HOME韓国ドラマのあしあと>刑務所のルールブック
ドラマほびっと☆
刑務所のルールブック ハマり度☆Dハマった
Netflix
●2017年 韓国tvN Netflix  全16話 原題:賢い監房生活
●演出:シン・ウォノ
●脚本:イ・ウジョン チョン・ボフン
●出演:
パク・ヘス(キム・ジェヒョク)
チョン・ギョンホ(イ・ジュノ)
クリスタル(ジホ) イム・ファヨン(ジェヒ)
チョン・ウンイン(ペン部長)
●視聴終了:2018.8.6
服役することになったプロ野球選手ジェヒョク
10カ月の監房生活での闘いと悲喜こもごも

めちゃくちゃハマった
これ、めちゃくちゃハマりました!
人間群像劇として見せる力があるのと同時に、コメディ的でもあって、
真面目に生きていれば絶対にコメディとしか思えない一瞬がある、そんな面白さを描きこんでいます。

特に主人公のジェヒョクは今までに見たことのないタイプの主人公でいわゆる”ド天然”。作中では家族や恋人が”単純、バカ””野球バカ”なんていうんですが、一つの事に集中するタイプ。
とぼけてはいるんだけど、善良で一途で筋が通っているジェヒョクがやはりみんなのヒーローなんです。

ジェヒョクは怪我や病気を乗り越えてメジャーリーグとの契約にたどり着いたスター投手。
けれど、妹を襲おうとした犯人を捕まえてやっつけたら大けがを負わせてしまい、脳死、そして死亡。
過失致死とはいえ服役は避けられず、10カ月の服役が決定し刑務所へ。

世論は同情的、でも刑務所は宣伝のためにジェヒョクを利用しようとするし、同房の悪人に左肩を負傷させられ投手生命の危機に立たされたり環境は厳しい・・・。
そんな中、刑務官をしている親友ジュノや同部屋の囚人たちとのかかわりをとおして人間関係を築き、10カ月を生きていきます。

どのキャラクターもたっていて、釈放や移送など出会いと別れが激しい監房生活の中で人情あふれる一期一会が描かれます。囚人たちの事情なども描かれていてストーリーの厚みがたっぷりで終わるのがもうさみしいほどでした。

本作は一話が1時間半を越える回もあって、通常の韓ドラでいけば24話くらい。
でも24話のドラマを見た以上の充実感。

主役を演じたパク・ヘスさんは「六龍が飛ぶ」での主人公の義理堅い叔父さん武将役が印象的だったのですが、本作でのとぼけた魅力と一途な人柄、そして野球選手らしく見える体格などもうぴったりでした。

アイドル出身のf(x)のクリスタルやWINNERのカン・スンユンなどベテラン+や名バイプレーヤーに交じって味のある役をのびのびと演じていて新鮮な気持ちで見ました。
今人気急上昇のチョン・ヘイン君や本作で初めてお目にかかる俳優さんたちもいてドラマの質にこだわった良い作品だったと力説します。

Netflix配信作なので、全世界の人も見るんだなと思うと感慨ひとしお。
ジェヒョクが服役することがない限り続編はないだろうけど、スピンオフなんてやってくれないかな?っていう気分になってます。
おススメの作品です!!!