HOME韓国ドラマのあしあと2010年以前の作品リスト>無敵の新入社員

〜エリックのスパイ大作戦〜
ハマり度☆ギリでAリタイヤ寸前だった
●2006年 韓国  全16話  (原題:無敵の落下傘要員)
●演出:イ・ヨンソク   ●脚本:キム・ギホ パク・サンヒ
●出演:
ムン・ジョンヒョク(チェ・ガン) 
ハン・ジミン(コン・ジュヨン) 
シン・ソンウ(カン・ウニョク)
●視聴:2009.1.7-2.19  BS11デジタル

●Story
腕っ節は強いチェ・ガンは高校時代暴力沙汰で無期停学、大学もほとんど行かず
未だに就職もできない。
が、ある日大統領の車に轢かれそうになった老婆を助けたことで、大統領から感謝され、
国家のために働ける秀逸な人材だという申し送りで情報局で働くことに。
やっと就職でき、親のすねかじりから卒業だと喜ぶチェ・ガン。
しかし、チェ・ガンが配属されたチームのボスは、しばらく現場を退いていたとはいえ、
やり手と謳われたウニョクだった。
好みが別れるところ。
ドタバタだけどコメディでもない、でもなんだか憎めないドラマ
あははは!何だったんだろうなぁ、最後まで見ちゃったよーー!
正直に言うけど、視聴を決めた自分が恨めしいよー!時間が惜しい・・・〜

ラストまで見れたその救いは、憎めないキャラクター達にあったので
かろうじてハマり度は2なんだけど、それでも、任務やプライベートがごちゃ混ぜになってて、
到底ストーリーが楽しめたとは言いがたい代物でした・・・。

好きだった方には本当に申し訳ないですね・・・。

途中から「情報部」というのは設定上のネタだと、
固く自分に言い聞かせていた
んだけど、
任務そのものがメインのストーリー展開となってきたラストは
そのゆるゆる情報部の軽さが耐えられなくなっちゃった(泣)

国際スパイを使ってる大物黒幕がいとも簡単に素人のガンにその顔をさらし、
ばればれのところから狙撃したり、極秘に進めてきてるのに緻密な計画もなく、
味方になってくれるかどうかも分からないのにいきなり情報局長に本当のこと話ちゃう。
どれもこれも結果オーライなら何でもありなテキトードラマでした(汗)

絶対誰も死なないし、皆めでたく納まるんだろうなっていう安心感と、
情報局の人々、という少し秘めたる設定が楽しみたい人向けのドラマではあるかな〜。
それなら、1話完結とは言わないけど、2話くらいずつに1エピソードいれつつ、
全編とおしてジュヨン&ガンの恋やユニ&カン室長の過去を描くのも手だったのでは?
あるいは完全にコメディにもっていくか、だよね・・・
それならカン室長役のシン・ソンウssiの超シリアスなキャラも
却っておいしく料理できたかも、かもだねーー。

ハン・ジミンちゃん演じるジュヨンの愛らしさやなんとなく部外者なのに
面白いガンの家族に救われたけど、
それがなかったら、もうリタイヤしてるとこでした・・・





2009.2.19
最終(16)話までAハッピーエンドなのか!?(汗)

エリスに肩を並べるほどのプロのスパイだと思い込ませたガンは
「国保会」に食い込むためカン室長を狙撃する。
あらかじめカン室長とは段取り済みで、ペイント弾を使い無事成功。
”Z"はさる大物議員だと突き止め、あとは追い込むだけ。

”Z"の手に渡ったLKの「ナンドフラッシュ」の技術情報は出所が弟ソンだったこともあり、
上手くすり替えも成功。
”Z"逮捕までジュヨンが人質としてつかまったりとそれとないピンチもありつつ、
でも無事すべてが成功。
過去恋人同士だったカン室長とエリスことチョン・ユニは
互いを撃てず死んだことにするといって別れる。

3年後ガンはもう立派な情報局員。
婚約者の死亡事故の原因だったと思しき組織の一端を崩し、
牧場にまた引っ込んでいたカン室長を迎えにやってきた。
ガンとジュヨンはおそらく夫婦情報員?もしくは恋人情報員としてラブラブな模様。
そしてエリスはまたもや国際スパイとして復帰し韓国に降り立った。
彼らの攻防がまた繰り広げられるのか?!って事で。

