HOME韓国ドラマのあしあと2010年以前の作品リスト>明日に向かってハイキック!
ハマり度☆B楽しんだわ
DVD-BOX 1 /BOX 2
    BOX 3 /BOX 4
    BOX 5  /BOX 6
OST
●2009-10年 韓国MBC  全126話
●演出:キム・ビョンウク キム・ヨンギ他  
●脚本:イ・ヨンチョル イ・ソジョン他
●出演:
イ・スンジェ(イ・スンジェ) 
オ・ヒョンギョン(イ・ヒョンギョン) チョン・ボソク(ボソク)
チェ・ダニエル(イ・ジフン) ユン・シユン(チョン・ジュニョク) 
チン・ジヒ(チョン・ヘリ)
●視聴:2010.12.21-2011.3.27  
●Story
食品会社を経営するスンジェは、給食を卸している高校の教頭ジャオクさんと密かに付き合っている。
この高校の教師をしているスンジェの娘ヒョンギョンは2人があやしいと睨んでいる。
ヒョンギョンの夫ボソクは恐妻家の婿養子さんで気弱な性格のため家族の最下層。
ヒョンギョンの長男ジュニョクは家庭教師を2年もつけてもらっていながら成績上がらず。

一方、父の借金で夜逃げし山奥で数年密かに暮らしていたシネたちは、
道に迷った学生を助けたために山を追われソウルに。父と離れ離れになり、姉セギョンとシネはホームレスに・・・。
レビュー
1-8話  9-16  17-24  25-34  35-42  43-52  53-62
63-72  73-82  
83-92  93-102  103-118  119-126完

この後人気上昇したの納得!
若手キャストたちの魅力が溢れてたわ
楽しく毎日見てきました。
特に終わりの方はジフン・ジョンウム・ジュニョク・セギョンの恋エピソードが動いてきて楽しんだわ。

だけど半コメディのシットコムであのラストが待っているとは思いもよらず・・。
ってそんな悲劇的なラスト。意外すぎてしばらく止まったわ。
でもセギョンのキャラはもとからシリアス系だったからね〜 

このドラマは、コメディネタがある割には爆笑させてくれるキャラクターもいなくて、
ふつうにホームドラマを楽しんでる感じで見てきました。
そして一番印象に残っているのはあのヘリとシネの子役たち!本当にお見事でした!

さて・・・なんか終わってみるとあのラストが妙に引っかかるというか、納得いくようないかないような・・・
でもアリなような・・・
まぁドラマだから、それもアリだわね(笑)

個人的にはあのメガネのジフン役チェ・ダニエルがお気に入りでした^^



2011.3.27
126(最終)話までBえ!?そうなの?そういうラストか〜

ジャオクさんと無事結婚したスンジェさん。
ここに来てボソクさんが会社の経営方針なんかで良いアイデアを出してくるようになり、意外や意外、
来年にはボソクさんを社長にしてスンジェさんは退陣するとな。

ジョンウムは自分が働かなければ両親すら困るということで必死の毎日。
恋愛している余裕すらなく、自分がジフンといることで癒されるどころか
卑屈になってしまう自分に気付き別れてしまったよ。
詳しい事情は知らないまま、ジョンウムと別れた生活を受け入れようと頑張るジフン。

そしてセギョンのお父さんから連絡があり一緒に暮らす事に。だけどそれはタヒチ。移住するんだ。
一緒に大学に行こうと恋心を受験勉強のモチベーションにしていたほどのジュニョクには晴天の霹靂、悲しいね〜

旅立つその日、イ家のみんなと別れをするため大好きなジフンに挨拶に言ったセギョン。
お父さんとシネの待つ空港までジフンに送ってもらう車中でやっと告白もできて幸せなセギョン。

そして3年後、ジュニョクとジョンウムはあの日事故に遭って逝ったジフンとセギョンを偲んでいた・・・。

2011.3.20
118話までBいよいよクライマックスに向かうかな?

