ドラマほびっと☆
HOME韓国ドラマのあしあと>月桂樹洋品店の紳士たち
月桂樹洋品店の紳士たち ハマり度☆Bいいドラマ
DVD-BOX 1

DVD-BOX 2
DVD-BOX 3
DVD-BOX 4
●2016-17年 韓国KBS  全54話
●演出:ファン・インヒョク
●脚本:ク・ヒョンスク
●出演:イ・ドンゴン(イ・ドンジン)
チョ・ユニ(ナ・ヨンシル) ヒョヌ(カン・テヤン)
イ・セヨン(ミン・ヒョウォン) チャ・インピョ(サムド)
●視聴:2017.8月-10.17    WOWOW
●イントロダクション:
代々続くテーラーの老舗月桂樹洋品店。
老境に達した店主は、唯一の跡継ぎである息子ドンジンが
店を継ぐつもりがないことを確認し、家出してしまった。
実直で職人気質でありながら温厚だった父の仕事ぶりを
大企業の代表の座を逃したあとに知ったドンジンは・・・。
レビュー
1-10話  11-20  21-30  31-40  41-50  51-54完
老舗紳士服店のお父さんがつないだ縁
暖かくてテンポが良くて楽しく見られた
久々の長編ホームドラマ。
物語の芯の部分に、あたたかくて信念があって強いお父さんである
月桂樹洋品店の社長が存在することで、
展開していく人間関係の悲喜こもごもが安定したものになりました。

どの登場人物も良い人ばかりで、
登場人物たちを苦しめたヒールも実はやり方が間違っていただけで
愛のある人たちでした。

数組のカップルの恋路も描かれるのですが、なんか地に足ついていて良いんですよね。
一番若いテヤン・ヒョウォンカップルだけ独特でしたけど、
可愛くてこの組が楽しくて見ていたところもありました。

今は亡きキム・ヨンエさんの姿が目に焼き付きました。
どこか懐かしい古き良き時代の香りがする良いドラマでした。





2017.1.17
54(最終)話までBいいドラマやった

ミサアパレルを立て直すと決めたドンジンの手腕はいかんなく発揮され見事復活。
紳士服づくりを一から学ぶようドンジンに言われたヒョサンは
サムドさんの下でその面白さを知りマーケティング本部長へと戻してもらいました。
ジヨンさんもヒョサンへの愛が本物だったと分かっていたようで戻ってきました。

ヒョウォンとテヤンは結婚。
テピョンさんが売れるようにと思ってドンスクさんがついたテピョンの独身という嘘が
問題となり謝罪をすることに。信頼をなくし、ダメだと思ったテピョンさん。
だけど、ファンは離れずについていてくれました。

ドンジンヨンシルの間に子どもができ、
なんと諦めていたサムドさんのところにも念願の赤ちゃんが。

そして残念ながら視力を失ったお父さんでしたが、またみんなで住むことになりました。

2017.10.11
50話までB物語はいよいよ大詰めへ

テヤンとジヨンが以前交際していたことが結婚の妨げになると慌てたのは
ヒョウォンだけでなく兄ヒョサンも同じ。
結婚報道を記事にしたジヨンによってヒョサンが先に結婚してしまい
テヤンとヒョウォン組はお母さんの反対にあい、ヒョウォン家出。

ドンジンの元妻の策略で保釈されてシャバに出てきたギピョに
ヨンシルとの結婚を妨害されたドンジン。
ヨンシルを拉致するという荒業に出たギピョを強引に退けました。
ヨンシルを愛するあまり自殺未遂を起こしたギピョの入院中、
なんとヨンシルを縛ってきたお父さんへの腎臓移植という切り札が
真っ赤な嘘だったと判明します。

ヨンシルへの愛とは何なのかを真剣に考えるようドンジンに言われて
何かに気づいてくれたようです。

ドンジンはヨーロッパの有名企業との提携を実現させ月桂樹洋品店は右肩上がり。
一方、ドンジンを陥れてミサアパレルを手にしたヒョサンは経営に失敗し、破産。
資金繰りの一時的な避難にと抵当にいれた家屋敷、全財産も失いました。

