ドラマほびっと☆
HOME>映画の小部屋さ行リスト>さ行2016〜

  2012-2015← 2016



HOME>映画の小部屋さ行リスト
セッション ハマり度☆B
☆第87回 (2014年) アカデミー賞 助演男優賞[J・K・シモンズ]、
録音賞、編集賞

☆監督・脚本:ダミアン・チャネル
☆出演:マイルズ・テラー  J.K.シモンズ  ポール・ライザー
2016.2.27視聴
ドラムで成功することを夢見て、一流とはいかないまでも音楽学院に入学したアンドリューと若い才能を開花させようとする厳しい教授フレッチャー。
しかしやり方が過激で時として追い詰めるばかりの教授は
精神を病んだ教え子が自殺したことで学院を追われます。

教授ともめ暴力をふるったために退学となっていたアンドリューはJAZZバーで教授と再会し励まされ辞めたドラムを再開しようと決意します。

ただ教職を追われたのがアンドリューによる密告だったと思い込んでいた教授にスカウトマンが来るイベントで演目を騙されるも負けずに自分のドラムを披露しきったアンドリュー。
教授が常々語っていた、本物は挫折しないという言葉を体現してみせました。

緊迫感と疾走感。
それらを完璧に率いていたのがJ.K.シモンズ。
存在感すごかったです。             






HOME>映画の小部屋さ行リスト
サンバ ハマり度☆B
☆脚本・監督:エリック・トレダノ オリヴィエ・ナカシュ
☆出演:オマール・シー シャルロット・ゲンズブール
2016.4.11視聴
「最強のふたり」の監督と主演オマール・シーが組んだ作品ということで見てみました。
男同士のかけあいにはくすくすと笑わされ、まさにコメディ。
ロマンスのテイストもいい感じで描かれていました。

でも描かれているのはフランスの社会問題でもある不法滞在。
主人公サンバはセネガルから出稼ぎに来て10年、料理人の資格が取れそうなところで滞在ビザ切れで逮捕され、心を病み休職中移民支援官としてボランティアで来たアリスと出会います。

難民認定を受けるまで拘束をうけるコンゴ共和国の男性や、アラブ系でありながらブラジル人の偽造証明書を持つ男性など、逮捕の危険におびえての暮らし。
結末は後ろめたい出来事があっての主人公のハッピーエンド。
そうやってぎりぎりのところで生き抜くしかないたくましさのようなものも描いてありました。 あくまでフィクションですがリアリティを感じました。









HOME>映画の小部屋さ行リスト
そこのみにて光輝く ハマり度☆B
☆第38回モントリオール映画祭ワールドコンペティション部門
最優秀監督賞受賞

☆監督:呉美保  ☆原作:佐藤泰志
☆出演:綾野剛  池脇千鶴  菅田将暉
2017.2.21
海外映画祭での受賞作ということで機会があり見てみました。
今旬の俳優菅田将暉君の演技の幅は有名だけど、この作品でも力量を発揮していました。
もちろん主演の二人の雰囲気を纏う演技は安定でしたし。

仕事上の事故で同僚を亡くしPTSDを抱える達夫、人懐っこい好青年だが傷害事件で猶予中の拓児、弟拓児や脳梗塞で寝たきりの父のために体を売る千夏。

3人が出会い深く知り合っていく中で、互いの重荷を心で分け合い支え合うようになっていく様子をじっくりと描いてあります。
お互いにしか理解し合えない深い愛情と信頼へと変化していく関係。
絶望ぎりぎりでの出会いに光を感じた作品でした。










HOME>映画の小部屋さ行リスト
スポットライト
世紀のスクープ
ハマり度☆C
☆第88回(2015)アカデミー賞 作品賞 脚本賞受賞
☆監督・脚本:トム・マッカーシー
☆出演:マーク・ラファーロ  マイケル・キートン
2017.6.5
アカデミー賞の作品賞を取ったのわかるわ〜。
これはまさに世紀のスクープ。
2000年にも亘る宗教という強固な牙城に斬り込むには並大抵の覚悟ではなかったでしょうね。
それ以上に子供を守る、心を守ることの大切さを取れるそんな時代をきり開きもしたでしょうね。

映像・脚本としてはかなり淡々と進みますが、それが良かった。
優秀な仕事人たちが情熱をもって取り組む姿はむしろ淡々としているものですものね。







HOME>映画の小部屋さ行リスト
尚衣院
(サンイウォン)
ハマり度☆C
DVDデラックス版

Amazonビデオ
☆監督:イ・ウォンソク
☆出演:ハン・ソッキュ コ・ス パク・シネ ユ・ヨンソク
☆視聴:2018.1.30
若き王に信頼を寄せられる御衣装係の長トルソク
妓楼で妓生の衣装デザイン縫製に腕を振るうゴンジン。

動きやすい官服を仕立てたことでついには王妃の衣裳まで手掛けることになった天才仕立て人のゴンジンとトルソクの関係はまるで「アマデウス」のデザイナー版を見るような緊張感が漂いました。

ゴンジンの人柄も才能も愛し認めつつ嫉妬もし、けれど王室に忠実に生きるしかない生き様を見せたハン・ソッキュの演技がこの作品の柱。
そこに、孤独で清らかな王妃へのゴンジンの純愛が作品を潤すという。
とても良かったです。ヒットしたの納得。










 2012-2015←   さ行リストへ戻る