HOME韓国ドラマのあしあと2010年以前の作品リスト>オーバーザレインボー
ハマり度☆B若いね〜
オーバーザレインボー
DVD-BOX

●2006年 MBC 全16話
●演出:ハン・ヒ  
●脚本:ホン・ジナ ホン・ジャラム
●出演:チ・ヒョヌ(クォン・ヒョクチュ) 
キム・オクビン(チョン・ヒス) 
ファニ(レックス)  
ソ・ジヘ(マ・サンミ)
●視聴: 2007年8月-11月 BS日テレ 
●Story
歌手を目指して未だに家族の金を使い込む父親のせいで貧乏苦労続きの高校生ヒョクジュ
はケンカだけは強く、学費援助をしてくれるヤクザの兄貴に恩を感じチンピラのような事をしている。
ある日、怪我をさせた生徒が出るはずだったダンス大会で上位を取らないといけなくなる。
ダンス歌手を目指し帰国してきたヒスから手ほどきをうけ、
ヒョクジュは自分にダンスの才能があることに気づく。

一方同じ学校に通いながらも芸能活動をしていたレックスとは因縁があり、
2年後ダンサーとして足場を固めつつあったヒョクジュは彼のバックダンサーとして踊ることになる。
つき合い出したばかりのヒスとヒョクジュだったが、レックスはヒスにこだわりを見せ始めてしまう・・・
華やかな芸能界を舞台にしてあるものの、
等身大の恋と夢に苦悩する若者を描いた初々しいドラマ
ハマり度評価としては普通に楽しめたなぁ、って辺りに落ち着きましたが、
新鮮な思いで最後までみましたよ。
だって、若いんだもん!思春期だよ!

韓国ドラマの王道である運命の恋、って感じのエピソードは全くなし。
勉強うまくいかない、仲間とケンカしてしまった、なんとしてでも歌手になりたい!
好きだっていってしまいたいでも・・とか、
あこがれていたから好きなはず・・でもなんであの人に惹かれるの??
ってな具合で、若さゆえの迷いや葛藤とかこそばゆい感じの恋模様が微妙にツボでした。

ストーリーの舞台となっているのは芸能界。それも歌手の世界。
超人気歌手のレックス。ダンスのうまいヒス。 2人がドラマのムードを引っ張っていくんだけど、
なかなか底辺の生活から抜け出せないヒョクジュや当たり屋だと思われちゃうサンミちゃん達の
愚直なまでの強さや暖かさが後半の心理面を盛り上げて生きます。

脇役として出てくる大人はプライドという
芸能プロダクションの社長(計算高い大人の象徴として描かれてたなぁ)と
ヒョクジュのお父さん(夢を追い続けて幸せな人生だったと語るロマンの人)が主な方ですね。
そう見ると本当に普段見る韓国ドラマとは少し趣が違うでしょ?
でも仲間を思う気持ちとか父親を思う気持ちなんかは人情タップリなんだなぁ〜

知らなかった若手俳優さんたちの初々しい姿をみて元気でました。
また他のドラマでも活躍して欲しいですね!


2007.11.30
最終話まで
ルックスのいいヒョクジュにCMの話まで入り始めギャングスターは売れ始めるが、
ヒョクジュだけ欲しくて他のメンバーは必要ないと思っている
「プライド」の社長と意見が合わない。

ヒスとも再び付き合うことになったが、ヒョクジュのお父さんが他界すると言う辛い心境の時、
サンミを心の拠り所とするようなヒョクジュのまなざしにヒスは違和感を感じ、別れを決意する。

またレックスは自分の音楽を追求するためプライドを飛び出したが、
新曲のプロモーションをプライドの社長から妨害される。
しかし地道な活動を行うことで日の目を見ようとしていた。
いつも自然体のサンミがそばにいる事で安心感を覚えるレックスは
特別な1人になって欲しいと切に願う。

けれど、ヒョクジュを忘れられないサンミはレックスからの求愛を断る事に・・
「レックスやヒスは恵まれた環境で育ったから堂々としているわ。
でも私やヒョクジュはそうじゃない。辛くて何かに怯えてる。似ているから惹かれるし忘れられない」

そうして別々の道を歩んで2年後・・
レックスは再びメジャーな歌手として活躍し、
ヒョクジュも3年間のプライドとの契約更新を断りメンバーと活動開始。
ヒスは歌手をやめ、人気DJとして活躍していた。
コーディネーターとしての勉強を続けるサンミは2年ぶりにあったヒョクジュから告白される。
2年間思い続けていたと・・

2007.10.8
9話までB期待は高まるけどテンポが・・・

ヒョクジュのダンスチームはギャングスターという歌手グループとして活動を始めることに。
ヒスがレックスとのラブモードの写真を取られ、スキャンダルを恐れた社長が
中国進出するか交際を公にしてしまうかとレックスに迫った結果、
記者会見となった「交際宣言」をみてしまい、
悔しさや嫉妬やプライドなんかが傷ついたんだよね、
やっとヒョクジュボーカルをすることに決めました。
ぜんぜん忘れられないんだよね〜、ヒスの事・・・

