HOME韓国ドラマのあしあと2010年以前の作品リスト>神様、お願い
神様、お願い ハマり度☆C妙にツボにくるの
DVD-BOX 1

BOX 2 / BOX 3 / BOX4
●2005-06年 韓国SBS  全85話 
(視聴はBS朝日放送96話ver.と74話からDVD)
●演出:イ・ヨンヒ シン・ユンソプ   ●脚本:イム・ソンハン
●出演:ユン・ジョンヒ(イ・ジャギョン) 
イ・テゴン(ク・ワンモ) チョ・ヨヌ(キム・チョンハ)
ワン・ビンナ(カン・イェリ) ハン・ヘスク(ジ・ヨンソン) 
イ・スギョン(ク・スラ)
カン・ジソプ(カン・イリ) 
イム・チェム(イ・ホンパ) 
パン・ヒョジョン(モ・ランシル)
チョン・ヘソン(ワン・マリア/ワンモ祖母) 
パク・ヘミ(キム・ヘドゥク/ジャギョン継母)
イ・ボヒ(キム・ミヒャン/イェリ母) イ・ミナ(ムノク) 
キム・ヨンナン(ウンジ/ホンパ妻)

●視聴:2011.4.21-8.11 
●Story
ジャギョンは早くに養父母を亡くし、父の後妻のもとで孤独と蔑みに耐えつつも、
この継母の借金のために望む道を諦めメイクアップアーティストとして働いている。
だが相思相愛の人気俳優チョンハは継母の弟で叔父となるため、誘惑をやめろと家族ぐるみで悪女扱い。
距離をおくしかなく心のよりどころを失い苦しいジャギョン。

ワンモは美しい母とかわいい妹、慈愛溢れる祖母に愛されて育った、自信と余裕を兼ね備えたレポーター。
容姿と才能を買われて最年少で朝のニュースキャスターとして抜擢された。
そのワンモの母は昔生き別れた娘をようやく探し当てた。
その娘はジャギョン。
母は、ワンモの妻としてジャギョンを迎えたいという秘めた思いがあるようだが・・・。
レビュー
BS朝日
1-5話  6-9  10-13  14-18 19-23  24-28  29-33  34-38  39-43  
44-48
  49-53  54-58  59-63  64-68  69-73  74-78  79-82
↓以降DVD
74-77  78-81  82-85完
タブーをあえて冒した経緯や心情を
絶妙なキャラ設定で描ききった、妙にクセになるドラマ
インパクトのあるキャスト陣でもなく、長編ファミリードラマということで、そんなに期待していたなかったものの
評判が結構いいので楽しみにしていました。
「家門の栄光」でのユン・ジョンヒさんの印象がかなりよかったのも視聴の一因だったわけですが、
いやぁ〜こんなに面白いとは^^

主人公ジャギョンの性格が優しくまったりとしたおしとやかなムードで、
当初はストーリー自体もそんな印象だったんだけど、
約30年の間消息が分からなかった娘を見つけたヨンソンさんが彼女に接近し
先妻の息子ワンモ君と結婚させて自分の嫁として家族になろうとする辺りからガンガン引き込まれました。

3家族の因縁が子ども世代になって回ってきて、この中で巧妙に組まれた人間模様が濃密に描かれます。
よくここまでうまく関連図を組めたなぁ〜っていうほど感心するほどの輪。
結局全てが明るみになるわけだけど、それでも罪と罰の審判が下され、
巻き込まれた罪無き人々には希望と救いが残るという締め方になっていて、
へぇ〜、なるほどぉ〜とちょっと感心しちゃった。

このドラマは何だかクセになるような部分があって、
ドラマの最中に突然妄想シーンが入ってきたりするんです。
いかにもなシーンには笑わされつつも、結構だまされちゃったりして、
「妄想かい!」って突っ込むのも楽しくなってきたりして(爆)

突然誰かが死んでしまったり、そんなんあり〜!?っていう無茶な展開がきても
登場人物は至極真面目に喜怒哀楽していて、その真剣さもなんだか妙にいいの^^ 
特に母ヨンソンさんが。

こんな人いるなぁ〜と思えるどうしようもない人たちに対して、
純粋に相手を尊重し、大事に思う人たちの
"揺らがないまっすぐさ"が貫かれていたからこその好印象。


お国が違えばタブーも違い、そんなに悲観しないで〜と言ってあげたかったわ^^
好みの問題はあるだろうけど、私はかなり楽しみました!



