ドラマほびっと☆
HOME映画の小部屋や・わ行リスト



HOME映画の小部屋や・わ行リスト
容疑者Xの献身 ハマり度☆C
DVD スタンダードエディション

原作「容疑者Xの献身」(文庫)
☆監督:西谷弘  ☆製作:亀山千広   ☆脚本:福田靖   ☆原作:東野圭吾
☆出演:福山雅治  柴咲コウ  堤真一  北村一樹  松雪泰子

2009.8.15視聴
同名の原作は読んでるんだけど、映像化することでとても良くなったような気がします!
特に、堤さん演じる天才数学者石神が守り抜こうとするシングルマザーの靖子を演じた松雪さん!
大事なキャストのイメージが彼女のおかげでよりくっきりとした印象を見せました。

でも一番だったのは、石神がすべてをなげうち、想像を超える犠牲を払ったことを知った靖子と顔を合わせたシーン!
うれしさ悲しさが混じり、守り抜けないかもしれない危機感もあったような気もする、
すべてが無になるかもしれない緊張も感じる。
ここまで描き紡いできた石神の覚悟や抑えた感情がほとばしる最高のシーンだったわぁー

ドラマ版の「ガリレオ」はちょっと作りこんだ湯川のイメージが苦手でリタイヤしたけど、
この映画はいいね〜






HOME映画の小部屋や・わ行リスト
約束(原題:国境の南側) ハマり度☆B
☆監督:アン・パンソク   ☆脚本:チョン・ユギョン
☆出演:チャ・スンウォン  チョ・イジン  シム・ヘジン 他

2009.9.21視聴 
原題のほうがよりピッタリだと思った内容です。
チャ・スンウォンssiの眉毛の濃さが気になって気になって最初はそこにばっかり目がいって(爆)
それにしても走るのすごく速いよー!疾走シーンは風景が追いつかないもん〜
さて、ストーリーは、婚約者と泣く泣く別れて脱北した青年が、彼女を迎えに行く方法で苦慮している間に
彼女が結婚したとを聞いてしまい、自分もその後出会った女性と結婚します。
だけどその婚約者は彼に会いに命がけで脱北してきて・・・という切ないお話でした。
意思の強さが愛情の大きさを感じさせる反面、現実を受け入れていく”しなやかな強さ”というものも同時に描かれています。
人はどんな試練もそばにいてくれる人がいれば結局は乗り越えていけるんじゃないかと思えました。









HOME映画の小部屋や・わ行リスト
闇の子供たち ハマり度☆C
☆監督・脚本:阪本順治    ☆原作:梁石日「闇の子供たち
☆出演:江口洋介  宮崎あおい  妻夫木聡  他

2009.12.10視聴
劣悪な環境のなか、親元からさらわれたのか売られたのか、性を売られる子供たち。
病気になればゴミとして捨てられ、高値がつく臓器売買には生きたまま移植品として売られる。

フィクションではあるだろうけれど、決して虚構ではないストーリー。
知らないだけで現実には起こっているんだという作中のセリフが悲しくて怖い。
NGOとしてタイに渡ってこの出来事に出逢ってしまった宮崎あおいちゃんのような立場になったら
果たして私は強くなれるのだろうかと考え込む。子を持つ母でもしり込みするほどの怖さ。

この事を追う主役の記者は決して正義の味方じゃなかったという描き方が深い・・・。
性癖に耐え切れず、自らも小児性愛者としての闇におびえる彼を描く事で人間の闇を感じて
また怖くなった。










HOME映画の小部屋や・わ行リスト
ワイルドスピード
MEGA MAX
ハマり度☆C
☆原題:Fast Five  
 ☆監督:ジャスティン・リン  
☆製作:ニール・H・モリッツ ヴィン・ディーゼル
☆出演:ヴィン・ディーゼル ポール・ウォーカー 
ドゥエイン・ジョンソン ジョーダナ・ブリュースター

2012.8.13視聴
お盆休み、息子たちと見るには絶好のアクションもの。
とにかくすごい勢い。
カーアクションと激しいカメラワーク、見事な筋肉のタフガイたちのすごいアクション。
なんだかあっという間に一気にラストまで引っ張られます。
あまりの豪快ぶりに、やり過ぎの迷惑行為やろーとツッコミたい気持ちが引っ込むほど。
もう爽快感すら漂うエンターテインメントでした^^







HOME映画の小部屋や・わ行リスト
悪い男 ハマり度☆B
☆監督・脚本:キム・ギドク
☆出演:チョ・ジェヒョン  ソ・ウォン 他
2011.3.2視

もう10年も前の作品なんですよね。これは純愛の枠に一応入るんですが、怖い映画でした。
この鬼才とよばれるキム・ギドク監督の作品は彼の中からしか出てこないストーリー。
それを自ら映像にしてしまうんだから鬼才です。音楽も結構良いし結局見ちゃうんだな〜。
清純な女子大生に一目ぼれしたヤクザの男が、彼女を自分の世界に引き込むため
窃盗疑惑を仕立て上げて借金で縛り娼婦にし、自ら彼女に手を触れることなくただ見守り続けるんです。
絶望の中でその境遇を受け入れ始めた彼女は彼の存在に救われ、その彼の愛を受けとめ、求めるようになり、
やがて二人で生きていくことになるんですが、その稼ぎ方は移動売春なんです。
彼は普通の愛や暮らしというものを知らないからこうなるんだろうけど、やっぱり私にはホラーだな・・・








