ドラマほびっと☆
HOME韓国ドラマのあしあと>いとしのソヨン
いとしのソヨン ハマり度☆C良かったわ〜
コンプリートスリムBOX
(期間限定版)
●2012-13年 韓国KBS  全50話  (原題:私の娘ソヨン)
●演出:ユ・ヒョンギ   ●脚本:ソ・ヒョンギョン
●出演:
イ・ボヨン(イ・ソヨン)  
イ・サンユン(カン・ウジェ)  
チョン・ホジン(イ・サムジェ)  
パク・ヘジン(イ・サンウ) 
パク・チョンア(カン・ミギョン) 
チェ・ユニョン(チェ・ホジョン)
●視聴:2013.8.23-2014.3.20  KBS-W
●Story
借金の上にまた新たな借金を重ねる父に、働きづめだった母は倒れ亡くなった。
母の稼ぎだけでは足りず、きついが割の良いアルバイトで自分の法学部の学費と
双子の弟サンウの医大の学費を工面していたソヨンだったが、
最終学期を残してソヨンは休学せざるを得ない窮地に。
見兼ねた先輩が相場の倍で募集しているという家庭教師のバイトを紹介してくれたが、
生徒は何人もの家庭教師にさじを投げられた金持ちの息子ソンジェ。
ソンジェの兄ウジェは、バイクを乗り逃げされ被害届けを出しているが、
それは母の危篤を聞いて我を忘れて空港に向かったソヨンが犯人なのだが・・・・。
レビュー
1-5話  6-10  11-15  16-20  
21-25
26-30  
31-35  36-40  41-45  46-50完
不器用な愛ですれ違った父と娘の和解への道のりを
練られた展開で暖かく描く
ソ・ヒョンギョンさんの脚本はいつも練られていて好きなんですが、
今回は50話と長編だった分だけ、
誰かの気づきが誰かを理解するための実体験となるように

じっくりと紡いであり、その緻密さがとても良かったです。

キャラクターの心の変化に沿って見ている私たちが納得できるんですよね〜。
しかも、細かなエピソードがラスト間際ですべてが互いを理解し合うための大事な鍵となっていました。

最初からずっとヒロインは苦悩と憎しみと後悔を抱え続け、
一時たりとも安らぎや手放しの幸せを満喫しないため、
ラストの穏やかな表情が本当に胸を打ちました。
このヒロイン、並外れて勉強ができ忍耐強くて責任感が強いんです。
そうじゃなかったらここまでの事態にはならなかったんですよね。
そんな不器用な娘をずっとずっと心配し愛し続けていたお父さんの思いに彼女は気づきました。

立場によって、相手を思いやるがゆえにいくつもの秘密を抱え、
ドラマだからこそ、全ての秘密を最後は明かしつつキャラクターたちがそれを知って涙し
それを見て私も涙する。
とってもシリアスな設定ではあったけれど、とてもハートフルなホームドラマです。
主人公を取り巻く家族の面々も個性豊か。

おススメのドラマです☆


2014.3.20
50話でD穏やかで幸せなエンディング

ジソンさんは親友ガンスンさんの家に転がり込み居候。
会社を辞めて夢だった俳優業を歩むために家を出たミンソクさんのことが恋しいガンスンさんと、
ジソンさんに離婚を突き付けられたギボムさんは、
夫婦関係において相手を尊重する大事さにやっと気づきました。

引っ越しの荷物を解いていたソヨンは、自分の結婚式に雇った出席代理人の中に
イ・サムジェという名があるとヨニから言われ、
調査した結果それがお父さん本人だったと知りました。
結婚当初から自分の嘘を知ったうえでずっと知らぬふりを続け見守り続けてくれていた父。
サンウの結婚式の家族写真の撮影を、隠れて覗き見たあの寂しさとリンクし、
申し訳なさと後悔と、いろんなものがこみ上げる。

お父さんが借金を重ねる前は幸せだった日々が確かにあった。
あんなに愛されていたことを思いだす余裕もないほどに憎んでいた父と和解できる日がやってきた。

でもお父さんはウジェを事故から救ったあの日、内臓に損傷を受けており、
その後遺症がここ最近の度重なるストレスで悪化し倒れた。
別れを覚悟するほどの状態からかろうじて目覚めた父に、素直に感謝が伝えられたソヨン。

