ドラマほびっと☆
HOME韓国ドラマのあしあと>イケメンラーメン店
イケメン ラーメン店 ハマり度☆Aぼちぼち面白く見た
DVD-BOX 1

DVD-BOX 2
OST
●2011年 韓国tvN  全16話
●演出:チョン・ジョンファ   
●脚本:ユン・ナンジュン ●原作:ペク・ミョ
●出演:
チョン・イル(チャ・チス) 
イ・チョンア(ヤン・ウンビ) イ・ギウ(チェ・ガンヒョク)
パク・ミヌ(キム・パウル) チョ・ユヌ(ウ・ヒョヌ) 
ホス(ユン・ソイ)
●視聴:2013.3.25-4.25 BS-TBS
●Story
教員資格を取ろうと必死なのになかなか結果が出せないウンビ。
除隊を一途に待ち望んでいた彼氏は知らぬ間に別の子と付き合っていて捨てられた。
教育実習でなんとしてでも好成績を取り人生挽回したいウンビの前途を妨げたのは
実習先の高校のオーナーのどら息子チス。
一時は年上かと勘違いして好条件の彼に付き合ってとまで言ってしまった彼は高校生。
持ち前のルックスと愛嬌、父の金以外は何のとりえもない薄情なチスに振り回されて
精神崩壊寸前のウンビだが、そんなドタバタの最中、高校前でラーメン店を営む父が急死してしまう。
悲しむウンビを慰めようと寄り添っていたのは「夫」と名乗るガンヒョクだった。
レビュー
1-4話  5-8  9-12  13-16 
キャラクターの愛らしさが本作の魅力
お約束のハッピーエンドで安心感あり
胸キュンのラブコメを期待していたんだけど、私にはちょっと物足りなかったかな^^
でもどのキャラクターも愛らしいから微笑ましくて、
結局ヒロインたちのハッピーエンドを見届けたくて最後まで見ました。

チス君とウンビ先生は年の差もあり、全くタイプ違いの組み合わせ。
おまけにチス君は財閥の御曹司とはいえ、庶民感覚がないうえに恋愛感情すら知らないがために
ウンビのことが好きだと気づくまで時間がかかるんですよね〜

そんなツンデレで天然キャラのチスを演じたのがチョン・イル君。
「思いっきりハイキック」でブレイクしてもう主役を演じるまでになったんですね〜
チスの天然で真っ直ぐなところを愛らしく演じていますよ。

ヒロインのウンビ役は映画「オオカミの誘惑」でチョ・ハンソンとカン・ドンウォンと共演したイ・チョンア。
3枚目風の飾らないキャラクターを今回も好感度を維持しながら演じています。

キスしそうでしない距離や一緒のふとんで寝ちゃうシーンとかドキドキの演出を多用してあるんだけど、
そのためか却って幼い印象のラブコメになっていて、
大人にはちょっと胸キュン出来るドラマではなかったのかも^^
チスとガンヒョクの出生の秘密もほんのスパイス程度だったし。

憎らしい悪キャラも出てこないし、最後はちゃんとハッピーエンドもやってくるので
気軽にその恋模様を楽しめば良い、可愛いドラマでした。



2013.4.25
16(最終)話までA幸せになってね

チスの母は日本で愛する男性と結婚しガンヒョクをもうけたんだけど、両親の反対にあって別れ、
そのあと韓国でチャソンの会長に見初められて結婚しチスが生まれた。
けれど、チスの母は日本にいる愛する夫と子どもを思い続け、
不治の病に罹って日本に行きそのまま亡くなったそうです。
母の愛を受けられなかったチスも気の毒だけど、
母が韓国へと去ってから早々に父を亡くしていたガンヒョクは孤独な子で、
その母とも再会したときはもう心の準備が必要な病状にあり、恋しい母を看取ったガンヒョク。

やっぱりチスのことが好きなんだと分ったウンビ。
けれどチスの父は釣り合わない結婚がどれだけ互いに不幸であるか
身をもって感じていただけにその仲を反対。
父の時とは事情が違うんだけど、2人がそれでも一緒になるというならそれなりの覚悟が出来ていいかも。
ということで、互いを思って別れようとしたけど無理で、
最後それぞれの覚悟を持って愛し合うことを決意した2人。

条件で結婚を決めていたウンビの親友もありのままを愛していくれていたコーチと結ばれ、
バウルだけを愛しているけどバウルの嫉妬を買うような行動を平気でとる
不思議なユリとバウルの関係も続きそうだしね。

入隊でしばらくは引き離されたチスとウンビだけど、2人の気持ちはもう固そうです。

2013.4.23
12話までA引っぱったね〜

キャラクターたちが愛らしくても、チスがウンビへの恋心を認めるまでが長かったな〜^^;
本当にチスは天然だったらしく、誰かを好きだという気持ちを今まで知らなかったし
それにまつわる感情の揺れを知識としても持ち合わせていなかったようです。

