HOME韓国ドラマのあしあと2010年以前の作品リスト>思いっきりハイキック!
DVD60話版視聴で☆C楽しいよ
DVD-BOX 1

BOX2   BOX3   BOX4
日本版DVDはBOX4まで
(60話分抽出収録)
での発売だそうです。
●2006-07年 韓国MBC  全167話   30分シットコム
●演出:キム・ビョンウク/キム・チャンドン他   
●脚本:ソン・ジェジョン/イ・ヨンチョル他
●出演:イ・スンジェ(イ・スンジェ) ナ・ムニ(ナ・ムニ) 
チョン・ジュナ(イ・ジュナ)
パク・ヘミ(パク・ヘミ) 
チェ・ミニョン(イ・ミニョン) 
シンジ(シンジ)
キム・ヘソン(イ・ミノ) チョン・イル(イ・ユノ) 他

●視聴:2009.10.6-2010.1.30日本版DVD全60話を視聴
      2013.3.23-   
Gyaoにて1話から再視聴していたけどちょっと中断
●Story
イ家は漢方医のおじいさんスンジェを筆頭にその妻ムニおばあさん、長男のジュナと妻ヘミ、
その子ども達つまりスンジェの孫ミノとユノの6人家族。
スンジェの運営する漢方院は医者としても優秀で経営手腕もハイレベルな嫁ヘミの独壇場。
ユノとミノは仲が悪く、やんちゃな弟ユノのせいで優等生の兄ミノは迷惑気味。
スンジェの次男ミニョンは突然赤ん坊ジュンを預けてロシアに留学すると言い出した妻シンジと離婚したばかり。
ドタバタ気味ながら、各自のキャラクターとすれ違いが笑いを誘うシットコム。
レビュー
1-10話  11-20  21-30  31-40  41-50  51-60  61-74  75-99


ごめん〜、一緒に見ていた息子も中学生になり部活や学習で忙しくなった上に、好みも変化、
DVD60話版をみた小3の頃とは状況が変わっちゃいました。
私もいろいろ時間に制約があるのでここでちょっと中断します。視聴のタイミングってあるから^^  
好きなドラマなんで続き見ることがあるかも!

2013.6.24
99話までBそうなったんだ〜

正直なところ、DVD版の最終近くは74話までの面白エピソードを詰め込んであったみたいで
かなりの面白さだったんだけど、
実際のオリジナル版を見てみると、ストーリーに特別関係のないエピソードもあってやや失速気味^^;
とはいえ各キャラクターの個性がくっきり際立ちはじめているのでちょっとした中だるみかな?

あのあとミンジョン先生とミニョン先生、別れちゃったんだ〜そうだったのか〜
ミンジョン先生の親が、付き合っている彼がバツイチ子持ちだと知ってミニョンに別れてくれと直接連絡したみたい。
何も知らず別れを告げられたミンジョン先生辛いところです・・・。

そのせいもあり、ちょっと暗いムードが失速ムードに感じるのかも。
またヘミさんとミニョンの確執がさらに深まって、報復攻勢へと進んでます。コワ〜〜

ミノたちは一学年進級して、担任は同じくミンジョン先生。
ただユミの担任がミニョン先生に。
美人を生かした甘えんぼお色気作戦が通じないミニョン先生にまともに睨まれたユミ。
本当の年齢や「実はスパイなの」な〜んていう告白にも全く動じないから
ユミ、人生で何度目かのピンチか?!^^

2013.6.3
オリジナル版74話までB知ってるエピもありで

オリジナルの第74話は3年前にみた日本DVD版の最終第60話のエピでした。
ヘミさんのデキるっぷりや、ムニさんのジタバタぶり、
ユミに振り回されるミノとボムや、ミンジョン先生とうまくいきそうなのにいろいろあるミニョンさん
それぞれのキャラクターがどんどんストーリー性を帯びてきたような感じです。

どんな風に展開するのかな〜

ボムがそんなにユミのこと好きになってきていたとは、なんだか忘れていただけなのかな私^^;



2010.1.30
DVD版最終話の60話までCもう終わりかぁ〜

妻ムニさんの扱いがぞんざいなおじいちゃんだけど実は大事に思っているところとか
定職がなくて、食い意地が張っててどこでもおならをしちゃうみっともない夫だけど
ヘミさんは愛しているんだとか
ミニョン叔父さんはソ先生を大事に思ってるんだとか、
そういう優しさや絆の感じさせるエピソードも盛り込まれてます。

ただ、60話収録されている日本版DVDはなんの最終回らしいものもなくエンディング。
もうちょっと見ていたいと思ったまま・・・、残念〜!

