HOME韓国ドラマのあしあと2010年以前の作品リスト>花よりも美しく
ハマり度☆D家族愛を見事に凝縮
花よりも美しく
DVD-BOX 1


DVD-BOX 2
●2004年 韓国KBS 全30話
●演出:キム・チョルギュ  ●脚本:ノ・ヒギョン  
●出演:コ・ドゥシム(イ・ヨンジャ) 
ペ・ジョンオク(キム・ミオク) 
ハン・ゴウン(キム・ミス)
キム・フンス(キム・ジェス) 
キム・ミョンミン(チャン・インチョル) 他
●視聴:2008.8.2-8.29   BS4
●Story
ヨンジャはミオク、ミス、ジェスら子供たちを心から愛する純粋でかわいい母親。
しかし夫は8年前、娘ほどの若い女と一緒になるため家を出ており、
その女にできた息子を自分の戸籍に入れたところ。
長女のミオクは暴力を振るう夫と結婚1年目で別居、その後3年たって離婚が成立した。
次女のミスはバリバリのキャリアウーマン。
切れ者だが本心をつかみきれない投資会社社長と出会い、振り回される予感。
ジェスは3ヶ月の服役を終え、ふらふらしているが、ある目的がある。

彼らには兄がいたが、数年前仲間との喧嘩で後頭部を打ち帰らぬ人となっていた。
ジェスは今も兄の死んだ事件現場であるクラブの客引きとして働きながら、
有力者の息子ということで罪を償わず、海外へと去った主犯を待っているのだった。

親子愛、家族の軋轢を乗り越えて受け入れあう心
すべての母親に捧げられたのが良くわかる
ホームドラマと呼ぶにはあまりに深いテーマ性と卓越した脚本。
子供を思う愛、家族を思う愛。
相手にとって何が一番良いことなのかをわかっていながら葛藤する人間の心。
もう、色んなシーンで涙涙でした・・・。
でもラスト、私は痴呆のヨンジャさんと共に過ごすみんなのこれからの長い道のりを想像して、
泣くことはできませんでした・・・。

夫が若い女のところに子供を作って出て行ってしまっていることや
長男が事件(事故)に巻き込まれて早世しているという基本設定からして
ヨンジャさんは究極に辛い毎日なはず。
そこに降りかかるさらに心を締め付けるような事柄たち。
この30話の間には凝縮された、家族に起こりうる試練や幸せが描かれていました。

特に、兄の事件の直接の犯人が愛するインチョルだと知ったミスの苦悩と、
彼を許していても尚、兄を奪ったしこりを家族に残さないために別れを決意した辺りには参りました。
そこには家族への愛があるわけですよね。

どの役者さんもうまい人揃い!
それに、「愛の群像」を書いた脚本家のノ・ヒギョンさんの作品だということも大きな要因かな〜?
流れるようなストーリー展開と心に残るセリフの数々。

子を持ち、親とも暮らしている人には見過ごせない生き方のヒントに溢れていたことでしょう。
ヨンジャさんのように、人間らしく葛藤しながらも、
結局は誰かを幸せにする人になりたいと思わせられました。
性格や自我が邪魔してなかなか難しいですけれども(笑)




2008.8.29
30(最終)話までD痴呆症に向き合った家族の選択とは

母さんが痴呆症だとなかなか受け入れられない家族。
でもみんなの知らないうちに、この病気は進行していくんだそうですね、
でも精密検査の結果を受け入れることに。

家族で一番母さんを愛していると言っていたジェス。
本当に愛しているのだけれど、自分のことを認識できない母と
一日べったり過ごすことに疲れていたある日、
バスで居眠りしているうちに母さんは一人バスを降り、迷子に。
見つけたものの、家族のために食事を作り掃除をし無償で愛してくれた母の姿とは
あまりの違いようにミオクもミスも涙が止まらない。

ふさぐジェスに、痴呆の母親を先日見送った叔父さんは、
「恩を受けた分だけ返せずに逝かれたら後悔が残る。恩を返す機会をもらったと思うんだ。」と
答えに行き着いた人だけが知っている深い言葉をもらいました。

最終的に、ヨンミンが地方の講師職を受けたことで、
ミオクたちと療養所が近くある田舎に母さんを連れて引越し、
ミオクの魚屋はジェスに、そしてミスには生活費の援助を今までよりも上乗せしてもらうことで暮らすことに。
辛いことに耐え続けた母がしがらみというものから解き放たれる方法がこれだったのかもしれない。
そして、ヨンジャさんの病気がギクシャクしていた家族のとげを抜いたように見えました。