2011.8.11
DVD 85(最終)話までCよく収めた!

ことの成り行きを知ったワンモの怒りは当然ながらベドゥクさんに大炸裂!
さすがにしでかしたことのヤバさに気付き、反省もしているんだけど、
彼女の性根はやっぱり変わりそうもない。
ワンモから財産を奪ったことでワンモ宅からも、ジャギョンを虐げてきた事でホンパさん宅からも睨まれ
もうジャギョンに近づく事はできないね。
この一件で、昔ヨンソンさんの結婚を邪魔したミヒャンさんは
大きな借りをいずれは返さないといけないことになるわ。
腹違いの兄と実の姉が夫婦だという複雑な立場に立ったスラの今後は、
思いあうイリとの結婚で丸くおさまりそうな予感。
さすがにことの発端に噛んでいたミヒャンさんが反対できるはずもないわけで・・。

さて、全てが明るみになったことで責任を取るべく腹をくくったところで事故にあったヨンソンさん。
この事故がスラに家族愛の何たるかに気付かせるきっかけとなり、
姉とこの複雑な状況を受け入れることに。
さまざまな記憶がジャギョンを絶望から少しずつ現実に引き戻し、
無事退院できた赤ちゃんを抱いたことで戻ってこれたジャギョン。

両家が一緒に住む事で赤ちゃんを囲みながら幸せに暮らそうという流れになっていたけれど、
母が見捨てられ自分と別れざるを得なくなり、
互いに苦悩の日々を送ってきた30年間を重く見たジャギョンはホンパさんのうちを出ました。
悲しいホンパさんとランシルさん。過去の悔いはジャギョンの許しが出るまでは拭えない。

ワンモのうちで互いにこの苦しい現状を受け入れ乗り越えていこうと話し合ったジャギョンとワンモ。
出会ってからずっと母のように優しく愛をかけてくれたヨンソンさんの記憶が背中をおし、
ようやくお母さんと呼べたジャギョン。
自分が母だと名乗れた幸せにむせぶヨンソンさん。


2011.8.10
DVD 81話までDくそーー!継母

ありえなさ過ぎて、でも何だかツボにハマりつつとうとうDをつけるほどハマる日が・・・!
ジャギョンの出生の秘密を知る外部3人のうち、ベドゥクさんを除いた2人がお亡くなりに!
いまや一番危ないベドゥクさん一人が秘密を握っており、死ぬまでジャギョンに秘密にするからと
例のマンションに住まわせてもらうどころか、名義を書き換えてゲットしたよ・・・。

だけど、いざ住んでみたらあまりの広さに管理が大変だといって売っぱらったお金で
小ぶりなマンションとよせばいいのに株を買い、それに店を開いたベドゥクさん。

まさか継母がワンモから大事な遺産をぶん取った挙句、勝手に売りさばいたなんて、
それを知っただけでもショックだったのに、その所業を責めるジャギョンに、売り言葉に買い言葉で、
言ってはならないヨンソンさんの秘密をぶちまけちゃった・・・・。

ジャギョン、その夜ショックのあまりに気絶し破水。早産で母子共に危険に。
一旦命は取り留めたものの、ベビーはICU、ジャギョンは失語症に。

ジャギョンとベドゥクさんの口論の場に居合わせたイリが経緯を知っていてワンモが知ることに。
マンションを、ひいては金を返せって言われる事をベドゥクさんは恐れているけど、
ワンモが一番恐れていたのはジャギョンと子どものことだったわけで、
これじゃ許してもらえる展開にはなりそうもなく・・・。

海外出張中のヨンソンさんとホンパさん、それとワンモの叔母とシンガポール旅行中のマリアさんが知ったら
どえらい事になっちゃうよ〜〜。一体どんな結末がまってるのかなぁ・・・。

2011.8.6
DVD 77話までCとうとう秘密は・・・

夏の甲子園の放送で、BS朝日は2週間このドラマをお休みするため、
ここからDVD視聴に切り替える事にしました。
およそ74話あたりからDVDでみはじめているんだけど、いやはや・・・とんでもない展開に。

