HOME>映画の小部屋た行リスト>た行

行   2007-2013  →2014〜
た行リストへ

 
トンマッコルへようこそ          2007.10.10視聴

☆監督:パク・クァンヒョン 2005年    ☆製作:チャン・ジン
☆脚本:チャン・ジン  パク・クァンヒョン  キム・ジュン  ☆音楽:久石譲
☆出演:
シン・ハギュン(ピョ・ヒョンチョル) チョン・ジェヨン(イ・スファ) 
カン・ヘジョン(ヨイル)イム・ハリョン(チャン・ヨンヒ) ソ・ジェギョン(ムン・サンサン) 


ファンタジーとして良い感じだと聞いていた本作。
戦争中、戦争を知らない暖かい村人達の村トンマッコルに敵同士兵士が迷い込んだ。
そんなシチュエーションが却って悲しく切なくさせる不思議な映画でした。
ジブリ映画でおなじみの久石譲さんの音楽は心に沁みこんできてまいったよ〜

最後村を守って戦うシーンはその命を賭けた姿に打たれはしたけど、
激しさが映像から伝われば伝わるほどストーリーの雰囲気上ちょっと強引だったかな。
途中、手榴弾が食料庫で爆発してしまった時、炎上と同時にポップコーンができて降り注いだり
蝶の大群が村を襲いに来たパラシュート部隊をけん制したりするシーンがファンタジー色を
濃厚にしていたのに戦闘中のシーンはムードが変わりすぎていた気がしました。
でもシン・ハギュンやチョン・ジェヨン、カン・ヘジョンの演技はよかった!
 
チーム・バチスタの栄光 2008.2.21 劇場視聴


☆監督:中村義洋    ☆脚本:斉藤ひろし    ☆原作:海堂尊
☆出演:阿部寛  竹内結子  吉川晃司  池内博之  玉山鉄二  田中直樹 他

原作を読んだ事があって、主演陣はとても絵的に成立する感じじゃないなぁ〜って記憶が。
でも田口先生を女性に、真実の捜索に突出した能力の白鳥を阿部ちゃんにすることで、
ちょっとマイルドに仕上げたんですよね〜
だって原作の白鳥はかなりキワモノ度が高い感じでしたから(汗)
で、ラストの真実がわかるくだりがどうも記憶上おぼろげで、何でかな〜と思ったら、
二段オチ。あ、そうだそうだ、そうだったわ!なんて劇場で頷きました(笑)

ほとんどが病院内でのシーン。小ぢんまりとしたイメージの映画ではあったけど、
メンバーをインタビューする形式をとりつつ、地道な手術シーンをじっくり描く事で、
なぜ完璧だった桐生先生率いるバチスタチームが立て続けに失敗したか、
最後の予期せぬ結果に愕然とさせられます。
とても手堅い映画でした!
 
ドリームガールズ  2008.4.3 WOWOW

第79回アカデミー賞「助演女優」「音響」賞受賞作
☆監督:ビル・コンドン ☆製作:ローレンス・マーク  ☆脚本:ビル・コンドン
☆出演:ジェイミー・フォックス ビヨンセ・ノウルズ エディー・マーフィー ジェニファー・ハドソン

ドリーメッツは親友3人で結成したグループ。
ソウルフルで素晴らしい歌声を持ったエフィはリードボーカルをしているけれど、
カーティスに見出されデビューするにあたりリードボーカルをルックスのいいディーナに変えることに。
愛しているからカーティスを信じていたエフィ、でも練習に遅れてきたり
イライラとしていたことから誤解され、メンバーから外され代わりの子ミッシェルが来ちゃうんだよね。
本当はカーティスの子を身ごもってたんだ。
ドリームガールと名を改めた3人はイメージ戦略とポップなサウンドで大ブレイク!
その後8年目にしてエフィが渾身の思いで出した曲をカーティスに奪われ、
知らずに歌ったディーナがそれを知ります。
ディーナがエフィに対する後悔と自分自身の本当の気持を歌ったシーンでは
ディーナ役のビヨンセの歌の素晴らしさに涙がーー!。
挫折と子育てを経て親友に囲まれ、カーティスにも子どもの存在を知ってもらい、
華々しく親友とともに舞台で歌い上げるエフィ達のシーンに感動しました!
 