2008.8.19
27話までDミスの愛の深さに感動・・・

ミスはインチョルのアルバムから兄ジェシクと肩を並べた写真を見つける、
ジェスはインチョルが兄ジェシクの死んだクラブで、事件の当事者だったミヌ先輩と喧嘩した話を聞く。

それ自体は直接インチョルが犯人だったと決定付けるものじゃないけど、
それまでの会話やインチョルが過去に抱えた友人との別れ(死別)の内容が重なって二人は確信する。
辛すぎる時間。
ミスはそれでも彼がどんなにそのことで辛い日々をすごしてきたか、どんなに些細な幸せを求めているかを
良く理解しているから、家族に知られ反対されても一緒になる、海外へでも行くと言い切る。

ミオクはそれを知り、ミスの深い思いも知り、受け入れてくれた。
ただ、何も知らない母には決してその真実は言わないでおこうと約束する。

そんな折、子供たちの結婚に支障があってはと留まっていた離婚を夫は切り出した。
受け入れるヨンジャさん。でも、ヨンジャさんは少しずつ痴呆の兆候が現れているんだよーーー。
離婚届を出したその帰り、ヨンジャさんはとうとう、自分の家が分からなくなってしまったよ、・・・

2008.8.16
23話までDジェシク兄ちゃんの死がここで・・・(泣)

インチョルがバツ一だと知ってミスとの結婚に大反対していたミオクだけど、
ヨンミンのお父さんから、娘のミニを元夫に引渡し、身一つなら結婚を認めてやると言われ、
とても辛い経験をしました。
ヨンミンさんの頑張りもあって、結局はお父さんの理解も得られ結婚が決定しました。
そのことも一助となって、インチョルさんのことも賛成してくれました。

ミスが誰よりも大事な人となっているインチョルさん。ミスの家族に会うたびに幸せな思いに。
でも、ヨンミンさんミオク、ミスと一緒に楽しいお酒を飲み、
つぶれてしまった男二人がヨンジャさん宅に運ばれた翌朝、
インチョルは壁にかけられた家族写真をみて愕然とします。

そこにはインチョルが忘れられない今は亡き友達ジェシクが家族とともに写っていました。
ミスとの別れに悩むインチョル。インチョルの様子がおかしいと悩むミス。

結局は愛しているがゆえに真実を語れず、愛しているがゆえにどんなことも受け入れられると彼を許します。
この二人と、それを知ってしまうだろうヨンジャさん達家族の今後の展開が心配です・・・うう(泣)

2008.8.12
17話までD↑手術問題、ひどすぎるよぉ〜!

本当にひとでなし夫だよあの人は!(-"-) なんとヨンジャさんに腎臓移植を頼んできやがった!
愛人の命が危ない、幼い息子もいるからという理由は確かに夫側からしたらどうしようもない一大事だよ、
でもなんで本妻の、それも煮え湯ばっかり飲まされて耐えに耐えてるヨンジャさんに頼むのさーー!

辛さのあまり、家出してチャンさんに会いに行ったヨンジャさんの気持ちが痛いほど伝わりました。
でも移植を決意してしまったヨンジャさん!なんでーー!?
ヨンジャさんの悔しさも憎しみも全部ひっくるめても出てきた答えは腎臓をあげるということでした。

もうね、手術中にこのことを聞いたジェスやミオク、ミスのショックさがあまりに大きくて
私ももらい泣きですよ、ほんとに!

ミスの彼インチョルが離婚間近のバツ一だと知り反対したヨンジャさんだったけど、
術後、ミスの気持ちをとてもやさしく受け止めてくれました。理想の母だなぁ〜
でもうまくいけばいくほど、ヨンジャさん一家に濃いつながりができるほど、真実を知ったときのショックが・・・・

2008.8.9
12話までC問題同時進行です

家族一人ひとりにそれぞれ事情もあれば当然悲喜こもごもではありますが、
このドラマは丁寧に描いてあるねぇ〜、日常感がすばらしいです。

ミオクさんはヨンミンさんのお父さんに会いに行くことになりました。
でもミオクさんへの風当たりは強すぎて・・・
凹みにヘコんだミオクさんは、自分がバツ一だという引け目から、別れを切り出しちゃいました。
ヨンミンさんは家族から学費を工面してもらった恩があるせいで
家族の反対には強く出られないということがあったんだけど、
貯金して溜めたぶんから、兄弟に借りを返そうとしてますよ。ミオクさんもうちょっと耐えてて!

