「ドラマほびっと☆」のサイトじゅうネタバレしていますのでご注意下さい。
ドラマほびっと☆
HOME韓国ドラマのあしあと>シークレット・ガーデン
シークレット・ガーデン ハマり度☆C随分ハマった!
Blu-rayBOX 1
Blu-rayBOX 2

OST日本版 OST韓国版
オフィシャルガイド前編 後編
オフィシャルメイキング+[DVD]
●2010-11年 韓国SBS  全20話
●演出:シン・ウチョル   
●脚本:キム・ウンスク
●出演:
ハ・ジウォン(キル・ライム) 
ヒョンビン(キム・ジュウォン) 
ユン・サンヒョン(オスカー)
キム・サラン(ユン・スル) 
イ・フィリップ(イム・ジョンス)
●視聴:2012.9.8-9.14  
●Story
ライムは映画等で活躍する第一線の技術を持つアクション俳優だが、
アクションシーンでの女優の代役がほとんど。
命を賭るシビアな仕事ではあるが、ただのスタントと呼ばれ立場は常に不安定。
ある日超人気歌手のオスカーが女優とのスキャンダルに巻き込まれそうになった事で
従兄のデパート社長ジュウォンに助けを求めた。
女優と同じ衣装を着ていたライムをその女優と誤って以来なぜかジュウォンはライムが
頭から離れず、その原因を知りたくてライムに繰り返し会いに行くようになった。
ジュウォンは家賃3万円ほどの部屋にライムが友達と折半で暮らしていることを知って
住む世界の違いに驚くのだった・・・。
レビュー
1-2話  
3-5  6-8  9-12  13-16  17-18  19-20完
ファンタジーラブロマンスを豪華な主演で
魅力的なヒョンビンの演技力を再認識!
ファンタジーラブロマンスに飢えてたからハマったわ〜〜
それに、これまでもヒョンビンのことは評価していたんだけど、
こんなにステキだったかな?な〜んて思わせられちゃって^^(爆)
入隊前にさらにブレイクしておくなんて憎いよね〜それくらい評価されたことが納得の演技でした。

このドラマの鍵は、2人の魂が雨をきっかけに入れ替わるという魔法にかかってしまうこと。
コメディ要素もあり、でもこの魔法は哀しいほどに2人の愛を切実に演出してみせました。

ライムとジュウォンの魂が入れ替わったシーンは互いが互いのキャラクターを演じ、
また同じシーンで、それぞれがどう感じているかを元の姿で見せるという演出もされます。
後半にはジュウォンが21歳以降の記憶を失くして血気盛んな無邪気な21歳に戻るシーンもあります。

どれもハ・ジウォンとヒョンビンの演技力がなければうそ臭くて成立しないような設定。
特にヒョンビンに比重が大きいのだけれど、それをやり抜いてます。見事に。
そういえば「アイルランド」の時から難しい役をすでに体現してたなあ〜と思い出しました。
もう一度「サムスン」や「雪の女王」を再視聴したくなったわ。

それにしても、口は悪いけど好きな気持ちを隠しもせず猛アタックする甘いヒョンビンと
アクション女優を地で行くオトコマエなハ・ジウォンは魅力的でした。
この組み合わせはあんまり見られないんじゃないかな?貴重かも。
ラブラブになってから、ライムがもうちょっと色っぽかったらよかったのにな〜
なんて思う部分もあるけど、キャラだからね。

もうひとつのラブラインを行くオスカーとスルも好感の持てるカップルだった。
明るいオスカーのキャラが癒しでもありましたね。

ラストは「パリの恋人」の脚本家さんらしく、
そこで終わるのね?って感じだったけど伝えたいことは分かりました。
秋の夜長にはピッタリのラブロマンスです^^



2012.9.14
20(最終)話までCそれで良かったんだよね

少々のすれ違いやトラブルには動じないライム。
焦ったジュウォン母は、息子が記憶をなくしていることを利用し、
ライムがお父さんの亡くなったあの事故をエサに同情を買い
ジュウォンに近づいてきた計算ずくの女だから別れろと言ってきました。
何かの拍子に少しずつ記憶を取り戻し始めていたジュウォンはついに復活。

全てを思い出したジュウォンは、とうとう事故以来なくしてた辛い記憶も同時に取り戻しました。
このための記憶喪失だったともいえるね。
辛すぎたあの日の記憶と、助けてくれた消防士さんの遺した娘への言葉。今ならちゃんと伝えられる。
事故後の記憶を失くす直前、ジュウォンは葬儀で泣きつかれ眠るライムを見て胸を痛めていました。
ライムの心を感じるがために記憶を失くし、ライムと出会ったから記憶を取り戻した。

母に決別を宣言したジュウォンはライムと入籍。
経営力はあるためデパートの社長は続けるが、生活費や母の財産によるものは全て没収。
母の土地の上に立つジュウォンの家は貸借契約がなされた。
そして5年。
3人の可愛い子供たちも生まれ幸せな二人。
孫を時々家に招き入れるがジュウォン夫婦をまだ認めない母。
仕事ではベテランの域に入り始めた2人は幸せで充実した毎日。