ホジョンから事の詳細を聞き、息子の命の恩人にお礼が言えないのは後悔が残るんじゃと思ったガンスンさんは親友ジソンさんと夫ギボムさんにソヨンの父のことを話しました。
ギボムさんはもう一度結婚式をさせようではないかとサムジェさんに提案、
双方が家族親類揃って祝いお披露目し、記念に残る結婚式を挙行した。

自分を偽ることも無く、父との確執も消え、何よりも自分の気持ちに素直になれるようになったソヨン。
ウジェとともに、今度こそ温かい家庭を築くことができそう。
2年後、ソヨンはかわいい女の子をもうけ、サンウとホジョンはおめでたの兆し。

ウジェの妹ミギョンは、医者を目指すきっかけとなった医者がホジョンの腹違いのお兄さんギョンホだったと知り
彼の導きと励ましを受けて医者としての道をまい進中。
ソンジェも、俳優よりもマネージング力の方が優れていることに気づきその道を進んでいます。
自分の夢と適正の中を進み、そして家族にそれぞれの方法で還元できる方法が生まれる。

ラストはお父さんが手塩をかけて作り上げたロッキングチェアで娘ソラを抱いて夕日の中揺れるソヨンの姿。
チェアの背には愛する娘ソヨンへと彫られたメッセージが。
両親にもこれまで生きてきた歴史があり、そこには様々なストーリーがある。

2014.3.18
45話までC秘密は出しきれたか

事務所独立に奔走し、自分のために時間を使ってみるなど今まで出来なかった経験もしてみたソヨン。
ウジェは、ソヨンのこと、自分のこれまでの言動についてを振り返り離婚を受け入れました。
それがソヨンの心の平安につながると理解してのこと。
ただ、離婚してもソヨンとの関係を終わらせる気はなく、折に触れて会いに来ます。
でもソヨンは罪悪感からウジェを遠ざけようとします。
そんな時に、ソヨンはミギョンが涙ながらに振られた恋人というのがサンウだったと気づき
弟の人生すらダメにしてしまったとショックを受けました。

でもサンウからは、不可能な道を選ばなかっただけで今はホジョンと幸せだと言われ、
また、嘘に巻き込まれこんなに苦悩しながらも今もソヨンを心配するウジェの気持ちを
もっと考えろと叱られたソヨン。

一方、サンウが自分へ向けてくれる思いやりが、”仕方なく義務”でなされていると誤解して落ち込むホジョン。
スタート地点が相思相愛ではなかったとはいえ、サンウを愛しているから傷つきもする。
待ち合わせに来ないホジョンの電話に変な男が出て慌てるサンウ。
ちゃんと気持ちを言ってあげて。

ウジェのお母さんジソンさんが詐欺師に騙されて騒ぎに。
習い事で通っていた音楽院でよく会うマジシャンに親切にされて信用していたジソンさんは
破れたシャツを縫ってほしいと言われてホテルの一室に連れて行かれたところを
マジシャンの妻という女に踏み込まれて姦通罪疑惑に。
ソヨンが計画的な詐欺であると見抜いて、
会社に恨みを持つ系列会社の社長が黒幕だ突き止め落着したけど、妻を疑い責め続けたお父さんを本気で見限り離婚を宣言したジソンさん。

どんなに強気に出ようとも、外に子供を作っていたお父さんはジソンさんを責める資格がない。
ジソンさんを大事にしてこなかったツケがここにきて大炸裂です。

2014.3.13
40話までCそしてソヨンの秘密が・・・

ソヨンが務める弁護士事務所に、ウジェと結婚まで願っていたソヌがいることを知って驚いたジソンさんは
ウジェとソヨンの不仲の原因がソヌの横恋慕だと勘違い。
一方的に責められたソヌはソヨンが家族を捨てて結婚していたことを話してしまいました。

