HOME韓国ドラマのあしあと2010年以前の作品リスト>エアシティ
A大人な抑えた恋堪能
DVD-BOX 1
DVD-BOX2

エアシティOST
●2007年韓国MBC 全16話
●演出:イム・テウ   ●脚本:イ・ソニ
●出演:イ・ジョンジェ(キム・ジソン)  
チェ・ジウ(ハ・ドギョン)  
イ・ジヌク(カン・ハギョン)
●視聴:2007.12.12-2008.1.2  WOWOW
●Story
韓国、仁川空港に空港運営本部室長としてスカウトされ、韓国にやってきたハ・ドギョン。
赴任早々、国家情報部所属のキム・ジソンの追う事件に巻き込まれ、犯人を空港内で捜索、追及する羽目に・・・
ジソンはカイロで任務遂行中、同僚の殉職にはある組織が関わっていると確信。
その背景には国家的に重要度の高い新技術を持ち出そうという目的があることから、国境となる空港で目的のために一直線、精力的に動いてしまう。
しかし、空港というセキュリティー維持と顧客サービスの両面に神経を尖らせる空港運営部とは必然的にぶつかってしまう。
2人はは互いの信念に基づきぶつかりながらも仕事に真剣な部分に共感も覚えるのだった・・
空港と情報部・・国境を守る仕事についた
男女の仕事にかける想いと恋はちょっとだけ情熱的
確かにクールに見えて、後半はちょっとだけ情熱的に・・・
情熱的なぶんだけ、私情を抑えられない行動に出がちな登場人物たちのプロ意識にもすこ〜し疑問は残るものの、
人情部分を描こうと思ったら、こんな風になってしまったんだろうかねぇと
少し大目に見てるところもあります!

最初張り切って仕事女を演じていたチェ・ジウも、恋の要素が入ってきたら美しく輝きますねぇ〜
ジソン役のイ・ジョンジェもあんな温かい笑顔するんだぁ〜ってほっとしました。

逆にジソンの元カノのエピソードはあえて割愛したほうがすっきりしたかもなって思いました。
空港と情報部での出来事を描きながら二人の恋模様も描くとなれば、
わざわざ複雑で、何か彼女がらみで起こりそうな気配があるだけ余分でした。結局起こらないんだし。

ラストで仕事を取らざるを得なかったジソンは後ろ髪引かれるだろうし、
見ているこっちもなんでやねんっていう思いはいっぱいだけど、
ドギョンなら待っててくれるよ!っていってあげられる気がする・・・
でもいつ戻れるのか、無事なのかもわからないなんて可哀想だけど・・・
仕事をしているお互いの姿が好きなんだったら仕方ないね・
究極の任務だねぇ〜

でも私情はさんで検察官を殴っちゃったり、搭乗がすんでる飛行機止めて引き返させたり、
ちょっと仕事と人情をごちゃ混ぜにしている部分は多々見受けられて引っかからないっていったら嘘になるかなぁ〜
でもラストに爽やかさを感じたのは、2人の思いはきっと変わらずにいるだろうなって思えたからかも・・・

偽札騒動が一番お仕事ドラマらしくて私は好きでしたね〜!
「朱蒙」のオイ・ムゴル・ムッコの3人が犯人役で出ていたのが懐かしくて・・・・
この「エア・シティ」には「朱蒙」に出ていた役者さんたくさんでてます。
探して見つけてみるのも楽しかったですよ!




2008.1.2
最終話までB大人な別れをしました・・

まったりと2人の気持ちが通い合う回があったかと思えば、
14・15話では就航させる空港を決定するための下見をしにきたネオ航空の副社長がらみの投資詐欺問題でした。
と同時に情報部では、ボスが昔アメリカで任務遂行中に知り合った母子家庭の息子が
永住権を取り消され韓国へ送還されてきた一件の人情ものでした。

協力しあうところはし合って、といういい図式が出来上がっており、
ジソンとドギョンの2人もお互いの存在に信頼できる温かいものをみつけていました。
ジソンは結婚しないかと直球!

しかし、ブラックエージェントとしての仕事も待っていました。
それは、身近な誰にも知らせず、名前も変え、国家や情報部との一切のかかわりを絶って遂行する任務員のこと・・・
いつ戻ってくるのかも、そしてもう戻れないのかもわからない・・・・
一旦は断ったジソン、しかし自分が行かないわけにもいかない・・・苦渋の決断。
そしてハジュンはモスクワ行きに乗り込んだ別名のジソンを足止めさせ、ドギョンとの別れのチャンスを与えるのだった・・・


2007.12.29

12話まで今のところB偽札流入防ぐの巻

一応ドギョンとジソンはお互いに好意を持っていることを確認し合いました。
が、あの急がしさじゃそれを発展させる展開に後4話で持って行けるのかどうか・・・・?
でもお仕事頑張ってます!
多少強引だけど、最初の頃よりはましです(爆)