奇跡の連続が2人を引き合わせ、運命の人だと気付かせてくれた。
オスカーとスルも、別れの原因となった決定的な出来事を突き止め誤解を解き共に歩めることに。
誰にでも奇跡は常に起きている。
目の前の大事な人を守る勇気と覚悟さえあればいつでも幸せはそこにあるって言う事なのね。

2012.9.13
18話までC二転三転の物語

息子の社長職すら株主たちを動かして解任できることを示すジュウォン母に
折れるしかなかったライム。
自分の価値観と地位の保守、それが息子への愛だと思っているジュウォン母は
ジュウォンが生きる喜びを得るための助けをするという愛は持ち合わせていないんです。

悲しい別れを覚悟したライムはジュウォンに父の死の真相を告げることで
彼を遠ざけようとしたんだけどそれはあまり効果がなかったわ。
自分の愛を貫く事がライムへの愛だと知っている彼。

ハリウッド映画のアクション女優として見事キャスティングされたライム。
でもカーススタントの最中に、
封鎖を破って撮影現場に飛び出してきた一般車と激しく激突、意識不明で脳死状態に・・・。
目覚める可能性がほぼない脳死でも諦めきれないジュウォンはとうとう決意しました。
雨にうたれて魂を入れ替える事。
この奇跡は神様からのプレゼントとすら思えると・・・。

入れ替わったと知って従弟を脳死で失う悲しさを抱えるオスカーや、
命をかけてライムを愛したジュウォンに感謝するイム監督。
そして何よりも彼の深い愛に打ちのめされたライム。

天上のライムのお父さんは死ぬ間際にジュウォンに言い残した「家族を頼む」という約束を
期待以上に守ってくれたことを感謝し、
あの約束はもう忘れて良いと2人にかけた魔法を解いてくれました。

元に戻って目覚めた2人!ハッピーエンドがすぐさま待っているのかと思ったら、
なんとジュウォンはエレベーターの火災事故当時の21歳以降の記憶を無くしていました・・・。
でも動じないライム。
たとえ記憶をなくしていても命を懸けるほど深い愛を自分に注ぐジュウォンを離さないと
どっしり構えるライム。
「息子さんを私に下さい!幸せにします!」とジュウォン母に挨拶に行った
相変わらずのオトコマエぶりです。

2012.9.12
16話までC2人の縁のわけ

ライムも、ジュウォンを愛する思いがようやく彼並みになってきて微笑ましいシーンも。
ただ、先ゆきの暗さを肌で感じてしまうライムはただ彼に身を任せるような愛し方はできない。
なのに、また魂が入れ替わってしまいました!

ジュウォンの母に向き合わざるをえないタイミングで入れ替わった2人は
ジュウォンの機転で乗り越えたけど、
今回はさすがにイム監督やオスカーにばれちゃいました。
大騒ぎはなかったけど、ライムはジュウォンが12年前に事故に遭い
今も心因的なトラブルを抱えている事を知り、
ジュウォンはライムのお父さんの命日が自分の事故の日と同じだと知りました。

さて、入れ替わりの最中にライムが乗ったエレベーターが故意に止められ
このタイミングで魂が元に戻ってしまいました。
極度の閉所恐怖症で意識を失うほどのジュウォンの危機に、
夢だったオーディションも受けずに駆けつけたライム。
大事には至らず、ライムのために受けるはずだったオーディションの監督を呼び寄せ
密かにライムの演技シーンを見せたジュウォン。
おそらく受かるかもね^^

一方、お父さんの命日にお参りに行ったライムはジュウォンの母と鉢合わせます。
ジュウォンがあった事故のとき、救助に来た消防士がなくなっているそうです。
それがライムのお父さんだったみたい。
この事実をいったいどう受け止めるんだろう、ライムは・・・。

2012.9.11
12話までCヒョンビンの魅力満載だな

いやぁ〜「愛している、」という思いを知ってしまったジュウォンが
ライムの寝顔をいとおしく見る添い寝シーンはぐっと来たね〜ヒョンビンの麗しさ全開やで〜^^#

ジュウォン母がライムを息子から引き離そうと介入してきました。
手切れ金を用意したり、呼びつけて侮辱しつつ身の程をわきまえさせようとしたり・・・。

ジュウォンの世界からみたら何のメリットも持ち合わせないただの女であるライム。
当然ジュウォンもいくら惹かれようと本気になるはずがないと思っていたんだよ。
”気に入ったからそばに置きたい。大事にはするが、
正式な妻には到底できないからただ日陰で俺を愛せ。
「人魚姫」のように、ただ王子を陰で愛し泡となって消えるそんな愛人になれ。”という。