ミサアパレルを取り戻し、ドンジンも取り戻せる考えている元妻だけど・・・。

テピョンさんは曲が売れ始めついに破格の契約の提案をうけました。
待遇も良く仕事もたっぷりとってくれる素晴らしい事務所に入ったのだけど、
繰り返しテピョンさんは独身ですか?と聞かれてました。
事務所の社長さんは女性。どうやら昔に縁のあった人のようです・・・。

ドンジンのお父さんは目の難病が進行し、家族全員の知るところとなりました。
慌ただしく生きてきた人生の最後を、お母さんとゆっくり過ごす
ということで海辺の町に一時的に引っ越すことになりました。

家を失ったヒョウォンとお母さんはテヤンがCF出演料で借りてくれた家に暮らすことに。
ヒョサンが無一文になったとたん、別に暮らすと言い出したジヨン。
金目当てで結婚したと言われても仕方ないことになりそうです。

2017.9.27
40話までBテヤン組がかわいくて

一途に猛アタックをつづけたヒョウォンは、
お母さんの怪我で実家に戻るテヤンについて行き結果大成功。
笑顔をくれるヒョウォンにジヨンから受けた傷がいつの間にか消え
ヒョウォンへの愛が深いことに気づいたテヤンは告白、晴れてカップルに。

紳士服のコンテスト会場でドンジンたちと急きょランウェイに立ったテヤンを見た
という広告代理店からモデルの依頼が来て新たな道が。
ヒョウォンのお母さんもテヤンが大好き。
で、テヤンの元カノが兄の婚約者ジヨンだったと知って、
急いだヒョウォンはテヤンに内緒でお母さんに妊娠したと嘘をついて結婚OKもらいました。

ヨンシルとドンジンはお互いの思いを確認し、強い気持ちで困難を乗り越えるつもりでしたが
ドンジンのお母さんに関係が知れるところとなり反対を受けました。
条件的に(?)ヨンシルはドンジンの結婚相手としては認められない
というのが韓国の一般的な認識らしく、ヨンシルは自ら去りました。

ドンジンの元妻がヨリを戻したがっていることもあり、
ギピョ出所に一役買っているようです。
ヨンシルを見つけ迎えに行ったドンジン。でも前途多難なままです。

結婚したテピョンとドンスクさんは幸せいっぱい。
そこへ、トロット歌手に転身した元ロッカーのテピョンという経歴も良かったのか
有名歌番組への主演依頼が来て先が明るくなってきました。

一方で夫を亡くしこの街にパン屋さんを開いたサムドさんの初恋相手。
奥さんに関係を疑い騒がれたサムドさん。
離婚届が飛び出すようになってしまいました。

2017.9.17
30話までB割と安定したドラマ

実家の紳士服店の経営に本格的に乗り出したドンジン。
ヨンシルへの好意が愛だと確信したドンジンはテヤン君やサムドさんの
見守りもあって告白し、ヨンシルも同じ気持ちだと確認できました。
問題はヨンシルを束縛し続けるギピョ。
この問題を避けては通れないことから2人で敢然と立ち向かうことを決めました。

お母さんが進めるビルのオーナーとの見合い話が進んでいき辛いドンスクさん。
愛しているけれど、今養える余裕どころか借金すらあるソンジュンさんは身を引きます。
食べていくために、ロッカーの道に見切りを付け、
本名のテピョンでトロット歌手としての道を歩み始めました。
けれど、このビルのオーナーがドンスクさんに相応しくないとはっきりしたことで、
2人の覚悟がきまり、結婚となりました。

そしてテヤン君はジヨンが自分と別れて付き合っているのがミサアパレルの社長で、
自分がジヨンの元カレだったことが理由で悪意で採用されたと知り
即座に辞表を提出しました。

すでにテヤンにぞっこんのヒョウォンは自分もミサアパレルをやめて
テヤンに付きまとうようになりました。
テヤンはヒョウォンを恋愛対象だと思っていないと言って拒否し続けるも
どこか思いやりにあふれたヒョウォンを可愛くも思っています。

ドンジンのお父さんは、病の床にいた婚約者だった女性を見送り
家に戻ってきました。
視力を徐々に失う病気だと知っているのはドンジン、ヨンシル、そしてサムドさんです。

