HOME韓国ドラマのあしあと2010年以前の作品リスト>BAD LOVE〜愛に溺れて〜

〜愛に溺れて〜
ハマり度☆Aハマリはしなかった
DVD-BOX 1

DVD-BOX 2
●2008年 韓国KBS  全20話
●演出:クォン・ゲホン   ●脚本:イ・ユジン
●出演:クォン・サンウ(カン・ヨンギ) 
イ・ヨウォン(ナ・インジョン) キム・ソンス(イ・スファン)

●視聴:2008.12.16-2009.1.20  WOWOW

●Story
チェリストのインジョンは演奏をしにきた済州のリゾートでスファンと出会う。
強く惹かれあった2人は一夜を過ごし結ばれた。
結婚を考えていた頃、インジョンはスファンから彼が妻帯者であることを伝えられる。
スファンは大手デパートの会長の婿だったのだ。
怒り狂ったスファンの妻に訴えられ姦通罪で拘置され、不起訴で拘置所を出たが、手に手をとって乗越えようとしていたスファンの態度が変わってしまった。
傷つき悲しみにくれるインジョンを、偶然通りかかったヨンギが励ます。
画家のヨンギは、会長の息子だが庶子であり、会長に捨てられた母を思い今でも反発、愛する女性とアメリカへ旅立とうとしていた。
レビュー
1-2  3-4  5-8  9-11  12-16  17-20完
運命の愛を成就させるまで
過去の罪の償いという試練に耐え抜いた二人のお話
いやぁ〜ハマらなかったなぁ〜(笑)

でもインジョンとヨンギは本当によく頑張ったと思うよ!
インジョンとスファンの過去の不倫が原因で巻き起こった家族の軋轢と恨み憎しみを耐え抜いたんだから。
ただ、愛したヨンギがスファンの義弟だったというのがそもそも強烈な不幸のめぐり合わせだったわけで・・・

おおもとの元凶はやっぱりスファンなわけだよ。
いくら本当に愛していたとはいえ、既婚者である大企業の社長をしてる大人の男が
大事な女性を避妊もせず抱くかー!
妊娠していること知らなかったとはいえ、スファンに捨てられたことや、
スファンの妻の怒り爆発の暴挙で怪我をしチェロがひけなくなったり、両親が事故にあったりと、
不幸が連続してインジョンにだけ降り注いだようなものでした。

なんか、あまりにインジョンに対して不公平すぎだったし、
ヨンギとの「運命の愛」の幕が上がってからも、どのキャストにも感情移入できない始末でした・・・。


途中から現れたヨンギのモトカノそっくりなシニョンの登場理由もインジョンへの本当の愛を確認するだけのため。
かき回すだけかき回して、インジョンを苦しめただけ。
ドラマってフィクションだからいろんな設定ができるのがいいんだけど、この脚本はいただけないわぁ〜
この脚本家さんの作品は私と相性合わないみたいです。
「ゲームの女王」も全然合わなかったし・・・。

ヒロインを横恋慕する助演役が多いキム・ソンスssiも男の色気がちょっと足りなかったかなー
苦悩は十分に表現できていたけどね〜。
似た立ち位置でキャスティングされるリュ・ジンssiとは基本的に哀愁というかノーブルさが違うんだよね・・・。

ヨンギ役のクォン・サンウは愛を貫ききって大拍手のはずなんだけど、この脚本では魅力全開とは行かなかった。
WOWOWさんのハイビジョン映像の美しさに助けられて最後まで見たようなもんです(爆)




2009.1.20
20(最終)話までA許されるまでは辛抱だった

スファンの病状が悪化しただ一人で死ぬつもりだったスファンを手術に向かわせたのはインジョン。
元妻に詫び、彼女の心を軽くしてあげることや、養女とはいえ娘ミソとの時間も必要、そしてヨンギと会社のことも含め、
整理すべきことはたくさんあった。
そして手術をし、ひとしきり終えた頃に永久の別れでした。

どんなに愛し合ってても一緒になれないのは、やはりスファンの元妻でありヨンギの姉の存在。
二人はヨンギの誕生日を最後に愛し合う心はそのままに離れて暮らすことになります。

