HOME韓国ドラマのあしあと2010年以前の作品リスト>ラスト・スキャンダル
ハマり度☆D楽しかった!
DVD-BOX 1

DVD-BOX 2
DVD-BOX 3

期間限定コンプリートスリムBOX

●2008年 韓国MBC  全16話  
(原題:私の生涯最後のスキャンダル)
●演出:イ・テゴン   ●脚本:ムン・ヒジョン
●出演:チェ・ジンシル(ホン・ソニ)  
チョン・ジュノ(
ソン・ジェビン/チャン・ドンチョル)
チョン・ウンイン(チャン・ドンファ)  
ピョン・ジョンス(イ・ナユン) 
キム・ビョンセ(ユシク)
●視聴:2009.5.25-6.6  DVD
●Story
ホン・ソニは間もなく40歳。中学生の娘と義母をかかえ小金を稼ぐバイトに忙しいおばさん。
事業のために家をあけていた夫が共同経営者に裏切られ詐欺罪で逮捕されてしまう。
借金返済のためにまとまった大金を用意しようと奔走するが上手くいかない。

ソン・ジェビンは通称32歳の人気俳優。実はソニと同級生だったチャン・ドンチョルだ。
ドンチョルは、マネージャーが探し出した初恋のソニに会うが、
あの頃の面影すらない強烈おばさんになっていたソニに幻滅する。

夫のために大金を用意しないといけないソニは、
最期の綱としてドンチョルに自分を1日だけ買ってくれないかと自宅に来て言うのだった。
レビュー
1-2話  3-6  7-8  9-12  13-14  15-16完
40歳のシンデレラ!?
心優しいソニを愛してくれる人たちが宝物
とても純粋に、気持ちよくハマれる素敵なドラマでした!

アラフォー世代の恋のお話ということで、
主役は往年のヒロイン女優チェ・ジンシルと映画でも活躍の二枚目チョン・ジュノ。
メインキャストがこのお2人なので、全体的に演技が安定しているベテラン勢ばかり。
そんな人々が、ドラマチックなラブコメを演じたら引き込まれるのは間違いなしですよねー!
当然、ストーリーもよかったわぁ〜!

で、この人なしでは語れないお方といえば、
脇を固めたドンチョル兄貴ドンファ役のチョン・ウンインssi。
この方は、「グッキ」で高利貸しのサンフンさん役しか私知らないんですが、
40代越えくらいの落ち着いた社長もシングルファーザーとしても、そして理解ある兄貴としても、
おまけに、ソニに好意を持ったうえで、2人の幸せを後押しする人柄からも好感度大の存在でした!

息子フン君役のイ・インソン君は私お初だったけど、いい子役さんだよねー!
表情がホントいいよね!今後が楽しみな役者さんです。

クスっと笑えたり、ちょっとシニカルだったりと、
キャラクター達がふざけたりむきになったりする様子が
暖かくて仲良さげでほっこりさせられます。

「40歳のシンデレラ」というキャッチコピーを見たことあるんだけど、
スターに衆目の中求愛される様子は「星に願いを」のジンシルssiを彷彿とさせました!
こんなにいい女優さんがこのドラマを最期に逝かれたのが残念でならないですが、
素敵なドラマを遺してくださって私たちの心に残りつづけそうです。
オススメ!





2009.6.6
16(最終)話までD愛する人にまっすぐなドンチョル万歳!

ドンチョルとしてソニと過ごす時間。実の息子だと分かったフンにまっすぐでありたいという強い思い。
そんなものが、ドンチョルが「ソン・ジェビン」という
作られたイメージの俳優を捨てることを決意させました。

世間からの非難を浴びることを覚悟し、築きあげた俳優としてのキャリアも手放す覚悟。
大事な人々を守りたいから、真実を語った上でソン・ジェビン引退を記者会見で発表しました。
そして、心から愛する女性がいることも。
大騒ぎとなったマスコミにリークされ、ソニにまで記者が押しかけ大変な騒ぎ。

それを解決したのは、2人の結婚でした。
宙ぶらりんなまま、好奇心とスキャンダラスなイメージが一人歩きを始め、
俳優としての復帰も難しくなってしまう前に
けじめをつけることで世間をいつまでも騒がせないという助言をしたのが兄貴!

ファンミーティングというドンチョルに肯定的な場で祝福されながらの結婚式。
大々的に広報されることになり事態は収束。
もうスキャンダルじゃなくなったわけだ。
フン君、ジミンとの楽しい4人暮らし。
一人暮らしをはじめた兄貴に運命の人現れたような??
みごとなハッピーエンド!

