ドラマほびっと☆
HOME韓国ドラマのあしあと>恋するシャイニング★スター (コ・ホ、星が輝く夜に)
コ・ホ、星が輝く夜に ハマり度☆B楽しかった
DVD-BOX
●2016年 韓中 全20話*のWEBドラマ 
(原題:コ・ホ、星が輝く夜に)
●演出:チョ・スウォン
●脚本:シン・ユダム
●出演:クォンユリ(コ・ホ)
キム・ヨングァン(カン・テホ) 
イ・ジフン(ファン・ジフン)  シン・ジェハ(オ・ジョンミン)
●視聴:2017.3.12-15  衛劇全8話再編集版
●Story
広告代理店に勤めるコ・ホ。
不愛想で厳しい上司カン・テホのもとで4年間頑張り、やっと異動できたと喜んだのもつかの間、
新しい上司は元カレだった。
納得のいかない突然の別れだった事もあり気まずいコ・ホ。
そんなコ・ホに社のアイドル的後輩オ・ジョンミンが猛アタックしてくるのだった。
レビュー
1-6話   7-8完
仕事も頑張り失恋も乗り越えたヒロイン
唯一の人はすぐそばにいた 可愛いロマコメ
主人公たちを魅力的に描くのが上手な脚本家さんだと思いました。
「ステキな片思い」の時も感じたのですが、
粘り強く頑張り屋の天然な純粋ヒロインと、
好きになった女性に一途に心を焦がす大人なツンデレ男性主人公を愛らしく見せてもらえて
妙に引き込まれるロマコメでした。

コ・ホのために努力を惜しまない純情で忍耐強いテホ。
いい意味で単純明快なコ・ホはまっすぐ愛し尊重してくれるテホを一途に愛するでしょう。

仕事を精いっぱいこなすコ・ホにアタックしてくる、5人5色の男性たち。
彼らから思われるコ・ホの魅力が見えないと辛い所でしょうが、大丈夫でした。

次第にコ・ホが好きなのはテホなんだと、ちゃんとわかるような演技。
こっちもコ・ホ目線でテホしかいないでしょう〜って状態になってきて
キム・ヨングァンがステキに見えてきました(爆)

シンプルなロマコメだったので、楽しくささーーっと見られました。
ユリとキム・ヨングァン再発見の一本でした。


2017.3.15
8(最終)話までC爽やかなエンディング

コ・ホが好きだという男性が、社内に合計5人いると判明し、
彼らのアピール合戦が激化。
だけど、コ・ホの心はテホに向いているとはうすうす気づいている皆さん。
それを覆せるのは俺だと、元カレのジフンは真摯な思いをぶつけていきます。

これまでの上司部下の関係から少しずつ男女の関係へと移行させようと頑張るテホをみて
更に心はテホを求めていく。
そんな時、交際していたころかわいがってくれたジフンのお父さんが亡くなったことで、
幸せだったころを懐かしんでも時間と共に過ぎ去っていくことを実感。

今自分の気持ちをはっきりさせることで中途半端な誤解も思い込みも拭えると
テホが好きだと表明しました。

仕事とプライベート、ともにパートナーとしてうまくやっていけそうな二人。
爽やかなエンディング。

2017.3.14
6話までBヨングァンがステキに見えてきた

少女時代のユリ主演のウェブドラマで、
脚本家さんが同じくウェブドラマだった「ステキな片思い」の方ということで
気軽にみられるロマコメを期待していました。

1話あたりでは「どうかな〜〜?」とおもっていたんだけど、
ヒロインの一生懸命な人柄と、一途な見守り上司の様子にほだされて
微妙にハマってる感じです(笑)

キム・ヨングァン演じるカン・テホがステキに見てきてます^^#

不愛想で厳しい上司カン・テホは優秀で、彼にしごかれつつ
愚痴りつづけて4年、結果、経験を積んだヒロインコ・ホはほぼ一人前に。
異動で喜んだものの、やってきた新上司は元カレジフン。

このジフンは実家の会社が倒産したことでコ・ホを幸せにできないと思い、
理由も告げずただ別れを言い渡して1年。
今もコ・ホが忘れられずこうしてコ・ホの会社を選んできたのでした。

だけど、泣いて苦しんでジフンを乗り越えたコ・ホが傾くことはなく、
今更理由を聞いても時遅し。
このジフンが選択した行動一つ一つがコ・ホの心を無視していました。

イケメンの後輩からの直球アタックに戸惑い、
亡くなった兄の代わりに姪を育て上げ医大にまで行かせている
不細工課長の人柄をほめたたえてから課長からアタックされ、
元カレから再アタックされ、
そして憎かった元上司からずっと片思いしていたと告白された。

コ・ホの気持ちは完全に元上司カン・テホに向かっています。
厳しかった言葉と同じだけ、テホの行動には思いやりもあったと今ならわかる。
直属の部下ではなくなって初めてテホが男に見えてきてます。

コ・ホを通してテホがステキに見えるんですよ、ユリが良い演技してるんだね。
あと2話楽しみに見られそうです。