ドラゴン・キングダム               2009.4.12視聴


☆監督:ロブ・ミンコフ   ☆製作:ユエン・ウーピン  ☆脚本:ジョン・フスコ
☆出演:ジャッキー・チェン  ジェット・リー  マイケル・アンガラノ 他

子供が好きそうだなーと思い録画しておきました。
子供時代に香港カンフーものが人気でたくさん見たものですが、いまどきの映像技術は
なんとも見事ですねー!
アクションは共演のジャッキー&ジェットリーにかかればそれだけで見事なんだけど、
ワイヤーすら完璧にこなす彼らの動きがすごすぎて目が離せないシーン一杯でした。
そりゃもう、我が家の男の子達は釘付けになっておりましたよ!
ストーリーとしては、ある使命を突然授かった弱い少年が師匠たちの訓練などによって成長する物語。孫悟空のキャラクターをモチーフにしたストーリーはまさにファンタジーでしたよ!
 
剣岳 点の記            2009.6.30視聴 劇場
 
☆監督・脚本:木村大作    ☆原作「剣岳 点の記」 新田次郎著
☆出演:浅野忠信  香川照之  松田龍平  仲村トオル 他

正直見る予定じゃかなったんですよー(^^ゞ
ただ、CG全くなしのリアルな体張った撮影だったということをさるトーク番組で香川照之さんが話しておられるのを見て、勢いみたいに見ちゃいました。

明治時代、男達が前人未到の剣岳に登頂するまでの軌跡を描いてます。
ただ彼らは登山家ではなく、測量庁の職員さん達なんですよね。軍の威信をかけて登山会の人たちよりも先に剣岳に登れというプレッシャーまで受ける始末。
でも彼らは見事到達します! ひたすら過酷な山とのシーン、それが2時間20分ほど。
ドキュメンタリーのようなすごさでした。 男達の友情というものも垣間見えるラストでした!
 
ダイブ!!  2009.7.7視聴


☆監督:熊澤尚人   ☆脚本:戸田山雅司  
☆出演:林遣都  池松壮亮  溝端淳平  瀬戸朝香 他

息子が見るって言うんで撮っといたんですが、青春映画っていいなー!
期待されていなかった主役のトモキが持つダイビングの適正を見抜いてくれたコーチとの出会い。 仲間がよきライバルとなることで、力をつけ殻を破り大きくなっていくメンバー達。
彼らの目標がオリンピックに定まる事で、伸びてゆく可能性のきらめきを感じました!
 
トワイライト〜初恋                 2009.11.21視聴 


☆監督:キャサリン・ハードウィック  ☆脚本:メリッサ・ローゼンバーグ
☆原作:ステファニー・メイヤー「トワイライト」
☆出演:クリスティン・スチュワート  ロバート・パティンソン  ピーター・ファシネリ

全米熱狂の大ヒットだったそうですねー!確かによかったですよ〜切なくて!
原作は三部作、本作は第一部を映画化したものだそうで、
第二部は2009年11月公開が決まってます。見ちゃうかもなーWOWOWにきたら。

とても女性向きなストーリーで、種族を超える禁断の恋が萌えるわけですなー。
しかも彼はバンパイア。バンパイアには退廃的で美的なイメージがあるんだよね〜、
キャスティングもそこら辺をきっちり意識していて、禁断の恋の始まりを素敵な音楽と
抑えた映像美で表現してました。映画からは出せない匂いというものも意識しているし
メイクも可能な限り工夫されていたわ。
ただ、ラブシーンはキスまで。このキスに緊張感があるんですよ〜命がけだから(爆)

好きな人はすごくハマること間違いなしだと思います!