ウンビに関連する事には気持ちが高ぶったり、ガンヒョクと親密そうにしていれば胸かきむしられる。
それが恋で、嫉妬だとチスが理解するまでウンビはまたまた振り回されちゃいました。

結婚を意識する年頃のウンビにしてみれば、
いつ冷めるとも知れない若いチスの恋慕を簡単に受け入れることはできない。
しかも、息子の行動からウンビに特別な感情を抱いていると察知したチスの父からは
チスが傷つかないうちにウンビのほうでうまく終わらせて欲しいとまで頼まれた。

チスのお母さんは亡くなっているみたいだけど、チス父の話では実に庶民的で温かい女性だったみたい。
ただ奥さんは、代々セレブで会長職を務めるチス父の元を去ってしまい、その後亡くなったみたいで
チスが母に似た雰囲気を持つウンビを愛してしまう事を恐れている節があります。

さてそのチスのお母さんにはチスより12歳年上の息子がいました。
それはガンヒョク。
どういった経緯でこうなったのかはこれから語られるみたいだけど、
母からはチスを頼まれ、ウンビのオヤジさんからはウンビを頼むと言い残されたガンヒョク、
2人を幸せにすることがゴールなのだとしたら、2人が両思いなら尚更応援する事になりそうです。

2013.4.18
8話までBイル君の愛らしさが良いわ〜

複雑なストーリー展開のないこのドラマ、キャラクターの愛らしさだけで見られる気楽な感じです^^

さて、ウンビは教師への道が閉ざされてしまい、父も亡くした後、
店や家、そして娘ウンビを、ウンビの知らないガンヒョクに譲るとの遺言があることが分ってショック。

けどこのガンヒョクはとんでもない癒し系。
ウンビを大事にしてくれるし、オヤジさんの残したラーメン店を継いでくれるし、
何よりトラブルをさらりと回避する能力あるね。
ただ、どこでも寝てしまうガンヒョク。何か重い病気じゃないと良いけど・・・。

ガンヒョクはウンビを店で働かせる事に成功し、
おまけに店の「売り」となるルックスの良い若い男子3人をバイトで雇ってます。
しかも店の備品を弁償する必要もあるのでバイト代は格安でスタートしてるはず^^
という事で、店の名前を「イケメンラーメン店」と改め、爆発的に繁盛していますよ〜^^
ラーメンの味も良いみたいだし。

で、御曹司のチャ・チスもバイトに通っています。それもウンビに会いたいがために・・・。
それを恋だと認めたくなくて、ウンビに会えば気持ちが落ち着くから彼女は薬なんだということにしてます。
惹かれるときは外見や第三者からの印象なんて無関係だけど、
最初ウンビをバカにしていた経緯もあってかプライドが邪魔してる感じ。

ウンビを裏切って捨てた元彼のジェホがまた気楽なウンビとヨリを戻そうとしてきて
さすがにウンビをバカにしたジェホが許せないチス。
ウンビを守ろうと必死になってしまう気持ちに気づいたチス

、ようやくつまらないプライドは不必要だとも気づいたかな〜

2013.3.25
4話までB軽いタッチがいいね〜

気分的に軽めのがいいな〜と思って録り溜めていた本作、ぼちぼち見るつもりで視聴開始。
期待通り、ツンデレ御曹司が見れそうですな^^
チョン・イル君が小憎らしくも愛らしいキャラクターに仕上げていますよ。

さて、怖いものなしのチスに振り回され、今年こそはと意気込んでいた教育実習先もクビに・・・。
それもこれもチスの傍若無人を見捨て置けないウンビの「道理」を重んじる正義を抑えられないため。
出会ってすぐの頃はチスの無茶な対人処理方法が理解できなくて
誤解したりときめいたりもしていたんだけどね。

単に「道理」をわきまえていない子どもだと分かってからウンビは、
きかん坊を叱るみたいにチスを突き放すように。
父親から、怪我しないように、心が傷つかないようにと先回りしながら守られてきたチスは
世間の「道理」を学ぶ必要がなかったようで、ウンビの言動に面食らっています。

それにウンビが妻だという男性がいて、一体ウンビの何なのか、本当に夫なのか混乱気味。
ウンビのお父さんはラーメン店を営んでいて、世間では手が付けられないような不良たちも招き入れて
ラーメンを食べさせてやるような気概のある優しいオヤジさんだったんだけど、
そのオヤジさんが入院すると同時に日本から呼んだのが長身で癒し系のイケメン、ガンヒョクさん。
恐らくオヤジさんが決めた許婚のような関係かも。
ラーメンも作れそうだし、跡継ぎにという事かな。