2017.8.31
20話までCいい雰囲気になってきて

ドンジンはヨンシルがギピョと組んで金目当てにミサアパレルに絡んでいる
と勘違いして毛嫌いし、洋品店をクビにしてしまったものの、
彼女の人となりを知るにつれ誤解は解けました。
むしろ、飾らず温かい彼女の人柄にふれ、
また、ヨンシルがギピョに脅されるように結婚を決めたことも知って
気の毒に思始めています。

家出をしたお父さんが実は視力を徐々に失う病気だったこと、
そして、もう一つ、お母さんと結婚する前、結婚を誓った女性がいたそうですが、
当時の時代背景から親に反対され連れ戻された女性が
50年経ち、今はたった一人孤独に入院していることが分かったため、
心残りだった彼女を見送る時間を持とうと決めていたようです。

さて、40代に突入しているサムドさん夫婦は妊娠したとぬか喜び。
互いの希望は分かっているけれど、現実をどう乗り越えるか意見が合っていません。

ソンジュンさんは曲を出さないかと提案され、自信満々で危険な自己投資に乗りました。
お金がないソンジュンさんを想って、なんとドンジンの姉ドンスクさんが
お母さんのヘソクリと娘の貯金に手を付けてしまいました。
新曲発表の話は全くの詐欺。犯人は捕まったけどお金が戻らず・・・。
心を入れ替えたソンジュンさんはドンスクさんにお金を返そうと頑張ってます。

それからヨンシルの幼なじみカン・テヤン君。
お金に苦労していた愛する女性ジヨンの学費まで工面してきたテヤンは
見事アナウンサーとなったジヨンに裏切られ振られてしまいました。
ジヨンが乗り換えたのはミサアパレルでドンジンから代表の座を奪ったヒョサン。

ずっと働き詰めで就職もままならなかったテヤンは、突然ミサアパレルの入社試験に合格。
というのも、別れ話に納得いかずにジヨンに会ってたところをヒョサンに見られていて
嫉妬と優越感からヒョサンがテヤンを会社に引き込んでいました。

一方で、入社試験の日に出会ってからテヤンを忘れられないヒョサンの妹ヒョウォン。
自分の部署に配属されたテヤンがステキに見えすぎるヒョウォンは
テヤンの行動や発言すべてが嫉妬の対象に見えて行動が異常に・・・。
ヒョウォンを理解できないテヤンからはっきり拒絶されてしまいました。

それぞれの関係性や人となりが見えてきて面白くなってきました。

2017.8.27
10話までB暖かい香りがする

大企業ミサアパレルの会長の娘と結婚したドンジンが、
代々続いたテーラー月桂樹洋品店を継いでくれないと分かったお父さんが
家出するところからスタート。
自分の手では店を畳めない、というのが手紙の趣旨だったんだけど、
実はお父さんはテーラーの仕事を続けられない病気にかかっていました。

ドンジンは会長亡きあと、手腕もあることから代表になるのは確実とされていたのに
妻とは母違いの義理の弟が動いたために失脚してしまいました。

会社に尽くしてきた社員を人質にされたドンジンは
自分が辞めることで社員を守り抜くと同時に、
お父さんが小さいとはいえこの店で築いてきた大きな幸せに気づき、
立て直そうと決めました。離婚も済まして。

お父さんが戻ってこない間、店をやると言って戻ってきたのは
昔お父さんのもとで働いていた裁断の腕が確かという弟子サムドさん。

そして、お父さんから素質があると見込まれ、
テーラーとして腕をみがいてきたヨンシルさんがいます。

このヨンシルさんは、恩があるという理由で結婚を決めたギピョさんがいたのですが、
このギピョさんがまさに、ドンジンを失脚させた義弟が裏金作りに利用した相手でした。

ギピョは今出所後の生活を保障されたことで罪をすべてかぶり口を噤んでいますが、
重要な証人となることは間違いなし。
義弟のお母さんも元は月桂樹洋品店で働いていて、
何か悪縁がある人のようです。

ドンジンが戻ると決め、店をやれるメンバーが揃いました。
まだドンジンとヨンシルの間に誤解があって一枚岩とはいかなさそうだけど、
洋品店が再起できる姿が期待できそうです。