シットコムらしい、ちょっと笑えるエピソードももちろんあるんだけど、
ドジネタ担当のボソクさんって私には笑えなくてむしろ苦痛・・・。
だってあのキャラはイライラして苦手なの〜ToT

だから、ラブラインがもっと充実したらな〜なんて思っていたところ、
卒業がらみでジョンウムがソウル大じゃなくて三流のソウン大生だったことが明るみになり
ジュニョクの家庭教師をクビになってからジフンとの距離がさらに縮まってきたように見える。

セギョンもジョンウムとジフンが付き合っていることを知っちゃって辛い時期はあったけど
もう乗り越えて大検の準備中。
ジュニョクもセギョンに対する思いを隠せないから、セギョンだってうすうすは気付いてるね。
スンジェさんとジャオクさんはとうとう結婚だし、あと二組の恋がどうなるか・・・

ジョンウムのお父さんは破産しちゃったようで、ジョンウムはバイトをしながら必死に就職先をさがしてます。
恋愛どころじゃないジョンウム、ジフンに別れを告げていたけど、一体どうする??

2011.3.4
102話までBその恋心丸見え^^

付き合いだしたら、忙しいジフンとのすれ違いに胸が苦しいジョンウム。もう彼無しではいられないね〜
そしてジュニョクも、大学進学がこの後待っているから頑張るべきところなんだけど、
セギョンを思うと会いたくなっちゃうんだね。

それぞれの思いはもう全く隠せてないから、ジフンも結婚の文字がおぼろげに浮かんでくるかも。
一方でセギョンに片思いのジュニョクはまだ何者にもなれていないし、
そしてセギョンもお手伝いのまま大人になるつもりもないはずで、
ほのかなジュニョクの初恋の行方が気になるわ。

あのヘリも、ヒドイ扱いをする割にはシネのこと気にしてる。
もしセギョンがお父さんと住むなど家政婦をやめることになったらきっとすご〜く寂しがるかもね。
一つ屋根の下に暮らしたら情は確実に移るよ(笑)

2011.2.26
92話までC恋話が楽しいわ〜

今、ジフン&ジョンウム、スンジェ&ジャオクのカップルの進展具合を見ながら、
ジフンに片思いのセギョン、セギョンに片思いのジュニョクのもどかしくも切ない恋模様を応援しているところ!

自分に自信のないジョンウムはどうしてもジフンに引け目を感じていて、
つまらない方法で思いを確かめたりする。
馬鹿みたいなんだけど、そんなジョンウムを理解してなお君以外好きじゃないと態度に示すジフンの株↑!
それにあのコート姿!少女漫画で書いたみたいにスタイルの良いよね〜背も手足も長くてさ!
で、あのメガネが良いんだよ〜、メガネ無しの役だったら萌えるかどうか(爆)個人的な好みでごめんよ。

一方ジュニョクのセギョンに寄せる思いはキュンとくるよね〜
なのにセギョンはマジでジフンのこと好きなの。
生真面目な性格だけに、ジョンウムとジフンが付き合っていること知ったら一体どうなるのか、
怖いような、でも引っ張らずに早く教えてあげて欲しい気もするわ。

2011.2.19

82話までBラブラインが充実してきた

恋人になろうとかなってとか、そういうのがないまま自然と付き合いだしたジフンとジョンウム。
すごく優しくて思いやりがあるジフンだけど、女性にどう接する方がいいかなんて全く分かってないだけに、
ジョンウムでなければきっと付き合えないかも。
といってもジフンはジョンウムの分かりやすいところが好きみたいね〜

すでにジフンへ片思い中のセギョンちゃん。意外と本気で好きだったみたい。
でもシネちゃんから、「お姉ちゃんを一番気にかけてくれているのはジュニョクオッパなのに、
なんでジフンさんにだけお礼のマフラー編んだの?」なんて指摘されてたわ。

親友のセホはジュニョクがセギョンさんのことを好きなことに気付きましたよ〜
嫉妬に燃える姿は、スンジェさんは置いといて、ジュニョクがかなりかわいいんよね〜(爆)