自ら全てを明かす予定だったソヨンよりも先に舅姑に問い詰められて
ソヨンは即座にそれを認め、謝罪して家を出ました。

このことをジソンさん→ホジョン母→ホジョンへと伝わり、
それを聞いたサムジェさんは慌ててソヨンに会いに行きました。
別居直後にサムジェさんが義父であることを知っていたとウジェから聞いていたソヨンは父を責めます。
婿の会社に就職したからすべてが台無しになったと・・・。

でも今回これが明るみになった直接の原因はサンウとミギョンの一件。
偶然とはいえ、バレるしかないところまで来ていたのをソヨンは知らない。

ソヨンの結婚をダメにしてしまったと自分を責めたサムジェさんは
ソヨンがなぜ父を捨てるに至ったか、その悲しくつらく追い詰められた境遇をウジェに伝えました。
お父さんはウジェが良かれと思って周りを動かそうとする行動パターンが
時に自己中心的である事にも言及しています。
確かに結婚は無理だと二の足を踏み続けていたソヨンに対して強引に外堀を埋めたのは自分。
彼女を追い詰めたことにも気づきました。

でもソヨンはもうソヌの事務所を辞め、独立して事務所を構える準備を着々と進めています。
会いに来たウジェに対してサンウは、姉はもうウジェのもとには戻らないと断言します。
嫁ぎ先を裏切ったという罪は現実問題として永遠に消えることはなく、
本当のことを言えないままいつか終わる結婚生活を覚悟して暮らした3年間は
ソヨンにとっての幸せではなかったから。

ホジョンはお母さんの話からウジェと離婚しそうなお嫁さんがサンウの姉だったと気づきました。
姉のためにミギョンと別れたサンウ。こうなった以上サンウがミギョンとよりを戻すはずと考え
離婚を言い出されるのではないかと怯えてます。
そんなのどだい無い話だけど、ホジョンの不安もわからないでもない。
こんないい子を絶望のどん底に突き落とすサンウじゃないよ。安心させてあげて〜。

2014.3.11
35話までC大事件発覚!

ソヨンが嘘をつき通そうとする事が許せないウジェはソヨンを避けてきたけれど、
ソヨンが自分に黙って避妊薬を飲んでいたことを知って裏切りと失望が極まり、離婚を切り出した。
言い訳は一切させてもらえず、このまま離婚を覚悟するしかないソヨン。

しかし、カン家に眠っていた重大な真実が明るみになって、家がひっくり返るほどの騒ぎに。
それは末っ子ソンジェの出生の秘密。
ソンジェは21年前にカン家の玄関に捨てられていた捨て子。
愛らしさと、愛おしさで瞬く間に愛情を感じた妻ジソンさんは夫を説き伏せてこの子を育ててきた。
しかし、今になって、夫の秘書だったユン理事の筆跡と、
赤ん坊のソンジェに添えられていた手紙の筆跡が一致することにジソンさんが気づいた。

ソヨンの助けを借りて調べを進め、最後は産みの母ユン理事から実父の名を聞き出した。
それは夫カン・ギボム。本人も酒のせいで全く覚えがないという悲しい経緯でできていたソンジェ。
ジソンさんは夫の裏切りと、夫の不倫の子を愛し育ててきた屈辱、
そしてその女が20年近くも自分たちのそばでこの光景を見ていたことに怒りと絶望と悲しみで半狂乱。

罪のないソンジェだけど、裏切りの証である自分が愛する母を苦しめていることに心痛め、家出。
結局はソンジェを受け入れてくれそうなジソンさんでした。

この一連の経緯を目の当たりにして、ソヨンは裏切りというものが
裏切られた人たちも、そして裏切っている人も傷つけ、決して救われないと実感しました。

そこへ、ミギョンが言った「ソヨンとウジェが結婚したせいでサンウと別れるしかなかった」
という言葉の真意を知りたくてソヨンの出身高校を探ったのはウジェに未練があるソヌ。
父親もいて、サンウという双子の弟がいるのに孤児だと偽って結婚したソヨンに
黙っていてやるからカン家を出ろとソヌは脅迫。

でもソヨンは決意していました。
ソンジェの件が落ち着いたら、自ら真実を明かして家を出ること。それは離婚も含めて・・・。

ただ、ソンジェのことで心を痛めるジソンさんを誰よりも気遣っていたソヨンを見て、
ウジェのソヨンへの失望と怒りが少し変化し始めています。ま、ひと波乱は避けられないけども。