そして1年後。
ヨンギはアメリカでの画家としての地位をさらに固めて韓国へ帰国。
インジョンは手首の手術も成功し、今は子供達にチェロを教えています。
ミソの留学を期に韓国を離れることにしたスファン元妻は、スファンの生前の願いであった
「ヨンギとインジョンが一緒になることを許してやってほしい」という言葉を受け入れるべきだと決意してくれました。


お世話になっている叔父さんの結婚式、二人は変わらぬ愛を確認し結ばれるようです。

2009.1.13
16話までB現実的にやっとなれたヨンギ

愛しているからこそ、一緒にはなれない「現実」を受け入れてもらいたくてヨンギに冷たく接するインジョン。
でも愛があれば乗越えられると信じてるヨンギは、インジョンをそばに置き、いずれ何とかなると思っていた。

そのヨンギの本気を試したいスファンは、ヨンギの死んだ元彼女と瓜二つのシニョンを入社させてしまう。
それで心が揺れてヨンギの気持ちが離れるなら、スファンはインジョンとやり直したいと自分の中で決めていた。
でもさーー、インジョンがスファンのところに行くことはまず無いわなーー。
でも末期の脳腫瘍と分かり、スファンはもう治療を断念している模様・・・

想定外に、シニョンがヨンギのことマジになってしまったのがまためんどくさく、
ヨンギと付き合いだしたように見えるインジョンの邪魔はさせまいとスファンがんばり始めてるけど、いまさらぁ〜。

インジョンはヨンギに、「まだ愛しているし一生ヨンギだけを思って生き続ける」とはっきり告げた。
でも現実的には一緒になることはできないと、辛い気持ちを打ち明けるインジョンに打ちのめされるヨンギ。
ヨンギの親友から、慰めあい理解させてやってから別れてほしいといわれたインジョンは、
別れる練習として、春までの数週間付き合うことに決めたのでした。

うーん、どちらにしても別れるしかない二人の話、引き伸ばしてないかぁ?って感じにすらなってます。
スファンの病気、そしてインジョンが時々座りこんでしまうほどの胃の痛みが辛そうです。
チェロがまた弾けるように手術出来そうなのはうれしいけど、病院まで来てるなら胃の検査受けさせなさい!

2009.1.9
11話までA愛に傷つき180度豹変のヨンギ

ヨンギをどんなに愛していても、過去を責める当事者同士と家族になどなれないインジョン。
愛の試練に立ち向かう覚悟を決めてしまったヨンギを結局家族と和解できない不幸に追いこんでしまいたくないと、
なんと過去の不倫のこともすべて会長に話した!

そこに運悪く(脚本的には都合よくか!?)家を出たスファンと彼を追いかけてきた妻と鉢合わせ!
インジョンが当時スファンの子供を身ごもったこと、流産したことまでぶちまけた。
そのインジョンをあきらめないヨンギにさらにショックを受けた会長は、持病が快癒していなかったため帰らぬ人に・・・

ヨンギが一番傷つくことを言い、裏切るように別れたインジョン。
反抗はしていたものの自分を愛してくれた父をなくした上に、覚悟した分だけ激しく愛に傷ついたヨンギは
父の遺言どおり会長に就任し、インジョンを自分のものにするために復讐に似た行動に出始めたよ。

「愛している。辛い気持ちを紛らすために父の思いを継ぎ仕事に専念し、君を取り戻すために権力も身に着ける」
とか言う心の声でもあれば俄然応援し、盛り上がってみていられるのに
「傷ついた!俺を裏切ったお前をいつか力ずくででも俺の元に連れてくるからな!」って感じで恨みすら感じる行動。
この脚本家さんは、本心のありかを語らせるときにわざわざ屈折させる、後ろ向き傾向があるようだね・・・
ハマりづらいわ!

