HOME韓国ドラマのあしあと2010年以前の作品リスト>めっちゃ大好き!
ハマり度☆Bです〜
シンプルBOX-1
BOX-2



DVD-BOX 1

DVD-BOX 2
●2006年 韓国MBC 全34話
●演出:キム・ジンマン  ●脚本:ペ・ユミ 
●出演:ユジン(ヨ・ボンスン) 
イ・ミンギ'(ナム・ボンギ) 
チャン・ジュノン(リュジン)
●視聴:2010.3.1-3.18    DVD
●Story
ヨ・ボンスンは祖母と深い山奥に二人で暮らしてきた。
ある日崖から落ちて怪我をした研修医ジュノンを助け、そのジュノンを迎えに来たボンギとも
知り合いになる。
ボンスンはもちろん、ボンギは大統領警護官だがジュノンが大統領の息子だとは知らず
言いたい放題のどたばたぶり。
翌朝ボンスンの祖母が倒れ、「本当の両親を探しなさい」と言い残して他界してしまう。
一人ぼっちになったボンスンはジュノンの助けをかりてソウルに出てくるのだが・・・。
レビュー
1-3  4-7  8-11  12-14  15-18  19-22
23-26  
27-30  31-34完
大統領官邸が舞台
出生の秘密と辛い恋がメインだけどコミカルで明るい!
ハッピーエンドでしたね〜!
あの最後の最後、ラブラブな二人がじゃれあうシーンでやりすぎたボンギに
「やー!イ・ミンギ!」って叫ぶユジン!
これが二人の熱愛疑惑になったシーンか〜(笑)
終わりよければすべてよし、のドラマでした。

とにかく都会になれない純粋なボンスンの失敗続きに巻き添えを食らうボンギの図が
前半のムードを引っ張ってるんだけど
ちょうど全34話のうち真ん中程まで、
ボンスンの出生の秘密疑惑にぐいぐい引き込まれました!


後半は真相が明らかになり、今度はボンスンの本当の母親が見つかるんだけど、
この辺りからちょっと盛り下がっちゃったカナ〜〜(汗)
とにかく私はこう言う臆面もなく人に迷惑を掛け散らかしながら生きてる人は苦手なので
ボンスン母は耐え難かったわ・・・。
でもボンスンはそんな母をちゃんと受け入れたんだから偉い!

で、もうひとつの見所はボンスンに愛は来るのか!って所。
辛い辛いときに、ひたすら見守り続けるボンギはたいした男ですよ〜、
でも残念ながら「タルジャ〜」の時みたいにミンギ堕ちはなかったけど・・

大統領官邸の護衛官・料理人という、独特の世界を舞台にしてある新鮮さはありましたねー!
この設定でないとできなかったストーリーの部分もあっただろうけど、全体的にはユルめです。

重いドラマばかり視聴していた中で気軽に見られたかわいいドラマでした(笑)




2010.3.18
34(最終)話までBボンスンにとっての本当の幸せが来たーー

認知症の治療のためアメリカに旅立ってしまった妻、取り残されたジュノンを励ましてくれたのはボンギ。
ボンギは、自分が警護官になるきっかけとなった、10年前の悲しい出来事を話してくれたのだ。

まだ学生だった頃、塾に迎えに来た母が強盗に襲われ、帰らぬ人に・・・
怖さで逃げ出した自分を後悔しつづけたボンギは強くなりたいと思っていたんだね・・・。
「あなたは逃げずに奥さんに対してベストを尽くしたんです」と。

ボンスンと一緒の写真を記者に撮られ、
スキャンダルになりそうだったジュノンの記事を押さえに行き大怪我をしたボンギ。
ボンギがなかなか目覚めず焦るボンスン。目覚めたら目覚めたで世話を焼いてしまう。
ボンギの気持ちを知っているジュノンは、二人がうまくいくことを願っていた。

自分もボンギを愛していると気付いたボンスン。
怪我でつけていたギブスが外れ、書き込まれたメッセージの中に
ボンスンの告白を見つけたボンギはまっすぐボンスンの元へ。
母とのわだかまりも少しずつ解け、職場でもボンスンの料理への姿勢と
やる気を認めてくれるようになった先輩達。

天涯孤独になったボンスンに、本当の新たな家族ができ、愛も見つけた。
これから幸せを謳歌できるよね。

2010.3.16
30話までB秘密はもうなし

同居を始めた母親と妹達。上の妹がボンギ狙いという展開で、
これが意外にボンスンにはいい刺激。
下の妹はこれまでの貧乏で肩身の狭い暮らしのなかで、
現実逃避する姉と軽率な母の間で辛い思いばかり
でも学業優秀で絵の才能もある。ボンスンが常識的にこの子を見つめてあげれば
きっとまっすぐ歩めるよ!

