HOME韓国ドラマのあしあと2010年以前の作品リスト>その陽射が私に
ハマリ度☆C
DVD-BOX
●2002年 MBC 全16話
●演出:キム・サヒョン     
●脚本:キム・イニョ
●出演:キム・ソヨン(キム・ヨヌ) 
リュ・シウォン(カン・ドンソク) 
ユソン(チェ・ジュニ)
パク・クァンヒョン(イ・ハンス) 
ヤン・ミギョン(キム・ヨンスク)
●視聴:2007年1月 TV地上派
●Story
ヨヌは漁師をしている年老いた父と年の離れた姉と貧しいながらも明るく賢く漁港で働いていた。
ドンソクはテレビショッピング会社の顧問弁護士をしており、トラブルの交渉で漁港に来たものの
交渉がこじれもみ合いになった弾みで海に落ちたところをソヨンに助けられる。
その後父が帰らぬ人となり、姉が実の母親だったと知ったヨヌは隠れてひっそりと暮らしてきた
姉(母)をなかなか理解できず、父に会うためソウルへと出てくる。
ドンソクの助けもありテレビショッピングのホストとして働き始める。
辛い生い立ちを受け入れる前向きなヒロイン、
定番だが気持ちいい!
苦境にも負けず前向きに立ち向かっていくヒロインって本当に定番なんだけど、
キム・ソヨンがはつらつと演じていて、正直元気が出ました!

キム・ソヨンって「イブのすべて」での強烈悪役女を見事に演じていて恐いくらいだったけど、
できる人は健気な役もきちんと演じてくれるもんですね〜〜!
これ以降はどんなドラマや映画に出てるんでしょうか?

王子様役はリュ・シウォンだったけど、ここも無難にきっちりとされていました。
これまでの義理やしがらみ、難しい立場などもすべて考慮してもなお
お互いが好きだと確認しあう2人はとても好感が持てました。

ショッピング番組での試練の辺りは、失敗もするし損害も出したりと、
くじけそうな難問山積みなのに
やっぱりあきらめないヒロインは物語だからこそありがたく励まされますよ☆

テレビ版ということでかなりカットされてるなぁと感じたのは幼馴染のハンスがらみのシーン。
多少辻褄が合うのか合わないのか、あれっ?っていう事もしばしば。
彼の辺りも見れていたらもう少しサブストーリ的な厚みももっと感じられたかな?
そういうのが気になる方はDVDなどでノーカットをお楽しみくださいね。

で、ヨヌの本当のお父さんはこのショップチャンネルの社長さんでした!
このパパ俳優さん、「兄嫁は19歳」でも記憶にない娘に成長してから出会うなんて役でしたよ。
というのもこのドラマでも学生の頃愛したヨヌの姉さん(母)と
結婚を考えていたが子どもができていた事を知らずに、
お家の用意した結婚をせざるを得なかったという真実。

私がかなりこのドラマに説得力を感じたのは、
このお家の用意した結婚相手のユン夫人の心境です。
夫を愛し、長年努力を惜しまなかった夫人だけど、
夫の心にはずっと誰かほかに愛する女性がいたことを肌で感じ、
苦しみ続けてきた辺りがきちんと描かれてる点です。
演じる女優さんはあちこちで見かけるイ・フィヒャンさん!
「天国の階段」でも「アイルランド」でも母親役とはいえ、
とても難しい背景を背負った役がとてもうまいですね〜

誰が観てもがっかりする事はない、とても安定したドラマだと思います!