マリアさん宅に雇った住み込みの家政婦さんは、ヨンソンさんがジャギョンを出産した事を知ってる人でした。
ジャギョンの養父母となった母方の親戚の人だったため、かなり詳しい事情を知っていて、
しかもこの家政婦さんは継母ベドゥクさんの親友ソフィーさんの紹介だったから、
この一大衝撃事実を知って真っ先に激震したのはベドゥクさんでした。

養父の後妻だった上に、ヨンソンさんが当時子どもを産んだのだとしたら
それはホンパさんの子ということも分かっちゃう立場。
ベドゥクさんはホンパさんに話す妄想だけして(今回も一瞬だまされたわ^^;)
実際はワンモに話しちゃった・・・。ワンモかわいそうだよー!

で、ベドゥクさんのことだから、やっぱり口止め料として
ワンモに亡き祖父が遺してくれた44坪のマンションをもらうつもりみたいよ、もうーーっ(ーー;)

2011.8.4
82話までC家族としてスタート

マリアさんの大反対はあったけど、赤ちゃんが生まれるまでの間だけという約束で
ジャギョンとワンモをランシルさんたちのうちに行かせることにしてくれました。
だけど、ランシルさんはやっと手元に来た孫娘とこれから生まれる曾孫を手放す気がない様子、
それを聞いて焦るヨンソンさん。
跡継ぎがないホンパさんの大会社を孫娘婿のワンモに継いでもらいたいという思いもあるからね〜

スラにもホンパさんに嫁いだヨンソンさんの娘ということで、大企業の御曹司の次男との縁談が。
でもそれを羨ましく思うイェリが横やり・・・、それをやっちゃうか・・・。その次男とはスラは縁はないわ。
でもスラが嫁いだらマリアさん一人になるね。
マリアさんの所に住み込みの家政婦さんが必要になり、一人雇ったんだけど、
ヨンソンさんのことを知ってるみたい。
それはホンパさんとのことを知ってる人?それとも出産を知ってる人なのかしら?こわい〜

2011.7.29
78話までC着々と計画推進中で

一緒に老後を暮らしましょうなんて話していたこともあり、断腸の思いのヨンソンさんは
お義母さんのことを思えば思うほど辛くて結婚するなんていいだせなくて・・・。
そこでヨンソンさんのお誕生日を大活用して、ホンパさんは家族に向けての結婚報告。

52歳というまだ余生とも呼べない若さと美貌をもつヨンソンさんの幸せを願うジャギョンとワンモとは違い
嫁や母を奪われると感じて反対するマリアさんとスラ。
特にマリアさんにしてみたら一言も二言もあるわけで、でも反対し続けるわけにも行かず
もうワンモとジャギョンに面倒見てもらうしかないと思い開いたら、
ワンモとジャギョンもホンパ邸へよこしてくれときた!
そりゃ憤慨もするわ。でもジャギョンが行かないと思う。

さて、ホンパさんが脈ありだとぬか喜びしたペドゥクさん、ヨンソンさんと再婚すると聞いてお怒り
わがままなんだから〜
でもジャギョンの先輩のメイクさんから継母がどんなにジャギョンを虐げてきたか
ランシルさんが聞いちゃったよ。
いづれにしてもペドゥクさんの幸せはそういう人脈の中にはナイ、という事を早く気付かなきゃ。

イリとスラは気の張らない親友という感じに。スラにお見合い話が来たので、
スラが何らかの決断をするかもね〜

2011.7.22
73話までCまたひとつ山を越えたわ

ジャギョンが無事結婚しほっとしたのもつかの間、
ジャギョンが血のつながった娘だとホンパさんたちが知り、
ヨンソンさんはそれを認めざるを得ない展開になりました。
なんてことをしたんだと責めるランシルさんだったけど、事情を聞くに連れて理解は深まり、
この倫理上の大問題をクリアするには、ヨンソンさんがジャギョンの姑で無くなるしかないということに。