2009.6.4
14話まで やっぱりD強い愛情が胸を熱くする!

ドンチョルはフンが息子だと分かってから、
兄貴がその事実を隠していたことやその事実で混乱期を経たものの、
自分自身の生き方を深く模索しました。
フンに隠し続けることはできないドンチョルは本当のことを伝えたら当然フンは混乱。
でも家出した先は、もうそばにおいて置けないといわれてクビになり部屋を借りたソニのところ!
行くところがあって本当に良かったねーフン!(涙)

ナユンに呼びつけられたソニはフンは自分の子だから
ドンチョルとの間に割り込まないでよねと言われたよ!
人を傷つけておいて自分の都合を優先する人など理解できない、
まずはフンとドンチョルに許しを請うべきと言い切ったソニに拍手!
でもこの真実を知ったソニは、
部屋にやってきたドンチョルとフンの様子を暖かく見守るんだよねー。


一方、ソニを特別な女性だと思っている兄貴だけど、
フンとドンチョルがソニのところで笑顔の様子を物陰から見てうれしそう。
とうとうナユンが記者会見で全てをぶちまけることにした様子。
それを知った兄貴は、築き上げたものがたとえ崩れようと、
ドンチョルの幸せを優先させる事にしたようです。

人とのかかわりに不器用で、思ったことをすぐ行動できない俺は
ドンチョルが羨ましかったと言ってくれる兄貴。
フンの幸せを優先させようじゃないかと言ってくる兄貴。
ソニおばさんと出会えたのが幸運ですと、ちょっと遠まわしに好意を表現する兄貴。
フンもジェビンとしてのドンチョルも、
この兄貴の愛に守られてここまで来たんだよねー、きっと。
はぁーちょっと泣かされるわ〜

2009.5.31
12話までDぐっと展開してたんだけど問題発覚!

偽装離婚なんて真っ赤な嘘、それを婚約したというコ女史に
頭が上がらない様子の旦那をみて初めて知ったソニ。
彼女の痛いまでの悲しさが伝わる・・・風の強い漢江の堤防がより痛々しさを増していたよ・・・(涙)

ソニが手ひどく騙され、悲嘆にくれながらも
必死に生きている姿を応援してくれるドンファ、ドンチョル兄弟
その好意に妬ける元旦那ユシクはまだソニを束縛しようと家まで押しかけたりするわけ。
ソニはいつ離婚したことをジミンに話そうか苦しい思いをしているというのに(怒)
でもドンファ兄貴が一発お見舞いしてくれたよ!
兄貴もソニが特別な女性となっていました。


ドンチョルはといえば、もうソニしか目に入らない様子。兄貴に何かと張り合っちゃって、
兄貴のモノマネやスイカの種飛ばし競争でマジになる2人の図などなど
クスっと笑えるシーンもなかなかのもの!!

ただ10年以上経っているというのに未練の残るナユンはソニばかり追うドンチョルに
「お兄さんの言うとおり、あなたは女性に夢中になるだけで責任なんてもてないのよ。
言っておくけど私はドンファ兄貴の女なんかじゃなかったわ。フンを預けただけ。」と言っちゃった。

それって、フンはナユンと自分の子だといわれたようなもの!
何も知らず、兄貴とナユンを多少なりとも恨む気持ちもありつつ、
俳優として成功してきた自分を振り返りながら
フンを見つめてるんじゃないだろうか・・・。
ソニを天真爛漫に追いかけてはもういられない。
そんな現実をドンチョルは受け入れられるのだろうかね。

2009.5.27
8話までDもう視聴が止まらないわー!

元旦那が何故あのコ女史にそこまで見込まれたかはわずかに謎だけど、
それ以外はストーリーに妙な矛盾を感じたりしないし、
主役のキャラクター達が純粋で素敵なもんで、
すんなり受け入れられる。もう一気に見ちゃいますねー。

ソニはやっと見つけた旦那に偽装離婚を持ちかけられたよ。
借金取りにソニやジミンが巻き込まれるのは避けたいからとか、
うまいこと丸め込まれて判を押しちゃった・・・
ここで離婚成立だー・・・本当は金持ちのパトロン・コ女史と結婚するための口実・・・


婚約式の招待状を受け取っていた兄貴は新郎がソニの亭主だと知りました。
ソニが必死で家族を守ろうと耐えに耐え苦労を重ねて夫を待っているのに
別の女と結婚予定、しかもそのまえに離婚・・・
兄貴にはピーんときたよね、ソニが騙されていること・・・
ソニの夫があのワインバーの社長だと知ったドンチョルも鉄拳をお見舞いしていたよ!
爽快だね!

