HOME韓国ドラマのあしあと2010年以前の作品リスト>コーヒープリンス1号店
ハマり度☆D新感覚!
スペシャルプライスDVD-BOX


OST(DVDつき)

公式ガイドブック
●2007年韓国MBC 全17話 原作:イ・ソンミ(題:同名)
●演出:イ・ユンジョン  
●脚本:イ・ジョンア チャン・ヒョンジュ  
●出演:ユン・ウネ(コ・ウンチャン)  
コン・ユ(チェ・ハンギョル)  
パク・チユン(ハン・ユジュ)
イ・ソンギュン(イ・ハンソン) 
●視聴: 2007.11.30-12.5  DVD
●Story
態度も所作もボーイッシュなコ・ウンチャンはいつも男子と間違えられてばかり。
妹からは兄を示す、「オッパ」と呼ばれている。
父がなく、つましい生活をしているのに、可愛いものには目がない母の衝動買いで家計が安定する事はなく、とうとうピンチに・・。
大黒柱のウンチャンはプライドを捨て29歳独身貴族を満喫するハンギョルの恋人役をひき受けた。
ウンチャンを男だと思い込んでいるハンギョルは、自らゲイ疑惑を招いてでも
祖母の進めるお見合いをやめさせたいのだった。
ふらふらしたハンギョルに責任を持たせようと、祖母は、経営危機喫茶店を任せる事にした。
男でも宇宙人でもいい!?スタイリッシュで繊細な心理表現、
萌えポイントいっぱいの純情恋愛ストーリー
ほんと久々の一気視聴です!

見てしまうのがもったいないなぁ、なんて思っちゃって
後半ペース落としたりするドラマって時々あるんだけど、
コピプリは終始、毎日の生活のように自然に続いていて、
止まると不自然に感じるっていう初めての感覚でした。

それから、BGMが主張しまくるおかげで泣き所やこみ上げどころが一目瞭然のドラマも大好きではあるけど、「コーヒープリンス1号店」はさらりとした、スタイリッシュで清涼感あふれるサウンドを駆使してます。

男同士の愛を肯定するような流れだったり、それにラブラブモード全開のシーンがいっぱいだったりと、ともすれば拒絶反応を感じる人もいるかもしれない難しいあたりを絶妙なバランスで心理描写を絡めて描いてあります。

女性監督が演出していると言うだけあって、
「そうそう、そういう感情ってあるよ」とか「そこでこういう意地張っちゃうんだよねぇ」
ってかんじのエピソード満載で頷きまくり。
若かろうが、素敵な大人な女性だろうが、嫉妬や疑念にはほんともろいんだよ〜〜

この難しい辺りはユジュのキャラクターですごく上手に描いてありました。 
ウンチャン役のユン・ウネちゃんは最初から終わりまで、ほとんどノーメイクでのお仕事だったけど、
ちゃんと演じ切ってて感心〜!!

好対照な男性2人がすごく魅力的だったのも大きな要因かも!
主演男優のコン・ユ君が演じたのは、軟派で意固地、利己的で、
人に対してすごく冷たくなれちゃうハンギョルなんだけど、
併せ持ってる純情さがウンチャンと恋に落ちる事でどんどん魅力をまします。

で助演男優のイ・ソンギュン@イ・ハンソンは掘り出しものだよ〜〜!
あんな俳優さんどこにいたの? 全く出会えず気づかなかったよこれまでぇ〜 
もう声がいいわぁ〜(何回いうかね)
相手に対して包み込むみたいに柔和で紳士。 
だけどユジュに対する情熱だけは未練がましいほど〜
でもそれがすごくいいんだよね!
ユジュのこと誰よりも理解していて、でも完璧な人じゃない、悩みもするし、怒りもする。
結婚することになった時の嬉しそうな様子!最高です!女冥利に尽きます!

