネルを孤独にさまよっているような感覚から
ドンベクといると解き放たれるような感覚を味わってるはず!
自分にとって癒される人はかけがえないよね!これからの展開が楽しみだー!

2009.12.8
2話までCおとぎ話風の演出も◎

普通なら絶対に接点がなさそうな愚直なまでの純粋キャラドンベクと大スターのハン・ジス。
ありえない展開を、あえてラブコメ風のサントラや演出でくるんだ暖かい雰囲気のドラマですねー。

結婚まで考えていたジスとガンモだけど、ガンモの父が市長選に出馬を控えており、
政治家として財界の大物との強力なパイプを得るため、息子ガンモをその娘と婚約させています。
逆らえないガンモもどうかと思うけど、ジスはそんなガンモのために耐え尽くしてます。

●Storyの冒頭どおり、ドンベクはそんなまさかのスターを助ける事になり、
ガンモのために、別のスキャンダルを出して事を収めるため、ドンベクに偽恋人となってもらう事に。

有名人や権力に群がる虚構の人間関係の中にいるジスと、純粋に誰かのためにだけ生きているようなドンベクは
外側だけ見ればドンベクのほうがジスに保護されているように見えるけど、
精神的な部分では絶対にドンベクの癒しに勝るものはないはず!

ドラマだから、きっとドンベクのよさをジスが知ってくれるはずだという確信の元に見る事にしますが、
一体どんな切ない展開が待っているのか、今からドキドキしてます。