ただ・・・ソニ自身が式の招待状を見てしまい、
まさか夫じゃないかと不安に駆られて確認に来たよ。
おりしもドンチョル、いやソン・ジェビンの映画制作発表が同じフロアーで行われていました。
ソニの尋常じゃない様子をみて追いかけたドンチョルは、
元旦那ユシクをソニが見ないよう抱きしめた!
カメラフラッシュの集中砲火を浴びるドンチョルに、兄貴は助け舟を出してくれました。
ドンチョルも兄貴も、ちゃんとソニの味方になってくれる心強い兄弟で本当にうれしいよーー

ここからがドンチョルとソニの2人がハッピーになれるかどうかの正念場が描かれそうです
、あーー楽しみ!

2009.5.27
6話まで 4話ですでにCソニの健気さが胸に来るわ

旦那ユシクはやっぱりあのコ女史に保釈してもらっていたよ!
金策に走り回ってボロボロのソニと娘のジミンを仲間はずれに、
旦那は母親と実の妹だけに連絡していた。
ソニには遠洋漁業に出ることにしてくれとかって言ってさー(怒)
でコ女史からセレブ向けの会員制VIPワインバーを任せてもらった旦那は、
この人と一緒に住んでます。

家を追い出されたソニとジミンはドンチョルの家の離れに住み込み、
ヘルパーとして雇ってもらうことになりました。
気の置けない仲だし、ソニは子持ちアジュンマだし、
ちょっといじめたり思い通りにならなくて怒ってみたりと
意外と家にいるのが楽しいドンチョル。

でもソニは旦那がソウルにいるらしいことがわかり、
興信所に依頼し居場所をつきとめました。
ソニが俳優ソン・ジェビンの家でヘルパーしてることにはもう気づいてる旦那は
こそこそしてたけどねー。

さて、ドンチョルの家族は兄とその息子フンとの3人男所帯。
事務所社長をしている兄は、アメリカから一時帰国し韓国で活動するという女優ナユンを
ドンチョルから遠ざけようとしてます。
フンはナユンの子供のようですが、父親はもしや兄貴じゃなくてドンチョルなのかな??
ドンチョルは疑いもなく甥だと思ってるから、もしそうでも兄貴とナユンだけの秘密がありそう。
ソニに気の置けない母のイメージを抱いてるフン君の様子がまた愛らしいです。

2009.5.26
2話までBテンポ良い!それにしてもジンシル天晴れ!

前評判上々の「ラスト・スキャンダル」楽しく見始めました!
ソニを演じるのは美人女優チェ・ジンシル!
しかしここまで破壊的なおばさんを演じるとは!
本作が遺作となったなんて、残念すぎるよー!(涙)

ドンチョル役のチョン・ジュノ。彼が主役のドラマって私見たことなかったんだよね。
で印象は、”上地君にめちゃ似てる!”でした(笑)
困った顔や上目づかいしてたらそっくりだよねーー!

さてさて、このドラマ、ドンチョルのスタンスがはっきりしているから最初からすっと入れましたよ〜
人気俳優だけどまだ独身。初恋のホン・ソニを今でも思い続けている純情君。
ふと漏らした話から、マネージャーが気を利かせてソニの連絡先を調べてくれたから騒動勃発!

ソニのあまりの悲惨なアジュンマぶりに幻滅し冷たく突き放したものの、
俳優のソン・ジェビンだとバレた事が不安でならない小心者のドンチョルは、
会わずにおけるようソニに小芝居をうった。

でもうっかり、「一日でもソニを買えるならいくらでも出す」なんてせりふを入れたから大変!
旦那の保釈のために金策に四苦八苦していたソニの最後の頼みの綱だったドンチョル。
この言葉を本気にしてとうとう自分を買ってくれと家までやってきたよーー!
服を脱いだソニに別の意味でひえ〜〜なドンチョルがめちゃ笑える!

でソニが必死になって助けようとしている(当然だよね)夫は、さる未亡人のお金持ちさんから
「私にあなたの人生をくれるなら、全財産をあなたにあげても良いわ」と言われてたよ!?」
もしや妻を裏切るのね!
ソニが離婚しなけりゃドンチョルとは結ばれないよね、どう展開するのか今から楽しみです!