2014.3.10
30話までC秘密がみんなを傷つける

別れない納得いかないとすがりつくミギョンを諦めさせたいサンウ。
サンウに別れを思い直してもらいたくて兄ウジェに説得を頼んでも、サンウはウジェを避ける有様。
ミギョンは孤児だと嘘をついたことでサムジェさんに結婚を反対されたのだと勘違いして
サムジェさんに謝りに来そうな勢いにまで。
サンウはカン家とほんの僅かでも関わればソヨンに影響が出ることを心配して、
お父さんにも伏せ続けるつもりでした。

ミギョンを諦めさせるには別の女性と結婚するしかなく、
一生自分を愛し続けると言ってくれたホジョンにプロポーズ。
ミギョンとの経緯をすべて知っているホジョンに対して残酷とは思うけれど、
サンウはホジョンをずっと大事にしていく覚悟。
早々に両親に挨拶もし、ホジョンの両親の了解まで得ました。

ソヨンの家族について調べていたウジェは、
海外に行ったと聞いていた弟がミギョンを振ったサンウだと知りました。
ミギョンの兄がウィナーズの後継者だとすぐに気付いたというサンウが
姉のためにミギョンを振ったことに気づき、またソヨンに怒りがわくウジェ。

ウジェはソヨンが3年前に父と弟を捨てたこと、それを自分に隠し続けていることが許せない。
ソヨンが打ち明ける素振りもないことがウジェの気持ちを頑なにし、ソヨンにつらく当たるように・・・。
夫婦関係を壊したくなくて言えなかった秘密を、今ウジェを失いそうで告白しようと思ったソヨン。
でも、ウジェはソヨンにきちんと向き合ってくれなくなっていて・・・。

ミギョンはそれでもあきらめきれなくてサンウの家に一人上がり込み、
サムジェさんのアルバムをみて義姉ソヨンがサンウの双子の姉弟だと知り愕然。
義姉が兄や家族を騙して結婚したことも、
そしてそのせいで愛するサンウとの結婚が無くなったことがショックで気持ちの整理がつかない。

ただ、サンウがなぜこうまでして姉の結婚を守ろうとしているのかを切々と聞いて
苦労しつづけた姉弟がただ守りあえる方法が身を切るような犠牲を払いあう事しかないとも知りました。
とりあえずはソヨンの秘密は胸にしまうと約束してくれたミギョン。
でも、ウジェはすべてを知ってそれとなくサムジェさんとの関わりは絶たないようにしています。

ホジョンとサンウの結婚式は挙行され、
ウジェに自分の代理で参列してくれと言われたソヨンはサンウの結婚を知りました。
家族写真に入れないソヨン。弟の結婚を祝えない寂しさは胸を刺してます・・・。

2014.3.9
25話までB恐れていたことが・・・

ウジェの口利きで駐車場の仕事をしているサムジェさんは
ソヨンのためにも早くこの関係を断ち切ろうと仕事を辞めました。

ただ、どうもいろんなことが腑に落ちないウジェはとうとう”ユ・マノ”さんのことを調べるうちに
それが近所のスーパーの店主の名前を借りていたイ・サムジェさんだと知りました。
しかもその情報はソヨンとつながった。信じられなくて最後は区役所に。
そこには間違いなくソヨンの父サムジェさんは生存となっていて・・・。

ソヨンのつき通した嘘と、そうするソヨンの思いを図りかねつつも、
この重大な秘密をソヨンに追及してしまって起こる展開を想像するのも恐ろしい。
もやもやするウジェ。

ウジェが父の存在を知ってしまったとはまだ知らないソヨン。ウジェの様子がおかしいことに不安を感じてます。

一方、ミギョンが姉の夫ウジェの妹だと知って別れを決意したサンウ。
しかも、ソヨンのことはすっかり整理していると思っていたお父さんが、
ずっとソヨンの幸せを願っていたと知ったサンウは、揺れていた思いを断ち切りました。

