HOME韓国ドラマのあしあと2010年以前の作品リスト>宮
宮 クン ハマリ度☆Dはまった〜!
ディレクターズカット版
コンプリートBlu-rayBOX
BOX1
  BOX2

シンプルDVD-BOX

宮 OST

宮1.5
●2006年 MBC 全24話
●演出:ファン・イルレ   ●脚本:イン・ウナ
●出演:ユン・ウネ(チェギョン)  
チュ・ジフン(シン) 
キム・ジョンフン(ユル)  
ソン・ジヒョ(ミン・ヒョリン)
●視聴: 2006年8月頃  DVD
●Story
シンはモデル並みのスタイルでアイドルのようにに騒がれる大韓民国の皇太子。
王族でありながら普通の高校にボディーガードつきで通うクールなマイペース君。
父である皇帝の体調が優れず、シンは皇太子妃を迎えなくてはならなくなるが、 
先代の皇帝によって決められていた見ず知らずの一般人チェギョンとの結婚が嫌で、
世界的なバレリーナを目指す友人ヒョリンに結婚を提案する。
しかし夢を追おうとしている彼女は受け入れない。
仕方なくチェギョンを皇太子妃に迎え入れることにするシン。

同じ学校に通うシンを知っていたチェギョンはそんな結婚を受け入れるはずもなかったが、
父が友人の保証人になってできた借金返済のため、皇室に嫁ぐことを決める。
子供時代から自分の思いを表すことができずに
皇室の中で生きて来た冷たいシンの態度や皇室のしきたりに苦しむチェギョンだったが、
シンの寂しさを知るにつけて、またチェギョンの破天荒な暖かさに触れるにつれ、
二人の距離は縮まろうとしていたが・・・
韓国に王室があったら!? 
最後にはおそろしくハマったよ、もう私廃人よぉ
ほとんど新人さんだったというから驚き!
確かに最初の1話を見たときは能面な感じのシンってほんとにかっこいいのかなぁ〜〜
って微妙な感じてみてました。
チェギョン役のユン・ウネちゃんも独特のお顔(ゴメン!)だし、
評判ほどこのドラマ、入れないかもなぁ〜って。

おまけに1話中の情報量が意外と多くて、視聴間隔を空けたり、数分観て仕事して、
なんてことをしていたらストーリーが追えないことが分かり、必ず1話分は見切る!ってことに。

    そしたらなんと!

知らぬ間に、あれよあれよと観進め、なんだか知らないうちに「宮」の世界にどっぷりと・・・
みんなどんどん役にハマり、演技もすごく自然な感じへ・・・
ラスト間際の23話では大盛り上がりだよ!!!
最終話はすこしおまけ要素もあったけど、見終わったあとはしばら〜く抜け切れなかったね、
余韻から・・・
観終わった直後に23話をもう一回みて二人のラブラブパワーを確認し、
ラストの謎を(フライングなんてあったか!?)という点も解明しようと、じっくりみたりして(笑)
サントラまで買ったよ・・・

あの民族風のサウンドかなりいいよね、私の感性(大げさだなこりゃ)に触れてくるわけだよ。
「アイルランド」でも似た感じのサウンドだったよね。
こんな音の感じ好きだったな〜

続編は結ばれた後のシン&チェギョンを観られるかなぁって思っていただけに残念だったけど、
これはこれで完結だね!