2011.2.13
72話までBちょいと大人なジフン〜

って充分大人な色気ありのジフンと素直でお茶目だけどセクシーとは程遠いジョンウムの関係大発展!
キスしたよ!キス!
このシットコムで割と情熱的なキスシーンを見るとは思ってなかったからね=ジフンのキスがああなんだな〜
ま、その後顔を合わせ辛くて避けるジョンウムにくすっとはしたけど。

でもジフンからもらったマフラーを大事にしてるセギョンはこのこと知らないでいて欲しいわー
一方でセギョンのことを思ってるジュニョクの淡い恋心は、奥手なセギョンに分かるはずもなく、切ないね〜

時々「思いっきり〜」のキャストの方がカメオ出演されるんだけど、最近はキム・ボム君が出ましたね〜
花美男のオーラが漂っていたよ〜(爆)

2011.2.5
62話までBお?ちょっと甘酸っぱいか^^

ジュニョクがセギョンのこと好きなのがはっきりしたわ〜初恋のムードかな
清純でなおかつグラマーなセギョン。でもセギョンはもしかしたらジフンのことを想っているかも??

このジフンはジョンウムが面白くて仕方ないみたい。
からかえば間違いなく反応してくるジョンウム。見守ったり突き放してみてはちょっとしたバックアップをする。
偶然にも初雪の降った日一緒にいましたね〜
年齢的にも合うし、性格は全く違うからないものを補える良い相性かもね〜もっと展開して〜!

他の方々のエピソードもそこそこ面白いけどもまあまあってとこかな(笑)

2011.1.29
52話までB恋模様には発展しないな〜

シネとセギョン、お父さんに会えたね〜!はぁ〜良かった^^

さて、おならネタやダメダメボソクさんのエピソードはもうおなかいっぱいなので
もうちょっとセギョンやジフン、ジュニョクの恋模様なんかを発展させて欲しいものです。


というのも、ジフンがやけに優しいからセギョンちゃんが少しジフンを意識しちゃってる姿がすごく微笑ましいのよ。
だけどジフンはジョンウムにもさりげなく優しいでしょ?意味があるのかないのか、
あの笑顔がやけにイイ男風味なので気になるわ〜

それにジュニョクがセギョンを見る目! ちょっとした憧れなのか何なのか、
そろそろラブラインに力を入れて欲しいわ〜〜(爆)

2011.1.22
42話までBジフンの株が上がってきたかも

セギョン姉ちゃんとジョンウム家庭教師の2人の天然キャラが良い味出してきてるんだけど、
この2人と縁のあるのがジフンさん。
医者で偏屈で融通が全く利かない感じの人だったと思うんだけど、
最近は良く笑う良識ある暖かいキャラになってきてる。
ジュニョクが暖かい目で2人のお姉さんたちを見守ってるし、この辺のエピソードは良いよなかなか。

ただ、婿さんのボソクさんが情けなくも哀れ過ぎてイマイチ笑えないのよ。
それにヒョンギョンさんもスンジェさんも揃ってキツすぎるというか・・・。
教頭先生の天然キャラもちょっと鬱陶しくなってきたから、
そろそろジフンさんたちのラブエピソードなんかへとシフトしちゃってくれたらなぁ〜なんて思ってます。 
が、これってホームコメディだしな〜(笑)

2011.1.18
34話までBコメディだけどお笑い色は薄し

どうしても「思いっきり〜」と比べちゃうんだけど、さすがにこっちはドラマ的なホームコメディだね。
子役のヘリちゃんの意地悪キャラにもどんどん磨きがかかってきたよ!
振り回されるシネちゃんも上手いんだけど、キャラの濃さではおいしいところもっていかれてるかもなーー

相変わらずスンジェさんと教頭先生の恋は家族に受け入れられず、その攻防もネタになるわけ。
家族にほぼ相手にされていないともいえる婿のボソクさんがそのルックスで日本人女性にウケ、
会社に貢献するというヨン様パロディも。っていうか、ボソクさんてもともと日本人だよね?
違った?逆説的なネタですよね〜