財閥の娘とは結婚できないししたくないと言い切るサンウをあきらめられないミギョン。
別れを決意するサンウのつらさが痛いほどわかるホジョンは
サンウを諦めてミギョンとの仲を応援し始めた矢先の展開に心を痛めています。

2013.10.3
20話までBサンウ・・・まるで運命のいたずらのよう

縁を切られたとはいえ、離れているからサンウとお父さんのことが気がかりなソヨン。
お父さんの誕生日に印をつけていたソヨンのスケジュールを見て気を利かせたウジェが法事を準備していて
生きているお父さんを死人扱いした自分への自責の念がショックを引き起こし倒れてしまう程。

ウジェの妹ミギョンの縁談を用意した姑。その相手はサンウの勤務する病院長の息子さん。
接点が出来てしまう事で、夫家族に偽った真実が明るみに出るのを恐れるソヨンは
あつかましすぎる上に了承してもらえるはずもないと分っていても
サンウに病院を移れないかと頼んでみてしまう。

ただ、結婚準備に入っていたサンウはミギョンが姉の嫁いだウジェの妹だと知りました。
大企業のオーナーの娘としてではなく一人の女の子としてみてもらいたくて
自分は孤児なんだと吹聴していた時にサンウと出会ったミギョン。
家のことが知れてサンウの態度が一変してしまい、自分のついた嘘の重さに後悔ばかり。
でも、サンウにとってはそれ以上にソヨンの存在がこの結婚が不可能となる理由なんだよね・・・。

ソヨンは職場で再会した同郷の事務員ヨニとギクシャクしてしまい、
ソラに報酬UPで引き止められたヨニから事務所を移る話をホゴにされてしまいました。
ダメな父親、借金地獄、そんな過去も隠しておきたいソヨン、
でもソラがいるからいつかは明るみになるよね・・・。

2013.9.17
15話までB秘密が近づく

お父さんはソヨンがアメリカではなく、大きな会社の御曹司と結婚したことを自ら知りました。
ショックだっただろうけど、ソヨンの思いを知っていたお父さんはソヨンの幸せだけを願っていました。

そして3年。
ソヨンは社会的地位の高い判事としてカン家の誇りともいえる嫁になっています。
ただもともと弱者のために働きたくて司法の道を選んだソヨンは弁護士に転身します。
ソヨンと出会うまでウジェと結婚するつもりでいたソラの画策で彼女と同じ事務所に。
その事務所には昔ソヨンが高校中退を決めたある理由に関係する
ヨニという同級生が事務をしています。
ソヨンの家族関係を知る人がいるだけでリスクが高まりました。

陰でソヨンの幸せを見守っていたお父さんはある日悪夢をみてソヨンの家近くまで行ったところ
事故に遭いそうになった娘婿ウジェを命がけで助けました。
この縁でウジェは、怪我で解雇されたお父さんを会社の駐車係として雇用し感謝の気持ちを表しました。
断りきれないお父さんは次が決まるまでの間だけと偽名”ユ・マノ”として働いてますが
副社長夫人のソヨンとはニアミス必至だね・・・。

留学中3年間サンウを思い続けたホジョンは
大好きなサンウが、ミギョンと結婚まで考えるほどの仲だと知って大ショック。
でもセレブであるミギョンの結婚が本人の自由になるはずも、
おまけに貧しい男との結婚にGOが出るはずもない。
サンウを傷つけないために、先にミギョンの両親の許可を得てからサンウに素性を明かすよう
ミギョンに直談判したホジョン。
もし先に両親が知ったなら両親からサンウがどんな扱いを受けるか怖いほど予測できるもんね・・・。
ただこの関係はソヨンとサンウが絶交中の双子であるという隠れた大問題も孕んでいるし・・・。

カン家の末っ子ソンジェは経営学よりも演劇講座に熱心に通ってます。
ソンジェを必要以上に思いいれ深く見つめているのはお父さんの秘書の人。
この人ソンジェの実母だったりする?

