ドラマほびっと☆
HOME韓国ドラマのあしあと>グッドワイフ
グッドワイフ ハマり度☆Bなかなか良いで
DVD-BOX 1

DVD-BOX 2
●2016年 韓国tvN  全16話
●演出:イ・ジョンヒョ
●脚本:ハン・サンウン
●出演:チョン・ドヨン(キム・ヘギョン)
ユ・ジテ(イ・テジュン) ユン・ゲサン(ソ・ジュンウォン)
キム・ソヒョン(ソ・ミョンヒMJ代表理事)
ナナ(キム・ダン)
●視聴:2017.2.20-3.9 衛劇

●Story
凄腕検事イ・テジュンの妻ヘギョンは専業主婦として夫を支え
二人の子供を育ててきた。
しかし、夫のスキャンダルですべては一変。
セックススキャンダルと収賄疑惑で勾留された夫の代わりに、ヘギョンは弁護士の資格を15年ぶりに生かして働くことを決意。
司法修習生時代の同期ジュンウォンの事務所大手MJでのインターンの機会を得た。
*米ドラマ「GoodWife」リメイク作
レビュー
1-3話  4-16完
夫のスキャンダルを機に自分の人生を歩みだしたヒロイン
大人がじっくり見られるストーリー
※オリジナルを見ているんでどうしても比べての感想となっています。
 (→海外ドラマ「グッドワイフ」ほびっと☆視聴レビュー

司法上の職業設定などは韓国用にリメイクしてありますが展開などはほぼオリジナルに忠実でした。
主人公の人間関係のストーリーとしては
オリジナル版のおよそ第3シーズンあたりまでを16話で描いてあり、
弁護裁判のエピソードはいくつかに絞られていて展開が早く、
テンポの良さと複雑な心理に揺れる人間模様を面白く見られるようになっていました。

韓国ドラマらしい味が出てきたな、と感じたのはおよそ3話くらいから。
敏腕すぎるスター検事の夫がセックススキャンダルと収賄疑惑で足をすくわれて
人生が一変したヒロインを世界のチョン・ドヨンが演じ、
カリスマあふれ優秀だが身勝手な夫をユ・ジテが演じていて、
二人のシーンは複雑な心理表現などが交錯する緊迫感が素晴らしかった。

主要登場人物のほとんどが頭脳明晰で優秀、スマートでカッコいいんだけど、
答えの出せない悩みや欲しいものが手に入らないジレンマ、
嫉妬、不安などを抱える悩める人間たちである部分を丁寧に描いてありました。

全体的に大人が見て満足度が高い作品じゃないでしょうか。
ユン・ゲサンもナナも良かった、もちろんキム・ソヒョンも良かったわ〜。



2017.3.9
16(最終)話までB良かったよ

1つの案件を終えるたびにめきめき腕を上げていくヘギョンは、本採用を手にしました。
ただし、夫テジュンの援護もあったことがあとでわかり、後味悪いヘギョン。

家族を大事にしている、悪かったと謝るテジュンだが、
ヘギョンの思いを汲まず、自分を支え続けてくれと懇願する。
とうとう、昔部下だったダンとも肉体関係を持ったことがあったと分かってからは
テジュンのどんな言葉ももう信じられない状態に。

熱く思いを伝えるジュンウォンとの時間に、本来の自分が目を覚ますヘギョンは
テジュンとの離婚を決意し、ジュンウォンとの関係を築き始めました。

テジュンの裁判は無罪を勝ち取り、検事に戻ったテジュンは
不正の濡れ衣を払った正義のスター検事として国政への進出が期待されることに。
ただ、セックススキャンダルの汚名をカバーするためには妻ヘギョンは必須。

ジュンウォンとの関係を許せないテジュンは、
ジュンウォンが趣味の野球を通じて判事に便宜を図り賄賂を贈っていた容疑で捜査を始めました。
防戦に回る事務所MJと共に、夫のやり口に見事対抗して見せたヘギョン。
ジュンウォンと事務所を守り抜きました。

ただ、テジュンはジュンウォンの対判事贈賄容疑の陰で、クロの判事をあぶりだし、
ついでに宿敵だった次長チェ検事を再起不能にし、当初の目的は達成しており、
政治家としてクリーンで敏腕のイメージをゲットしました。

ただ夫婦としては復縁の見込みがもう決定的になくなりました。

けれど3か月後、ヘギョンは政治家として記者会見するテジュンのそばで妻として微笑みます。
ヘギョンも法曹界に復帰してわずかのうちにMJの主要をなす敏腕弁護士となり、
使える人脈はすべて利用し尽くすことを身に着けていました。

妻の顔を貸してやる代わりに、ヘギョンは大物テジュンの情報を利用しています。

2017.2.22
3話までBオリジナルと比べちゃうけど

オリジナルのアメリカドラマを見ている私は、本作のストーリーの入りや
映像の感じなどかなり似せてあるためにどうしても比べてしまうことに。
その点で見れば、ひょうひょうとした作りなのにスリリングだったオリジナルに
どうしても軍配を上げてしまうという結果に。

だけど、
3話まで見てきて徐々に韓国ドラマらしい雰囲気が出始めました。
司法上の設定や人物の感情面など、
韓国独自の要素が加わり展開してきたことで続きが見たい気持ちになっています。

さて、ヘギョンは司法試験を優秀な成績で突破し、同期の間では断トツ、
大手法律事務所MJの代表を務めるジュンウォンいわく、ヘギョンは天才。
そんな彼女は敏腕検事イ・テジュンと結婚し、
この15年間専業主婦として子育てをし、夫を支え続けてきた良妻。

そんなヘギョンに降ってきた夫のセックススキャンダルと収賄疑惑。
証拠とされる動画が流出、収賄疑惑で逮捕となり、
逃げも隠れもできない状況下で、ヘギョンは子どもたちのために
法律事務所での仕事を始めることになりました。
誘ってくれたのは大手弁護士事務所MJのパートナー弁護士ソ・ジュンウォン。

ジュンウォンは冷徹で独身貴族をおう歌しているようでいて、
ヘギョンを想い続けていた一途な面もももち、同時に彼女の能力を買っています。

6か月の試用期間後、同時にインターン採用されたイ・ウォングンと
ヘギョンのどちらを正式採用するかが決定されます。
裁判に出ても、イ・テジュンの妻ということで居心地がいいとは言えない中、
一つ一つ、案件を勝訴に導いています。
決して華々しい姿には描かれてはいないものの、着実なヘギョン。

そんなヘギョンは、夫が収賄疑惑での無罪を勝ち取るための裁判で協力をせざるを得ません。
夫が他の女性を抱いていたというしこりを抱えたヘギョンに
直接連絡を取ってきたのがスキャンダルの女性通称アンバー。

感情的になればなるほど許せないものの、
夫は何か危険な組織か者たちに罠に嵌められた可能性が否めないと思い始めました。
一方、ヘギョンと家族を守るため、非情な決断を次々と実行しているテジュン。

ヘギョンが自立を始めたこともあってちょっと危うくスリリングになって来そうです。