秘密などいつか明るみになる可能性を含み続けるわけで、この際ホンパさんと再婚しておけば
もしばれても、このうちから嫁に出した事にできるという考え。
だけど、全くその気のなかったヨンソンさんが急に再婚というのも不自然なので
、徐々にランシルさん側が詰めてます。

心配だったジャギョンの妊娠も叶い、見てるこっちがほっとする。

そして新展開はといえば、ジャギョンの継母ベドゥクさん。
求める生活費をもらえずにちゃんと働けといわれ不承不承義兄の歯科で
受け付けさせてもらうことになった矢先、妻と死別したというホンパさんに遭遇! 
昔姉が失礼なことをしたことを棚に上げて、彼の後妻に納まれば
いい暮らしができると踏んだみたいで積極アタック。
ジャギョンとのこれまでの経緯を考えたらホンパさんから感謝もされるだろうけど
恨まれもするんじゃないかい??

2011.7.15
68話までCほんとにドキドキする^^

ストーリーはジャギョンの出生の真相を隠したいヨンソンさんと
実の娘(孫)の所在を知りたいホンパさん、ランシルさん親子の必死な押し引きで盛り上がってます!

ヨンソンさんとヨリを戻したいホンパさんの思いももちろんあるんだけど、
実の娘(孫)の事を聞きたいため、家族ぐるみの付き合いをしようと推し進めるランシルさん。
食事に現れたヨンソンさんの嫁がてっきりヨンソンの娘だと思っていたあの女性だと知ってびっくり。

実の娘を嫁にするのは天倫に背くとおののく面々。
ばれたくないヨンソンさんとまさかと思うランシルさんたち。
でも疑いを払拭できないランシルさんたちの取った手はなんとも確実な「遺伝子検査」。
娘の事はもう探られたくないヨンソンさんはホンパさんを呼び出してまで嘘の近況を伝えて
アメリカで幸せにしているからそっとしてあげてと攻撃をかわせたと思ったけど僅差で遅かりし・・・。

ホンパさんたちはジャギョンが実の娘だと知りました。検査結果99.99%だったからね〜・・・。
ヨンソンさん宅へと駆け込むランシルさん。
すんなりと先が読めないところのあるドラマだけにどう展開するのか!?
週明けまでお預けなのが痛いわ〜^^

2011.7.8
63話までC大きな展開やね!

わけありな人同士、あっという間に出会ったり、キーマン同士が会いそうで会わなかったり、
想像を越えた展開に戸惑わされつつ楽しんでいる、妙に癖になるドラマですよね^^

ジャギョンの結婚は、本人たちの思いと姑となるヨンソンさんの意思が固く阻止不能。
ということで、予定通り着々と結婚準備は進み、継母がゴネた意外はすんなりと結婚式ができました。

継母が粘りに粘ってゴネたのって生活費に困るからってだけ(呆)
チョンハと義兄に出してやるといわれご機嫌で式に出席してたけど、
一体おいくらで手を打ったのか・・気になるわ〜

さて、ヨンソンさんひいてはその娘にぜひ会いたいランシルさんですが、
とうとうマリアさんの孫が結婚するというのでお祝いに駆けつけ、
マリアさんのお嫁さんがヨンソンだと知りました。
ホンパさんの奥さんが男と不倫ドライブしているときに事故死しており、
双方連れ合いと死別しているのが好都合とばかり、ヨンソンさんとホンパさんを結婚させようと考えてます。

会うことになったヨンソンさんとランシルさん。
でもヨンソンさんは自分の娘スラもおり、年老いたお姑さんもあり、生活は安定している。
一番の願いだったジャギョンとの同居を血の繋がらない息子に嫁がせるという荒業で成功させたばかり。
今さらホンパさんと一緒になる理由は全くない。むしろジャギョンが2人の子だとは、
嫁となった今話すに話せないしね。

もしヨンソンさんがジャギョンを手放していなければワンモとは連れ子同士の兄妹だったわけで、
そうだったなら血のつながらない兄妹結婚ということになるんだよね・・・。
現実は戸籍上そうはならないけど・・。う〜むすごい設定だ。

ワンモとジャギョンはゴールインしたから、ここからはそれをベースにした
出生の秘密に絡んだ葛藤が描かれるかも。
それはそれで楽しみやわ〜^^

2011.7.1
58話までCキタキター悪縁が引き合わせた二人よ!