2013.9.10
10話までB結局傷つけあってしまった・・・

ソヨンを愛し、結婚も決意しているウジェ。
でもウジェの申し出をはっきり断るソヨン。
なのにウジェがソヨンと結婚したいと両親に話して騒ぎに。
ウジェは、ソヨンとの結婚で一番大きな問題である両親の了解を得るため、
父の望みである会社を継ぐ事を交換条件にして結婚を取り付けました。

それでもウジェを拒絶したソヨン。
後悔はしないと決めていたけれどアメリカへと旅立ったウジェの姿を思い出して、
大切な人を失ってしまった悲しさの大きさを知りました。

でも格差結婚の行く末がどんなものか、聡明なソヨンは十分に理解もしていたし、何より
ウジェの両親に父の職業を聞かれ、
父を恥ずかしいと思っているソヨンはいないと言ってしまっていました。

手放した愛にまだ心を囚われているソヨンに、アメリカから舞い戻り
暖かい手を差し伸べるウジェをみてソヨンは初めて頼れる人を失いたくないと思ってしまったんですね。
父には「いつ戻るか分らないアメリカ留学をする」と嘘をついてそのまま縁を切るつもりです。
でも「父を捨てる」ソヨンの嘘には絶対に付き合うことは出来ない弟のサンウとも
縁が切れることに・・・。

お父さんは家族のために「大金を稼ぐ」事にこだわって
、なけなしの金を商売やギャンブルで失ってきた人。
そのなけなしの金をきっちりと家に入れていれば家族がどれだけ助かったのかを
今さらながらに実感し後悔しています。

でもソヨンの父に対する怒りは深かった・・・。父のせいでウジェを諦めたくなくて、孤児として結婚。
でも、「代理人アルバイト」で結婚式の招待客役で派遣されたお父さんが見たのはソヨンの花嫁姿。
このことでお父さんとの確執がプラマイゼロになれば良いんだけど・・・。

2013.8.25
5話までB人生を変える出会い

頭脳明晰で将来の目標がありながら学費に苦労するソヨンとサンウ双子の姉弟。
それもこれも商売が失敗したり騙されたり、挙句一攫千金を狙ったギャンブルで失敗するなど
お金に対して脇が甘いお父さんが作る借金のせい。

働きづめで苦労ばかり、最期は心臓病を患いながらその治療すらせずにお母さんが亡くなった今、
心を入れ替えた父を信じられるはずもなく心を閉ざしたソヨンは
紹介された2倍もの報酬を出すというカン家で、勉強する気全く無しのわがままソンジェの家庭教師に。

今も人生のどん底ソヨンにとって、ソンジェがいくら抵抗しようとこの仕事を手放せるはずもない。
ソンジェが何に興味を持っているのかを察知しながら付き合うソヨンは
無愛想だけど、よく相手を見ているんだよね。
ソンジェはそんなソヨンを信頼してくれています。

ただ、ソンジェのお兄さんウジェとは「バイク」の件でとんでもない関係に。
ソヨンがチェジュ島のお母さんの危篤を聞いて一刻を争って空港に向かったとき、
我を忘れて鍵のついたままだったオートバイに乗って行ってしまったんですが、それがウジェのバイク。
しかもソヨンは空港前に乗り捨てていったわけで、いくらなんでも持ち主としては許せそうもない。

ソヨンが乗り逃げ犯だと分ったウジェは誤解して逆上したんだけど、
常に筋を通し忍耐と目下の努力を欠かさず、弟のソンジェを見捨てないソヨンの様子を見ていて
その事情がまさに親の死だったと知りました。

ジンセンというレディースアパレル会社を経営する父と、
”長男なのに後を継がないと言った”ことから関係がかなりこじれてしまっているウジェ。
渡米して映画関係の仕事につきたいと強行突破するつもりだったのだけれど、
心はいつもソヨンのところに行ってしまうと気づいちゃった。
渡米はキャンセル。ラブロマンスが始まるんだろうか?
いやいや司法試験合格が大事な目標であるソヨンは恋愛どころじゃないよ?

さて、研修医をしているソヨンの弟サンウの同僚にウジェの妹ミギョンがいます。
あと、ウジェのことが好きになってしまい夜も眠れないホジョンはウジェのお父さんの下で働く理事の娘。
無能呼ばわりされているホジョンのお父さん、確かにちょっと頼りないか〜?