スタンダード版

限定プレミアBOX版はこちら
 
デトロイト・メタル・シティ             2010.1.27視聴 


☆監督:李闘志男
☆出演:松山ケンイチ 加藤ローサ 松雪泰子

民放のゴールデンタイムの放送を見たんだけど、セリフにピーーが多くてさぁ!
きっと良い子のみんなには決して聞かせてはならないお下品な言葉の連呼だろうね(爆)

それにしても、設定がとにかく面白かったわー。
きっと映画用にエピソードを絞ったり短縮させたりしてあるんだろうね、
原作が気になるところです。いやぁ、松山ケンイチ君、本当にうまいねー感心した!!
 
誰も守ってくれない         2010.2.11視聴

☆監督・脚本・製作:君塚良一
☆出演:佐藤浩市  志田未来  松田龍平  柳葉敏郎 他

未成年犯罪によって追い詰められる容疑者の家族と、
容疑者の妹を保護する任務を与えられた刑事との関わりと葛藤を描いた作品。
憎むべき犯罪を犯した容疑者。その家族であるというだけで同罪の扱いを世間から受ける
事実はリアリティにあふれていた。
ネットで瞬く間に情報が駆け巡り、憎悪と好奇の目で見られ逃げ場がなくなる恐怖。
本当は折れてしまいそうな不安を抱えたまま、まずは現実を受け止めながら前に進もうと
決意する主人公達の強さが胸を打つ。
犯罪は悲劇の連鎖しか生まない。大事な人をどう守るのか気付くのに早すぎることはない
 
チェイサー(原題:追撃者)            2010.4.24視聴


☆監督・脚本:ナ・ホンジン    脚本:ナ・ホンジン/イ・シンホ
☆出演:キム・ユンソク  ハ・ジョンウ  ソ・ヨンヒ  チョン・インギ

映画祭に出品とかされていて、かなりこだわりのある作品だろうと予測していたんだけど
これはお見事でしたね〜〜
猟奇殺人犯とその男を追う男の話だけども、走る走る、殴る殴る・・・
疾走感とバイオレンス、異常者を相手に後手後手に回る警察の迷いも交えながら
主演たちの苦しい息遣いが印象に残る作品でした。
目を背けたくなるシーンの連続。まだ土臭さの残る韓国治安事情を感じたり。
被害者はこれほど絶望の中にあるのだろうと胸が苦しくなりました。すごかった。
 
トランスポーター1・2・3    2010.1.30・2.6・2.13視聴 

☆監督:1・2ルイ・レテリエ  3オリビエ・メガトン
☆出演:ジェーソン・ステイサム 

3週連続限界突破SPと題して3週にわたり地上派吹替え放送を子供と見ました。
1を見て息子は食いつきましたよ〜^^ 私もWOWOWで放送あったときは外していたので
見てみて人気のワケに納得!「TAXI」みたいにスピーディーで華麗なカースタントと主役
フランクのアクションを気持ちの良い映像の見せ方で矢継ぎ早に繰り出す!
ありえないと分かりつつもおもしろ〜い!
常に見せ場!的な車との切っても切れなさそうな一身同体みたいな設定がいいね〜
手足のような愛車と、任務をまっとうするフランクのデキルお仕事ぶり、それとちょっと
人情もあるトランスポーターフランクのこのシリーズ。まだまだ続いて欲しいな〜!

トリプルパック
その他単品リストはこちら
 
ディア・ドクター           2011.8.7視聴


☆監督・脚本:西川美和   ☆製作:加藤悦弘
☆出演:笑福亭鶴瓶  瑛太  余貴美子  香川照之  八千草薫  井川遥

ほぼか、というくらい私はハマったわ。
無医村に来てくれた人情味ある先生は実は医師免許のない偽物だった・・・。
衝撃的な真相だけど、彼のいた3年間は間違いなく医者として受け入れられていたのです。
「オレ偽物やねん、資格ないねん」という言葉に、「オレの親父こそ経営にしか興味なくて
医者の資格なんてゼロですよ」と真に受けずに返す研修医の青年。
彼を本物だと思いたかったのは周りの人々。その期待に応えようと頑張って医者のふりを
続けた先生・・・。けれど先生には患者が求める医者のハートがある。
患者の求める医療の意味を再度考えさせられるストーリーでした。
自分の限界に出会うたびに自責と畏れ、無力感に苛まれる先生の表情に胸がつまったわ。
 