ミスとインチョルは友達以上の関係だけど、
まだインチョルの離婚が成立しきっていないこともあって、もう一歩大人の関係までは進んでません。
もちろんインチョルがバツ一となれば家族の反対もここで発生。
でもすごく信頼関係が築けていていい感じなんだよね〜
だからこそ兄ジェシクの事件が分かったときが怖い〜

ジェスもジニに気持ちは通じ、ジニもまんざらじゃなくなってきたね〜!
あと、お父さん側は内縁の奥さん(といってもヨンジャさんと離婚してないから愛人なんだけど)
の透析生活が始まりました。
費用がかさみ工面できる状態じゃないし、かといって手術代を出してもらったミスには頼めない・・・
とうとう、ヨンジャさんを呼び出したよ、うれしそうに出かけるヨンジャさん!
もうあの親父、ひとでなしーーー!

2008.8.8
8話までCヨンジャさん家族の人間関係も明らかに

浮気相手の女性と暮らしている夫ですが、その女の人は腎臓がかなり悪いようです。
ある日容態が悪化して入院・手術。
身寄りもない女性らしく、息子ジェゴンの面倒と術後の世話を頼んだ妹から断られ、
結局本妻のヨンジャさんにヘルプが・・・
でまた彼女はお世話しに行くんだよね・・・憎しみもあるのに・・・

そのヨンジャさんには兄と慕う男性チャンさんが木浦というところでお店をされているんだけど、
今は奥さんをなくされてます。
ヨンジャさんが夫に捨てられた時に、一度は一緒に行こうといってくれていた様です。優しい方でねぇ・・・(泣)

長姉ミオクさんはヨンミンさんとうまくいき始めてます。
離婚していることがいつも引け目になるミオクだけど、
ヨンミンさんの真直ぐさは本物です。それがちゃんと伝わってて安心ですね。

次姉ミスが不信感を抱いていたチャン・インチョル社長、彼は奥さんをすごく愛しているんだけど、
奥さんが彼の色んな部分を嫌っていてもう結婚生活は破綻してます。新しい恋人もいるし。
離婚届を送り付けられたりしてるのに、諦めなんてつきそうにないです。
でもミスはそんな社長を1人の女として好きになってしまっています。
でも、そのチャン社長が兄ジェシクを事故とはいえ殺害し、
罪を償いもせず海外へと去った張本人なんだよぉ〜
いつ発覚するのか・・・(汗)

末弟ジェスは本当にお母さんっ子だねぇ〜。
そんなジェスにも好きになった女の子ジニがいます。
ただ、ジニの親友ジェインがジェスのこと好きって言ってたしな。
ジニのお父さんは弁護士さん。双子の兄さんもいい大学に通ってるようです。
もし相愛となっても一筋縄ではいかなさそうですね〜〜。
一話一話情報量多いですこのドラマも!
ちょっとうるっとさせられ、イラッとさせられるキャラもありで盛り上がってます!

2008.8.4
4話までC第一話からストーリーが展開してる!号泣の予感!

「愛の群像」を書かれた、韓国重鎮の脚本家ノ・ヒギョンさんの作品はほびっと☆本作で2作目です。
が、第一話から、状況説明とストーリー展開が脚本上で同時に進行してます!
ヨンジャさんたちの生活をそこから切り取って見せ始められたような日常感にびっくりです!

しかも、第2話からすでにヨンジャさんの純粋さに泣かされてますーー(泣)

ミオクさんに思いを寄せる講師の先生とのエピソードや、
金持ちだけれど心に虚無感を抱いている既婚のチャン社長とミスの関係。
ジェスが出会った変な女ジスへの恋心。そしてチャン社長と今は亡きミオクたちの兄との関係などなど、
今後の展開がすごく気になります!

ヨンジャさんたち家族を捨てたお父さんは今でもヨンジャさんたちに関わり、
自分のことを棚にあげてヨンジャさんを縛っています。
おまけに、子供たちがそんな父を罵倒しようもんなら、ヨンジャさんのせいにします。
とうとう、家を出たのは気が利かない不美人なお前のせいだとも!
あまりのズレぶりに、娘たちと一緒にこっちも腹立たしい限りですよ、
こんなキャラクターをよくぞ描けたかと感心しきりです。
でもそんな夫を恨んでないんですよ、ヨンジャさんは!。゜(゚´Д`゚)゜。

で、亡き兄を演じているのが今旬の男カン・ジファンssiでした!
ミス役がハン・ゴウン姉さんなので、どうしても今視聴中の「京城スキャンダル」を彷彿としますね〜
ブレイクするまでカン・ジファンssiは亡き兄、とかヒロインの見合い相手(「夏の香り」)とか
ヒロインがあこがれるお医者さん(「ラストダンスは私と一緒に」)みたいな
ちょっと素敵な思い出になる感じの役が多かったみたいですね(笑)

脱線したけど、いやいや、このドラマは何か号泣の予感がします!