ここまでも全く飽きずに見てきたけど、いよいよ親世代の悪縁が当事者たちを引き合わせ始めた。
面白くなってきたわ〜、

ジャギョンの心を結婚へと向かわせ固めたのはワンモと母ヨンソンさん。
一ヵ月後の3月18日という日取りが決定しています。

ただ祖母マリアさんと妹のスラ、そして何よりもジャギョンの継母が大反対してます。
ジャギョンの継母は結婚を阻止するために悪女部分が増大中。
でもワンモの一途さとヨンソンさんの正論に押され気味^^

そこに来て継母の姉が昔ホンパさんとの結婚を阻んだあのミヒャンさんだと判明して継母形勢不利よ〜!
「どうりでイェリが気に入らなかったはず、あなたにそっくりの人間性だから」的な発言を
ミヒャンさんにぶつけてましたね〜
そりゃ大事な娘ジャギョンの身の上をこんな風にしたのは
あの時家柄が釣り合わないからと反対されていたヨンソンさんとホンパさんの努力中の結婚への芽を
ミヒャンさんに完全に潰されたからだし、
今後、これまでジャギョンを孤児だといじめていた事が分かったら最悪よね〜

ワンモを諦めきれないイェリは酔ってワンモ宅まで押しかけて涙の陳情〜激しい・・・
日本だったらそんなことまずしないけどしたら完全に引かれてアウト。
ってあれでもアウトだろうけど・・・。

で、ホンパさんはデパートで結婚準備に来ていたジャギョンとヨンソンさんを2人セットで見かけました。
ランシルさんの期待も大いに高まるところ!
ジャギョンとの結婚に反対するマリアさんに「人柄が大事でしょ受け入れてあげなさいよ」
とアドバイスしているけど、それはナイスフォローですよおばあ様!

2011.6.24
53話までC先が気になる〜

ジャギョンが誰の子なのか、どういった経緯が当時あったのかがすでに明かされているから
知らないのは登場人物たちだけ、という環境。
だから見ているほうは早くホントの事言ってあげてとやきもきするんですよ!
いつキーマンたちが出会うのか、いつ明かされるのかが楽しみで視聴がやめられない、
癖になるドラマですね。


ジャギョンと連絡もつかなくなり、仕事も手につかないワンモは
ジャギョンに会えない苦しみから諦めようかとも思う。
一方のジャギョンは忘れる事ができずに苦しみ胃潰瘍になってしまいました。
ヨンソンさんに苦しい胸のうちを吐露しつつ病院に運ばれたジャギョン、
ようやくワンモに本心を告げることができ、
またヨンソンさんがジャギョンを受け入れていることも伝わりました。

マリアさんが反対しているのが今は障害だけど、ジャギョンの家柄と人柄が足りないと思っているみたい。
親友のランシルさんの孫だと知ったら家柄は問題ないってことになるんだけど、
そこが明かされるのはまだまだ先のようです。先に進んでぇ〜〜
今もホンパさんの奥さんの仕事で家に通ってるんだけどなかなかホンパさんに会わないんだよ〜〜
む〜ん!

で今大問題なのがチョンハとムノク。 
ムノクが妊娠し結婚しようと決めたチョンハに大反対の姉たち。
ジャギョンと別れさせ人気俳優にふさわしい相手をと思ったのに、
バツイチのムノクを身ごもらせたってお怒りよー。
まぁ、ムノクはしたたかな子だから、ジャギョンのいうとおりしっかり者のムノクが
チョンハオッパには合ってるかもね。

2011.6.17
48話までC身の上がジャギョンの障害に・・・

ワンモが拒否しているにも関わらずイェリを推すお祖母さんのマリアさんは、
格下(だと思っている)のメイクジャギョンが美貌を利用して条件のいいワンモを
狙っているようにしか思えないらしく、
とうとう直に”ワンモはあなたの相手じゃ無いわよ”と匂わせてきた・・・。

あの親身になってくれるヨンソンさんにすら、ワンモとの結婚となれば反対されるはずと感じてるんだから
ジャギョンの身になってみればどうしようもなく悲しいね。

そこに来てワンモさんも、祖母マリアさんの反対を押し切ってジャギョンと付き合うかどうか
客観的になってみようと「1ヶ月会わずに結論を出そうという提案」をしてきたんですよ。