あと全体がごく自然に流れていくっていうドラマがすごく新鮮でね。
ほらドラマってよく、急に病気が悪化したり出生の秘密で大問題勃発したりするでしょ、
あれってドラマチックでいいスパイスになるんだけど、
コピプリに限ってはそれがキャラクター、特にハンギョルの人格形成と人間関係のつながりに大きくつなげてあって実際の生活ならと考えると、きわめてリアルな印象を受けます。

例えば、おばあさんの癌。
ドラマで癌って話題が出てきたらそれでもう上を下への大騒ぎになるんだけど、このおばあさんの場合は、進行は緩やかであるという点を示しつつ、治療を続けながらも孫が一人前になる様子をしっかり見届けようとする立場で描かれます。
時には倒れもするけれど、自分で歩けて考えられる間はこれまでどおり、かくしゃくとした姿でみんなの力になります。

それから、ハンギョルの実父との再会。
何故本当の事を教えてくれなかったんだぁ〜〜!って大騒ぎするようなこともなく、
むしろこれまで本当の親子として愛情いっぱいに育ててくれた母や祖母、
そしてなかなか打ち解けられなかったけれどそんな父との絆があるから
心の上での少しの事実認識に心を痛める程度でした。 
それって地に足がついた男へと変わっていく大事な過程としてのエピソードでしょ?

少し猟奇的にすぎる演出もあったしかなりシニカルな印象を受けるところもあったけど、
純情なハンギョルとウンチャンのすれ違いから始まる恋に主軸を置いてあったのが何よりの見所でした。
終わり数話をかけての判りやすい大々的なハッピーエンド。
ここまで判りやすいのも珍しいね〜

さらっとあっさり気楽に見られたのに、こんな長い視聴後の感想になるなんて自分でもびっくり! 
いやぁかなり新鮮度高かったからね☆
ハマりました!おススメ☆
2007.12.5  17話(最終話)まで

これ以上ないっていうハッピーエンドです!
ハンギョルのおばあちゃんもお母さんも、ウンチャンの素直で明るくて誠実なところを
ちゃんと見てくれていました!
おばあちゃんの提案で、会社から2年間のイタリアでのバリスタ研修も受ける事ができました。

お互いの心を確かめ合ったばかりのハンギョルとウンチャンは
2年もの遠距離恋愛を迎えることに不安いっぱい。
とうとうウンチャン心を決めたようで、韓国ドラマではあんまり見られないベッドインみました〜〜!
心も体もちゃんと一つになれたんだねって感じです。

妊娠もわかり、幸せいっぱいで結婚したユジュとハンソン。
でも残念ながら流産してしまったようです。
2年後のシーンでは不妊治療を続けているようだけど、
ここで気分転換しようという2人の暖かい日常が描かれてました。
ほんと絵になる2人! フランス映画のワンシーンみたいでした。

2年の研修生活でめきめき力をつけたウンチャンはバリスタコンテストで世界1位を取るまでに成長!
もう1年伸ばすことにした、なんていってハンギョル落ち込ませといて、
サプライズな再会へもって行くなんて可愛い事するね〜
フランチャイズ展開を視野に入れ、女性バリスタをコンセプトに始動する「コーヒープリンセス」。
経営手腕を発揮するハンギョルと一緒にこれからもケンカして仲良くしつつコーヒー淹れ続けるんだろうなぁ〜末永くお幸せに!
 

2007.12.4
14話まで D 現実味のある解決でほっ

ウンチャンが女だった!とハリム(コピプリのメンバー)から聞いてしまったハンギョルはマジギレ!
何がつらいかって、両思いになって共に過ごしている間ですら騙されていたと言う事実。
それと、ウンチャンが男だと思っていたからこそ愛のために捨てなければならなかったいくつもの心。
女だと知っていれば・・っていう悔しさ。

でもウンチャンにしてみれば言い出せなかった理由や会話上のポイントはいくつもあったわけで・・・
でもそれは自分が傷つかないための言い訳にしかならない・・・
ウンチャン泣き倒しの2話(11・12話)でした。

知っていたハンソン兄さんに対しても、ウンチャンに対しても怒りがおさまらないハンギョル。
仕事も手につかない・・
そこでホン社長の一言は意味あるんだよ〜
「一体いつまで騒いでんだ、ウンチャンは女でお互い好き同士、何の問題あんだ。おまえは何か?
相手よりいっぱい愛してちょっとばかり相手より辛かったからってそれが悔しいのか!?」だって・・・!

