ドラマほびっと☆
HOME韓国ドラマのあしあと>仮面
仮面 ハマり度☆Cマクチャンを堪能
DVD-BOX 1

DVD-BOX 2
●2015年 韓国SBS  全20話
●演出:ブ・ソンチョル
●脚本:チェ・ホチョル
●出演:チュ・ジフン(チェ・ミヌ) スエ(ウナ/ジスク) 
ヨン・ジョンフン(ソクフン) ユ・イニョン
●視聴:2017.3.21-4.21  VOD
●Story
悪徳金融から借りた父親の借金が膨れ上がり、
デパート販売員の給料ではもう返せる目処もたたなくなったジスク。
ジスクは、脳死状態となった瓜二つの女性に成り代わってくれれば損はないと
大財閥の長女婿ソクフンから契約を持ち掛けられた。
断ることは不可能という状況に追い込まれたジスクは財閥御曹司の婚約者ウナとして生きることに・・・。
レビュー
1-2話 3-4  5-8  9-12  13-16  17-20完
復讐計画に取り込まれ別人に成り代わったヒロイン
サスペンスとロマンスのマクチャンドラマ
評判通り、最初っからかっ飛ばしたマクチャン(展開が無茶なところのある)ドラマでした。

まさにジェットコースター的な展開で、
ともすればあり得ない〜と思ってしまうような感じなんですが、
キャスト陣が良い感じで演じてくれていたのが私の好みポイントでした。

ひ〜さしぶりのチュ・ジフン。
「宮」のシン君にドハマった記憶が脳内に残っているのか、どこか魅力的。
実際、どんなにイケてなさ気なキャラでも魅力的に演じることができるんでしょうね。
純粋で芯の強いヒロインを想いつつ戸惑う初々しい距離感がステキでした。

スエさんも「海神」の時の印象がすごく良くて今でも薄幸なムードを纏う好きな女優さん。
激動の物語の中で自分を主張するところとしないところのバランスが素晴らしい
絶妙な演技を見せてもらえました。

愛し合う純粋な主人公二人に対し、
何も企まなければ幸せになれたはずなのに「復讐」に燃えたせいですべてを台無しにする
悪役「ソクフン」をこれまた好きなヨン・ジョンフンさんが熱演していました。

彼を心底愛した妻役を幸せになれない二番手役の多いユ・イニョンさんが好演。

最後まで楽しんで見ました。
ちなみに、本作はチソン主演の「秘密」の脚本家さんによる作品。
無茶ともいえる設定を力技で見せ切ってもらえた、そんな印象でした。


2017.4.21
20(最終)話までB貫かれたマクチャンぶり

やはり愛し合っている二人は離婚にたどり着けませんでした。
堂々と愛し合うためにも、ソ・ウナという女性を弔うしかなく、
ジスクはソクフンにウナのすべてを託す代わりに、
新たな身分を用意し、ウナを死んだことにできる策を共に決行することを依頼しました。

だけど、危険因子であるジスクをこの際葬ってしまおうとしたソクフン。
ミヌに罪をなすりつけることを忘れませんでした。
けれどここで動いたのはミヨン。
ソクフンにこれ以上人殺しの罪を重ねてほしくなかった彼女はウナを救出。

救出され収容された病院から逃走したジスクは、殺人の濡れ衣を着せられたものの
ジスクの生存を信じて探しに来たミヌと再会し、
今後の最善の策を熟考しました。

ミヌはソクフンに記者会見で罪を認める代わりに精神病を患っていることにしてほしいと求め、
その場でジスクは自分が亡くなったソ・ウナに成り代わっていた罪を告白しました。
ウナが亡くなった経緯も、ミヨンに命令されて彼女に薬を盛ったとメイドが証言。
ウナの身代わりの作戦はすべてソクフンによる計略だったとも明かされ、
罪を免れるには逃亡だけ、という状態に。

ソクフンを最後まで愛したミヨンは、これ以上罪を重ねさせないという目的を達成し、
プライドの高い彼を高飛びさせる準備をしてこの世を自ら去りました。

すべてをかけて挑んだ復讐が失敗に終わりすべてを失ったソクフンは
唯一自分が手にしていた最も貴重なものがミヨンの愛だったと気づきました。
牢獄の中で、彼女に会いたいソクフンは命を絶つしかありません。