ジュノンがボンスンに安らぎを感じる一方で好きになっていく自分を
コントロールする事に苦慮してました。
奥さんは奇跡に近いわずかな回復を見せたけど、かわいい娘にやけどを負わせてしまったことで
アメリカへと去る決意をしました。
ジュノン妻と娘ヒョウォンとの涙涙の別れ。子役ちゃんのうまいこと〜〜!

妻が去り、ボンスンの気持ちはまた寂しげなジュノンの方にむいてしまいそうだけど、
もうボンギがボンスンを愛してしまっているという事実を知るべきですね〜

2010.3.16
26話までBボンスン歩みだした

見つかったお母さんは二人の娘を育てました。一人は養子・一人は実子。
でもその生活は不安定でほぼその日暮らし。
人にたかりついにはサラ金に手をだして借金取りに追われてます。
行き場がなくなってボンギの家に押しかけてきたよ。

ボンギはすでにボンスンが一番大事になってるので妹たちの兄であろうと味方になってますね。
ボンギ父がその借金を持ち家を担保に借り入れたお金で返済してやる事を決めました。
オレはどうかしちまったなぁ〜って呟くボンギ父。たしかに普通ならそれはしないよね(汗)

ボンスンが大統領官邸の料理人として料理長から引き上げてもらいましたが
嫉妬のいじめからは逃れられないわな・・・
ピンチをチャンスに変えたよ。まぁこれといって大きな展開はないですが・・・。

2010.3.14
22話でB真相解明で一区切り

そういうことだったのかー!まぁそうだろうね、隠し子なんてことないわな〜
25年前、ボンスンが市場のさる店の前に捨てられていたところを
当時逃亡中だった(?)ジュノン父によって拾われたらしい。
今の官邸料理長と大統領、そして赤ん坊のボンスンとが過ごしていたある日
あのヨ・コップンおばあちゃんのお家にやっかいになってからそこの孫として育ったそうです。

これでボンスンが大統領の隠し子かもしれない疑惑やジュノンとの兄妹疑惑も決着がつきました!

決着がついたらなんか区切りがついちゃって、お母さんとの再会もジュノンの離婚の苦悩も
あんまり盛り上がらなくて・・・(汗)

あの明るく純粋なボンスンが苦悩し涙を流す様子が気になるボンギが
いよいよその気持ちをはっきりさせてきたよ。
二人の今後がどうなるかって言う辺りに物語は集中していきそうです。

2010.3.11
18話までC真相教えて〜!

ジュノンの妻は3年前から痴呆症を患い、
妻を献身的に介護する様を目の当たりにしてさらに心を痛めるボンスン。
なんとかジュノンの力になってあげたいという思いを止められないボンスンを見て
気になるあまり構わずにはいられないボンギです。

でもボンギがあの写真を見て、ボンスンの苦悩が募らないようにとジュノンに手渡しました。
真実をはっきりさせ、ボンスンの気持ちにケジメをつけてやりたいという思いやり。
さぁ、写真をみた大統領はボンスンを呼びましたよ〜〜!

一方、ボンスンの母親の現状も描かれ始めました。
ボンスンの幼馴染のアパートの隣部屋に住んでますよ!
同居しているのはボンスンのお金をすったあのスリ!
その日暮らしをテキトーにして、人にたかり、スリをして得たお金をせびる生活。
美人は美人だけど、とんでもないお方ですね〜〜〜(汗)

2010.3.9
14話でC盛り上がってきたわ

韓国に帰ってきたジュノンの娘ヒョウォン付きの警護をすることになったボンギは
ボンスンがジュノンの事を妻子持ちだと知らずに好きになったことで大困惑!
でも遅かれ早かれそれは明らかになって・・。