香港マフィアを対象とした麻薬問題は解決し、今度は偽札流入危機でした。
ニセ札偽造のプロであるロシア人セルゲイが1000万ドルもの偽ドルを仁川空港に持ちこんだ事がわかる。
同時に空港内では爆弾を置いたといういたずらが発生し、システムトラブルで貨物のラインが誤作動を起こすなど騒然となる。

以前空港の特殊部隊にも属し、セキュリティーを熟知している男のチーム (朱蒙のオイ・ムゴル・ムッコ)が裏で活動していた。
偽ドルをセルゲイから購入すると見せかけ殺害、丸々いただいた挙句、
空港が購入しているドルを奪ってすり替えるという作戦が行われていた。

結構手間と大掛かりな計画の割にはすり替え作戦の段階が結構リスキーすぎ。
検査がパスされる美術品と見せかけて国外へ持ち出してしまおうという辺りはははぁ〜んって思ったけど
同じ空港ですべて行ってしまうのは妙案なのかどうか・・ちょっと理解力ついて行けませんでした・・・(笑)

結局空港と情報部・現場と力を合わせての解決だったけど、
一番のお手柄はカート整理のオム班長が犯人グループに襲われたからだよね・・・班長気の毒だったけどありがとう・・・
おかげで1000万ドルものニセ札が仁川空港を窓口にして全世界にばら撒かれなくてよかった・・・

粗は多いけど、お仕事ストーリーで見やすかったし、いろいろ同時進行させすぎないところが評価できました。
ただ、いつもちょびっとだけ絡んでくるジソンさんの元カノ、ミョンウさんって必要なキャラなの?
体調不良で倒れちゃったけど中途半端な邪魔はしないでよ〜


2007.12.27
8話まで今のところB大捕り物だけどどこか冷めてる

空港内で混乱が生じるようなトラブルが2・3続出したんだけど、
とうとう、ドギョンが旧友から受け取った手荷物に麻薬が隠されており、逮捕されるという展開に・・・
鳴り物入りでスカウトされてきたやり手運営本部長、大丈夫なんですか!?

部下のハギョン君はその飾らない明るい性格から同僚から好かれているんだけど、
昔少しの間同じ小学校に通っていたドギョンに憧れてます。
最初のうちは仕事に向ける信念に共感していると思えた情報部員のジソンもドギョンのことが・・・

この2人、強がってるけど折れそうな、はかないドギョンを守らなければっていうスタンスに今なってます!
落ち込んだり1人で頑張ったりしてる薄幸な美人像で、チェ・ジウは本領発揮してますね〜
ドギョンはといえば寂しげで陰のあるジソンに惹かれてるような・・・?

でも任務停止されているのに香港での逮捕劇に参加しているジソンや、
情報部員でもないのに休暇とって香港で重要参考人探ししてる危険なハギョン君もちょっと現実離れしてます・・
そして麻薬疑惑で逮捕され、釈放されたばかりのドギョン、ハギョン君を連れ戻すためとはいえ、
国外である香港へ飛んでいいのか?!

情報部員というよりは姿見えまくりの刑事ものって感じでも別に悪くはないけど、
多少の矛盾すらどうでもよくなるような巧妙なストーリー展開してもらいたいです〜〜

2007.12.14
3話まで今のところB渋い感じで始まってます

ここ見せ場だよ!っていう感じのシーン盛りだくさん!
空港自体が大きなセットなわけで豪華この上ないです。
が、まだ見所がうまく絞れこめないと言うか、職業物とプライベートのストーリーは平行しているのはよくわかるものの、
ドギョンとジソンのキャラクターの魅力が発揮されていないのでハマりこむところまでは行ってないです。

やっぱり、笑顔の少ないチェ・ジウはだめだよ〜。
やり手な感じはよく出てるんだけど、表情を殺すと感情まで表現されなくなるようで魅力が〜〜・・・
クールなところと、仕事に夢中な熱意が両方でてたらいいのになぁ〜
それなら後輩のハギョン君があこがれつつ好きになって行きそうなのがもっとわかるのに・・・

でイ・ジョンジェは渋いです!ちょっとした演技とかでもうまいんだけど、華がなぁ〜〜
今のところ主演2人に華が出てないけど、
海上保安隊や警察・ヘリ出動などなど、そこまでロケに協力してくれるんだすご〜い!状態です!

4話くらいでちょっとドギョンがジソンに惹かれるような予告でした。
生真面目な2人にラブモードが展開したら純情系で面白そうなんだけど、どうなるんでしょうか〜
真面目すぎて、恋に発展しなかったりして・・・ それはやめてくださいよ!