HOME韓国ドラマのあしあと2010年以前の作品リスト>愛の群像

ハマリ度☆D泣いた〜

●1999年 韓国MBC  全44話   
●演出:パク・チョン    
●脚本:ノ・ヒギョン
●出演:ペ・ヨンジュン(ジェホ) 
キム・ヘス(シニョン) 
ユン・ソナ(ヒョンス) イ・ジェリョン 
イ・ナヨン
●視聴:2004年7月-8月  DVD


愛の群像DVD−BOX 1

DVD-BOX 2
●Story
幼い頃父が病でなくなり、ジェホと妹は母に捨てられた。
昼は喫茶店・夜は酔い客相手のラウンジで細々と生計を立てる叔母に育てられてきたジェホはバイトで学費を稼ぎながら大学に通っている。
成功するためには金がすべてだと信じ、同じ学部に通う大手ベンチャー企業社長の娘ヒョンスに意図的に近づきチャンスをうかがうジェホ。

しかし、彼が心を次第に寄せてしまうのは、講師のシニョンだった。
シニョンはジェホが生意気な金持ちの遊び人だと思っていたが、実は苦学生で学費など生活のための糧を稼いでいることを知るにつれ、次第に好意を持ってゆく。
のし上がるためにヒョンスを利用したいジェホだったが、シニョンへの愛との葛藤の後、ようやく自身の生きる道を見出したある日、大きな試練がさらにジェホを待ち受けるのだった・・

ラスト号泣だよ〜!
少し古い作品だけど、韓ドラ泣ける指数大!

全44話のうち、43話分全てがラストの44話のためにあるような濃さ! 
財閥の御曹司もシンデレラストーリーも潜んでいない地味なドラマではあるものの、
なぜラストにあんなに泣けるのか・・

ジェホを送るシニョン・ジェヨン・叔母さんそれぞれのジェホへの思いが全部私を包んできてね〜
そこには悲しさや、後悔や、愛があって、それら全部が暖かくて嬉しいし、
ジェホが慈しんだみんなに対する愛もより大きくなっていて切ない。

あぁ〜家族みんな健康で何よりだよぉ〜ん!おお〜ん(泣)!
って感じでした。
夜中見終わって、一人で目を腫らしてしゃくりあげながら号泣しましたよ(泣)

ジェホの妹がなぜこんなダメダメなジェホの友達のことが好きになれるんだろう、やめなよ〜〜
っと突っ込みたおしたい辺りはいっぱいありましたが、好きになることに理屈はないんだなって
やたらと最後は納得してしまえます。

それに、1999年製作ということで視聴時から数えて5年前だけどドラマ中のファッションやメイク、
車はどう考えても10年は前くらい古い雰囲気もあります。
そういうのが始めは引っかかってしまったり、暗い感じのスタートなのを敬遠する方もいるかもしれませんが、

私はこのドラマ 名作だと思います!

私達が持つ普遍的なものをきっちり描いてあるというか。 
シニョン役のキム・ヘスさんはその姿から連想できるような大きな包容する愛を感じさせてくれます。
「いまさらヨン様作品?」と思わず、ぜひ見てみて!お勧めです!
ユン・ソナちゃんもでてます(笑)