結局ワンモさんはジャギョンを選んではくれたけど、
両親がなく社会的に地位があるわけでもない自分をワンモの家族が受け入れるはずもなく、
またイェリの家族がワンモとイェリの縁談を考えていることもそれとなく知っているジャギョンは
姿を消しました。
近くにいれば、自分を愛してくれるワンモを絶対に手放したくなくなるから・・・。

ヨンソンさんはジャギョンを心底心配している中、
スラ経由でジャギョンの継母がイェリの母の妹だと知りました。
ジャギョンは局の仕事も美容室も辞めて、ホンパさんのお嫁さんの専属コーディネーターとして
働き始めました。
ホンパさんの家には足しげく通うようになったので、実父と顔を合わすのも時間の問題だね。

さて、ワンモがジャギョンの親しくしている友人から執念で電話番号を聞きだしました。
かかってくる電話を必死で耐えるもつらいジャギョンは海に電話を投げちゃった!でも捜しに海に入水・・・
大事に至らなければいいけど・・・〜。

2011.6.10
43話までB過去の因縁が見えてきたわ〜

ジャギョンとワンモさんは互いの思いを確認しあい、許されるならこのまま結婚もしたいくらいの仲に。
お祖母さんの勧めるイェリとの交際にも、彼女に惹かれないし付き合うつもりはない。
彼女にもそう言ったと報告を。
内心はジャギョンとの関係が進んでいるとほっとするヨンソンさんだけど、
お祖母さんの理解を得るステップが難関かも。

ヨンソンさんはジャギョンの継母のお姉さん(イェリの母)とサウナでばったり。
ホンパさんとの結婚を妨害しておきながら、自分はホンパさんを捨てて初恋の今の夫と結婚したわがまま女。
そんな女の娘とワンモを結婚させるはずはないわ〜
だけど、実の娘スラとイリは縁付くかも・・・2人には良縁かもしれないところが皮肉。
両家の因縁を和らげるかも。

さて、今回はっきりしたのは、ジャギョンがイェリ母ミヒャンさんの妹と義理とはいえ親子となったのは
完全に偶然だった、ということ。因縁だわ〜、ドラマはこれだから面白いね〜

おっと、もうひとつ。ワンモとジャギョンが付き合っていると知って嫉妬に狂うチョンハなんだけど〜
チョンハのメイクさんとして働き出したジャギョンの後輩ムノクと酒の勢いでやっちゃったみたい。
あの子は確信犯だけど、チョンハは弱いところがあるっていうから、その辺責任取れるかどうか・・・。

2011.6.4
38話までBま〜ったり

特に大きな展開も見せず、まったりと進んだ5話。
ジャギョンとワンモはお互いへの思いをより強め、その2人をイリが見ました。
チョンハは2人が付き合っているんじゃないかと疑い、ヨンソンさんは2人が付き合っていると知って喜んでます。

ホンパさんと、ジャギョンの継母のお姉さんミヒャンさんとの関係がひとつ見えました。
昔ホンパさんとの縁談が進んでいたが、ミヒャンさんの初恋の人が現れてその人と結婚しちゃったとの事。
それはあの歯医者のおじさん、イリとイェリのお父さんだったわけね。
そりゃ義母さんと出くわしたら気まずいよね〜
でもそういうことなら、ジャギョンがあのミヒャンさんの妹の継子として暮らしているのには
ワケがあるのか偶然なのか・・・。

あ、イリとスラ、ケンカして仲直りして親しくなってますよ〜。
それとワンモと組んでいた女性キャスターが倒れました。まさか、イェリにお役が回ってきたりするのかな〜?