ドラマのなかで「ヒョクジュの歌がうまいじゃない〜」という周りの反応だったけど、
どうかな・・・(汗)
でも、売れてのし上がって〜〜!っていう気持ちでヒョクジュの事を見ておりますので
気にしないで スルー
半年だけ頑張らせてくれと親に宣言して始めた歌手活動だけど、
海水浴場回りの飛び込みライブなんかでは今後の光もみえず・・
もうやめようかって時にヒスが彼らの活動を知りました。
ヒスの紹介でプライドも捨て、ライブイベントの前座を最後にしようと決めたのでした。

途中、レックスのファンとして彼を見守ってきたサンミちゃんは事務所の練習生をやめ、
ヒョクジュたちのチームと行動を共にしてます。
ヒョクジュを思っているサンミちゃんは、ヒスのこと許せないよね・・・

でレックスの一大ファンだったサンミちゃんは
アイドル脱皮時期に立つレックスの苦しい立場も気づいていました。
レックス、サンミちゃんが必要だと感じ始めてない?あれは!
レックスを「愛している」と恋人として振舞うヒスと、
彼を1人の迷える人間として見守るファンとしてのサンミちゃん。
この2人の場合だと、今のレックスが必要なのはサンミちゃんってことに・・・?

ヒョクジュとレックス、サンミちゃんとヒスだと、
ヒョクジュとサンミちゃんが人間的に大きい感じがするね・・

ヒス 「愛しているわ、でも登りつめるためにもう少し利用させてね」 → レックス
レックス 「理解してくれてるんだな俺を支えて包んで」 → サンミ
サンミ 「プライドのせいで苦しんでるのねでも根性で耐えてるあなたを見守るわ」 → ヒョクジュ
ヒョクジュ 「お前ほどカッコいい女は知らない、忘れられないけど耐えてみせる」 → ヒス というふうな
四角関係成立し始めたなって感じかな(笑)勝手にすいません!

ようやく次回ヒョクジュが芸能事務所プライドの社長の目にとまるのかな?
って感じの予告でした。
だんだんカッコ良くなってきたヒョクジュのチ・ヒョヌくん!
キスシーンはなんだかうまいね〜!(喜)
サクセスストーリーは好きなので期待してるんだけど、でもここまでちょっと長いで〜
テンポよく展開して欲しいもんです。


2007.9.21
6話までBおや?ちょっと乗ってきたか?
ヒスがソロデビューすることになり、スキャンダルを嫌がる社長の手前、
ヒョクジュをばっさりきり捨てるヒス。
一途に思ってくれるヒョクジュを思いもしているが
はレックスへと向いてしまっていると自覚するヒス。
それを感じてしまったヒョクジュはなんと収録中に挑発してきたレックスを襲う
という暴挙に出たから大変!
当然バックダンサーのチームクビだよね。

落ちぶれてカラオケ屋で盛り上げの仕事をすることにしたヒョクジュを見た
チームのリーダーが自ら机に乗って踊ったシーンは
ヒョクジュの卑屈になった心に釘を刺す効果と
の前でヒョクジュの落ちぶれた姿を見たくないというリーダーの心の両方が垣間見える
すごいシーンで、自然と涙が出てしまいましたよおばちゃんは!
若いゆえに揺れ動く心をうまく描いてあってちょっと引き込まれたわ〜。

もしかしてこの後ヒョクジュ歌を始めるのかな?
しかしてすんごい売れてレックスに追いつくのかな?!
なんだかサクセスストーリーみたいになってきた!?
次回を楽しみにしちゃってます(笑)


2007.9.6
4話まで評価Bなんだけども・・
若者の思いや夢みたいなものをメインに描いているからストーリーに厚みはないですね〜
でも4話の地点でメインキャスト4人の接点がより深いものになり始めて
関係も微妙に変化してきたような・・・
初々しい感じはしますが今後きちんと人間関係が描かれ展開しないと
薄い恋愛もので終わりそうで心配(汗)

ヒョクジュたちダンスチームは人気NO1歌手のレックスのバックダンサーとして
頑張っているんだけど、レックスがヒスに興味を示しちゃって付き合ってるヒョクジュは
気が気じゃないよね〜(汗)

4話はレックスのMV撮影ということでニュージーランドでのシーン。
風景は美しかったけどほとんどがヒスとレックスのショットシーンで
ニュージーランドにおいてきた父との再会と確執の思いも
きちんと描かれていたかどうか・・・?
台詞が全体的に少ないからまるでミュージックビデオ見てるようでした。
でカットされているせいで話が飛んでるように見えて話が薄くなってるのかなぁ?
スターオーラは伝わってくるのでもう少し若者達を見ていこうと思います!

2007.8.22
2話まで今のところ評価B
若いエネルギーいっぱいって感じのドラマですね〜
ダンスのシーンやステージの様子など視聴対象が若年層だよね、
今まで見てきた韓ドラとはまた一味違います。
主演のチ・ヒョヌ君、引きの映像みて一瞬Rain(ピ)かと思いますよ、ちょっと似てない?
ライバルのレックス役ファニ君も実際に活躍している歌手らしいですね、
新しい発見いっぱいでなかなか楽しめました、これからどうかな?
ただBS日テレの放送、カット多すぎない?そこだけ残念です・・