特攻野郎Aチーム THE MOVIE  2013.2視聴


☆監督:ジョー・カーナハン  ☆出演:リーアム・ニーソン  ブラッドリー・クーパー他

これは懐かしくも豪快なエンタメ映画でした^^
20年前のハリウッド映画って、こういう豪快さに溢れてましたよね、
細かいとこ無視で、キャラの立ったメンバー構成のアクションと
気が抜けるコメディが共存した娯楽作なんですよ。
他のどのチームにもできない奇抜な作戦で高い成功率を誇る特殊部隊のハンニバル部隊が
偽札偽造にまつわるある陰謀に巻き込まれ汚名を晴らすというストーリー。
オリジナルのドラマは私見ていないんですが、独立した映画としても時を忘れて楽しみました。
ありえないスゴ技も映画だからできるんですよね〜
童心に返りました!
 
超能力者         2013.5.30


☆監督・脚本:チョン・ミンソク  ☆出演:カン・ドンウォン  コ・ス

カン・ドンウォン鬼気迫る悪役超能力者ぶりで、やはり雰囲気のある役者です。
土臭いヒーロー役の似合う正統派二枚目のコ・スとの共演はなかなか興味深い。
見ることさえ出来れば人々を意のままに操れる超能力を持つ青年は
道徳や倫理を教わらぬまま幼い頃よりこの力で孤独に密かに非道に生きてきた。
だが驚異的な治癒能力を含む身体能力を持つギュナムにだけは通用せず、
2人は対決していく。その様をスピーディーに展開させなかなかのもの。
ただ、ラストの締めがどうも納得いかないというか肩透かしというか、む〜。
全体的に良かったから、納得感あるオチが欲しかったな〜
 
ドライヴ        2013.6.18

☆第64回カンヌ国際映画祭 監督賞受賞
☆監督:ニコラス・ウィンディング・レフン   ☆脚本:ホセイン・アミニ
☆出演:ライアン・ゴズリング  キャリー・マリガン

独特の手法をもつ監督が、その作品を公に評価された事が話題だった本作、
出演しているのは若手の昇りざかりの俳優さんたちということもありさらに話題に。
確かに間というか、各シーンのカットの長さ、BGMの選曲や取り入れ方は独特だと感じました。
主人公は腕のいい孤独なカースタントマン。
近所の母子と親しくなり、出所してきたその夫の借金取りから母子を守るため、
夫の質屋強盗の逃走を運転技術を駆使して助けようとしますが、乗る前に殺害されます。
孤独な青年の目的は母子を守り抜くこと。
この事件の黒幕まで消し、金を追って更なる追っ手が来ないよう手を汚してケリをつけました。
孤独、純粋な愛、温かい居場所や自分を受け入れてくれる人たちを奪ったものへの復讐、
そういったものを切なく描いてました。
 
ただ君だけ     2013.6.26
☆監督・脚本:ソン・イルゴン  ☆出演:ソ・ジソプ  ハン・ヒョジュ

暗い過去を抱えた元ボクサーチョルミンのもとに現れた盲目の女性ジョンファ。
ただただ美しい純愛を、息詰まるような緊迫感すら含ませながら表現したのは
繊細且つ情熱的な演技が本当にうまいソ・ジソプと
可憐で芯の強い女性をたおやかに演じるハン・ヒョジュ。
愛し合うようになり、二人の因縁を知った後には自らの全てをかけて
彼女の目に光を戻してやりたいと心に決めたチョルミンと
大金のために危ない橋を渡った彼をそうとは知らずにただ待ち続けるジョンファ。
この2人だから美しくて泣けたんだと思う。

た行リストへ



た行リストへ←  →た行 2014〜