HOME韓国ドラマのあしあと2010年以前の作品リスト>島の村の先生
ハマリ度☆Aでしたね
島の村の先生
DVD-BOX 1


DVD-BOX 2
●2004年 韓国SBS 全16話
●演出:キム・ヨンソプ  ●脚本:イ・ユンジン キム・ウィソク  
●出演:キム・ミンジョン(チュ・ホテ) 
ハン・ジヘ(ホン・ウンス) 
イ・ドンウク(チャン・ジェドウ) 
パク・ウネ(ユン・ジヨン)
●視聴:2008.10.2-10.14  BS4
●Story
チュ刑事は、脱税疑惑の裁判で被告の罪を証言してくれる予定になっている
「証人」を保護する任務についていた。
しかし、ちょっとした罠にはめられ、まんまと証人を死なせてしまった挙句、
1人で立ち向かった相棒のビョングクも意識不明の重体に・・・

なんとしでも犯人を捕まえ、証人の殺人を教唆した被告側に罪を問うため必死なチュ刑事は、
殺害現場の防犯カメラに映った女性ウンスを発見。
パリへ行こうとしていたウンスを無理やりひきとめて証人になってもらうことに。
しかし、敵も必死になってウンスの命を狙うのだった・・・・
凶悪犯罪を目撃した証人の保護がテーマ
証人と刑事の逃避行と愛の行方
まぁ、普通に見たなぁーーって感じの視聴後感です(笑)
キム・ミンジュンssiは安定した俳優さん、というか、
毎度無難な感じにドラマをランディングさせる方ですねぇ。
「マイガール」での王子様イ・ドンウクssiは、ここではいまひとつ輝きに欠け・・・

このドラマは、脚本が私ほびっと☆を乗せきってくれかなったんだな〜。
でも、ジヘちゃんはすごくかわいかったし、ウネちゃんも悪女を最後まで頑張っていたし、
きっとこのドラマが大好き!って言う方おられるはずですよね。

ハル島の子供達が2人をとても愛してくれていたことが2人を結びつけるきっかけになりました。
たまたま殺人現場を目撃してしまった一般人のウンスが証人であるがために命を狙われる、なんていう
特殊な環境の中で、不器用でも裏表のないホテを愛してしまうのも自然な流れですね。

何がハマれなかったかって言うと、恐らく、命を狙う側の会長やゴァンギや
キム弁護士の位置づけや行動パターンかも。
ゴァンギはぶちキレて振れまくった奴の割には中途半端で失敗ばかり、
かといってコメディタッチではまるでない。
キム弁護士も結構キーマンっぽい役割のシーンがあった割には存在感薄・・・
16話ずっとウンスを追い続けるにはしつこすぎだし失敗しすぎ。

それに、ジェドゥの役割って!?
ただ、ウンスをマンチュン会長とのつなぎにするための人だっただけですか??
婚約式にお客さんまで呼んで!?
ウンスがホテを愛しているって分からせるのちょっと遅かったかな〜。
やっぱり、題材を生かしきれなかったのは脚本だなって思いました。

「証人の保護プログラム」という題材をテーマにしたドラマと言うことが話題だったそうですよ〜!




2008.10.14
16(最終)話までBめでたしめでたしで・・・

ウンスが証人であればそれだけ常に危険と隣り合わせ。
ウンスを愛してしまったホテはそんな事もう耐えられない。
彼女の望みであるパリへの留学を後押しするかのように、ジェドゥにウンスを託した。
証人を保護し法廷に出てもらうという任務を遂行できなかったことの責任を取って
、ホテは天職とも言える刑事を辞めていた。
ウンスはこのことで彼の愛を知り、決定的な証拠を手にするため、
渦中の被疑者ヤン・マンチュン宅に住まうことに。
ジェドゥと結婚すると思っているマンチュンは疑わない。
いくら何でも危なすぎるよね〜

ウンスは会長の隠し金庫のなかから秘密帳簿を持ち出したけれど、
キム弁護士に取り上げられてしまった。
班長をマークし続けていたホテの相棒ヒョングは帳簿とともに、
キム弁護士とヤン・マンチュンと班長が通じていた証拠をつかむ。

マンチュンを殺害した後、ジヨンの手助けでウンスを拉致したゴァンギは、
居場所を突き止めた警察に逮捕されたが、
ヒョング達とともに駆けつけたホテはゴァンギに刺された。
その後ウンスは証人としての役割を全うした後、パリ行きをやめ、教員資格を取得し
再びハル島へ先生として帰ってきた。
そこで出会ったのは、駐在員として勤務する警察官チュ・ホテ。
2人はここで幸せになれることでしょう。