4年後、服役を済ましミヌや愛する父と弟のもとに戻ってきたジスク。
ミヌはSJグループとは距離を置きジスクと結婚。可愛い娘を得て幸せな人生を歩み始めました。

2017.4.19
16話までC愛するためには

ウナはすでに死んでおり、ミヌの妻はウナを名乗るジスク。
夫の心は今でも死んだウナを想っていると気づいているミヨンは
ミヌにこの事実を知らしめました。

互いを愛していると認め始めたウナは、今こそ真実をミヌに語ろうとしました。
けれど、ミヨンの方が一歩早く、ミヌはこの事実を受け入れるのに時間がかかりました。

ソクフンのたくらみはジスクが妨害を始めたことで焦りが混じりはじめ、
ミヨンがウナをプールに突き落とし助けなかった映像を会長に送り、
世間にばらされたくなければすぐに自分の持ち株をミヌに移せ
と匿名で脅迫しています。

ジスクがウナとソクフンの過去の関係を明らかにしてまで妨害したものの、
二重に準備し遂行するソクフンの計画は順調に進んでいます。

ミヌに持ち株が移されたと分かればミヌに死んでもらえば
その遺産はウナに行く。
そのウナに渡った莫大な株を手にすることになるソクフン。
ジスクはミヌの命を守るために全力を尽くし、
最終手段として、ミヌとの離婚を決行しました。

離婚調停に入り4週間。
ジスクがどれほど自分を愛しているかわかっているミヌは
ジスクという女性を愛していると確信しました。

事故に見せかけて会長やジスク、血を分けた弟まで
その手にかけようとしたソクフンの姿を目の当たりにしてしまったミヨン。
彼女のソクフンへの愛は、次、どういった行動で示されるんでしょう。

2017.4.17
12話までC道を決めたジスク

ウナがジスクだと気づいた学生時代の同級生ジョンテ。
家業の大手建設会社に便宜を図ってもらおうとSJのミヌに取り入ろうと
していた矢先の事でした。
なかなかのゲス野郎で、女を食い物にするのは日常茶飯事。
当然、相手にしてくれないミヌよりも話の分かるソクフンと手を組もうとしました。
ウナの正体を知っていることがソクフンを刺激するとは知らずに。
当然、ジョンテは口封じのためにソクフンに殺害されました。

ジスクの弟ジヒョクがジョンテ殺しの犯人にされそうになり、
ソクフンの圧力に屈するどころか、
このままソクフンの言いなりになっていてはダメだと確信したジスク。

一方で、ミヌが苦しみ続けている精神疾患が、
ソクフンと手を組んだミヌの担当精神科医による幻覚剤投与によるものだと気づき、
また亡きウナの遺品となった日記などから
ソクフンはミヌを後継者から引きずり下ろすだけではなく、
場合によってはウナと組んで殺害まで企てていたと知りました。

優しいミヌを守り抜こうと決めたジスクは
以前仲間内から聞いたジョンテの悪癖をヒントに
ソクフンがジョンテを殺害したときの映像を入手、
ソクフンと互角の立場へと持ち込むことにしました。

ソクフンとウナの関係を知っていてもソクフンを心底愛している妻ミヨンは
念願の妊娠に心躍り、ソクフンへの疑念を無視し嘘を信じると決めています。
自分に子供ができたことで心境に大きな変化を感じたソクフンは
ウナへの未練を絶とうと決めたようですが、
ジスクのお墓に参ったソクフンを見て、初めてウナが死んでいたと知ったミヨン。

ウナに薬を盛り、プールに落ち溺れる彼女を見捨てたのは
嫉妬に駆られていたミヨンでした。人を死なせていたと知ってショックを受けてます。
赤ちゃん大丈夫かな?