2009.2.2
12話までBスパイ問題にやっとこさ突入だよ

新入りの研修生に対する総合試験が行われる折に、
チェ・ガンも受けさせられることに。
ジュヨンの学習指導とマークテストのコツを伝授され、
運動系も闇練を重ね持ち前の体力で見事合格(!?)
本当はもっと特殊な知識や資質がいると思うんだけど、
まぁ、ここの情報部というのはストーリー上のネタだから(汗)


でだね、ユニがスパイ・エリスだとなんだか分かっちゃったガンは、
LKの専務と接触する彼女を見かけ追跡、
自分をどこかのスパイだとエリスに思われてるのを利用して合流したところを
何者かに写真に取られ、情報部からガンはスパイだとして指名手配されちゃった。

コレは、超VIPで組織された「国保会」の大ボス”Z"を追い詰めるための作戦の一つで、
ガンはそのスケープゴード。
無実を証明しないわけにいかないガンは、
エリスらと合流したときに保存した携帯データを武器に反撃するかも。

あ、あと、ジュヨンとの距離が縮まっておりますよ。
それからガンの弟ソンは微妙ーーにズレた恋愛観をお持ちで(爆)

2009.1.24
9話までBやっと妙な誤解は解けて現実が

大統領官邸からのじきじきのコネで来たせいでとんでもない大物だと勘違いされてきたガン。
ここにきて、それがとんでもない勘違いだったと分かり、
ガン自身も大統領がらみのあの一件でコネ入社だったことを知る。
ここからどう展開させるのかが見せ所だね〜

LKの技術データを入手しようとしていた国際スパイ・エリス。
彼女はチョン・ユニというホテルオーナーの娘でスパイは趣味。
昔ガンの上司であるカンチーム長と恋人だったが、訳あって分かれた経緯が。
しかも、その後カンの婚約者が亡くなっており、その事故に絡んでいたのはエリス。
ただカンはエリスが誰か知らない。

ユルユルな情報部で、情報部といっても、
ストーリー上のネタみたいな感じの存在かなーー?!

大した潜入捜査もなく、ほんわかと恋模様、
情報部員の母親にガンの仕事を明かしたりと、仕事はほとんどネタだね(爆) 
そう納得しちゃえばちょっと気楽に楽しもうかという気になるわ〜

2009.1.15
4話までB偶然と思い込みだけで!

分かったぞ!このドラマは偶然とまぐれあたりみたいな部分と、
そして周りのちょっとした思い込みで展開し、
どれもがチェ・ガンのお手柄へとつながるっていう部分を楽しめということなんだね!


情報部に入ったチェ・ガンはLKの入社試験に落ちた直後に
道端で出会ったLK課長とトラぶったことがあります。
なんとこの課長は自社の開発技術を他国に売ろうとしていたもので、その時の事がきっかけで
今回その技術流出の危機を一つクリアしたわけです。

そしてもう一件はロシア人2人組!彼らもLKの技術を狙っているようだと思ったんだけどどうかな?
チェ・ガンのうちで家族ぐるみで花札やりまくって雑魚寝してたけどーー(爆)

2009.1.11
2話までAコメディなんだよね?

ありえない流れで、謎の多い何かとんでもない人材だと誤解されながら、
あっという間に情報局へ就職が決まったチェ・ガン。
1・2話はその誤解の連続と、彼が関わることになる人々の紹介もかねてありました。

局長(?)のヅラがヘリコプターの風圧で飛ばされたり、ちょっとしたコメディムードもあるんだけど、
そこまで作りこんではないし、
主役のチェ・ガンが訳も分からず巻きこまれる様子にも笑えるって感じでもなく・・・
なんとなく一緒に見ていた小学生の子供がウケる所をみて、年齢かも・・・って感じたり???

ただ、この2年後イ・ジュンギの「一枝梅」でメガホンを取った
演出家イ・ヨンソクssiのドラマなのでとりあえずは見て見ます!