2009.1.5
8話までBどん底の行き詰まりだ・・・

互いの寂しさを慰めあえるという関係から始まり、辛い過去を忘れることができる相手だとわかり、
そして互いが必要欠くべからざる愛する存在へと変わるのに時間はかかりませんでした。

ヨンギに関してはちょっと気持ちが深まるのが早いかなって感じたんだけど、
元カノの自殺願望への悪夢を毎晩見ていたようで、その呪縛も限界に来ていたようです。決別すべき時にインジョンの存在。
コレはもう孤独感を抱えているヨンギにしてみたらインジョンにすがる部分が多々あったはずだね。

突然たずねてきた継母に紹介した流れで自然と結婚話へ・・・そして当然のごとくスファンと対面するわけだ。
不倫だった上に自分の都合でインジョンを捨てる展開になったのにまだ未練が残ってるスファンに同情できないわ。
でも、どんなに努力しても血のつながったヨンギに後を継がせたいと思っている会長を信じきれず辛いスファン。

この脚本家さんの本は結構
ダークな方へ流れたキャラクターが未練がましくふらふらゆれることが多い
よね。
このドラマではスファンだね・・・。スファンの妻役の人いっつもダメ令嬢役してるんだけど今回も上手いです。

過去の男というのが自分の義兄だと知って一度は別れるつもりだったヨンギだけど、
インジョンのお父さんの死でいろいろ思い悩んだ結果、やはりインジョンを大事にしようと決意したようだね。
でもインジョン本人がどう答えを出すかだけど・・・

あ、それから、ヨンギの死んだ恋人ジョエンにそっくりな女が現れたよ!
ここがちょっとご都合主義っぽいんだなー、この女の動向次第でハマれるかハマれないかが左右されそう(汗)

2008.12.29
4話までA因縁の出会いがスタート

まだハマってない、という意味でAになっておりますが、1・2話が5年前を描いておいたなら
ここから因縁の出会いが始まるわけです。
お互いの過去を何も知らないヨンギとインジョンは運命に引かれるようにして出会います。

愛する女性を守れず死という形で失ったヨンギだけど、インジョンのまっすぐで親思いな姿に惹かれ始めてるよね。
一途な恋が多い韓ドラだけど、このドラマは心の傷を負った者同士が分かり合える何かによって
二人の間にまた愛が芽生えそうだ。
でも、そのヨンギは何を隠そう、過去の男の義弟。しかも会長が愛している一人息子だからややこしい・・。
インジョンにしてみればとんでもないよね。巻き込まれるようにしてこの一家と関わらされ辛い思いをさせられる予感大だよ・・

2008.12.18
2話までB5年前に起こった悲劇と出会いがこれから・・・

1・2話と合計2時間半の中、彼らの関係や心のありか、何に傷つき何を欲しているのかがじっくり描かれました。
大きな一つは、一瞬の花火のようだったスファンとの愛にインジョンが深く傷ついた経緯。
早く深く愛したこともあったけど、一人で育てていく覚悟だった子供を流産したことと、
両親が交通事故で重体となり、結局母を亡くしたこと。父は5年間の療養生活を強いられ、そのために働き続けたこと。

一方スファンも、すべてを捨ててインジョンと一緒に幸せになろうとした矢先、
実母の賭博と不動産詐欺を義父である会長に助けてもらわざるを得なかったことでインジョンを捨てるしかなかったこと。

そしてヨンギ。彼は母を死なせたのはほかでもない母を捨てた父(会長)だと今でも恨みを抱えてます。
愛する女を絶対に不幸にしないと誓い、恋人ジョエンとNYに行ったが、彼女が自殺してしまった。
愛し合っていたのになぜ、それは自分のせいだと責めるヨンギ。
韓国に帰ってきたヨンギは母と暮らした港町に程近い小さな島の廃校を買い、ジョエンを偲ぶつもりだ。

でも、5年間死ぬ思いで働き、ためたお金で退院する父と農園をしようと廃校を買っていたインジョンは結局
不動産屋からの2重契約で騙されたことに。
ヨンギとの出会いですね〜。

さーーここまでがこれからの展開への布石だったかな〜?

ヨンギの義理の兄がスファン。ヨンギの母の名前がインジョン(のはず)だからヨンギも会長もきっと反応するはず!
当然ヨンギとインジョンが、互いの心に深くついた愛の傷をいたわりあえば合うほど周りに波紋が起きるね。
だってヨンギはさっさとNYに旅立ったからスファンの姦通(不倫)騒動知らないからね〜!

ただ、脚本家さんが「ゲームの女王」の方なので・・・グダっとならないことを願います。