でも面白いわー☆
なんで日本版DVDは60話分しか収録してないのかなー?
167話だと本数多くなりすぎて売れないとかいう判断があったのかな??
このおもしろさなら、CSの有料放送契約して全部見たいと思わせられたわ!

60話分、といったのは、1から60話までが収録されているのではなくて、
一定のエピソードが繋がっているところは連続しているけど、それ以外は収録話を選んであるんですよね?

オリジナルが167話だから、残りの107話に、ユミの家族の謎や
ソ先生とミニョン叔父さんの恋の結末や、ユノの魅力が満載だったのかなぁなんて思うとすごく残念です。
はぁ〜もっと見たいわ。

現在「明日に向かってハイキック!」という、イ・スンジェさん続投で
監督・脚本が再度作成しているシットコムが本国で放送中。
人気シリーズになるんじゃなかろうか!

2009.12.5
50話までCエピソードは尽きないね〜!

みんなキャラクターに馴染んじゃって、もう見てるこっちも家族の一員にさせてもらってる感覚です!
ミニョン叔父さんとソ先生は、もしかしたらゴールインするのかなー!?
いい雰囲気になってます!

ユミの一家が突然何者かに追われるように町を去ったんだけど、ユミ父は情報部の人と面識あるみたい!
警察の追っ手からも守られ、別の怪しい奴らからも保護されてるからね〜。
ただ、日本版DVDは60話に収録が絞られているので、もしかしたらその辺の謎は明かされないのかも。
でもユミは実は20歳!ボムは知ってるけど、ミノはこのこと、まだ知らないよ〜!

ユノは相変わらずの優しいやんちゃ君ですが、最近モテモードです!分からんでもないがね〜(笑)
でもユノ的には、好きな女の子はどうもいない様子、でも叔父さんのことで泣くソ先生は無視できないのよ。
いい子や〜

1話に2エピソードがうまく盛り込まれていて毎回飽きさせませんよ〜

2009.11.28
40話までCユノ人気出たのわかるわぁ〜

ここ最近のエピソード、ユノのキャラクターが確立してきたみたいで、
ユノ役のチョン・イル君が「〜ハイキック」でブレイクしたというのもうなづけます。

ちょうど叔父さんミニョンとミノ・ユノの担任ミンジョン先生が付き合いだして、
二人の一進一退の恋模様に不本意ながらも一役も二役もかってます。
末っ子で、うちではおバカキャラだけど思いやりがあって、
学校では多少やんちゃながらカリスマもあるという魅力!
でも女性問題がないよね〜ユノ!

さて、家族の面々は相変わらず小市民なノリでトラブルに遭ったりモメたりしてますが、
メチャメチャ笑わせてもらっております(爆)

2009.10.28
30話までC毎日楽しいわ〜

DVD版は20巻に60話収録されているのがでてますが、早くも半分まで見てきました。
各キャラクターにはユニークなキャラ設定がされてます。
例えばおばあちゃんムニさんとその長男のジュナは、怪力&大食い!
大食い大会では負けなし!というツワモノ。 
この大食いネタがデフォルメされたエピソードがいくつもあるんだけど、面白いわぁー。

このドラマの面白さは「家族ネタ」に尽きるんだけども、楽しいネタ全部紹介はできないので、
今回は、「ハイキックの恋模様」にスポットを当てましょう。

1組目は高校生のミノとユミちゃんの二人。 
ミノは学年トップの成績で人の良いところがユミに気に入られてます。
ユミはすごーく可愛いんだよねー。だからユミにベタぼれのミノ。ちょっと振り回され気味かな!
ちなみに弟ユノは身長も高くて腕っ節も強く、バイクに乗り回してるワルな二枚目、
でもユミ同様お勉強全くダメ、そこもカワイイ。
ユノってモテるんだけど、ユノが好きだと思える子には出逢えてないねー。

2組目は、ミノとユノの叔父さんミニョンさんと、元妻のシンジ。
二人の間にはジュンという0歳の赤ちゃんもいるし、ミニョンはまだシンジをちょっと思ってるんだけど、
シンジは気持ちが音楽の仕事へと向いてて復縁はなさそう・・・ジュンへの愛も深いかどうか・・・。

そこでミニョンの同僚で、ミノとユノの担任をしているシンジの親友ミンジョンさんが登場。
ミンジョンさんはミニョンのこと好きなんだよね〜。とってもドジドジなんだけど、憎めないキャラです。
一途なミンジョン先生の気持ちを知って、ちょっとミニョンも「いい人だ」と思い始めてますよー!