確かにそうだよね〜〜。
冷静に考えたらシンプルな事が感情のせいでコントロールきかなくなる事あるもんねぇ〜
「そんな時の秘訣は「この人なしで俺は生きていけるのか」と自分に聞いてみるといい」だって!
ホン社長大人だぁ〜
愛してる人にだけ使える秘訣だけど、実践はなかなかできるもんじゃないねぇ〜〜

仲直りしたらあっけないもんでした(笑)
「うれしい事悔しい事全部話そうな。隠し事なしで」だって〜ラブラブですな〜
ただ、2人が付き合ってると知ったハンギョル家のおばあちゃんと母は猛反対!だね〜

ハンギョルの出生の秘密は30歳を前にちゃんと語られました。
実の父との対面もでき、今の家族へのしこりも解け始めてよかったね〜

ユジュは荷造りも済ませDKとNYへ行くつもりだったようだけど、
ハンソンに引き止めてもらえない恐怖とも戦ってました。
行くなと引き止められても振り向かなかったユジュ。
でも行かなかったんだよ。数日姿をくらました後ハンソンの元に帰ってきました。

「今まで自分だけを見つめてくれたハンソン。
2年間の裏切りすら越えて愛してくれていたのに誰か他の人が心に入り込むなんて・・・
そんな自分に自信がない・・・でも愛しているのに、
どこかで許せない利己的な自分がいる・・・」って感じで
ここも感情のコントロールがうまくいかず苦しんでました。

でもお互い好きなんだからその辺が解けたらやっぱりあっさり仲直り!
で妊娠発覚で劇的ハッピーな流れ!
あのハンソンのうれしそうな顔見てたら女の私は心から暖かくなるよ〜!

あとはミニョプとウンセ組。ソンギと再会できた子持ちの女性との成り行きです。
ソンギは日本人。実家のお店で働いていた人妻を想っていたけど、
夫からの暴力から守りきれなくて後悔していた。
自分の前から去った彼女を探して韓国にやってきて、やっと再会できました。
ちょっと迷惑そうなあしらいを受けているけどどうなるかな?
クールに見えて情熱的な男だったんだねソンギ

2007.12.3
10話で最高値DにUP!ハンギョル覚悟決めた〜!
これが「コピプリ萌えポイント」だな〜!!

抱きしめてみたらヤバかった・・・
ウンチャンにときめいてしまうハンギョル、自分と道徳とのたたかいのはじまりでした。

ウンチャンはといえば、優しいハンソン兄さんに最初はポッとなったけど
今は安心感のあるお兄さんとなっていて
利己的で強気なハンギョルのことを本気で好きになっちゃってました。
でもウンチャンは女だから問題はないわけさ。
でもハンギョルにとってはおおあり・・・ウンチャンは男なんだから・・・

店は徐々に軌道に乗りはじめ、ほどほどの売上具合。
おばあちゃんとの約束である3ヶ月で売上3倍も目前。
でもおばあちゃん自身も胃がんとの戦いで心配は尽きないけれど、
どうやらハンギョルは父母の実子ではない様子。

何らかの事情はまだ10話では明かされていないんだけど、きっと深い事情あるね、
・・チラッと現れた実父は誰?

ウンチャンの妹ウンセを心から愛しているミニョプ、
力だけが取り得なばか男みたいなあしらいをずっと受けてたけど、
ここに来てうまくいきそうな予感が・・・(笑)

で、ハンギョルですが〜義兄弟の契りだ!とかいってウンチャンを弟として見つめようとかって無駄な努力もして、苦しみに苦しみぬき、とうとう、とうとう!覚悟きめました!
「お前が好きだ、男だろうが宇宙人だろうが関係ない、いけるところまで行ってみよう!」だって〜!
ウンチャンうれしいねぇ〜〜

でも女だといつ明かす!?


明かすとどうなるのかちょっとコワイ・・
でもコピプリのみんなはウンチャンが女だとしってしまったよ・・

おまけといってはなんですが、
大人モードのハンソンとユジュはまたも中途半端な揺れ方を始めましたよ〜
少しウンチャンに魅力を感じたハンソンを微妙に許せないユジュ。
そのくせ自分は元彼のDKとNYに行くだってさ!
なんだよそれ〜〜〜2年前にもハンソンを捨てていったくせに、また〜?
どっちが罪作りさ〜ほんとにハンソンのこと好きなのか??
でも正直言って、DKってハンソンほど素敵じゃないんですけど・・・なんでDKなわけ??

2007.12.2
6話で CUP!ドキドキの展開になってきたわ〜

もともとの名前が王子コーヒーといったどうしようもない喫茶店を「コーヒープリンス」と改名、
ルックスのいい若い男性を雇い、サイドメニューにワッフルなどを取り入れておしゃれな感じのお店に仕上げました。

特にワッフルの屋台をしていたソンギさんは一番のイケメンでどういう経緯か日本語もめちゃうま。
韓国ドラマであんな流暢な日本語聞いてびっくりだよ!