ミヨンにもウナに成りすましているジスクの事がバレたよね?
ちょうど、ジスクもミヌを愛していると意思表示をし始めています。
夫婦として相思相愛となってきた二人には問題が待ち構えていそうです。

2017.4.11
8話までC楽しんでます

ほとんど国内にいない議員の両親をサラリとかわしミヌと結婚したジスク。
夫婦としての体面だけ維持する約束となっていたため、
ミヌは独特の生活ルールを崩さず、ジスクは翻弄されつつ対応しています。

貧しく決して幸せとは言えなかったとはいえ両親に愛されたジスク。
ごく自然に家族のもつ気遣いを垣間見せながら関わってくるウナに
心を開き始めたミヌは心因性の潔癖症もいつからか影を薄め、
ウナにはスキンシップもできるようになりました。

姉ではないかと半分確信をもって会いに来た弟ジヒョクを
ウナが言っていた愛する男だと勘違いし悲しいミヌ。
一方でウナが動転しながら母と呼び助けに行った女性がジヒョクの母だと知り
二人の関係が深いと知ってさらに悲しい。

けれど、ジスクは自分がウナではない、とミヌに打ち合けています。
すぐにソクフンが割って入り、うやむやになってしまっています。
ことあるごとにウナを連れ出すソクフンに嫉妬する妻ミヨンは
ソクフンとウナの不倫関係を以前から知っていたようです。

ウナを気にかけるようになったミヌにヒントを与えたミヨン。
ミヌはそれがウナとソクフンをつなぐものであるという答えにたどり着いています。
もしや愛する人というのは義兄か?と。

でも、ウナのプールでの事故を仕込んだのはミヌをさらに追い詰めようとした
ソクフンだったよね?
愛していたのはウナだけ?

2017.3.27
4話までCハマりそう〜

これは全話手元にあったら一気に見ちゃうでしょう。
なんかハマってきてます。
次週の展開次第ではU-NEXTの無料お試しなんか利用するかも、
って勢い(笑)

ジスクさん、ソクフンに脅されてウナの身代わりをするしかなくなりました。
ウナの遺体が発見され娘だと嘆き悲しむ両親に胸が痛いジスク。
両親の借金も、今後の面倒もちゃんと見るというソクフンを信じたものの、
やっぱり適当に口八丁を並べていたソクフン。

今でもSJグループを狙っているソクフンは、ミヌを後継者失格にしたいらしく、
ウナの事故もソクフンが仕組んでいたわ。
催眠療法で記憶を辿りたいミヌに架空の記憶を植え付けさせたりしてる。

結婚したミヌの方が信頼に足るとジスクは気づくことでしょう。

さて、ジスクには亡くなった姉ジウンがいたようです。
物心がついたころには山に子どもたちの名前を付けた樹木を植えて
姉を偲んでいたジスクの家族たち。
もしやウナがそうだったんでしょうかね?

2017.3.21
2話までC無茶な感はあるが勢いが良い

タイミングが合わず、見られなかった本作、
Gyaoで配信スタートしたので見始めました。
しょっぱなから無茶な展開とは感じたんだけど、でも惹かれるものがあります。
週一の更新に遅れずについていけそうです。

久しぶりのチュ・ジフン。
役の幅も広がっているみたいで、トラウマを発端とした精神疾患を抱えている
財閥御曹司を演じています。

SJ財閥の御曹司ミヌは母を水難事故で失い事故の経緯から自分を責めていますが、
後継者として父からのプレッシャーは容赦なくかかります。
有力議員の娘ウナとの政略結婚の準備が進む中、
ウナはほかに愛する人がいるとミヌに告白、
それでも結婚はビジネスと割り切っています。

そんなウナ、ミヌの邸宅のテラスで何者かによって薬を盛られ、
経緯ははっきりしないもののプールに落ちて脳死状態となってしまいました。

監視カメラ映像も消されており、事態はまるでつかめない状態で
ウナの親に知られては大変なことになると焦るミヌの家族たち。
動いたのはミヌの義兄ソクフン。
実はウナが愛しているといっていたのはソクフン。
ウナから瓜二つの女性店員を百貨店で見かけたと聞いたことを思い出し
その女性ジスクを見つけ出しました。

ジスクは父が悪徳金融から借りた借金が膨らんで返せる目途は全くない
借金地獄に落ちていました。
経歴を調べたソクフンは、議員が帰国し娘の容態を知る前に
ジスクに身代わりをさせるべく強引な交渉に出ました。

不審なソクフンからの交渉を断ったあと、
ジスクは悪党金融業者に捕まり、逃亡を図るも途中崖から車ごと転落する大事故に。

おそらくソクフンによって命が助かる代わりに
身代わりを引き受けることになりそうです。
なかなか無茶な展開、でも見せるパワーを感じます。