2009.10.23
20話までC絶妙だね〜

韓国で放送されたシットコムの中で俄然この「ハイキック」が人気あったというの分かるー面白いもんね。
確かに絶妙なんだよね〜脚本もだけど、キャラクターが(笑)

今日ちょこっとBS11デジタルで放送中の吹替え版を見てみたけど、ちがうんだなー
スンジェさんにしろムニさんにしろ、特にヘミさんたちの台詞回しのニュアンスが違うんだよーー!
そしてコメディアンであるチョン・ジュナさん演じるパパジュナなんかは、
やっぱりプロのコメディアンだからね〜〜
まそれは選択の幅としてアリとしておきましょう。

さて、さまざまなキャラクターの軋轢で起こるエピソードに笑わせてもらいながらみてますが、
今回は、ムニさんのお友達ケソンさんの「行方不明事件!」にスポットを当ててみます。

ミノの恋するユミが越してきた家の二階には大家さんであるケソンさんが住んでいたんだけど行方不明。
ユミの家に行ったら挙動不審のユミ父が血と思しき染みを消してて、
ユミはユミで誰も家に入れたがらず・・・。
床に開いた穴からみえる何か、それは人・・・。
ドタバタのイ家からミノ・ユノ・ジュナが忍び込んでは確認しようとする顛末もなんだか笑えるんだけど、
とうとう床下から山間に遺体を移したということで、ユミ父は殺人遺棄容疑で逮捕されちゃった。

でもムニさんはケソンさんに会っちゃった!釜山にいる双子の妹のふりしてたよ〜
そう、事の真相はすべてケソンさんにあり!過失とはいえ死なせちゃって
ユミ家族のために張り替えてた床下に隠しちゃったの。
で、ユミは父が殺人を犯したと思い、ユミ父はユミが過ちを犯したと思い込んで
自分が身代わりになろうとしていたようです。
いやぁ、サスペンスだったよ〜
でも全てのテイストはイ家の面々がそれに関わるリアクションとキャラクターの絶妙な笑いツボに直結ですよー!

他にもミノとユノの叔父さんミニョンと別れたぶっとび妻シンジとの微妙な関係も笑わせてもらってます。

2009.10.16
10話までC気軽に見られる楽しいドラマ〜

韓シットコム(シチュエーションコメディ)は初めてなんですよー。
米シットコムは「奥様は魔女」なんかで子どもの頃見てたし、何せ、関西の人間なんで、
毎週よしもと新喜劇をTVでみていたから、笑いが入るのもさほど抵抗なく見ております(笑)

イ家の各人がはっきりしたキャラクターの持ち主でとても楽しいですね〜

エピソードの中身としては、仲の悪いミノ・ユノ兄弟の牽制の具合とか
しっかり者で気質はさっぱりした大黒柱なデキル嫁ヘミと、程よくゆるキャラなお姑さんムニとの摩擦。
大食い力持ちの母子(ムニ&ジュナ)の超仲良しさんや
作曲の勉強がしたいと離婚しちゃったミニョン&シンジ元夫婦の猟奇的ドタバタなどなど
申し訳ないけどレビューに書き出すときりがないので書かない面白エピソードが毎回!

ナンセンスで人情もあり、大げさな展開だけど、みなさんうまいので(特にベテラン勢)が気に入ってます。
この家族の序列一番上にくるおじいさんはあのイ・スンジェさん!
時代劇でも現代劇でも、全く差異なく見事に演じる幅広さ! お見事です!

この「思いっきりハイキック」は、次世代スターの宝庫だということで見る予定にしてたんですが、
確かに初々しい〜。演技ももうちょっと!ってところが却って良いね〜
それもこれも、そういうキャラクター設定にしてある事と、ベテランの皆さんの技術に支えられてるから!
こんな方々のなかで鍛えられるから新人さんもちゃんと花開けるんだろうね〜