オープン当日はサービスデイで大盛況だったものの、通常営業になってからは暇な日が続く。
でもウンチャンの妹が勝手に写真を利用して作った動画がネットに流れる事で一時的な騒ぎで利益出ました(汗)

そんな中、ウンチャンは犬のテリーの飼い主であるハンソンさんのことが好きになってきていたようだけど、彼の彼女がユジュだと知り、そのはかない恋はあっという間に終焉を迎えてしまいました。
あの穏やかな物腰、深くて素敵な声聞いてたら私だってハンソンさんに恋するわきっと!
いじめっ子のハンギョルよりもね!

ウンチャンを事あるごとにいじめるハンギョル、
実はユジュへの片思いからはそろそろ卒業する時期が来ていると感じていた矢先に
どういうことかウンチャンのことが気になってしまって知らず知らず目で追っちゃってるんですよ!
自分の気持ちがなぜか尋常でないと感じたハンギョル、「俺たち一度抱き合ってみよう」って!
何も感じなかったら大丈夫だって確認したかったんだろうね〜 
ここでつづく!ってなったんだけど、
ウンチャンの「自分が女だって言ってしまいたい」っていうつぶやきがテロップで入ったのが
切ない波乱の幕開けみたいな印象です!

次の7話早く見たいわ!

2007.12.1
2話まで 今のところB序章って感じです

韓国で放送され、中盤直前くらいからぐんぐん人気が出たと言う話題の本作、
日本での放送を前に一足早く見ることにしました。
韓国語独特の言い回しが時々わからないところも、ちょっと想像を膨らませて理解しつつ見進めましたが、ぽんぽん、とテンポよく進んでいますね。
でも映像や音楽なんかが、わりと控えめな感じで少し映画を思わせる感じです。
ロケ地もよく韓国ドラマで見かけるお金持ちのお家とは違うところかな?なんて感じで少し新鮮。

主人公のウンチャンは女の子だけどめちゃくちゃボーイシュで態度も言葉遣いからも人には男だと思われちゃってます
演じるウネちゃんはもともとがかわいいのでやっぱり女の子なんだけど、
演技ではとても工夫してるしそう見えると言えば見える!

でいろいろお金では苦労してるんだよね〜
もう長男って感じでお父さんのいない家での稼ぎ頭として頑張ってます(涙)
一方ハンギョルはお金には全く困らない生活で、留学先では当初の目的とは全く違う映画関係の勉強をし、6つも学校を変えるなど、自由奔放すぎ。
29歳にして帰国したものの、実業家のおばあちゃんは、一人前になりきれないいい年した孫がすごく心配みたいです。 
当然だよね〜〜〜!

でお見合いを設定しまくってくれるんだけどそのお相手の強烈な変人さ加減に笑わされましたよ〜〜
結構ひく女性も(汗)
あ、このドラマ、強烈(猟奇的)さを表現するためにお下品な演出がされてるシーンがあるのでご注意を。

で、そんなくだらない見合いをやめさせたくてハンギョルはゲイだっていう強烈なインパクトでいくことに
ウンチャンは1件当たり10万W(約1万円?)で恋人役引き受けます。
ウンチャンを男だと完全に思い込んでるハンギョルとの関係は今後面白くなっていきそうですね〜。
今平行してみている「ある素敵な日」の主演をこなしているコンユ君は主役オーラ満載なのに、
ウネちゃんとだとちょっと食われてるわ〜〜ほんと伸び盛りの女優さんなんだね!

それからもう一組の恋模様もえがかれています。ここは大人モードだよ〜!
チェリョン@海神やスノ@あの青い草原の上で、の見慣れた女優さん演じるユジュと
ハンギョルの従兄ハンソンの関係。

2年前去った彼女が、付き合っていた男と別れて自分のもとに戻ってきた
という状況に苦悩するハンソン。
今でも愛しているけど、恨めしい思いが消せない感じ。
ユジュはハンソンしかいないと気づいて帰ってきたんだけどね。
この2人は最初っからかなりの高テンションでスタートですよ・・!

話変わるけど、ハンソンの声かなりいいでぇ〜好み。

ユジュはハンギョルの憧れの女性であり、
ウンチャンは毎日牛乳配達しているハンソンちの犬テリーと友達。
ハンギョルはおばあさんから、経営不振で閉店ぎりぎりの喫茶店を任されます。
この喫茶店ウンチャンの行きつけなんだよね〜
みんなそれぞれに接点ができて、これからの展開が気になる辺りです。