2011.5.27
33話までB2人の距離縮まる

若い人たちの人間関係が築かれる様子に焦点が絞られているからか、まあまぁな印象で。
特にイリとスラはやっぱり相性いいかも、というかそういう関係に発展しそうな予感。
一方で誰よりも有利かと思えたイェリは完全にアウト。
ワンモと会って関係を進めようとめぐらせる策は全てあざとくて幼すぎ。
ワンモはあのお母さんに育てられているから、
子どもっぽい妹を思わせる女性よりは思慮深い人に惹かれるよね。

まさにワンモはジャギョンに完全に惚れてます。ジャギョンも1ヶ月だけと自分に課しているものの、彼が好き。
血のつながった家族のないジャギョンは、ワンモと結ばれる事がないなら、
せめて彼の子どもをひっそり産みたいなんて哀しい事を考える始末。
でも当然ながら、実行には移せないんだよね。

さて、ホンパさんは依頼していた調査会社からヨンソンさんだと思える人が見つかったと聞きます。
ホンパさんのお嫁さんが1年だけ義母さんと別居したいと言い出して準備は進んでいるんだけど、
お義母さんであるランシルさんはヨンソンが未婚で子どもと暮らしているなら一緒に住みたい
という夢も抱いてます。
当然お嫁さんは追い出して。さて、話数が多いからまだまだじっくり話は進みそうですね〜
焦らず見ていきます^^

2011.5.20
28話までBゆっくりゆっくりなのね

ヨンソンさんと親子のように登山ハイキング楽しみ、この人が母ならどんなに幸せかとふと想うジャギョン。
そしてジャギョンのことが好きになってしまったワンモさん。

惹かれあい、一緒にいる時間が楽しいジャギョンは、
1ヶ月だけワンモとお付き合いさせてもらおうと心に決めたものの
ワンモさんの気持ちがどんどん高まっていき、
ジャギョンもこのままだと彼から離れられないかもという不安もよぎる。

自分の身の上を卑下してブレーキをかけるジャギョンの態度にワンモさんは当然ながら振り回され、
でも結局彼女は自分に好意があるんだとわかりさらに惹かれるという展開に。

一方で進んでいるワンモの妹スラとイェリの双子の兄イリの犬猿の仲は腐れ縁になってきてて
もしかするとここは意外と相性いいかもなぁって思えてきた^^
イェリはスラと組んでワンモゲット作戦を頑張るものの完全に的外れ。
ジャギョンを恨む展開が待ってそう(涙)

2011.5.13
23話までBなんか好きやわ

まったりと進んでいるんだけど、なんだか惹かれるストーリー。後一押しでCになるわ^^

さて、ホンパさんはヨンソンさんを探すことに決めました。
もちろん28年前に産まれたはずの子どもを探すために。

一方過労で倒れたジャギョンに付き添ったヨンソンさんとワンモ。
ヨンソンさんが何とかしようとしなくても、ワンモはジャギョンに惹かれてます。
もちろんジャギョンもワンモに好感を抱いてる。
でもイェリにワンモに手を出すななんて釘を刺されていることも自分の身の上もあり
ブレーキをかけるジャギョン。
一方でジャギョンに未練が残るチョンハはまだ酔って家に押しかけることも・・・。

育ての父のしかも後妻である今の継母は、自分と息子の面倒を見させようとジャギョンに結婚させないつもり。
生活が苦しいのに働かず借金もつくりダンスキャバレー(?)に通う日々。

こんな辛い中でジャギョンは、産みの母に捨てられたのではなく、母が愛した男性に捨てられ、
ジャギョンを子どものなかった育ての父母に泣く泣く渡すしかなかった経緯を聞き、
生きているなら会いたいと強く思うようになりましたね。
もう会っているというのが切ないね。

2011.5.6
18話までB実の親の過去も気になるわ

ワンモがキャスターを担当する朝のニュースが始まり、毎日会うことになったジャギョン。
ジャギョンの包み込むような人柄に好感を抱くワンモは、
仕事でへこんだときもジャギョンに会いに来たほど。

ヨンソンさんはジャギョンを家に招き手料理を振る舞い、初めて娘に食事を作ったと涙ぐむ。
ワンモを諦めそうも無い上に、スラを通じてジャギョンの悪口を言ったイェリは、
ヨンソンさんからさらに嫌われちゃうね。

さて、3つの家族が徐々に過去の出来事で絡んでいた理由などが小出しになってきました。
跡継ぎが欲しいホンパさんのうちに、メイクを通じて訪問したジャギョン。
ホンパさんは、ヨンソンさんと別れたとき、ヨンソンさんが身ごもっていたことを知らなかったみたいです!
若かりし頃のヨンソンさんの面影をジャギョンは受け継いでいるようで、
ホンパさんやランシルさんが会えば分かるかも。

ランシルさんと、マリアさんは親交をさらに深め、孫息子の嫁探しを手伝うなんていってます。
まだ謎なのが、実の祖母であるランシルさんと、
ジャギョンを預かることになった経緯を知っている継母の姉との関係。

少しずつエピソードが紡がれながら、今後見えてくる真実が楽しみだわ!