HOME映画の小部屋や・わ行リスト
私たちの
生涯最高の瞬間
  ハマり度☆C
☆監督:イム・スルレ  ☆製作:シム・ジェミョン/キム・ヒョンチョル ☆脚本:ナ・ヒョン
☆出演:ムン・ソリ  キム・ジョンウン  オム・テウン  キム・ジヨン  チョ・ウンジ

2010.1.11視聴


2004年のアテネオリンピックでハンドボール決勝に進んだ韓国女子チームの決勝の模様と、
彼女らのプライベートを含めた、チームが団結し出来上がるまでの険しい人間模様を描いてありました。
ノンフィクションの部分をかなり入れてあるということでしたが、確かに演じるムン・ソリさんはじめ、
ベテランの皆さんが揃っていて、本当にリアリティを感じます。
個々人の事情に左右されながらも、仲間同士の絆を必死で深めてゆく彼女らの必死さが良くて
信頼できる先輩達の存在を頼りにする若手達の思いも感じたり。
監督として、まだ未熟なスンヨンを演じたオム・テウンの背中を押すような古株選手達の人間関係にほっとしながらオリンピック決勝のテンポよいラストへと繋がります。
結末は悔しいものだったけどチームと同じ気持ちになれたすばらしい映画でした。








HOME映画の小部屋や・わ行リスト
私たちの幸せな時間 ハマり度☆C
☆監督:ソン・ヘソン 2006年韓国  ☆製作:イ・スンジェ/アン・サンフン
☆脚本:チャン・ミンソク
☆出演:カン・ドンウォン(チョン・ユンス)  イ・ナヨン(ムン・ユジョン) 他

2008.7.11視聴 

 
ユンスの生い立ちが語られるあたりからずっと泣いてたかも〜。・゚・
死刑囚となってしまったユンス。
世界のすべてが自分に背を向けているように感じ、生きている1分1秒が辛い彼。
早く死にたいという彼に、自殺未遂を繰り返す元歌手のユジョンが出会ってから、少しずつ何かが変わっていきます。

心の傷を少しずつ見せ合って行くうちに、共感できる部分や分け合える気持ちが芽生えた二人。
だけど、死刑という罪を何とかすることはできず、別れがやってきました。
「世界に愛はあるんだと思えた、ありがとう」「僕の元にやってきてくれたユジョンを愛している」
と最後の言葉を残して逝ってしまいました。
なんだかものすごく心を揺さぶられる映画でびっくりです!
イ・ナヨンもカン・ドンウォンもすごく上手かったわ〜









HOME映画の小部屋や・わ行リスト
ワイルド・スピードX3
TOKYO DRIFT
ハマり度☆B
監督:ジャスティン・リン  2006年アメリカ
★製作:ニール・モリッツ
★脚本:クリス・モーガン
★出演:ルーカス・ブラック(ショーン) 千葉真一(カマタ) 
バウ・ワウ(トゥインキー)
サン・カン(ハン) ナタリー・ケリー(ニーラ)

2007.9.28視聴
舞台はトキョー。普通に面白かったなぁ。
日本人的には設定とか微妙に違和感はあったけど、、
東京の街中をカーチェイスしたり、クラブの地下に外国人専用クラブがあって、さらにその反対側には立派なガレージ。
そこにすんごい走り屋仕様の車があったりと、ありえない・・って思うんだけど、
これが東京を舞台にスピード感いっぱいの映像に仕上がっていてなかなか楽しい。
夜の立体駐車場をドリフトしながら上がっていくなんてその狭さ加減が日本の都会だな〜






HOME映画の小部屋や・わ行リスト
私は王である! ハマり度☆C
☆監督:チャン・ギュソン    ☆脚本:ファン・ソング
☆出演:チュ・ジフン  イム・ウォニ  キム・スロ   
イ・ハニ  キム・ソヒョン 他

2014.5.13視聴


良くある王様と一般人が入れ替わっちゃう、入れ替わりものです。
王になりたくないのに世子にされちゃった後の世宗が王宮を逃げ出したところへ、偶然にも謀反の罪で没落したお嬢様を
助けに王宮にやってきた世子そっくりの奴婢のドクチルと、しばらく入れ替わってしまうというもの。

ドクチルと間違われて奴婢身分の間に経験した社会の有様や出来事が世子を変え、
王にしかできない大事なことをなすために王の道を歩もうと決意するまでの一大成長物語。
コミカルでテンポよく描かれていて結構ハマりました^^

あの英祖がこの映画ではかなりお茶目な乱暴キャラなんですよ〜
廃世子にされちゃったお兄ちゃんが虚勢を張る手の付けられないイカれキャラだし。
世宗の妻は俗に言う美女ではないんだけど、おしどり夫婦みたいで、微笑ましかったわ。

そっくりサン同士、別人のキャラクターを演じ分けたチュ・ジフン、
除隊後初、久しぶりの演技とは思えない安定した良さでした。








HOME