寝ぼけてボンギにキスしたことを覚えてないボンスン・・
ボンギだけが心かき乱されちゃってるかな?
とはいっても、失敗続きで失恋までして激しく落ちこむボンスンをほっとけないよね。

大統領がボンスンの父親らしいという事を警護部長にも話すことになった。
お母さんは女優さんだったみたいだよ。
でも大統領がボンスンを抱いている写真、あれはいかようにも読めるよね〜。
私の予測としては、あのおばあさんが大統領のお母さんで、母に会いに来たときに
育てられてるボンスンと撮った写真って事だと思う。
ボンスンの料理が口に合うのは母の味とも読めるしね〜

2010.3.8
11話までB関係が密になり面白くなってきたー

ボンスンの慣れない都会暮らしと、ボンスンの価値観が受け入れられないボンギとのドタバタで始まった
同居生活も徐々に落ち着きを見せ始め、
いよいよボンスンは父と思しき大統領と会えるチャンスを求めて青瓦台の食堂で働く事になりました。
もうボンスンの中では大統領が父という図式が出来上がっちゃってるけど!

ジュノンは31歳にしてすでに痴呆の症状が悪化しつつある妻を抱えて暮らしています。
妻のアメリカの両親から「娘を引き取りたい」という話がもたらされ、離婚という決断も見え隠れ。
そんな中、アメリカで面倒を見てもらっていたジュノンの娘ヒョウォンが帰ってきた。

大統領夫人に目を留められたボンギが家族警備に配属替えになり、ヒョウォン付きの警備に。
この経緯でジュノンが大統領の息子だったと知り、今までの態度を激しく後悔するボンギ、あれじゃぁね〜

ジュノンが既婚者だと知らずに好きになってしまっているボンスン。
一方、なぜか時々ボンスンが女に見えてしまいうろたえるボンギ。この辺の関係も面白くなってきたわ。

2010.3.7
7話までBソウルの生活スタート!

スリに現金を取られちゃっておばあさんのお墓(ロッカー式の集合霊園)で泣いてたら、
奥さんの命日でおまいりに来てたボンギのお父さんと意気投合しました。
泊めてもらうことになり、ついには下宿という流れに。

ボンギとは相変わらずの犬猿の仲で、優しいジュノンの事が好きになり始めてるボンスン。
だけど、ジュノンには病気の奥さんがいます。自閉症なのかな?
若年痴呆なのかな?まだ分かりませんが。

ボンギのお父さんは大統領官邸のある青瓦台の庭師で、ボンギは護衛官。
実の父母を探そうとボンスンは写真を頼りに青瓦台にきました、
ボンギ父はそのことを知りましたが、どうなる事やら〜

2010.3.2
3話までBテンポ良くて楽しいわ

私が今視聴中のドラマって、シリアス系(史劇・クライム・テロ・愛憎・医療・政治的駆け引きなど)ばかりで
ちょっと軽めのドラマもひとつ入れたいナーとおもってセレクトしたのこれ!
随分長い事暖めていたよ〜(爆)
で見てみたら期待を裏切らないムード!こういうドラマは捨てがたいよマジで!

主演はお久しぶりなお三方ですがみんなうまいわ〜!
25歳になるまで超田舎に祖母と二人きりだった純粋なボンスンに出会った大統領の息子ジュノン。
ボンスン役のユジンちゃんはは「ラストダンス〜」で見事にヒロインを演じていたし、
ジュノン役、はどの役をしても素敵上手な助演男優リュジンssi!山でのリュジンはなんだかかっこよかったわ〜

そして「タルジャの春」で落ちた時にこのドラマを入手したという経緯のあるイ・ミンギ!
短気で喧嘩っ早い、偏屈なところがあるちょっと屈折した所のあるボンギを演じてますね〜
今のところかっこよくはないけど、ミンギが演じると役が自然と彼のハマリ役に見えてくるから不思議。

さて、ボンスンは死ぬ間際におばあさんから「実の両親を探せ」と言い残されますが、
その写真に写っている男の人は現大統領! もしやジュノンとは兄妹になるのかな!?

一人ぼっちになって、ジュノンを頼りにソウルへ出てきたら全財産をスリに取られちゃって
ピンチのボンスンです!