2011.4.29
13話までB女子の恋愛作戦だね

ジャギョンとワンモに大きな進展はなし、ジャギョンの両親は実の親じゃなかったとワンモが知ったくらい。
でもふとした瞬間にお互いのことを思い出すような、そんなふんわりした、
でも印象に残る相手なのは間違いなし。

ヨンソンさんはワンモと一緒になりたがっているイェリをけん制するも通じず。
一方でヨンソンさんは、娘のスラ・自分・ジャギョンの3人にお揃いのピンキーリングをプレゼント。
それを見て未練の残るチョンハはジャギョンに新しい男ができたんじゃないかと勘ぐります。

継母の新たな借金に愛想をつかすジャギョンだけど、結局はこの家族から逃れる事はできないのね・・・

2011.4.26
9話までBハマってきたかも

各家族の関わりが繋がってきて面白くなってきた所に、実母ヨンソンさんがジャギョンと接触しました。
ヨンソンの大事にしている息子ワンモは前妻の子で、この母と血は繋がってはいないね。

不憫な実娘ジャギョンをワンモの妻にして家族として暮らしたいという気持ちは
実現可能かという部分をさし置いて、まぁ分からないでもない。
そしてジャギョンはワンモのニュース番組専属のメイクとして雇われ、毎日会う仲となりますね〜

ワンモの妹スラと結託したジャギョンの従妹にあたるイェリは、
ワンモとの結婚を目標に的外れな努力をしてます。
きっとジャギョンのことを排除しようとしてくるだろうね・・・。

ヨンソンさんのお姑のマリアさんと、ホンパさんのお母さんランシルさんが友達になりました。
昔家柄にこだわって別れさせた息子ホンパの恋人に申し訳なかったなんて言ってますが、
それはヨンソンさんの事、
ジャギョン母つながりで物語が展開し始めてきたわ。

2011.4.22
5話までB止まらない感じのドラマやなぁ〜

BS朝日での放送はノーカット106話(96話に修正されてた)となっているだけあって、
1話の終わりが45分ぶんあたりでブツ切れ。
1・2話の頃は慣れなくて違和感あったけど、キリの付かない感じがむしろ後を引くというか
続きが気になりだした。
とにかく長いドラマゆえ複数の家族が複雑に絡んで厚い展開を見せそう。
主役のユン・ジョンヒさんはやっぱり好感度高。 耐え忍ぶ姿が応援したくなる。

このドラマはまずジャギョンの継母の姉さん一家が中心
人気俳優のチョンハに思われるも、一家はジャギョンを”身の程を知れ、幸せを求めるな”的な言動ばかり。
継母は”親に捨てられた地点で家族縁が無いから金儲けに生きて
自分と継弟を養え”とかってしれっと言うしさ〜。
こういう感覚って年配の人たちの中にまだ残ってるんだろうかね韓国では。

そしてワンモの一家。
人気キャスターになりそうなワンモのところは●Storyに記したとおり一番幸せそうな家族。
だけど、お母さんには手放した娘ジャギョンという後悔激しい哀しい過去が。
ワンモはヨンソンさんの亡き夫の前妻の子らしく、
ジャギョンを嫁として自分の家族に迎え入れるという離れ業を願っているみたい。

あとは跡継ぎ息子をなくしてしまったホンパさん一家
家系を絶やさないために姑ランシルさんは50代の息子夫婦に
なんとか直系の子孫を残して欲しいとお嫁さんに頼んだ。
自分で産む事はもう出来ないお嫁さんは複雑な苛立ちを抱えて家を出ていっちゃった。
このお家が一体どう絡むのかな〜って思ってたんだけど、もしかしてジャギョンと関係ある??
気になるドラマやわ。