結婚は家と家が合併するビジネスの一つ、
そんな結婚感しか持ち合わせていなかったジュウォンが、一人の女性とずっと一緒にいたい
という思いを知りました。
俺のそばにいろ、ではなくて、ライムのそばにいたいという気持ち。
愛の意味がようやく理解できたみたい。

ジュウォンの変化に伴って、彼の気持ちが伝わってくるようになりライムにも変化がでてきました。
「俺を気遣ったり理解しようとはしていない」と指摘してきたジュウォンの言葉が耳に残るライム。
自分を大事に抱きしめたり、強引だけど溢れる思いが漏れるキス。
理解しがたいがそうするしかない彼の立場や理由がおぼろげに見えてきて
心が揺れて苦しいところです・・・。

2012.9.10
8話までC視聴ススムわ〜

魂が入れ替わった事でぐぐっと近づくしかなくなった二人。
周囲にばれるのはやはり不都合だし、かといって互いの役割を完璧にはできないし・・・。
でもこの状況で何より一番理解できたのは互いの環境。
何よりジュウォンにとっては相次ぐ新発見の連続のなか、
自分の家庭環境のほうが価値観ずれてるんだと再認識。

トラブル抱えているライム達を巻き込むようにオスカーと元カノのスルの不仲が絡まってきてます。
この二人今も昔も相手一筋。なのに誤解が元で別れたことを知らなくて
愛情が高じて憎しみが増しちゃったスルさんがジュウォンと結婚して
オスカーを苦しめようと無駄な努力中・・。
だれか誤解が解けるようふってあげてほしいわ〜

ジュウォンの姿のせいで大好きなオスカーの添い寝までできちゃうライムはにやけ顔。
ヒョンビンが乙女なライムを演じている様はかなり可愛いわ^^
ハ・ジウォンもうまいんだけど、ヒョンビンの方に華が見えるというかなんというか、
ヒョンビンとサンヒョンのキスシーンまで用意されてるなんてね〜(爆)

さて、デパートの売り場店員に猥褻行為を行っていた常習犯のVIP客に
パンチ食らわせたジュウォン姿のライム。
警察沙汰を起こしたライムに怒ってジュウォンが見捨て宣言した直後二人の魂が元通りに!
展開早いね〜

さて、この魂入れ替わりの神秘は、亡くなったライムのお父さんがあの世からライムのために用意した
特別な出来事だったみたい。ジュウォンを巻き込んだことを詫びていましたね。

2012.9.10
5話までCいよいよファンタジー展開

随分と複雑なキャラジュウォン。
育った環境が別世界で価値観があまりに違うというのは良くある話だけれど、
ジュウォンの場合他人に対する自分の感情のうち好意とか愛情などに対する認識が
欠落しているために言っていることが好意に起因していると相手には伝わらないんだよね。

ライムにどうしようもなく恋しているけれど、
彼女なんかに好意を抱くはずがないという否定の心も邪魔していて
ただただライムを傷つけるばかり。
でもそんな人を相手にしていられないライムの事情や性格、
そしてライムの憧れの歌手でありジュウォンの従兄のオスカーの存在が
二人を完全に別たないのが設定の面白いところ。

さて、こんな二人の周りで不思議なことが起こり始めました。
そしてチェジュ島の森で道に迷いたどり着いた食堂でもらった薬酒を飲んだ二人が目覚めたら
魂だけが入れ替わっていました。

この二人のあまりに理解しがたい環境の違いを、相手になってみる事で理解できる
という展開になるんでしょうか?
ま、それよりもこの状況に右往左往する二人に楽しませてもらえそう^^

2012.9.9
2話でC面白いやん〜〜

映画でもドラマでも、主役を張る第一線のスターであるハ・ジウォンとヒョンビンが
コメディタッチのラブストーリーを演じているんですが、いや〜うまいなぁ〜

かっこよくて男っぽいけどやっぱり乙女なライムも、
育った環境が特殊だったためにどこか常識ハズレなジュウォンも
コミカルで、でも真剣に、そしてよりリアルに演じられていて良いね^^
すでに面白いのに、このあと魂が入れ替わるんでしょ?楽しみ〜

人違いでライムと出会ったジュウォンは親から結婚を急かされる適齢期。
家柄、経済力、学歴など、当たり前のように条件がついて回る政略結婚が前提のジュウォンが
まさかの「カッコいい女」にほれ込んでしまいました。それがさばさばした女らしさとは無縁のライム。

ライムに会いたくて彼女のアクションスクールにやってきたり、
とうとう自分の経営するデパートでの撮影を誘致したりしてライムにぞっこん模様のジュウォン。
でも、ライムはジュウォンの女にだらしないダメダメ従兄である人気歌手オスカーの大ファン。
嫉妬ネタの元ができそうだね〜

女性遍歴の多いオスカーには実は忘れられない女性がいる様子。
その女性はジュウォンとの見合い以降、彼との結婚に焦点を定めたみたい。
物事を複雑にするキャラみたいね。