2008.10.10
12話までBウンスを狙う被疑者側、もういいやん〜

ウンスを狙ったゴァンギはとうとう島を突き止めやってきて、
島民のみんなを巻き込んで騒ぎになりました。
教師じゃないことがばれ、裁判にも出廷できず、会長の脱税疑惑は無罪となった。
でも殺人教唆が残っていて、
目撃証言が出れば面倒だと言う事でウンスはソウルに戻ってきても狙われる。

ウンスを好きになってしまったジェドウは、
ジヨンがいようがお構いなしでウンスと結婚したいと母にも告げた。
当然ジヨンの妨害もあるんだけど、
ジェドウのお母さんが経営する病院と例の会長とは長年懇意の仲!
ジェドウをうまく利用してウンスと結婚させ、ウンスの口を封じる気だ。

でもね〜ウンスはジェドウと結婚したいほど愛しているわけじゃないんだよね〜、
ジェドウとの温度差が・・・
静かにウンスを守り、島から父親を探してやってきた姉弟を家に住まわせて
くれているホテの暖かい愛情をウンスが気づいた辺りで12話まで。

島の子供達との出会いはイマのところ都合良くストーリーに使われてるかな?
ってくらいで思ったよりも残念な感じかな〜
「証人保護プログラム」というテーマを下敷きに作られているドラマだからなのは仕方ないけど、
もっと暖かいヒューマンなものを期待していたせいですこし肩透かし気味・・・
ロマンス展開でドキドキするってわけでもないし・・・ラスト4話で良い感じになるかなぁ〜??

2008.10.8
8話までB島の子供達別れがたいね

偽ったまま教師をするしかない二人。
島医のジェドウに教員じゃないとばれちゃったところを、
2人は秘密の任務を遂行中の刑事だとまたもや嘘を!
まぁ、結局はウンスがぽろっと本との事言っちゃって、刑事と証人なんだとばれたけど。

ウンスの前向きで明るい人柄にどんどんひかれていくジェドウ。
ジェドウの母と仲良くなって、嫁みたいに振舞っているジヨンにしてみたら
受け入れられるはずのない事。
きっと島までやってきてとんでもない事をしでかすんじゃ???

でも、裁判の日がやってきて、ホテとウンスはソウルへと去らなければ行けないんだけど、
また戻ってくるのかなぁ?
だって、島の子供達は、ホテとウンスを心から慕ってくれている上に、
先生に去られるということを事の他悲しむんだよね。
二人そろって情に厚いところあるし、すでに子供達に情は移ってると思うなぁ〜

相変わらず、ウンスを探し回ってるゴァンギ。
仕える主である会長からただのコマにされているのに気づいてないよね〜
この俳優さんは「茶母」でナウリ〜の部下だったあのイ武将だよね?頑張ってますなぁ〜!

ホテの相棒ビョングがひそかに署内のスパイを探っている事、
当の本人である班長にばれた模様・・・
ホテの居場所まではばれてないけど、こっちも気がかりだ〜。

2008.10.6
5話でBにUP!逃亡劇で乗ってきた

脱税疑惑の裁判をもみ消したいがために腹心の暴力系理事ゴァンギに証人を殺害させた会長。
だけど、その現場を見ちゃったのがウンス。
脱税だけでなく、殺人教唆まで加わった裁判なんて絶対したくない会長は、
その後始末をしろと言いつけた。
結局、巻き込まれるようにして命を狙われるウンス。

裁判で証人として出廷してくれるウンスを保護する役割を担ったホテは必死!
まさか、自分の上司である班長がゴァンギとつながってるなんて知るはずないから、
なぜ居場所がバレるのか疑問だよね。
それにしても、拉致したり爆弾で部屋を吹っ飛ばしたり、恐ろしく無茶な刺客だよ、
ことごとく失敗してるけどさ(汗)

で、命からがら逃げてきたのは、木哺沖に点在する800もの島のうちのひとつ。
追ってに気づかれそうになり、島民が切望していた教師だとつい偽ってしまった2人。
そこへ、以前ウンスが栄養士として勤めていた病院長の息子が島医として戻ってきた。
2人の正体をあっさり見破るんだろうね〜〜!

で、このお医者さん、「マイガール」で心を奪われたイ・ドンウクssiですが、
それより1・2年前の出演作であるここでは、まださほどのオーラは発してないわな(笑)
で、ウンスを目の敵にしているジヨンがめちゃめちゃこのお医者さんジェドウを狙ってます。
体張りまくりだよ!
なぜそこまでするかな〜ってくらいの張りようですよ!!パク・ウネちゃん!
でも女として、そこまでやってるのにジェドウの反応は寂しすぎだね・・・、
無駄だよ、あきらめなジヨン・・・
でもあきらめないわな〜、きっと(苦笑)