でこのドラマでヒロインと呼べるのはセギョン姉ちゃんだね!
ジフンにも彼女の真面目で天然な様子が可愛く見えてるみたいだし、
ジュニョクには彼女に憧れの混じった好意もあるみたい。

2011.1.7
24話までBキャラがはっきりしてきた

各キャラクターの特徴というか性格をより掘り下げるようなエピソードが続きました。
イ家は総じて強気な性格の人がひしめいてますが、
中でもヒョンギョンさんの長女ヘリはほんとに性格ワル〜〜
自分が優しくない!ということを完全に自覚しつつ他人にきつく当たるんだもん、
同い年のシネちゃんには地獄やね・・・。
ま、成績も全く振るわず、お金持ちの家の子ってだけがとりえなので今後も笑って見守るわ(笑)

それにしても、ここにきてすんごく良い人になってきたジフン!
頭が良いだけの変わり者かと思ってたら、オモオモ、誰よりも人間味あふれるじゃぁありませんか!
それと回を増すごとに魅力が出てきたジュニョク。
この2人とシネのお姉ちゃんセギョンと家庭教師ジョンウムさんとの関係が始まりそうな予感だよ!

2011.1.3
16話までBそんな過去が〜

ジャオクさんとの交際を隠し切れなくなったよハラボジ〜!
3年前に奥さんがガンで亡くなっているんだけど、
そのときには秘書との不倫を誤解されたままだったみたいよ。
まぁ、スンジェさんのジャオクさんへの本気度合いは垣間見えるから娘のヒョンギョンさんも諦めそうね〜

で家族最下層に位置するヒョンギョンの夫ボソクさんは食品会社の副社長をしてるけどもうダメダメで・・・。
ヒョンギョンとの結婚秘話によると、超有名なプロ野球選手に大学生の頃に三球三振を取ったほどの投手!
だけど肩を壊して二度と野球はできなくなっちゃったみたいよ〜、
でも経営陣に属するにはちょっとおバカすぎるかも・・・。

ジュニョクの成績が一向に上がらないからお母さんは家庭教師を変えたわ。
だけどソウル大ならぬソウン大のジョンウムお姉さんが雇われたよ!
彼女の天然キャラはイ家に負けてないかも!

セギョンとシネちゃんもジュリアンに助けられた後、イ家で住み込みの家政婦として雇ってもらえたよ!
だけど、ジュニョクの妹ヘリのわがままや独占欲の強さで苦労続き・・・・セギョン姉ちゃん頑張る!

2010.12.26
8話までBこのドタバタ感、いいね〜〜!

姉妹(?)ドラマ「思いっきりハイキック」を楽しくみたので今回の「明日〜」も期待大!
数話見てキャラクターの関係や背景が見えてきて、ドタバタぶりを楽しめるようになってきましたよ〜。

まぁ、家族の濃さはさすがにコメディアンやミュージカル女優がいた「思いっきり〜」よりは地味な感じだけど
時代劇に出る豪華な面々がシリアスにコメディをこなしているからそれはそれでにじみ出る面白さもあるわ(笑)

「善徳女王」のチヌン大帝イ・スンジェさんと、主役トンマンの姉の娘時代をしていたチョンミョン王女
シン・セギョンちゃんを見てると
ハラボジ!と呼ぶ姿に感慨深いものが・・・、な〜んて言ってこっちじゃチヌン大帝も
おなら癖の色気親父だもん〜爆
「テジョヨン」で悲運の武将イヘゴだったチョン・ボソクさんに至っては悲運の婿養子・・・。
頼りないもんな〜

さて、キャラぶりに笑わされるものの、ピンチとそれを隠そうとする後手後手のエピソードや
誤解と勘違いの巧妙な連続で笑わされるエピソード、
そしてどん底で悲しい思いをする姉妹のエピソードや
彼女を助ける素敵な人たち(ジュリアンだけか)のエピソードなど
これからどう絡むのか分からない面白さ未知数の人たちも期待できそうね!